★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 西部邁氏死去雑感 | main | iPhone6 PlusをiPhone6s Plusに交換 >>
13インチMacBookが今年後半デビュー?
0
     ううむ、ぶっちゃけ13インチのMacBookは要らんです(キッパリ)。1インチの違いはそんなに差が無いですから。むしろ12インチと14インチのラインナップ、つまり昔のハンペンiBookと同じにした方が、13インチと15インチがあるMacBook Proとの、棲み分けにもなるでしょう。そうでなければ、さらに小型の10インチのMacBookとか。MacBook Airがこのまま消えていくとして、先進技術や先進機能の実験場としてのMacBookは、360度ヒンジとか大型Touch Barとか、イロイロと実験的なことをやって欲しいです。

    【13インチのMacBookが今年後半デビューか。今後ラインナップはどうなる?】ギズモード・ジャパン

    12インチはちょっと小さいです。

    2015年にデビューした「MacBook」は12インチディスプレイを搭載し、これまでラインナップを更新してきました。しかし、中国語サイトの工商時報の報道によれば、今年ついに13インチのMacBookがリリースされるかもしれないのです。

    報道によると、タッチパネルメーカーのGeneral Interface Solutionが13インチのMacBookのパネルモジュールの量産を開始しており、今年後半に出荷を始めるとしています。この13インチのMacBookはローコストの製品だと説明されており、「MacBook Pro」の13インチモデルではないことを示唆しています。

    なお、現在Apple(アップル)は13インチディスプレイを搭載したラップトップ製品として、MacBook Proと「MacBook Air」を販売しています。しかしMacBook Airは昨年プロセッサスペックが向上しただけで、近年は特に大きな変化はなし。さらに、11インチモデルの販売も終了してしまいました。 
     薄型ノートパソコンの時代を切り開いたMacBook Airは、光学ドライブの廃止や、脱着式バッテリーから一体型バッテリーへの切り替え、アルミ削り出し筐体のユニボディの採用など、実に先進的な実験機でした。MacBookも、USB-Cの採用や、バタフライ型キーボードの採用など、先進的なマシンではあります。できれば、ワイヤレス充電は当然として、iPhoneやiPadにフィードバック可能な先進機能をお願いしたいです。もちろん、Apple A12Xを搭載した最初のノート型Macになっても無問題です。

    個人的には、12インチと14インチの筐体は、小柄な日本人やアジア人には向いてると思うんです。MacBook Airの廃止と12インチと14インチのMacBook、期待します。
    【2018.01.23 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.05.20 Sunday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23619
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム