★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Appleの独自ドラマ『See』製作順調 | main | 自己中外交 >>
新型iPhone X/X Plusや新型iPad Proが登場?
0
     Appleは思ったより早い段階から、iPhoneXの企画を温めていたようで。つまり、Appleなりに熟考の末に、Touch IDからFace IDへと舵を切ったわけで。実際に売れ行きも好調なことから、iPadもこの方向を推し進めるようです。自分は昨年、iPad Proを購入しましたので、しばらくはホームボタンとTouch IDのある生活ができるのですが。でも次に買い換えるときには、Face IDが当たり前になっているのでしょうか? それとも、全面センサーの採用でTouch IDが併用される状態になっていたりして。

    【LGがFace IDパーツの生産に参加か。やはり今年は、新型iPhone X/X Plusや新型iPad Proが登場?】ギズモード

    あっちもこっちもFace ID?

    iPhone Xに搭載された顔認証機能「Face ID」は発売当初、生産難が噂されたものの、今ではiPhoneになくてはならない機能となりました。そしてそのFace IDについて、LG関連企業のLG Innotekが部品を提供するとの報道が登場しているのです。

    The Investorの報道によると、LG InnotekはFace IDで利用される3Dセンシングモジュールとカメラモジュールを生産するために、追加施設を建造するそうです。この3Dセンシングモジュールは投光イルミネーターやドットプロジェクターを含むとのこと。これらの部品は、Face IDを構成する「TrueDepthカメラ」の解説でもう何度も聞いた単語ですよね。

    なお今回のLGによる部品供給の報道によって、iPhone Xの後継機だけでなく6.5インチのiPhone X Plus(仮称)やFace IDを搭載した新型iPad Proが今年投入される可能性がかなり高まったといえそうです。昨年導入されたiPhone Xから一気に顔認証機能がスタンダードになるスピード感には驚かされますね。あ、でもFace IDの搭載でお値段が上がらないか、ちょっと心配かも…。 
     iPad Proとか、適度なベゼル幅があった方が、使いやすいんですけどね。ふと思ったのですが、折りたためる液晶の導入は、必然的に全面センサーの採用を難しくする、少なくとも今までの研究をリセットする側面があるので、それならもうFace IDで最初からいこう、となったのかもしれません。2020年に折りたためる液晶の導入を予定してるのなら、そこら辺のプランはもう、策定済みでしょうし。有機ELディスプレイの導入で、終わりって話ではないですからね。10年先を見越した導入が大事。

    いずれにしろ、ノッチ(切り欠け)有りのデザインが、今後の主流になるのでしょう。
    【2018.01.12 Friday 12:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.01.20 Saturday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23576
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム