★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Macで再びパスワード関連の脆弱性 | main | Appleの独自ドラマ『See』製作順調 >>
心からの謝罪
0
     そんな情緒的な言葉を言われても。ヤクザの因縁と一緒で、そんな謝罪には心がこもっていないと、いくらでもイチャモンをつけられます。彼らの最終目的は、天皇陛下に土下座させることだと、李明博元大統領が吐露してしまいましたから。日本にはとても付き合いきれません。でも、極端な話、陛下が土下座しても彼ら朝鮮人の歴史が変わるわけでもなく。妄想戦記『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』のように、日本と戦争して勝たないと、その鬱憤は晴れないでしょう。日本人の対米コンプレックスと同じ。

    【理解に苦しむ韓国の文在寅大統領 日本に「心からの謝罪」求めつつ「真の友人になりたい」】産経新聞

     【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は10日の年頭記者会見で、慰安婦問題をめぐる日韓合意への韓国政府の新たな方針について「外交的な問題で十分満足できなくても現実的に最善の方法」と強調した。

     日韓合意では慰安婦問題の「最終的・不可逆的な解決」を確認している。しかし、文氏は「公式合意という事実は否定できないが、慰安婦問題は誤っており解決せねばならない」と理解に苦しむ説明をした。

     韓国政府の日韓合意に対する方針に日本政府や世論が強く反発していることは10日も韓国メディアが伝えていた。大統領府当局者は「大統領も知っている」と話していたが、その上での発言であり、「心からの謝罪」をさらに日本に求めた。日本側の意向やこれまでの努力に配慮しているのか疑わしく、韓国国内だけで通じる主張だ。 
     『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』は、韓国と北朝鮮軍が共同で日本を占領し、日本が降伏して対馬を割譲するというトンデモ戦記。でも、韓国人の本音が溢れてる部分があります。日本が最初に竹島に手を出し、韓国と北朝鮮の共同軍が日本に核爆弾を打ち込み、日本が反省して対馬を36年間植民地にする、と。熊本で食料を略奪して北朝鮮に送る、なんて描写もあります。熊本城を作った加藤清正が、朝鮮出兵で虎狩りをしたなんて、若い日本人にはなじみがないんですが……。韓国人の願望がすべて詰まっています。

    国内受けを狙って、外交音痴の文在寅大統領は格好をつけたのでしょうが、そういうマネをするとどうなるか、日本は国際的な常識に従って、粛々と対応するだけでしょう。
    【2018.01.11 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.04.21 Saturday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23574
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム