★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 無知の無知 | main | スマートフォン15億台の時代 >>
iMac Proに謎のチップ
0
     iMac Proには、電源をシャットアウトしても盗難防止用のチップが搭載されているという噂がありましたが。おなじみの分解野郎iFixitの分解で、確かに該当するチップはあったのですが、Apple A10 Fusionチップとも異なる、独自CPUのようで。どうもAppleは、Apple Watch以降はどんどんカスタムチップを搭載することで、汎用チップにはないパフォーマンスを目指しているようですね。究極の垂直統合を目指す……と言ったほうがよいのかはわかりませんが、独自設計の経験値がそういう方向性に向かわせたようで。

    【iMac Proをバラバラに分解すると謎のチップが搭載されていることが判明】GIGAZINE

    2017年12月14日に発売となったApple史上最強スペックの「iMac Pro」は、その値段もさることながら、中に搭載しているチップやメモリなども驚愕のものとなっています。そんなiMac Proは次世代Mac用カスタムシリコンのT2チップを搭載しているのですが、ロジックボード上にはその他に用途不明な謎のチップを搭載していることが明らかになっています。

    iMac Pro Teardown - iFixit
    https://www.ifixit.com/Teardown/iMac+Pro+Teardown/101807

    Mystery Apple chip discovered in iMac Pro teardown not A10 Fusion coprocessor
    http://appleinsider.com/articles/18/01/02/imac-pro-teardown-finds-mystery-apple-chip-that-could-be-a10-fusion-coprocessor

    さまざまなデジタル端末をバラバラに分解することでおなじみのiFixitが、構成次第では最大150万円以上にもなるiMac Proをバラバラに分解しているのですが、分解作業の中で、ロジックボード上に「338S00268」という謎のチップを発見しています。 
     Appleが将来的に、独自設計のCPUを搭載したMacBookやiMacを出す可能性については、随分前から取り沙汰されていましたが。しかしiMacに関してはともかく、Mac miniはそれこそApple A11Xチップを複数個搭載すれば、案外MacBook Pro並みの処理能力を達成できそうな気がするのですが。もう、Proと名乗る機種以外は、IntelのCPUは搭載しない方向で。というか、IntelのCPUもAppleが設計したものを製造して搭載するのなら、ありなのかもしれませんが。いっそのこと、15インチiPadとかをiMacとして発売してほしいです。

    いずれにしろ、iMacの進化の方向性とか、ちょっと見えてきましたね。
    【2018.01.03 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.18 Saturday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23549
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム