★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 大韓国家社会主義国 | main | 無知の無知 >>
AppleがNetflixを買収か?
0
     Appleが映像配信やコンテンツ確保のため、Netflix買収……ですか。有り得る話ですが、買収額がいくらになることか。2500億ドル(約28兆円)とか、クラクラする数字が上がっていますが。これからは音楽にしろ映像にしろ、独占配信が顧客獲得の王道。その意味で、AppleとGoogleとAmazonの、三つ巴の戦いが繰り広げられているのですが、そこの戦いに割って入るつもりがないNetflixは、三社からすれば買収対象としては有望。PIXARという切り札を持つAppleですが、さらにNetflixも加えると、凄いことになりそうな。

    【「AppleがNetflixを40%の確率で買収」Citiアナリストが予測】iPhone Mania

    Appleが映像配信サービス大手のNetflixを買収するのではないか、との予測を米金融大手Citiのアナリストが発表しました。買収資金は、Appleが海外に保有する多額の現金で、多国籍企業が海外で保有する資金を米国内に還流させるトランプ大統領の政策に乗る格好です。

    Appleが40%の確率でNetflixを買収か

    Citiのアナリスト、ジム・スーバ氏とアシヤ・マーチャント氏が顧客向けに発表したレポートで、AppleがNetflixを買収する可能性を40%と予測しています。

    両氏が、Appleが買収する可能性の高さを横軸、Appleの総資産額への影響度を縦軸に、買収額の大きさを円の大きさで示したのが以下のグラフです。 
     とはいえ、確率は40%ですから。半分以下かと思いますが、野球なら球聖とか球神と呼ばれるレベル。テッド・ウィリアムズ以来、打率4割は神の領域。それはともかく、AppleがNetflixの独自コンテンツ路線に加われば、アニメ以外にも膨大なコンテンツを手に入れられるでしょう。ジョン・ラセターとPIXARのメソッドを、映像制作に取り込むと、可能性は広がりそうですが。しかし、ハリウッドの映画製作体制が、企業のコンテンツ充実のために変容していくことへの危惧も、ちょっとあったりします。

    音楽・映像・ゲームが三大コンテンツとして君臨していくのでしょうけれど、ゲーム会社の買収には、AppleもGoogleもAmazonも、意外と動きませんね。映画とかに比較してゲームは、やはり狙ってヒットは作りづらいのでしょうか? だったら、漫画家の方にもAppleやGoogleが原稿料を出してくれませんかねぇ。若手とか安くで投資すると、後々大きな花を開くと想うのですが。
    【2018.01.02 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.05.20 Sunday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23547
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム