★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 12/08は宣戦布告記念日 | main | 史上最速のiPhoneX >>
2018年のiPhoneは金属背面復活?
0
     もし、2018年のiPhoneが背面が金属で発売されるなら。自分はうれしいですけれどね。買い替えイヤーですから。自分はiPhone4のデザインは好きじゃないので。初代iPhoneからiPhone 3GSまで採用された曲線的なデザインのほうが好きなんで、iPhone6 PlusとiPhone7 Plusは大満足なんですけれども。来年のiPhoneは6.5インチが本当に出るなら、そちらの購入を優先ですかねぇ。自分はiPad Proを愛していますが、iPad miniより小さくiPhone7 Plusより大きな次期iPhoneは、大歓迎です。

    【Appleは2018年にiPhoneの背面を金属素材に戻すかも?】iPhone Mania

    Appleが来年発表予定のLCD搭載iPhoneで金属素材の背面を復活させる可能性が示唆されています。LCD搭載モデルの維持には、ライバル企業であるSamsungへの依存度を減らすねらいがあるといわれています。

    2018年のiPhoneラインナップの新たな予測

    Apple製品の情報通と知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は先月、Appleの2018年のiPhoneは6.5インチのOLED搭載モデル、6.1インチのLCD搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルのラインナップになるとの予測を立てました。

    今月7日、Nikkei Asian Reviewは、関係者による新たな予測を発表し、2018年のiPhoneは、背面に金属素材を使用した6.1インチのLCD搭載モデル、6.3インチのOLED搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルになるとの見込みが明らかになりました。 
     さてさて。今年のiPhoneX狂想曲の反動で、来年のiPhoneはマイナーアップデートだと思っていたのですが。このままいくと、来年も大幅な変化を期待できそうです。6.5インチのOLED搭載モデル、6.1インチのLCD搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルのラインナップというのは、iPhoneXと同じ薄型ベゼルになり、ディスプレイの縦横比がまた一段と縦長になると予想。iPadの縦横比で6インチが理想ですが、それは期待できないので。6.5インチの本格的ファブレットの時代の到来を期待します。

    まぁ、本命は2020年の折りたたみiPhoneなんですが。
    【2017.12.07 Thursday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.02.18 Sunday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23451
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム