★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< ブラックフライデー週末にiPhoneXが600万台超の売り上げ | main | マクドナルドが過去最高の黒字 >>
iPhoneの垂直統合促進
0
     Appleがバッテリーを管理するチップを、自社開発するかもしれないという噂。ソフトウェアとハードウェアの両方を自社で開発する垂直統合は、諸刃の剣でもあります。自社製品をより理想的な状態に置けると同時に、研究開発費が負担になる部分もあります。巨額の研究費をつぎ込んで、研究したら必ず成果が出るわけでもないですし。でも、AppleAシリーズの研究開発の結果、Appleに積み重ねてきた蓄積がこういう行動をとらせる自信になってるのでしょうね。実際、今の段階では良い結果につながっていますし。

    【Apple、iPhoneのバッテリー管理チップを自社開発か〜駆動時間の伸びに期待】iPhone Mania

    スマートフォンの課題である「バッテリーの持ち」について、Appleが新たな策を講じているようです。iPhoneに搭載されたバッテリーを管理するチップを、2年以内に自社デザインしていく方針であることが分かりました。

    遅くとも2019年までには

    バッテリーを管理するチップを現在、iPhoneやiPad、Apple Watch向けに供給しているのは、Dialog Semiconductorです。しかし、Nikkei Asian Reviewによると、Appleは早ければ2018年、遅くとも2019年までには、同チップを自社開発で賄っていく方針を固めているそうです。 
     バッテリーはAppleにとってずっと鬼門で、初代iPhoneから問題視されていました。iPhone6 Plusあたりから、そう困ることはなくなりましたが、それでもバッテリー駆動時間がながければ長いほど、ユーザーには便利。で、搭載するバッテリーの量を増量する方向から、バッテリーの管理の性能アップでムダを省くと。出口と入口、両方を管理することが大事。iPhoneでの研究開発は、Apple Watchの最大の弱点であるバッテリー問題に貢献するでしょうし。そういえば、iMac Proでも電源OFFでも動き続けるチップの搭載も噂されていましたね。

    部品供給メーカーには死活問題でしょうが、そこは弱肉強食の世界。Appleが開発できない・買収したくなる魅力的な部品の研究開発が重要かと。
    【2017.12.01 Friday 13:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.12.13 Wednesday 13:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23426
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム