★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 日本版トマホーク? | main | 当事者意識が欠如した朝日新聞の厚顔無恥 >>
iMac ProがApple A10 Fusionを搭載?
0
     もちろん、iMac ProがApple A10 Fusionチップで動くというわけではなく。Proを名乗る以上、iMac ProはMac Pro並みの高い処理能力を要求されますし、Core i7やi9は必須。しかし、低い処理に関してはApple A10 Fusionチップで充分ですし、そこは棲み分けということでしょう。低い処理を高額で高性能なCPUにやらせるよりも、Apple A10 Fusionチップに振り分けたほうが、消費電力も低いでしょうし。これはもちろんMacBookとかMac miniが、Apple Aシリーズでも動くようになる、導線というか呼び水に思えます。

    【iMac ProはA10 Fusionチップ搭載、「Hey, Siri」に対応】iPhone Mania

    12月発売見込みのiMac Proが、A10 Fusionチップを搭載する可能性が指摘されています。実現すれば、Macとしては初めてAシリーズチップを搭載することになります。

    BridgeOSから判明

    開発者のスティーブ・トラウトン−スミス氏とジョナサン・レヴィン氏が、「BridgeOS 2.0」から得た情報から、iMac ProはA10 Fusionチップを搭載していることがわかった、とツイートしています。

     
     元々、iOSの元となったMacOSは、NeXT社のオブジェクト指向型OSのNeXT STEPがルーツ……というか、後継のOPENSTEPにMacOSのインターフェイスを被せただけ。CPUに関係なく、稼働するOSというコンセプトのお陰で、MacOSXはPowerPCからIntel製x86系への移行に成功し、派生型のiOSがARM系のAppleAシリーズでも動くという、汎用性を獲得できたわけで。Appleがジックリと育てたAppleAシリーズは、一部のプロ用製品とは無縁と思いましたが、併用という方法論もあったのですねぇ……。そう考えると、Appleの深謀遠慮ですが。

    いずれにしろ、今後はMacにもAppleAシリーズの搭載は一般化するでしょう。
    【2017.11.20 Monday 22:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.12.13 Wednesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23393
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム