★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 小池百合子都知事の逃げ足 | main | 三不では足りぬ >>
2018年にiPhoneX Plus発表?
0
     6.5インチのiPhoneX Plus……ですか。スマートフォンは大きくても気にならない自分としては、これは心が動いちゃいますね。来年はホームボタンが残る可能性があるiPhone8 Plus(またはiPhone6 Plus)を購入するつもりでしたから。現行のiPhone7 Plusよりも一回り大きいのですが、問題は横幅です。縦長すぎても、ブックリーダーとしてのiPhoneは、使いづらいですから。さらに、有機ELディスプレイのダークモードによる、低消費電力化なども、気になりますし。iPad miniが二回り小さいぐらいのiPhoneX Plusなら、大歓迎です。

    【Apple、来年次世代iPhone X Plusなど3機種発表へ――台湾のアナリストが予測】TechCrunch

    台湾のKGI証券の著名なAppleアナリスト、郭明池(Ming-Chi Kuo)は来年のiPhoneを分析する新しいレポートを発表した。郭によれば、2018年にAppleはiPhoneの新しいモデルを3種類発売する。3モデルとも上部に切り欠きをもつ全面ディスプレイを備えるという。

    郭によれば、iPhone Xの後継モデルはサイズ、形状とも現行とほぼ同一でディスプレイは5.8インチ、画素密度は458ppiだという。これは現行iPhone Xと全く同一のスペックだ。

    しかし5.8インチより大きいディスプレイを望むユーザー向けに、Appleは6.5インチ・ディスプレイ版を用意していると KGIは予測している。液晶にはOLEDが用いられ、 解像度は480-500ppiと現行iPhone Xを上回る。つまり、iPhone X Plusの2世代目だ。 
     有機ELディスプレイのダークモードは、常に外付けバッテリーを持ち歩く自分としては、かなり魅力的。6.5インチのiPhoneX Plusが本当に出るのなら、ファブレットの時代の到来ですね。2020年ぐらいに、Appleが折りたためる液晶ディスプレイを採用して、タブレット型を刷新するのなら、この流れは止まらないでしょう。iPhone5ぐらいの大きさで見開きになるなら、ちょうど7インチぐらいのタブレット型と同じぐらい。Kindleと同じぐらいですか。個人的には、iPadと同じ縦横比率ならば、6インチでも充分なんですけれどね。

    Appleの戦略がまだまだ不透明ですが、6.5インチのiPhoneX Plusが出るなら、第一候補ですね。
    【2017.11.14 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.18 Saturday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23375
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム