★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 外交音痴 | main | 最悪の時に最悪の人が最悪の選択をする国 >>
iPhoneXとApple Watch
0
     AppleはMacBook AirとiPhoneのあたりから、各製品を有機的に連帯させ、他で試して評判が良かったり経済効率が良いものを、取り入れることが多いですね。光学ドライブの廃止やユニボディはMacBook Proにも取り入れられ、脱着式のバッテリーを辞めて一体型のバッテリーに替えたのも、iPhoneにフィードバックされた印象。MacOSのインターフェイスも、iOSとの関わりの中で変化していますし。iPadで使うiOS11は実にMacライクです。Apple Watchとの相互流入も、普通にあるでしょうね。

    【「iPhone X」のデザインのもととなったのはApple Watch】iPhone Mania

    AppleのiPhone Xは、OLEDディスプレイを搭載し、生体認証はデバイスを軽く顔側に傾けるだけで動作します。ホームボタンなしでスムーズに行なわれる画面切り替えなど、iPhone XにはApple Watchにそっくりなディテールが随所に施されています。

    iPhone Xの随所にみられるApple Watchの影響

    iPhone Xのデザイン構想はいったいどこからきたのでしょうか?米メディアAppleInsiderは、iPhone Xの起源はApple Watchにあると分析しています。

    iPhone Xでは、iPhone初となるOLED(有機EL)ディスプレイが導入されましたが、Apple Watchは初代Apple WatchからすでにOLED Retinaディスプレイを搭載していました。 
     有機ELディスプレイにしても、導入するにはApple Watchがもっとも簡単で、その次がiPhone。コレは単純に面積的なもので、であるなら次はiPad、その次が付加価値を考えてMacBook Pro、最後にiMacでしょうね。Apple Watchのインターフェイスは、自分は実際に持っていないので比較は難しいですが、特に不満はないようですし。あのインターフェイスからiPhoneXが検討されたとすると、開発時期的にもタイミングが良かったのかな、と。

    ここにApple TVが加わっていないのが残念ではあります。良いマシンなんですが、ChromebookとChromeboxの関係のように、iPhoneのApple TVは連帯できていないなと。
    【2017.11.07 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.18 Saturday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23356
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム