★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 外国人地方参政権に反対した団体 | main | 絶賛更新停滞中。 >>
折り曲げられるiPhoneは2020年に?
0
     2020年ですか。流石に来年は無理でしょうから、偶数年の買い替えイヤーの2020年に折りたためるiPhoneが手に入る可能性が。3年なら早いですね。Samsungは来年には出してくるでしょうから、その頃には落ちたためる液晶のスマートフォンで、ファブレットの並みは一層大きくなりそうです。日本の若者は、ますますパソコン離れをするでしょうね。個人的には冊子型で、折りたたんだ背面の片方にはモノクロのサブディスプレイがついたiPhoneを期待したいです。iPhone5ぐらいの大きさで、広げると2倍ならまずまず。

    【Apple、LGと協力して「折り曲げ可能」なiPhoneを開発か】iPhone Mania

    Appleが、韓国のLG Displayと共同で折り曲げ可能なiPhoneの開発に取り組んでおり、2020年の発売を目指している模様です。

    LG、2020年より折り曲げ可能OLEDを製造

    The Bellによれば、LG Displayは新型iPhone向けとして、折り曲げ可能な有機EL(OLED)スクリーンを開発するタスクフォースを設立したとのことです。またLG Innotekも新iPhoneへの供給を目的とした、専用のRFプリント基板(RFPCB)開発部門を立ち上げたようです。

    折り曲げ可能なOLEDの製造開始は2020年となる予定です。競合するSamsungは、2018年中には折りたためるGalaxyを発売すると認めていることを考えると、Appleは2年遅れで同様の機能を持つiPhoneの発表を見込んでいることになります。 
     Appleは意外と保守的ですから、2020年ではなく2022年とかになるかもしれませんが。ひょっとして、ベゼルが極薄になったiPhoneXって、実はこの折りたためるiPhoneへの布石だったりして。ストレートタイプのiPhoneはレギュラーとして販売し、将来的に折りたためるタイプはiPhoneXのブランドと棲み分けるとか? 思うに、iPhoneXが一時期盛んに背面へのTouch IDの搭載の噂が流れたのも、iPhoneXが折りたたみタイプに進化することを前提に、モックアップや試作機が作られたのなら、納得ですが。

    いずれにしろ、折りたためるiPhoneはファブレットとして大きく進化するでしょうし、このまま行くとiPad Proも半分のサイズになるでしょう。そうなると、iPad miniのサイズで10.5インチのiPad Pro並みの画面が持てるんですから、タブレット型がノート型を呑み込むでしょうね。
    【2017.10.12 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.12.13 Wednesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23277
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム