★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 朝日新聞の印象操作 | main | iOS11とiPad Pro >>
iPhone8とiPhone7の耐水性対決
0
     自分の中では、iPhone7+は理想的なスマートフォンで、カメラ性能や各種操作性には大満足です。ホームボタンも感圧タッチ方式となり、イヤホンジャックも廃止されて、防水機能も一気に高まりましたし。でも、iPhone8はイメージ写真に水を浴びた姿を使うほど、防水性能に自信満々ですから。iPhone8が発売されて、さっそく分解レポートや落下実験レポートなどが上がっていますが、こういう防水機能の実験も、壊すことを覚悟の上でないとできませんから、一般のユーザーにはありがたい実験です。結果は下記リンクを参照してください。

    【iPhone8の耐水性能は?iPhone7と比較した動画】iPhone Mania

    iPhone8/8 Plusは、iPhone7/7 Plusと同じ、IP67等級の防沫・耐水・防塵性能を持っていますが、iPhone8の耐水性能をiPhone7と比較した動画を、YouTubeチャンネルのEveryhingAppleProが公開しました。

    水中でタッチスクリーンが動作しないのは正常

    最初に、水を張ったボウルにiPhone8とiPhone7を沈めています。 
     IP67規格を守っていますから、そういう意味では昔ほど水濡れ注意ということはないのですが、それでも雨が降ってくるとギョッとします。なにしろ、iPhone3Gの頃は防水性能は不明で、濡れたら壊れると言われていましたし。iPhone7でホームボタンが感圧タッチ方式となり、これだけでもずいぶんと浸水の危険性は軽減された印象です。感圧タッチ方式自体には、賛否両論あるのですが、自分はさほど気にならないので。それでも、防水・防塵機能のかなりゴツイスティール製のケースに入れています。

    むき出しでiPhoneを持つ気は、今後もサラサラないです。
    【2017.09.24 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.10.22 Sunday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23220
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム