★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhone8は高評価 | main | もうひとつの『竹林はるか遠く』 >>
macOS High Sierraのこと
0
     いろいろと、興味深い内容ですね。High Sierraになって、思った以上に使い勝手が良くなりそうです。名前だけ聞くと、LeopardとSnow Leopardみたいなもんで、マイナーアップデートに近いのかなと思ったのですが、よくよく考えてみたらSnow Leopardは地味ながらもAppleのOS開発部門の優秀さが遺憾なく発揮され、容量もぐっと減らして堅牢にしたバージョンでした。そこを思うと、SierraとHigh Sierraの関係性も、むしろジックリと内部強化を図ろうとしているのだろうな、と推測できます。

    【macOS High Sierraでできるようになる14のこと】ギズモード・ジャパン

    気になる公開日は2017年9月26日。

    毎年恒例のmacOSのアップデートが今年もやってきました。名前は「High Seirra」。現バージョンが「Sierra」なだけに、マイナーアップデートなの? という印象を与えかねないネーミングですが、果たして。
    (中略)
    以上が米ギズモードの注目したHigh Sierra新機能14選でした。「全部知りたいよ!」という方はこちらの公式ページへ。私は日本語と英語の入力が切り替えなしでどちらもできるという、新しい二言語入力が気になります。

    さて、皆さんはアップデートしたくなりましたか? 私はアプリ達のHigh Sierraサポートが確認でき次第する予定です。新しいファイルシステム、APFSがSSD(最近のMacのストレージ)に最適らしいので! 
     人柱上等のApple信者であり、Macユーザーとしては新しいOSが出ると喜び勇んでアップデートしてきたのですが。実は、10.12のSierraにはまだアップデートしていません。10.10 Yosemiteから10.11 El Capitanにアップデートした結果、InDesign CS6がまともに動かなくなってしまって、酷い目にあってしまったのが原因です。MacBook Pro Mid2012をInDesign専用機にして、なんとか解決しましたが、こちらのOSはYosemiteのまま。あんまりOSのバージョンを変えすぎると、連帯が取りづらいので。

    特に、メモ機能の共有は便利なので、ちょっと考えてしまいます。Parallelsで古いOSを動かすことを真剣に考える時期かも。
    【2017.09.24 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.12.13 Wednesday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23217
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム