★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPad ProがMacBook Airに | main | 論点すり替え >>
1000ドルのiPhoneは高いか?
0
     数字だけ見たら高いです。iPhoneの適正価格はどこにあるか、そこは難しい問題ですが。でも、iPhone6でピークとなったiPhoneの売上が今後、右肩上がりになるとは思えません。穏やかな下降線をたどるであろうこと、であるならば高級志向に行くのは必然。そうやてブランドイメージを守り、倒産の危機を回避したのですから。もっとも、プレミアムiPhoneにUSB-Cが搭載され、パソコンにもなるスマートフォンとして出てきたら、1000ドルでも安いかも、です。

    【1,000ドル超えのiPhone8を消費者は望んでいない?】

    iPhoneで進化し続けてきたのはスペックだけではありません。599ドル(約6万6,000円)で発売された初代iPhoneから10年後、iPhone8の販売価格は1,000ドル(約11万円)を超えるとも言われています。しかし、この「大台超え」に対し、尻込みする消費者も少なくはありません。

    消費者が望む適性価格は582ドルだが

    投資銀行のBarclaysが行った調査によれば、現在iPhoneを所有しているユーザーのうち、iPhone8のために1,000ドル以上払うつもりがあると回答した割合は、18%に過ぎなかったそうです。回答者を非iPhoneユーザーにも広げると、この割合は11%へと下がります。

    過去のiPhoneとの比較をせずには、この数値をもって何かを結論付けることはできませんが、Barclayによれば、回答者が最も望む価格は582ドル(約6万3,800円)だったそうで、1,200ドル(約13万2,000円)とも1,400ドル(約15万4,000円)とも言われるiPhone8の予想価格とは、かなりの乖離があることになります。 
    【2017.08.13 Sunday 11:54】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.10.22 Sunday 11:54】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23075
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム