★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Mac版新Safariは世界最速か? | main | 国家百年の計 >>
加計学園問題ではなく獣医師会献金問題
0
     マスコミが白を黒と言い立て、日本の都道府県においては特殊な立ち位置にある東京都(少子化の中で人口が増え続け税収は豊富)で、具体的な政策が見えない保守系の都民ファーストの会が大勝したら大騒ぎし、支持率が下がったとこれまた大喜びをする日本のマスコミ。早い段階から、父弟が獣医師の民進党・玉木雄一郎議員が獣医師会から100万円の政治献金を受け、同じく民進党・福山哲郎議員が100万円の献金を受け、さらに民進党・芝博一議員も献金を受け。そして石破茂氏も。献金自体は合法でも、これは忖度どころの騒ぎではないでしょう?

    【新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢…】産経新聞

    「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」

     平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂は衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。石破の言葉に、北村は安堵の表情を浮かべながらも「まだまだ油断できないぞ」と自分に言い聞かせた。

     石破の言った「文言」とは、会談に先立つ6月30日、安倍晋三内閣が閣議決定した「日本再興戦略」に盛り込まれた獣医学部新設に関わる4条件を指す。 
     国士気取りの詐欺師であった籠池夫妻を、最初は教育方法に問題があると叩いていたのに、逆ギレして安倍内閣攻撃に転じたら持て囃し、100万円の寄付とかアホなことでさんざん大騒ぎしておいて、こっちの100万円はスルーですか? 忖度忖度と言い募るのなら、これはおかしいでしょうに。マスコミがこういうことをすればするほど、若者は新聞やテレビの情報を信用しなくなり、自分で自分の首を絞めるのですが。実際、若者ほど新聞離れし、安倍内閣支持なのは、終章や景気の動向で、アベノミクスの効果を切実に感じているからで。

    どうせ新聞の部数は将来的には半減するので、偏った意見で顧客の囲い込みをしたいのかもしれませんが。政府は電波オークションと、クロスオーナーシップの解消を、アメリカ並みにやるべきでしょう。不健全な日本のマスコミが、戦前も世論を歪め、日独伊三国軍事同盟や日米開戦を促したのですから。
    【2017.07.17 Monday 18:00】 author : 土岐正造
    | マスコミ批評 | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.20 Thursday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
       新聞は「押し紙問題」が顕在化してきているのでそれがいつ爆発するかで影響力が地に堕ちることでしょう。
       またその影響を受ける形でテレビ局も無事では無いと思います。
      | acura | 2017/07/18 5:51 AM |
      正義の味方・弱者の味方のフリをして、実際は押し紙という弱い立場の販売店に負担を押しつけ、盛った部数というウソの数字で高い高い広告料を設定して、広告主を騙してきたのですから。
      クロスオーナーシップの解消で、新聞社はテレビ局やラジオ局の黒字を当てにできなくなり、兵糧攻めにできるでしょう。
      | 土岐正造 | 2017/07/19 12:32 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22998
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム