★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< ベトナムが韓国に抗議 | main | Apple対Google、仁義なき戦いYouTube死闘篇 >>
遵法意識
0
     未だに近代法の精神が理解できないからこそ、法の不遡及の原則さえ守れない。自分の政敵を牽制するため、事後法で簡単に相手を裁く。大統領のスキャンダルで検察が外国の新聞記者を長期に渡って拘束するなど、民主主義が成熟していないのですから、そりゃあロウソクデモなんて情緒的な手法で大統領が弾劾され、法の番人たる裁判官が起訴事実にない罪状をわざわざ加えて、大統領弾劾に賛成する。しかし、婚姻届を偽造するという、頭がおかしい人が法務部長官候補とは、文在寅新大統領政権はろくな人材がいないようで。

    【法相候補が辞退 虚偽の婚姻届提出などで=韓国】聯合ニュース

    【ソウル聯合ニュース】韓国新政権の法務部長官候補に指名されていた安京煥(アン・ギョンファン)ソウル大名誉教授が16日午後、「文在寅(ムン・ジェイン)政権の(検察)改革推進の妨げになることはできず、職を退く」とのコメントを出し、候補を辞退した。

     検察改革を公約に掲げた文大統領は11日、法務部長官候補に検察官出身ではない安氏を指名した。だが、長男が高校時代、退学処分を受けそうになったが、安氏が学校側に影響力を行使し、処分を軽減させたとの疑惑が浮上。過去に新聞に寄稿したコラムで女性を卑下するような表現をしていたことも問題視された。

     20代だった1975年には交際していた女性の印鑑を偽造して勝手に婚姻届を出し、翌年に婚姻無効の判決を受けたことが明らかになり、波紋が広がった。 
     韓国の交渉方法で、既に出してしまったから今さら引っ込められない、我々のメンツを潰さないように配慮してくれ……というパターンが大変に多いです。で、そこで日本に対して借りを作ったとは思わず、与し易しと舐めて、更にこの手法を使うという。けっきょく、外交にしても個人の恋愛にしても、こういう手法を多用する民族というのは、良い悪いではなく相互理解を深めるためにも必要かと。遵法意識が低く、あわよくば充分だけ美味しい思いをしたい。そのためには慰安婦の73.9%が金を受け取っているのに、国民感情が〜と、なんでも利用しようとする。

    お人好しは日本国内では愛されても、国際社会では損をすると。
    【2017.06.18 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.09.24 Sunday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22902
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム