★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 繰り返されるすり替え | main | WWDC2017新製品予想 >>
愛知県警の闇
0
     通信傍受法を盗聴法と、ことさらに悪意に吹聴した人もいましたが。実際には身内とも言うべき警察官の、獅子身中の虫をあぶり出すのにきちんと活用されています。しかしそれ以上に、福岡の事件で愛知県警の複数の警察官が情報を流していたとは……。言うまでもなく、愛知県といえば現在の六代目山口組の司忍組長の出身母体である、弘道会の本拠地。弘道会は警察官一人ひとりの個人情報を収集する部隊が存在すると言われていますが、実際に切り崩されている悪徳警官が確認されたと。

    【博多金塊 捜査情報漏えいか 愛知県警 複数の警官 逮捕前、容疑者に 福岡県警、通話を傍受】西日本新聞

     福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれ、福岡、愛知両県警が窃盗容疑などで10人を逮捕した事件で、愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らしていた疑いがあることが1日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は今回の捜査で容疑者らの携帯電話を通信傍受しており、その中で警察官との通話を確認した。福岡県警はこのことを愛知県警側に伝えた。

     捜査関係者によると、通信傍受で少なくとも2人の警察官が容疑者の一部と連絡を取っていたことが分かったという。容疑者が通話の中で警察官から入手した情報は、福岡県警が家宅捜索に入る時期だったことも判明。情報を漏らした疑いのある警察官の具体名も挙がっているという。

     事件の主犯格とみられる野口直樹容疑者(43)は逮捕前の今年3月ごろ、被害に遭った貴金属店の実質的経営者側に被害届を取り下げるよう示談交渉を持ち掛けており、警察官からもたらされた情報を基に、逮捕を免れようと画策した可能性がある。 
     なんか、Twitterを見たら #安倍を吊せ なんてハッシュタグが作られて、嬉々としてそれを拡散している方々がいます。挙句の果てに『奇妙な果実』を持ち出して、安倍を奇妙な果実にしてやれとのたまう人間が登場する始末。ジャズの名曲である本作は、人種差別によって私刑で殺され木に吊るされた黒人の死体を、奇妙な果実と表現しているわけで。KKKなどの人種差別団体の手法を肯定する、差別者だと言いたいのでしょうか? 実際、このハッシュタグを言い出した元音楽ライターは、リンチ事件のセカンドレイプ事案で先日、敗訴したばかり。

    天下りを斡旋した元官僚が、売春も行われている疑いが強い出会い系のいかがわしい場所に頻繁に出入りしていたとか、半年前ならマスコミは連日連夜の攻撃をしたような事案が、何故か安倍政権を告発する清廉な元官僚という、奇妙な報道に。けっきょく、通信傍受法も安保法制もテロ等準備罪も、やれ盗聴法だ軍靴の響きだ共謀罪だと大騒ぎしても、騒いでる連中のレベルの低さで信頼がガタ落ちと言う。安倍政権だって問題は大量にあるのに、まともな経済政策もなく明後日の方向に攻撃していたら、ほんとうに危険なんですが……。
    【2017.06.02 Friday 20:12】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.18 Saturday 20:12】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22849
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム