★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 易姓革命 | main | Appleのポリシー >>
iPhoneとAndroidの意外な違い
0
     興味深い比較ですが、これって実はMacとWindowsとの比較でも言えることなんですよね。ウィルスやセキュリティの違い、中古の買取の値段の有利さとか。そう、Macは高い高いと言われますが、高い製品というのは売り飛ばす時の値崩れが少ないんですよね。Macの場合は、5年前の機種でもそこそこのお値段がつきますが、Windowsでは悲しい値段になります。これはiPhoneも同じで、値段が高いぶん、中古価格が値崩れしづらく、長く愛される側面もありますから、物の価値はトータルで見ないとダメですね。

    【3つの点に着目 iPhoneとAndroidの意外な違い セキュリティー面に要注意】日経ビジネスONLINE

     調査会社のGfKが発表したスマホ&携帯電話の最新販売ランキングを見ると、6位までアップルのiPhoneシリーズが占めており、日本では最新モデルのiPhone 7が人気を集める。5位には、ワイモバイル扱いのiPhone 5s(32GB)が、10位には同じワイモバイル扱いのiPhone SE(32GB)もランクインし、価格やサイズを重視する人にも支持されていることが分かる。

     iPhoneが選ばれる理由として、「ケースやカバーの種類が多く、好みに合うものが見つけやすい」「メールアドレスやLINEを交換せずに写真などのデータがワイヤレスで送れるAirDropが便利」といったAndroidにはないメリットが挙げられることが多い。だが、これ以外にもiOSとAndroidではさまざまな違いが存在する。スマホ選びの際、忘れずに着目したいポイントをまとめた。 
     我が家のMacBook Proは、Mid2012と5年前の機種ですが、Core i7であったのと、製造ナンバー自体に問題があったため一昨年、ロジックボードとRetinaディスプレイを全部入れ替えているんですよね。なので、新品同然。処理能力自体は、InDesignCS6がサクサク動くので、イロイロと悩んだのですがOSをYosemiteに固定して、InDesignとOffice2011を固定的に使うマシンとして使用しています。El Capitan以降、InDesignの不具合がひどくて、ネットの意見的にもMavericksとYosemiteが限度という意見がほとんどなので。

    iPhoneも、iPhone4sが至高という人もいます。我が家のiPhoneは、今はもう音楽再生がメインになっていますが、たしかにこのコンパクトな3.5インチの筐体は、いいですね。小型でデザインも特徴的で、Appleには再発売してもあんがい受けそうな。iPhoneSEで、小型のiPhoneへの需要って意外にありますし。iPhone5はバッテリーが膨らんじゃって使えませんが、iPhone6 Plusは音楽専用機にはできないぐらい、カメラ性能も優秀ですし。中古市場が活況なのは当然で、4〜6年は普通に使えるので、2年サイクルで売っても需要があるのでしょう。
    【2017.05.18 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.09.24 Sunday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22805
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム