★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 民族の悲願 | main | Apple Storeが公共広場になる >>
ロビー活動の成果
0
     はい、きました。いかにも国連の権威をバックにしたような韓国のように報じられましたが、国連に属する機関でもなければ、国連を代表するものでもないと言う。内容の杜撰さと、一方的に韓国に都合の良い内容で、ついでに日本を侮辱する部分もあるので、おかしいなと思っていたのですが。やっぱり、国連の権威を利用してのロビー活動のようで。Twitterの方では既に、語学に堪能な海外在住者が、イロイロと指摘されていますが、そこら辺の背景もそのうち、明確になるでしょう。

    【「日韓合意見直し」 勧告したのは国連の委員会でも国連の機関でもない】Yahoo!ニュース

    【ファクトチェック】産経新聞は5月13日、「国連委員会が『慰安婦』日韓合意見直しを勧告 『補償や名誉回復は十分でない』 両政府に」と見出しをつけた記事をニュースサイトに掲載した。この勧告をした「拷問禁止委員会」は、国連総会で採択された拷問禁止条約に基づいて設置された委員会で、いわゆる人権条約機関の一つ。国連に属する機関ではなく、委員会の見解は国連から独立した専門家のものであって、国連を代表するものではない。

    産経新聞は、同委員会が2015年12月に日韓政府間で達した慰安婦問題に関する合意について「元慰安婦は現在も生存者がおり、被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘し、日韓両国政府に「被害者の補償と名誉回復が行われるように尽力すべきだ」と強調した、と報じた。 
     日本の人権は弁護士と、韓国人留学生の暗躍があったようですが、そこら辺の動きも追求されるでしょう。いずれにしろ、昔だったら左派マスコミが飛びついて大騒ぎするネタが、今はマスコミ関係者ではなくその分野に専門的な知識や情報を持つ人間が、情報を発信し、それがインターネットによって共有される。昭和の時代は自作自演で騒ぎを大きくして大臣の首を飛ばす事もできましたが、今はそんな時代でもないですから。むしろ、潘基文国連事務総長も評価した日韓合意に、反する内容を出す事自体が問題かと。

    マスコミが本来のプロフェッショナルとしての技術や方法論を磨いてこなかった結果、報道の素人の集合知に負ける。悲しい現実です。
    【2017.05.14 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
    | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.20 Thursday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22788
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム