★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 北朝鮮が新型ミサイルの燃焼実験に成功 | main | 消えるiOSアプリは18万7000個以上 >>
西太平洋上で日仏共同軍事訓練
0
     オバマ大統領の時代から、着々と対中国包囲網は形成されていて、日本やベトナム、フィリピン、インド、オーストラリアなどがアメリカと共同歩調。これに、空母を持つ数少ない国のひとつであるフランスも、軍事的に加わると。中国側に付くのは、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と韓国ぐらいでしょうか? イランやパキスタンは動かないでしょう。中国と韓国の関係は微妙で、中国にすり寄る二股外交でアメリカに恫喝されたのか、慌ててTHAADを配備決定して、中国にも恫喝されている状態ですから。

    【日仏が共同訓練、南シナ海航行へ 中国けん制】日本経済新聞

     日本とフランスは5月をめどに、西太平洋上で初の本格的な共同訓練を実施する。仏海軍の大型練習艦を使い、上陸訓練などを想定する。練習艦は南シナ海を航行して訓練に参加。自衛隊と仏軍の緊密な連携を示すことで、中国による海洋進出をけん制する狙いがある。20日にフランス・パリで開く日仏首脳会談で安倍晋三首相とオランド大統領が合意する。

     訓練にはフランスの大型練習艦「ジャンヌダルク」を使う。 
     TPPは21世紀のブロック経済権だと、自分は思っています。ただ、ソレをあからさまにはできませんから。アメリカの戦略は戦後一貫していて、事実上の属国には飴として自国の利益を削って供与する。典型的なのが原子力関係の技術で、日本は自動車産業やエレクトロニクス関係の市場を喰うことが許され、韓国も同じだったわけですが。そこを、アジア開発銀行や戦勝記念パレードに出席するなど、アメリカを裏切る動きに出たので、慰安婦問題で合意を呑まされ、THAAD配備でも唯々諾々だったわけで。

    こと外交に関しては、日本は着実に次の戦争に備えて動いている感が、明白。次は戦勝国になるという、安倍首相の強い意志を感じます。
    【2017.03.19 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.20 Thursday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22600
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム