★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 『Polaris Office for Mac』発売 | main | 西太平洋上で日仏共同軍事訓練 >>
北朝鮮が新型ミサイルの燃焼実験に成功
0
     日本海に打ち込まれたミサイルは、等間隔で着水し、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の攻撃能力が着々とレベルアップしている証拠。さらに、核開発を辞めない宣言を出し、ミサイル用の高出力新型エンジンの燃焼実験に成功ですか。アメリカはかつて、大量破壊兵器があると言い張って、イラクのサッダーム・フセイン政権と戦争に突入したわけですが。明らかな大量破壊兵器を開発中の北朝鮮に、行動を起こしても不思議はないのですが。日本の野党は「怪しげなジャーナリスト」に振り回され、森友劇場に現を抜かしています。

    【新型エンジンの燃焼実験 北朝鮮、ミサイル能力誇示 】日本経済新聞

     【北京=共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、新たに開発された高出力エンジンの地上燃焼実験が北西部東倉里の「西海衛星発射場」で行われ「成功した」と報じた。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会った。

     新型エンジンは従来のものより高い推進力があるという。燃焼実験を公表することでミサイル能力の向上を誇示し、米韓合同軍事演習やトランプ米政権の圧力強化をけん制する狙いがあるとみられる。 
     北朝鮮が駆け引きの道具としての核開発をしているのか、本気で南進しようとしているのか、正直わかりません。しかし、金正男氏を暗殺したのがVXガスだとしたら、核兵器のみならずBC兵器も着々と開発中、と。核弾頭を搭載しなくても毒ガスや生物兵器を搭載してソウルや日本の主要都市に撃ち込めば、一定以上の損害を確実に起こさせられるでしょう。特にソウルは国境線の近くに人口の5分の1が集まる首都という特殊な状況ですから、先制攻撃という点でコレほど格好の標的はないです。

    こういう状況で、朝鮮学校に税金から援助しろとか、在校生を使ってアピールする汚い大人達にも、呆れます。
    【2017.03.19 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.09.24 Sunday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22599
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム