★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 回帰熱 | main | Appleの垂直統合は木材まで >>
米国務長官が日韓合意を改めて支持
0
     日韓合意が韓国に対する、牽制になっていますね。アメリカを仲介人として立てたのが、ここにきて効いてきました。暴力団の抗争の手打ちも、それなりの人物が間に立って意見を調整しないといけません。成功すれば立会人の格はグッと上がりますが、どちらかが約定を反故にすれば、立会人の面子を潰したということで、立会人さえも敵に回すわけで。国際政治と言っても最後は力ですから、その交渉はヤクザと本質は同じ。韓国政府はそれがわかっているのか? 北朝鮮が等間隔でミサイルを日本海に打ち込み、毒ガスで義兄を暗殺し、核開発続行を宣言してるのに。

    【米国務長官 “慰安婦問題めぐる日韓合意を支持”】NHKニュース

    アメリカのティラーソン国務長官は共同記者会見で、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「アメリカは合意を支持していく。問題を終結させるために、両国がこの合意に誠実に取り組んでいくよう促したい」と述べました。

    さらにティラーソン長官は「日米韓の3か国の関係は重要で、特に北朝鮮の脅威については、日韓両国と非常に緊密な同盟を維持している。そのためにも日韓両国が合意に基づいて、慰安婦問題を早急に解決することを望む」と述べました。 
     合意が発表された時、激しく批判した右派が数多くいました。でもそれは、潔癖症的政治観というか、幼児的不寛容というか。別の言い方をすれば、現実対処的ではない。例えて言えば、死刑を廃止するために恩赦なしの終身刑を提案すれば案外簡単にその目的を達成できたかもしれないのに、現行法で対処可能の一点張りで終身刑の創設を拒んだ結果、死刑は廃止されない上に無期懲役で15年かそこらで出てくるのはおかしいという批判で、むしろ長期の服役が多くなってしまったと言う。

    政治目標で言えば、まずは恩赦なし仮釈放なしの終身刑制定で死刑を廃止し、その後に恩赦ありや仮釈放ありに徐々に切り崩すのが得策。それを現行法で可能の一点張りで死刑だけ廃止しようとするから、政府権力を削りたいだけではと裏の目的を勘ぐられ、むしろ無期刑の仮釈放検討の相場が30年ぐらいに増量すると言うマイナスの結果に。ドイツの慰安婦像も日韓合意を持って撤回に持ち込めそうですし、日韓合意は絶妙な一手。これで、英文の合意原本が実はアメリカにあるとかだったら、ベストですが。
    【2017.03.18 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.18 Saturday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22596
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム