★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 曲が少ないプレミアiPhoneの曲面ディスプレイ | main | 次世代ステルス機の日英共同研究検討 >>
合意破棄へ着々
0
     日韓基本条約で解決済みのことを、こうやって司法が無視して大衆の情緒に迎合した判決を出してしまう。検察と特別検察の調査に応じなかったと、起訴事由によらない部分で憲法裁判所が大統領に対する弾劾訴追案を全員一致で妥当と認める、法治国家ではない情治国家ですから、当然といえば当然なんですが。で、今回も日本から金が取れるぞとこんなバカな裁判を起こしたのでしょうが、日韓基本条約を破棄したら、日本の請求権が復活して、収支の上では韓国の側の大幅な赤字で、国が滅びかねないんですが……。

    【不二越に賠償命令 元勤労挺身隊による訴訟=韓国地裁】朝鮮日報日本語版

    【ソウル聯合ニュース】太平洋戦争中に女子勤労挺身隊として、日本の機械メーカー不二越(富山市)で労働を強いられた韓国人女性が同社に損害賠償を求めた訴訟の判決で、韓国のソウル中央地裁は16日、80代の女性に1億ウォン(約1000万円)を賠償するよう同社に命じた

     地裁は、日本が日中戦争、太平洋戦争など違法な侵略戦争を遂行する過程で軍需産業に必要な人手を強制的に動員し、不二越はこの政策に積極的に便乗したと判断した。

     また「労働者の動員には多数の学生も含まれた」と指摘、不二越が当時、勤労挺身隊に志願すれば上級学校に進学させてもらえ、金も稼ぐことができるといううそで当時13歳だった原告を懐柔したと認めた。 
     おなじみのブログ『在日朝鮮人から見た韓国の新聞』のエントリー【韓国、日本に対して200兆円もの巨額賠償をしなければいけなくなったか】で金田正二氏も指摘されていますが、朝鮮半島に残した資産は外務省の調査で702億5600万円にもなり、コレを現在の金額に換算すると、9兆円から12兆円にもなります。日本はこれらを放棄した上で、独立祝い金として有償無償の借款を合計で11億ドルもやったわけですが、この日韓基本条約は1990年代まで韓国国民には公開されないという扱いを受けています。

    日本の無償の借款も、日韓基本条約破棄となれば、利子を付けて返還となりますしね。韓国の国家予算が40兆円ほどですから、余計なことを言うと予算が3分の2になってしまうほど、巨額な赤字が出現してしまうわけで。韓国は大学教授レベルですら、歴史的に資料に基づかないことをしばしば口走りますから、日韓基本条約は他の植民地(自分は日韓併合は植民地ではないという立場ですが)と比較して、驚くほど有利な条約なんですが、韓国人は一部の研究者以外は、理解していないのでしょう。
    【2017.03.17 Friday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.06.23 Friday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/22591
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム