★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< AppleがTVコンテンツ制作? | main | ワイヤレス充電はiPhone7sから >>
石坂浩二さん降板とテレ東の闇
0
     テレビは見なくなった人ですが、昔はこの番組は大好きで、勉強させていただいてました。番組から発売された書籍とか、ほとんど購入していましたから。特に渡辺先生や安岡先生の博識に、勉強させていただいたものです。が、番組開始当初からの功労者である石坂浩二さんに対して、ここ二年ほど何やら酷い仕打ちをしているというのが、話題になっています。番組での発言を編集でほとんどカットとか、いったいどこの小学生の嫌がらせだよと。出演者の起用はテレビ局の判断にしても、筋は通すべきかと。

    【石坂浩二さん、テレ東「なんでも鑑定団」降板へ】読売新聞

     テレビ東京は30日、同局の人気長寿番組「開運!なんでも鑑定団」について、4月の番組改編により約22年間にわたって司会を務めてきた石坂浩二さんが降板する、と発表した。

     石坂さんをめぐっては最近、同番組内での出演シーンがカットされ、ほとんど登場しなくなったと、一部報道で指摘されていた。テレビ東京はこの点に関して、「意図的に(登場部分を)落としているのではない」と否定している。

     テレビ東京によると、石坂さんは4月から、系列の衛星放送・BSジャパンで始まる新番組「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」(仮題)の司会者に転じる。 
     こういう部分で話題になったため、降板の代わりに別番組を用意したと、勘ぐってしまいますね。番組のプロデューサーと何か確執があったのかもしれませんが。石坂さんはイメージとは裏腹に、NHKのギャラの安さとか、水戸黄門での降板騒動など、けっこう歯に絹着せずにズケズケと批判を口にされていましたし。口調が穏やかなので、聞いてるぶんには気にならないのですが、よくよく聞くとけっこう酷いことを口にしていますしね。そういう部分で、感情的なしこりが生まれたのかもしれませんが。

    アシスタントの吉田真由子さんも降板のようですが、コレはなんだかトバッチリを食らった感じ。全体をリニューアルするなら、中島誠之助さんも含めて、番組開始当初の人間は全員切るべきでしょうに。
    【2016.01.30 Saturday 18:03】 author : 土岐正造
    | 落語・演芸・芸能 | comments(0) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.18 Saturday 18:03】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/21135
      トラックバック
      2016年、Apple WatchやAndroid Wearはどう変わるか(ITmedia ヘルスケア)
      http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/life/it_health/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYwMTMwLTAwMDAwMDE4LWl0X2hlYWx0aC1saWZl 2015年は、ウェアラブル元年とも言われ、市場が一気に花開いた1年だった。2016年は、それが定着してい
      | 日々のニュースで感じたこと | 2016/01/31 2:05 AM |
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム