Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

日越関係の行方

 中国の周王朝の時代、春秋戦国時代に五覇と呼ばれた五人の覇者の一人として数えられることもある越王・勾践。呉越同舟や臥薪嘗胆という故事成語のもとになった越の国の南にあるので、越南。これが現地の発音でベトナム。ベトナム戦争では中国やソビエトの支援を受けましたが、中越戦争を起こすなど、けして関係は良好一辺倒ではないです。安倍首相の外交は、シンプルにタイ中国封じ込めですから、国境紛争を抱えるフィリピン・インド・ベトナムなどとの関係性を強化することですから、ベトナムとの接近は重要な布石。

【ベトナムに「脱中国依存」願望、巨額援助実績の日本との関係強化求める―米メディア】livedoorニュース

2015年4月3日、大公網によると、ベトナムの最高指導者、グエン・フー・チョン共産党書記長が7〜10日に訪中し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談する。南シナ海の領有権問題による対立を緩和するためだが、米シンクタンクは「ベトナムは中国依存を脱し、日本との関係を強化したいと願っている」とみている。

米国メディアによると、日本はここ数年どの国より多くベトナムに資金を注いできた。日本の外務省とベトナム財政当局のデータによると、08〜13年に日本がベトナムへ提供した援助は100億ドル(約1兆1888億円)。14年には日本は新設されたハノイ国際空港や高速道路建設に18億米ドル(約2139億円)を拠出した。

中国も同様に発電所建設などインフラ事業を受注するなど、ベトナムとの経済関係を強めている。しかし、建設中に事故が起きるなどトラブルも発生。ベトナムにとって中国は最大の貿易相手国だが、早期の「脱中国依存」を求める声も拡大した。
 東アジアに大きな影響を与えた中華文明の周辺文明という点では、日本と似ています。が、ベトナムは地続きにも関わらずモンゴル帝国を退け、超大国アメリカとの戦争にも実質勝利しました。外交オンチで国際派が冷や飯を食い、白村江の戦い・元寇・朝鮮出兵・薩英戦争・馬関戦争・日清戦争・日露戦争・大東亜戦争と、その時々の超大国と戦って大きく負け越している日本より、はるかに優れた戦果を残しています。外交的な部分では、中国ともアメリカと渡り合う部分など、日本も見習うべき部分が大きいでしょう。

もちろん、中国との経済的なつながりは大きいし、今後もそこは続くでしょうが、経済植民地にされてもいけないわけで。たいがい戦争に強いとはいえ、それは防衛戦争の面。伝統的に陸軍が中心ですから、このところとmini海軍力を高めている中国の、指桑罵槐の砲艦外交には対抗したいところ。そこで、海軍が強いアメリカと日本とへのアプローチということなんでしょう。日本も、そこは乗って行くべき。シーレーンの防衛という観点からも、また1億人近い人口を誇る国という点からも、石油や無煙炭の産地という点からも、日本は重視していくべきでしょう。
  • 2015.04.05 Sunday
  • 20:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.10.24 Thursday
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback