★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhoneがリボルバー式レンズカメラになるケース | main | 松中信彦、2年ぶりのお立ち台 >>
中国政府はApple製品締め出しをしていなかった?
0
     先日、エントリー【Appleを狙い撃ちにする中国政府?】で、中国製品がApple製品他の締め出しを始めたという報道を紹介したのですが……あらら、Bloombergの報道が誤っていたということでしょうか? いろいろと誤解が重なっての誤報になったようですが、引っかかるものを感じますね。でもまぁ、AppleのiPhoneが安全保障上の脅威だとか、中国が難癖をつけている流れもありますし、米中対立を中国がしばらくは煽る気はないということでしょうか? いずれにしろ、コチラのブログでもお詫びして訂正します。

    【中国政府はApple製品購入禁止指示を出していなかったことが判明!】livedoorニュース

    先日、中国が政府機関による一部Appleデバイスの購入を禁止したとの報道がありましたが、中国もAppleもその報道は事実に反すると主張しています。

    Appleが調達リストへの掲載申請をしなかっただけ
    Bloombergは米国時間8月6日、中国がセキュリティ上の懸念から、政府機関による「iPad」および「Mac」の購入を禁止したと報じていました。

    ですが、中国のニュースサイトは7日、Appleは問題となっている政府の調達リストへの掲載を申請しなかっただけだと報じました。

    今回、中国政府とAppleはいずれもその説明が正しいことを認めています。
     ただ、この誤報で中国政府としては、国民の反応とかアメリカの反応とか、シミュレートできた側面もあるでしょう。国内の反発と、海外の反発と、どこまで政治的駆け引きに使えるかの。国際政治というのは、それぐらいしたたかなものですからね。もちろんAppleも、実際に米中関係の悪化の結果、自社製品が締め出される危険性はあるわけで、そこについて思いを致しつつ世界戦略を練り直す、景気になったのかもしれませし。iPhone5sの販売が好調な中国市場ですが、AppleにGoogleのネット検索サービスから撤退ような決断ができるのか?
    【2014.08.11 Monday 12:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.11.22 Wednesday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/18742
      トラックバック
      Appleを狙い撃ちにする中国政府?(※訂正追加)
       正確には、政治的に対立している国の製品……なんですが、iPhoneにも難癖をつけてきたところですからね。で、iPhone・iPad・MacBookを自国内から排除と。とうぜん、巨大市場としての中国を狙っているAppleやMicrosoftやSymantecといったアメリカの企業はオバマ政権に
      | 平成鸚鵡籠中記 〜へいせいおうむろうちゅうき〜 | 2014/08/11 12:50 PM |
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム