★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 震災復興のため消費税8%へ | main | ATOK PadにEvernoteを利用した同期機能 >>
Nikonを超えたiPhone
0
     iPhoneはニンテンドーDSを抜いて世界最大の携帯ゲーム機のプラットフォームになる可能性があるのですが、コンパクトデジカメという広い括りでも大きな存在になりそうですね。もしAppleが総合家電メーカーとして多角的に製品を世に問うのならば、それこそ経営が苦しいカメラメーカーを買収して、カメラ部門を創設するのもありなのかもしれませんけどね。SONYがコニカミノルタを買収して、コンパクトデジカメ部門の強みを活かしてデジタル一眼レフ部門でも躍進したような感じで。

    【「ニコンを抜くiPhone」:カメラ市場はどうなる?】WIRED VISION

    スマートフォンをカメラとして使うことがどのくらい一般的になっているかを示す手がかりを1つ。米Apple社の『iPhone 4』が、写真共有サイト『Flickr』で最もよく使われるカメラとして第1位の座に急速に近づきつつあるのだ。

    今のところは、ニコンのデジタル一眼レフカメラ『D90』がFlickrでトップの座を占めているが、iPhoneとの差はそれほど大きくない。上に示したグラフ(ここにはシェアの大きなカメラしか含まれていない)では、かなり近いうちにiPhone 4がD90を追い抜くことが示唆されている。これは、『TechCrunch』のMG Siegler氏が初めて指摘したものだ。
     iPhone自体のカメラ性能の向上は、Appleが最終的に目論む動画編集での支配的な地位(Final Cut Pro+Macの組み合わせでウハウハ)にも直結しますから。まぁ、カメラ自体は自社開発するよりもいろんなメーカーのその時々のよい製品を大量一括購入で仕入れたほうが無難ではありますが。ただ、Apple得意の垂直統合においては、面白い存在なのは確か。世界的にはCanon・Nikonのデジタル一眼レフでの圧倒的な支配力に、コンパクトデジカメのSONYやCASIOなど群雄割拠状態なんですが。Appleが割って入るとなると、ちょっと厳しそう。

    もちろん、iPhoneがサイバーショット携帯化する可能性は低そうですが、動画撮影でなんらかのイニシアチブを握れそうな状況になってきましたね。業績的に厳しい企業の買収か提携か、いずれにしろ崖っぷちの企業で面白い技術を持ってるところが面白そうなんですけどね。シグマとかタムロンとか、レンズメーカーの買収でもいいんですが。
    【2011.04.20 Wednesday 09:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.20 Thursday 09:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/13128
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム