★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
バカマツタケ完全人工栽培に成功
0
     おお、人工栽培は難しいタイプのキノコなのに、ついに成功ですか。しかし本格的に売り出すなら、バカマツタケの名称はダメでしょう。サマツやニタリという呼び名も地方によってはあるようなので、ニタリクジラみたいにニタリマツタケとか命名しても善いでしょう。タラバガニとアブラガニの関係みたいに、やや小ぶりなのでコマツタケとか、やや赤みを帯びているので赤マツタケとか、香りがマツタケよりも良いという評価もあるので、芳香マツタケとか、より良いネーミングを募集して決めても良さそう。
    【バカマツタケ完全人工栽培に成功 味も香りも負けません】朝日新聞  香りも味もマツタケに引けを取らないバカマツタケ。その完全人工栽培に成功した、と肥料メーカー多木化学(本社・兵庫県加古川市)が発表した。シイタケなどと違って人工栽培が難しいとされてきたが、食味も天然ものに近いという。同社は3年後をめどに商業生産を目指す。  バカマツタケは「本家」より小ぶり。アカマツではなくコナラやクヌギなどブナ科の木と共生し、マツタケより1カ月ほど早く出てくる。マツタケモドキ、ニセマツタケといったマツタケの仲間と比べ香りも味も良く、高級食材として珍重されている。  同社によると、これまで多くの研究者が人工栽培に取り組んできた。だが、朽木などを栄養にするシイタケやマイタケなどと異なり、マツタケの仲間は生きた植物から栄養をもらって成長するため人工栽培は難しいとされてきた。これまで人工培養後に自然環境に戻して生育させた例はあるが、室内環境で培養から生育までの人工栽培に成功した例はなかったという。 
    続きを読む >>
    【2018.10.15 Monday 22:00】 author : 土岐正造
    | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
    速報:本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞
    0
       おめでとうございます。ガン治療の特効薬として、オプジーボの名前は聞いていましたが、実用化されてあまり時間がたっていないのに受賞は、その効果が絶大と言うことの証拠でしょう。また改めてエントリーを書きますが、自分の予想どおり医学生理学賞の受賞が増えてきましたね。1987年の利根川進博士の初受賞から2012年の山中伸弥博士まで間が空きましたが、その後は2015年の大村智博士、2016年の大隅良典博士と来て、今年と続いていますね。今後も増え続けることを願います。
      【本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞 がん免疫治療薬を開発】産経新聞  スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学・生理学賞を、免疫を抑制するタンパク質を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏(76)ら2氏に授与すると発表した。免疫を抑える働きを阻害することでがんを治療する画期的な免疫療法を確立し、がん治療に新たな道を開いた功績が評価された。  他の受賞者は米テキサス州立大のジェームズ・アリソン博士。  日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで計24人。昨年のカズオ・イシグロ氏ら外国籍を含め計27人となった。医学・生理学賞は大隅良典氏に続き計5人。  現在の抗がん剤は、がん細胞を直接攻撃するタイプの薬が大半を占める。これに対し本庶氏は、がん細胞が人の免疫力から逃れて生き延びる仕組みを阻止し、免疫細胞の攻撃力を高めて治療する全く新しいメカニズムの薬を開発した。 
      続きを読む >>
      【2018.10.01 Monday 20:00】 author : 土岐正造
      | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
      史上最大の鳥
      0
         それは恐竜でしょう。……と言っては、議論が混乱します。恐竜界の風雲児ロバート・バッカー博士は、鳥綱と恐竜綱を併せた、恐竜綱という分類を提唱されていましたけど。一般に、恐竜が絶滅した後の新生代以降に繁栄した鳥類限定ということで。恐鳥類のディアトリマが2m500圓如▲吋譽鵐吋鵑和僚鼎230圓任垢体長は3mと大型。千夜一夜物語のルフ(ロック鳥)のモデルになった3.4m500圓離┘團ルニスや、ニュージーランドの3.6m250圓離献礇ぅ▲鵐肇皀△覆鼻巨大な鳥類は多数いますが。860圓任垢函
        【「世界最大の鳥」めぐる論争、ついに決着】AFP BB News 【9月26日 AFP】世界一大きな鳥をめぐって1世紀以上続いていた論争にようやく決着がついたようだ。科学者らが26日、研究論文を発表し、謎が解けたことを明らかにした。  巨大な飛べない鳥エピオルニス(象鳥)のエピオルニス・マクシムス(Aepyornis maximus)は、6000万年もの間、マダガスカルのサバンナや熱帯雨林に生息していた。約1000年前、狩猟により絶滅している。  19世紀、欧州の動物学者らは象鳥に夢中になり、その骨格や卵の化石を強引に収集し、史上最大の鳥を特定することに躍起になった。  だが、英国王立協会(Royal Society)の科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に発表された英科学者らの研究論文によると、象鳥の1種はこれまでに考えられていたよりもさらに大型で、その標本は推定体重が860キロあり、成体のキリンに匹敵する大きさだったという。 
        続きを読む >>
        【2018.09.27 Thursday 18:07】 author : 土岐正造
        | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
        大麻コーラ発売?
        0
           大麻がアメリカの一部の州で解禁されたら、コレはビジネスチャンスだと大手企業が続々と参入しているようで。コカ・コーラも参入するので、すわ大麻コーラかという話題になってるのですが……。人類は欲望を解放する方向で文化を発達させてきたので、大麻自体が害はあるにしてもタバコやアルコールのそれと比較の問題として許容範囲なら、これ自体はビッグビジネスになるでしょう。個人的には、日本の歴史の中で麻は重要な地位を占めた植物なので、日本でも数年後には追随するでしょう。
          【【大麻関連市場に続々参入か】】ブロゴス アメリカのコロラド州やカリフォルニア州では嗜好用を含めて大麻の使用や栽培が一定の条件で認められていますが、10月18日にカナダが国家として解禁します。 これを受けてコカ・コーラやコロナビールなどがカナダの大麻の生産者などと提携して新規市場を開拓するという報道が相次いでいます。 カナダのBNNブルームバーグはアメリカの清涼飲料メーカーのコカ・コーラが大麻成分の入った飲料への参入を検討していると伝えています。 大麻を生産するAurora Cannabisと共同開発に向けて「真剣に協議(serious talks)」に入っていて、CBDと呼ばれる大麻に含まれる化学物質の世界での広がりに注目しているとしています。 
          続きを読む >>
          【2018.09.19 Wednesday 18:00】 author : 土岐正造
          | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
          イグノーベル賞で日本人が12年連続受賞
          0
             すばらしいですね。本家のノーベル賞は世界的な権威であり、人類の進歩や発展や幸福に貢献する発見や発明に与えられる賞として重要ですが、ノーベル賞を生み出す根底には、イグノーベル賞を受賞できる遊び心があると思うのです。研究というのに、目先の成果を求める経団連のサラリーマン社長がいますが。アインシュタインの相対性理論だって、発表当時は何の役に立つかなんて、誰にも判りませんでした。でも、カーナビが正常に動くのは、相対性理論が正しいから。目先の利益を求めるなとは言いませんが、それは学問に有害な場合が多いかと。
            【おバカな研究に贈られる「イグノーベル賞」で日本人が12年連続受賞の栄誉に輝く】GIGAZINE 1991年にアメリカの科学雑誌により創設されたイグノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」を対象にしたノーベル賞のパロディです。歴代の受賞研究は「何を思ってこんな研究をしたのか?」を首をかしげたくなるものばかりですが、なんと日本人の研究者は2007年から2017年まで11年連続でイグノーベル賞を受賞しており、もはや常連国となっています。2018年9月13日に行われた2018年のイグノーベル賞授賞式において、日本の研究者が医学教育賞を受賞して12年連続受賞の栄誉に輝きました。 Here are your 2018 Ig Nobel Prize winners | Ars Technica https://arstechnica.com/science/2018/09/the-serious-science-of-the-ig-nobel-prizes-will-make-you-laugh-then-think/ イグノーベル賞の授賞式はハーバード大学のメモリアルホールで行われることになっており…… 
            続きを読む >>
            【2018.09.15 Saturday 17:00】 author : 土岐正造
            | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
            Apple Watchの驚異的進化
            0
               すっかり遅くなりましたが、Apple Watch4のことを。自分は腕時計にさほど興味が無い人間ですから、Apple Watchに対してはずっと冷めている部分もあるのですが、第四世代にいたってようやく、完成度を高めてきましたね。一回り大きくなって、そのぶん多機能になったのですが、進化の方向が健康管理という点で、っても明確に。38ミリと42ミリから40ミリ・44ミリになった割には、iPhoneと同じくベゼルレスのデザイン採用で、数値以上に大きくなったディスプレイで、腕時計の形をしたコンピュータという本質が明確に。
              【新Apple Watchが遂げた驚異的進化の全貌  今回はiPhoneよりこっちのほうが驚きだった】東洋経済オンライン アップルは米国時間9月12日に本社Apple ParkのSteve Jobs Theaterで開催したスペシャルイベントで、iPhoneの新ラインナップ3機種とともに、Apple Watch Series 4を発表した。予約は9月14日から、発売は9月21日からとなっている。 価格はGPS搭載モデルが4万5800円から、GPS+セルラーモデルが5万6800円からとなっている(いずれも税抜)。またApple Watch Series 3はGPSモデルが3万1800円から、GPS+セルラーモデルが4万2800円からと値下げされた。 今回、予想通りのデザインや機能、そして名前が付けられたiPhoneシリーズに対し、Apple Watch Series 4は驚きを持って受け止められた。その理由について探る。 
              続きを読む >>
              【2018.09.15 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
              | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
              柏原正樹京大特任教授にチャーン賞
              0
                 数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞ですが、実際は40歳以下の若手数学者の顕彰のための賞です(特別賞という形でオーバーしていても受賞することはある)。20歳で決闘で死んだフランスの数学者ガロアや、天才と呼ばれたインドの数学者ラマヌジャンのように、数学者は若くして業績を出す人が多いですからね。賞金は200万円ほどと、賞の知名度ほどは高くないですが、その点で今回のチャーン賞は50万ドル。100万ドルのアーベル賞もありますけれど、歴史と伝統というのは、ヤッパリ大事。

                【「D加群」理論で代数解析学に貢献 柏原氏にチャーン賞】朝日新聞


                 国際数学連合は1日、生涯にわたり際だった業績をあげた数学者に贈られる「チャーン賞」に、柏原正樹・京都大特任教授(71)を選んだ。ブラジル・リオデジャネイロで始まった国際数学者会議で発表した。国際数学者会議での日本人の受賞は、2006年にガウス賞を受賞した伊藤清さん以来。


                 柏原さんは、「D加群」と呼ばれる理論を確立し、代数解析学の構築に大きな役割を果たした。

                 チャーン賞の賞金は50万ドル。40歳以下が条件のフィールズ賞と異なり、年齢制限はない。2010年に中国出身の数学者を記念して創設され、柏原さんが3人目となる。柏原さんは今年度の京都賞の受賞も決まっている。 
                【2018.08.06 Monday 00:00】 author : 土岐正造
                | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                iPS細胞でパーキンソン病の臨床試験開始へ
                0
                   パーキンソン病というと、先年亡くなったモハメド・アリが有名です。個人的には、ボブ・ディランがノーベル文学賞をもらえるなら、モハメド・アリにノーベル平和賞を贈って欲しかったです。ブラック・モスリムとの関係もあって、難しかったのかも知れませんが。彼の存在がベトナム戦争に与えた影響は大きかったと想います。それはそれとして、iPS細胞の応用範囲は、広いですね。臨床試験というのも驚きですが、神経細胞の移植ですから、安全性にはそれほど危険性は少ないのかなと。

                  【iPS細胞でパーキンソン病治療 京大で臨床試験開始へ】朝日新聞


                   京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を始めることが29日、わかった。学内の審査を終えたという。チームは30日午後、計画を正式に発表する。iPS細胞を実際の患者に用いる臨床応用は、国内では目、心臓に続き三つ目となる。

                   移植は京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(脳神経外科)らのチームが実施する。治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出ていた。

                   パーキンソン病の主な症状は、神経を興奮させるドーパミンという物質をつくる脳内の細胞が減少することで起きる。チームは、iPS研が保管している他人のiPS細胞から、ドーパミンを産生する神経細胞を約500万個つくり、患者の脳に移植。安全性や治療効果を確認する。 
                  続きを読む >>
                  【2018.07.30 Monday 20:00】 author : 土岐正造
                  | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iPS細胞から血小板量産へ
                  0
                     iPS細胞の研究は、山中伸弥博士が長生きされたら2個目のノーベル賞もあり得ると評されるほど、画期的なモノ。実際、いろんな難病への応用が期待されますが、あんがいこういう地味ながらも需要が高い部分の応用が、世界的にも需要が大きいような。血小板は数日しか持たないため、医療の現場では苦慮していた存在。しあも、2020年には実用化と、スピード感も早いです。網膜や心筋など、ドンドン実用化され始めておりますし、この分野は本当に人類の明るい未来と直結しています。

                    【iPSから高品質の血小板を作製 「献血と同等」レベル】朝日新聞


                     iPS細胞から、実用に使える品質の血小板をつくることに成功したと、京都大などのチームが13日、発表する。チームは2020年の製品化をめざしている。京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授は「(今回の成果で)研究開発での準備は終わった」としている。

                     血小板は血を固める働きがあり、出血した際や、貧血の患者への輸血に使われる。現在は献血でまかなわれているが、少子高齢化の影響もあり、将来は不足が懸念されている。

                     京都大やベンチャー企業はiPS細胞から血小板の大量作製を計画。これまでの研究でも血小板の作製に成功していたが、献血で得られるものに比べると、品質が低いのが課題だった。 
                    続きを読む >>
                    【2018.07.14 Saturday 21:00】 author : 土岐正造
                    | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    フクロネコが野性下で誕生
                    0
                       オーストラリアはカンガルーやコアラなど、有袋類が数多く棲む国として有名ですが。胎盤で子供を大きく育てて出産する有胎盤類より、生存競争では弱いようで、オーストラリアやニューギニア、南米大陸などに分布します。かつていたフクオオオカミなどは害獣として多数が狩猟され絶滅し、今も人間が持ち込んだ動物によって絶滅の危機にある種類が多いのですが……コレは嬉しいニュース。フクロネコはバクや鹿のような水玉模様があり、見た目もかわいいですね。

                      【野生のフクロネコの赤ちゃん、オーストラリア本土で50年ぶりに誕生】AFPBB News


                      【7月9日 AFP】オーストラリアで、本土では50年ぶりとなる野生のフクロネコの赤ちゃんが誕生したことが分かった。国立公園の関係者が9日、明らかにした。フクロネコはキツネによる捕食被害などで大打撃を受けていたが、赤ちゃんの誕生は種の未来に希望の火をともすものとなった。

                       米粒大から飼い猫ほどの大きさに成長する、毛に覆われた肉食動物のフクロネコは、1960年代に豪本土から姿を消した。だがタスマニア(Tasmania)島で辛うじて命脈を保ち、そのうちの20匹が今年3月、生息および繁殖可能かどうか調べるため、フクロネコの本来の生息地であるシドニー南郊のブーデリー国立公園(Booderee National Park)に戻された。

                       生息地の天敵を抑制するという15年に及ぶプロジェクトを受けて、本土で絶滅した肉食動物が野生に返されるのは同国で初めてのことだという。 
                      続きを読む >>
                      【2018.07.12 Thursday 21:00】 author : 土岐正造
                      | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム