★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
アンモニアを再生可能エネルギーで作り出す新技術
0
     先日も、九州工業大学の空中窒素固定装置と自分が勝手に命名した新技術の話題を書きましたが。時代はアンモニア。作物の科学肥料の原料としてだけでなく、火力発電の燃料や、燃料電池の素材にもなるアンモニア。常温で液体ですから、石炭よりも石油に近い扱いができ、水溶性で、応用範囲が広いアンモニア。名前の由来は、古代エジプトのアモン神殿近くからアンモニウム塩が産出したため、ラテン語の sol ammoniacum(アモンの塩)が語源なんだそうで。それが、僅かなエネルギーでも小規模生産できると。
    【アンモニアを作り出すハーバー・ボッシュ法は21世紀の食料・エネルギー問題の救世主にもなるのか?】GIGAZINE ハーバー・ボッシュ法とは鉄を主体とした触媒上で水素と窒素を反応させ、アンモニアを生産する方法です。1906年に開発されたこの方法は、1世紀以上が経過した現在でも肥料生産をはじめとするさまざまな工業プロセスに使用されており、21世紀の課題である食料とエネルギーの問題についても、救世主となり得るとされています。 (中略) そんな中、アンモニアを「風力や太陽光などの再生可能エネルギーを利用して生産した電力を保存する燃料電池」として利用する方法が、オーストラリアのモナッシュ大学で研究を行う化学者のDouglas MacFarlane氏によって考案されました。再生可能エネルギーによって作った電気を用いて窒素ガスと水を反応させ、ガス化したアンモニアを発生させることで、電気エネルギーをアンモニアとして保存することが可能になるとのこと。 ガス化したアンモニアは簡単に冷やして液化することができ、液体燃料としての輸送も簡単だそうで、MacFarlane氏は「液体のアンモニアは液体のエネルギーのようなものです」と語っています。オーストラリア政府は100億ドル(約1兆1000億円)規模の風力・太陽光発電施設を西オーストラリアに建設する計画を持っており、このプロジェクトで生産される9000MW(メガワット)ともいわれるエネルギーの一部が、アンモニアに変換される予定だそうです。 
    続きを読む >>
    【2019.01.27 Sunday 23:00】 author : 土岐正造
    | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ドローンに水素燃料電池
    0
       水素燃料電池と一口に言っても、水素と酸素の反応による電流を使った電気自動車の利用が、ずっとメインの研究だったのですが……。意外なところから意外な利用方法が出てきましたね。ドローンには相性が良いというのは、空中と地上という違いや、可能積載重量の基準や、そもそも本体の大きさが違うからなんですよね。小型の電気自動車でもかなりの重量になって、さらに運転者や同乗者の体重も加わりますから。でも、ドローンは人間を運ぶ必要はないですから。コレで、ドローンの利用範囲も大幅に増えそうです。
      【「水素燃料ドローン」にヒットの兆し。飛行時間が爆発的に延びる】ギズモード・ジャパン 格段に使い勝手アップ! ドローンが話題になって久しいですけど、どれほど実際に便利に使われているのか? そう問われるならば、まだまだ課題は大きいようです。Amazon(アマゾン)などは、早くからドローン配送便の構想をぶちあげてきたものの、いまだに実用化にはいたっていません。法的な問題などもあるようですけど、そもそも重い荷物を長時間楽々と運べるようなドローンが登場してきていない…ことも要因ではないでしょうかね? そんなドローンの現状を、一気に変えてくれそうな新プロジェクトとなる「Project Rachel」の魅力を、このほどAviation Todayが紹介しています。 
      続きを読む >>
      【2019.01.23 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
      | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
      蝶は花より先に地球上に出現
      0
         蝶は蛾の仲間で、元々は夜行性の蛾が、昼行性になったと学術書で読んだ記憶が。フランス語のパピヨンは蝶と蛾の両方を指しますし、実際に種類的には蛾の方が圧倒的に多いです。蛾の仲間は多くが繭を作って中で変態しますが、蝶は直接サナギになるタイプが多いですね。蓑虫とかはその中間的な感じですが。一般には、植物が裸子植物から被子植物へと進化して花を付けるようになったため、昼行性の蝶が進化したという理解なんですが。どうやら、蝶や蛾の所属する鱗翅目の進化はもっと早いようです。
        【花の蜜を吸うチョウは花より先に地球上に生息していた可能性】GIGAZINE 蝶(チョウ)や蛾(ガ)は花の蜜や水分を吸うための長いストロー状の口である「口吻」を持っています。これまでは植物の中に花が登場したことで、チョウやガのような口吻を持つ生物が登場するようになっていったと考えられていましたが、最新の研究論文によるとチョウは花が存在する前から地球に生息していたようです。 A Triassic-Jurassic window into the evolution of Lepidoptera | Science Advances http://advances.sciencemag.org/content/4/1/e1701568 Triassic Butterfly Park? - Scientific American https://www.scientificamerican.com/article/triassic-butterfly-park/ The Oldest Known Butterflies Existed Before Flowers | Smart News | Smithsonian https://www.smithsonianmag.com/smart-news/oldest-known-butterflies-existed-flowers-180967805/ 化石の中に昆虫由来の斑点のようなものが存在することは長らく知られていましたが、これまでの化石調査では、生態系を調べるために花粉や胞子に焦点を当てる研究がメインでした。しかし、最新の研究ではドイツ北部で採掘された化石サンプルから、チョウやガの体を覆う鱗粉が化石化したものが発見され、話題となっています。 
        続きを読む >>
        【2019.01.18 Friday 20:42】 author : 土岐正造
        | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
        陸上養殖魚の時代
        0
           養殖漁業という点で、日本はハマチやタイなどそれなりの歴史と規模があるのですが。どうも水産庁の漁業政策がデタラメで、資源保護と持続可能な漁業という点で、とても疑問です。クロマグロにしても鰻にしても、批判されても改めません。島国で四方が海の環境ですが、陸上の施設での養殖は、非常に可能性があるというか。マグロもウナギも、完全養殖の研究は進んでいますが、商品価値の高い魚は、陸上施設で卵から完全養殖できれば、毒素の蓄積や病原菌、寄生虫の心配がなく、安全で美味しい魚が食べられるかと。
          【陸上養殖の魚、出番到来 水産大手が出荷へ】日経新聞 国内の水産ビジネスが「海から陸」への転換点を迎えている。マルハニチロや日本水産など水産大手が陸上で養殖したサーモンなどの出荷を始め、商社も続く。環境保護意識の高まりを受け、世界の養殖量は漁獲量を上回るが、日本ではまだ少ない。コストをIT(情報技術)などで一層抑えられれば、インフラとして輸出できる可能性もある。 マルハニチロは山形県遊佐町に陸上養殖場を持つ。大型の水槽でサーモンの一種、サクラマスの… 
          続きを読む >>
          【2019.01.07 Monday 21:00】 author : 土岐正造
          | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
          翼竜にも羽毛
          0
             翼竜にも羽毛があったのではないか……という仮説、たぶんあったという予想は、前々からありました。コウモリのような被膜って、薄くて広い分、熱が奪われやすいんですよね。体長数メートルの大型の翼竜は、上昇気流などを利用してグライダーのように滑空していたので、熱の奪われ方も半端ではなかったでしょう。なので、プテラノドンやケツァルコアトルスなどの復元イラストでもカラフルな羽毛を持っている姿で描かれることが多かったです。自分がガキの頃は、気味の悪い鱗の外観だったりしましたが。
            【爬虫類の翼竜にもフサフサの羽毛 中国で化石見つかる】朝日新聞  翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。鳥の遠い祖先の小型恐竜などはフサフサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼竜にも、原始的な羽毛を持つものがいたことになる。なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される。  中国科学院などの研究チームが科学誌ネイチャーエコロジー&エボリューションに18日、発表する。  研究チームは、中国河北省の約1億6千万年前(ジュラ紀)の地層から出た小型翼竜2体(翼を広げた大きさで推定約40〜45センチ)の化石を詳しく調べた。 
            続きを読む >>
            【2018.12.28 Friday 20:00】 author : 土岐正造
            | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
            鉄道は効率的
            0
               鉄道が効率的。そんなの常識……と思うのですが、アメリカは車社会ですからね。あれだけ広大な土地だと、飛行機が発達するのはよくわかるんですが、鉄道は貨物輸送が中心で、移動手段としてはイマイチ。自分などは、飛行機・鉄道・船舶・自動車は、それぞれがバランスよく、効率的な運用と棲み分けが大事だと思うのですが。それぞれ、一長一短はあるのですから。でも、映画評論家の町山智浩さんに言わせると、アメリカ人はそもそも鉄道という、自分の自由度が低い乗り物が嫌いなんだそうで。
              【鉄道のエネルギー効率は自動車や飛行機を圧倒的に上回る】GIGAZINE これまで数十年にわたりホンダ・シビックに乗り、年間10万マイル(16万km)を飛行機で移動していて「自動車と飛行機に対して敵意はない」という科学者のヴァーツラフ・スミル氏が、高速鉄道のエネルギー効率の良さを説いています。 Fast Trains Are Energy Efficient (And Fast) - IEEE Spectrum https://spectrum.ieee.org/transportation/mass-transit/fast-trains-are-energy-efficient-and-fast スミル氏が愛用するシビックの場合、街乗りで1人の乗員が移動するのに必要なエネルギーは1kmあたり2メガジュール(MJ)。2人で乗るなら、1人あたりの必要エネルギーは半分の1MJに減ります。車に比べると飛行機は驚くほど効率的で、1人・1kmあたりの必要エネルギーは1.5MJ未満に抑えられています。 
              続きを読む >>
              【2018.12.28 Friday 18:00】 author : 土岐正造
              | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
              メガロドンは偏食
              0
                 メガロドン……史上最大のサメとされ、ロマンですねぇ。巨大生物は少年のロマン! もっとも、大きさに関してはシャチの最大個体と同じぐらいの10メートル説や、ジンベイイザメの最大体長13.7メートルと同じぐらいという説、18〜20メートル説まで多様。現在のホオジロザメが6メートルぐらいで、どんなに大きくても8メートルぐらいが限度ですから、ジンベイイザメクラスでもとんでもなく巨大なんですが。絶滅に新説登場とのこと。でも、エサとなる生物が特殊化すると、絶滅するのはよくある話ではあります。
                【体長16mの巨大サメ・メガロドン、好き嫌いが激しすぎて絶滅した?】ギズモード・ジャパン だから偏食はダメなんだって! 子どものころ、嫌いな野菜を残しては叱られていた皆さん、あまり食べ物の好き嫌いがひどいと、生き残れませんよ〜。そんな大切な教訓を教えてくれるのは、なんと世界最大の体長16mにのぼる巨大サメのメガロドンです。もっとなんでもワガママいわずに食べていたら、いまでも生息できていたかもしれないと指摘する新研究論文をNew Scientistが紹介しています。 まるで映画ジョーズの世界を地でいく、あごの大きさだけで3mはあるというメガロドン。こんなものに一噛みされようものなら、軽自動車だって一瞬にしてグシャグシャにされるであろうといわれていますよ。約1400万年の間、向かうところ敵なしの大繁殖を遂げたものの、いまから260万年ほど前に絶滅にいたったようです。 
                続きを読む >>
                【2018.12.21 Friday 18:00】 author : 土岐正造
                | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                炭鉱火災の問題点
                0
                    炭鉱の火災というと、粉塵爆発とかのイメージがあるのですが。日本の炭鉱は、北海道の夕張炭鉱とかは初期は地表に露出していたのですが、どうしても掘っていくうちに地下深くに、地下水と戦いながら掘り進めていたわけで。火災が起きても、空気がなくなって酸素の供給が途絶えれば、鎮火すると思っていました。あるいは、注水して消火とか。中国のような露天掘りの炭鉱なら、火事になっても空気が供給され続けるので燃えるイメージがあるのですが。何十年も燃え続ける炭鉱火災ってあるんですねぇ……。
                  【数十年以上も燃え続ける「坑内火災」によって大量の温室効果ガスが排出されている】GIGAZINE アメリカ・ペンシルベニア州のセントラリアという町はかつて石炭鉱業によって栄えましたが、1962年に発生した鉱山内の火災によって住民に退去勧告が発令されてゴーストタウンと化し、それ以降50年近くにわたって鉱山が燃え続けています。そんな鉱山で発生する坑内火災は、地球温暖化の主要な原因であると指摘されています。 Hot as Hell: Firefighting foam heats up coal fire debate in Centralia, Pa. | EARTH Magazine https://www.earthmagazine.org/article/hot-hell-firefighting-foam-heats-coal-fire-debate-centralia-pa 1962年、石炭鉱業で栄えたセントラリアで無許可のゴミ捨て場から火事が発生しました。地下に掘られた石炭鉱山内にまで火の手が及んだ結果、初期消火活動に失敗。鎮火にかかる膨大なコストや技術面の問題から政府は消火を諦め、自然鎮火を待つ方針を取りました。しかし、鎮火する気配は見られず一酸化炭素を含む煙が噴出するなどの被害が発生し、1992年には州知事から住民に対して避難勧告が発令されたとのこと。 
                  続きを読む >>
                  【2018.12.18 Tuesday 18:00】 author : 土岐正造
                  | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  魔女の雑草ストライガの駆除法法開発
                  0
                     ストライガ……なんかロボットアニメの主人公メカのような名前ですが、そんな雑草があるんですねぇ……。あ、雑草という草はない、でしたね。失礼致しました。それはともかく、こういう植物による農作物の被害は深刻で、この研究自体は世界的には朗報ですね。日本ではLEDを用いて工場内での水生栽培で農作物を育てる研究が盛んですが、飢餓に苦しむアフリカやアジアの地域では、露地栽培が普通ですから。そういう場所に、栄養分を横取りする植物が繁茂し、しかも生命力が強いとなると、厄介です。
                    【「魔女の雑草」撲滅に期待 琵琶湖に小さじ1杯で…】朝日新聞  アフリカで穀物の生産に大打撃を与え、被害額が年間1兆円とも言われる寄生植物「ストライガ」の撲滅につながる分子を、名古屋大の研究チームが開発した。14日付の米科学誌サイエンスに発表する。  ストライガはトウモロコシやキビなどイネ科の穀物の根に寄生し、栄養や水分を吸い取って枯らせてしまう。「魔女の雑草」と恐れられ、サハラ砂漠以南の国々で3億人の生活に影響しているとされる。  土屋雄一朗特任准教授(植物生理学)らは、ストライガの種は養分をほとんど蓄えておらず、発芽から4日以内に寄生できないと枯れてしまうことに注目。近くに穀物があると勘違いして発芽の合図となる「ストリゴラクトン」という分子をまねた人工的な分子の開発に取り組んだ。 
                    続きを読む >>
                    【2018.12.14 Friday 20:00】 author : 土岐正造
                    | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    バイオマス発電の現実
                    0
                       菅直人元総理大臣の愚策とスタンドプレーによって、日本の原子力発電所は止められ、石油や天然ガスなどのエネルギー代として、日本の国富はどんどん海外に。ちょっと勉強すれば、再生可能エネルギーは日本においては、補助的な電源にしかなり得ず、不安定で高コスト。反原発派が誇大な数字(これは福島への風評被害も含みます)を持ち出しては、理想に現実を合致させようと、原理主義に走っています。比較的供給安定できそうなバイオマスさえ、この体たらくです。風力とか、北海道の一部以外では戦力になりません。
                      【バイオマス発電8割動かず 林業人手不足、燃料輸入頼み】日経新聞 植物などの生物資源を燃やして電気をつくるバイオマス発電がカベに突き当たっている。燃料の確保が難しく、政府の固定価格買い取り制度(FIT)の認定を受けた案件の8割以上が稼働していない。天候に左右されない安定した再生可能エネルギーとして期待がかかるバイオマス発電だが、人手不足もあって国内の森林資産を生かし切れず、燃料の輸入頼みに拍車がかかっている。 国内のバイオマス発電で主に燃料とするのは、木くずなどを固めた木質ペレットとパームやしの実の殻(PKS)だ。光合成で二酸化炭素(CO2)を吸収する植物を使うことで、燃焼時のCO2排出を相殺するとされる。 政府が掲げる2030年度の電源構成の計画では、バイオマス発電は全体の4%程度を占める。同7%の太陽光よりも低いものの風力(同1.7%)を上回る。国内の林業や製材業で生じる木材を有効活用できる安定的なエネルギー源として期待されている。 
                      続きを読む >>
                      【2018.12.13 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
                      | 自然科学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム