Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

落語・演芸・芸能

志村けんさん死去

 朝起きて、ニュースチェックのためにタブレット型を開いたら、真っ先に飛び込んできたのがこのニュースでした。報道は以前から出てはいましたが、その後の続報がそれほど頻繁ではなかったので、気にはなっていたのですが。もう、食と言うしかないです。自分はギリギリ荒井注さんのドリフターズ時代を覚えていますが、小学校1年生の頃に志村けんさんが東村山音頭で大ブレイク。あの頃全国の小学校で、面白いタイプの子供はあだ名が志村になったほど。小学校のお笑いの思い出は、ほぼドリフターズと一緒です。

【志村けんさんが死去、新型コロナ感染で肺炎】産経新聞
 

 昭和の伝説的音楽・コントグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍した人気コメディアン、志村けん(しむら・けん、本名・康徳=やすのり)さんが29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した。70歳。通夜、葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れの会の開催を検討している。

 事務所によると、志村さんは今月17日に倦怠感の症状があり、自宅静養を開始。20日に東京都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診察を受けて入院した。23日に新型コロナの検査で陽性が判明していた。 

続きを読む >>
  • 2020.03.30 Monday
  • 20:00

落語・演芸・芸能

志村けんさんが新型コロナウイルスで肺炎に

 自分らの世代にとっては、志村けんさんというのはスーパースター。自分はギリギリ幼稚園の頃に荒井注さんが、ドリフのメンバーだった記憶がある世代ですが。小学校時代の人気者は、間違いなく志村けんさん。もちろん加藤茶さんもすごい人気がありましたが、東村山音頭の大ヒットで一躍話題の中心に。漫才ブームでビーアンドビーや2ビートが台頭してくるのは小学6年生ぐらいの頃ですから、ドリフターズというのはまさに自分たちの子供の時の記憶と紐付いています。それだけにこのニュースは、ショックですね。志村さんももう70歳。

【発症の志村けんは「持病なし」芸能界からエール多数】日刊スポーツ
 

タレントの志村けん(70)が新型コロナウイルスに感染し都内の病院に入院していると25日、所属事務所のイザワオフィスが報道各社に文書で発表した。

現在は治療中で、本人も回復に努めているが、復帰のめどは立っていない状況だという。芸能界からは早期回復を祈る声が数多く寄せられている。人気タレントの突然の感染に放送局なども対応に追われた。 

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 21:00

落語・演芸・芸能

大塚明夫氏が憂う声優界の現状

 CLIP STUDIO PAINTで有名な株式会社セルシスの推計によると、全国の漫画家の数は3000人から6000人ぐらいではないかとされます。アニメーターの数も、だいたいそれぐらいではないかと言われますから、声優の席数が300というのは、厳しい数字ですね。プロ野球の球団が12で、ベンチ入りできる人数が25人ぐらいですから、声優になるというのはプロ野球選手並みに厳しい世界ということでしょう。しかし声優になりたい人は腐るほどいて、各地の専門学校で日々声優志望者が育成されているわけです。

【大塚明夫「声優の大多数が仕事にあぶれる理由」 300の椅子を1万人以上が奪い合っている】東洋経済オンライン
 

『攻殻機動隊』シリーズのバトー役や、『機動戦士ガンダム0083』のアナベル・ガトー役など、多くの代表作を持つベテラン声優の大塚明夫氏が語る「声優論」。第1回では、「多くの声優が仕事にあぶれてしまう理由」について解説します。

「声優ブーム」と言われるようになって大分たちました。今がいったい第何次ブームなのかよく知りませんが、声優に憧れる人は相変わらず大変多いようです。現場ですれ違う新人の数も、この10年ほどで把握しきれないほどに増えました。少し前までは、「今の“新人枠”に入るのはあいつやこいつ……」となんとなく顔くらいは浮かんだものなのですが。 

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 21:00

落語・演芸・芸能

吉本興業に忖度するマスコミ

 吉本興業が保身に走り、所属タレントに全ての罪を被せてほっかむりしようとしたのですが、タレントの側が反撃してきました。しかも弁護士2人を伴っての記者会見。時間もたっぷりとってあり、吉本興業のブラック企業風が白日の元に晒されました。しかしその衝撃的な記者会見の内容を、多くのマスコミはスルー。それどころか勇気ある告白と謝罪をした宮迫氏や田村氏に対して、揚げ足取りのような質問をする始末。今朝の日刊スポーツの見出しなども酷いもんでした。安倍総理の批判はどこでもできても、吉本興業批判はタブーなんだと、可視化されました。
【宮迫博之さんに「不倫報道ではオフホワイト。今の心境は?」と「アッコにおまかせ!」が質問。批判相次ぐ】ハフィントンポスト  反社会的勢力と関係を持ったとして吉本興業から契約を解除された宮迫博之さんが7月20日に記者会見した際、TBS系のバラエティ番組「アッコにおまかせ!」を名乗る男性が「不倫報道の時、『オフホワイト』と言っていましたが、今の心境を色で表すと?」と質問した。会見の生中継をTwitterなどで見ていた人たちからは「ふざけた質問だ」などと怒りの声が上がった。 
  • 2019.07.21 Sunday
  • 18:35

落語・演芸・芸能

ジャニーズ帝国の黄昏

 ビートルズが世界的なバンドになったのは、マネージャーが交代し、同性愛者の人物になり、それまでのただ立っている写真をほっぺたをくっつけあった物に変え、マッシュルームカットのような、性的なイメージを喚起する仕掛けをしたから……という説があります。ジャニー喜多川氏が次々とアイドルを発掘できたのも、たぶんにその性癖との絡みで、審美眼が常人とは違ったのでしょう。世界的なデザイナーにも同性愛者は多いと言われますから、そこはもう感性というか、インスピレーションの世界と。
【ジャニー喜多川社長死去 病室では“子供達”と触れ合い奇跡の回復も】東京スポーツ   ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日午後4時47分、都内の病院で、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため死去した。87歳だった。同事務所がマスコミ宛てファクスで明らかにした。  ジャニー氏は6月18日午前11時30分ごろ、自宅で体調の異変を訴えて救急搬送され、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」と診断されて入院していた。以下、発表全文(原文ママ)。 弊社代表取締役社長ジャニー喜多川につきましてご報告がございます。 2019年7月9日午後4時47分、都内病院におきまして、ジャニー喜多川は、永眠いたしました。 享年87歳、死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます。 
  • 2019.07.11 Thursday
  • 00:00

落語・演芸・芸能

吉本興業の闇

 よしもとクリエイティブエージェンシーは吉本興業の子会社。契約している芸人が反社会勢力との関わりがあったということで、解雇されたとの報道。芸能界ではよくある暴力団との関わりかと思ったら、どうやら違いました。マスコミによって表現が曖昧だったりするのですが、この反社会勢力というのが、振り込め詐欺のグループだったようで。自分はもう10年以上前からテレビは見ていませんから、このカラテカという漫才コンビもほとんど知りません。
【カラテカ入江、よしもとと契約解消 詐欺グループ忘年会への芸人出席を仲介】オリコンニュース  お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、所属していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーを6月4日付で契約解消となったことが6日、わかった。入江はあす7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に同社所属芸人の出席を仲介したことが報じられている。  同誌では、2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたと報道。この場に芸人らの出席を仲介したのが入江だったとしている。  
  • 2019.06.06 Thursday
  • 23:00

落語・演芸・芸能

横山たかし師匠死去

 横山やすし師匠の弟子も、鬼籍に入ってしまわれましたか。  お金持ちのお坊ちゃまキャラで、病気の後も金ピカの車椅子で仕事を続けておられたのに。  御冥福をお祈りします。合掌
  • 2019.06.04 Tuesday
  • 00:00

落語・演芸・芸能

七光りを感じさせない2世芸能人

 親の七光り、というのは武器にもなれば毒にもなるモノですから。歌舞伎の世界では、そうやって名門の家の既得権益になっていますし、それが伝統の一端を支えています。でも落語の場合は、古今亭志ん朝師匠は並々ならぬプレッシャーの中で芸を磨かざるを得ず、四代目の桂三木助師匠は、顔も覚えていない父親の幻影に悩まされ、ついには自ら……という側面も有ります。立川談志師匠は志ん朝師匠が大抜擢で真打ちになったことを、香盤で自分を抜いたことを生涯恨み続けましたが、抜いた方も辛かったでしょう。
【七光りを感じさせない“2世芸能人”ランキング】オリコンニュース   両親のどちらか、あるいは両親ともが著名人や芸能人でありながら、自身も芸能人になった“二世タレント”。「親の七光り」などと揶揄されるのを懸念し、バックボーンを隠して実力で大成している人も多い。ORICON NEWSでは、自分の力で現在の地位を確立した“2世芸能人”を調査。日本の歌謡界を語るうえで欠かせない歌手・藤圭子を母に持った、同じく日本を代表する歌姫【宇多田ヒカル】が幅広い年代に支持され1位となった。 
  • 2019.05.07 Tuesday
  • 21:46

落語・演芸・芸能

白石冬美さん死去

 声優として本当に息の長い活動をされた方でした。ある世代には、ラジオDJとしてのイメージが強い方もいるかもしれません。怪物くんやチョビンのような少年役から、『巨人の星』の明子姉さんや『機動戦士ガンダム』のミライ・ヤシマ役のようなお姉さんキャラクター、『一休さん』のやんちゃ姫のようないたずらっ子キャラクターも得意でしたね。個人的にはやはり、パタリロ・ド・マリネール8世殿下の声が印象深いです。ご本人もかなり楽しんで演じられたキャラクターのようですし。
【声優の白石冬美さん死去 「ガンダム」のミライ】朝日新聞   アニメ「巨人の星」の主人公の姉・星明子役やラジオDJなどで知られる声優の白石冬美(しらいし・ふゆみ、本名白石芙美子〈しらいし・ふみこ〉)さんが、29日までに虚血性心不全で死去した。82歳だった。葬儀は親族のみで行う。喪主は妹の幸村恵美子さん。  静岡県出身。声優として「怪物くん」「パタリロ!」の主役をはじめ、「機動戦士ガンダム」のミライ、「オバケのQ太郎」のドロンパなど、数々の人気アニメで主要なキャラクターを演じた。 
  • 2019.03.30 Saturday
  • 20:00

落語・演芸・芸能

AKBと秋元康商法の限界

 秋元康氏の商法というのは、おニャン子クラブの昔から一緒です。一言で言えば狩猟民的な手法。質より量とばかりに、大量の若い女性を世に送り出し、その中から自然に人気が出てきたタレントをピックアップする。それに対してジャニーズ事務所というのは、いろいろと批判はありますが、ある時期から所属タレントに一芸を身につけさせる方向にシフトしています。ダンスは最低限として、TOKIOならばバンドとしての楽器演奏技術、SMAPならばコント、V6ならば演技力の高いメンバーを揃えるなど。これは農耕民的。
【総選挙中止から見るAKB48の曲がり角──AKB商法の機能不全、「パンドラの箱」だったK-POP進出】Yahoo!ニュース   3月13日、AKB48選抜総選挙が今年は実施されないことが発表された。運営側はその理由を明確にしていないが、NGT48メンバーの暴行被害事件がそこに影を落としていると見られる。この件については、22日に第三者委員会による調査結果が発表される予定だが、途中に元AKB48総支配人による不用意なツイートもあり、運営サイドへの不信感が高まる状況となっている。 (中略)  以前から秋元康は、「K-POPがプロ野球だとしたら、AKB48は高校野球」といった趣旨の発言を各所で繰り返してきた(たとえば、秋元康×田原総一朗『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』2013年/アスコム等)。これは決して卑下ではなく、AKB48のコンセプトはまさにここにある。  AKB48にはパフォーマーとしての高い技術は求められない。その目標地点はけっして「完成」ではなく、発展途上のなか一生懸命にがんばることこそが重視される。ファンもその姿を見て応援をし、握手会に行って声をかけ、総選挙で投票をする。 
続きを読む >>
  • 2019.03.23 Saturday
  • 20:00