★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
ジョン・ラセター氏が新興アニメスタジオで復帰
0
     ジョン・ラセター氏は2017年にセクハラ問題で休職し、2018年に退職。そりゃあ、世界で初のフルCGアニメーションを作って大ヒットさせ、PIXARのブランドを確立し、ディズニーに招かねたら一気に立て直し、スタッフの人材育成にも定評があります。そりゃあ、他社がほっておかないでしょう。彼自身はもう社会的には大きな成功を収め、自宅には広大な葡萄畑があって、SLさえ走ってる成功者ですから。お金の問題ではないでしょう、たぶん。セクハラへの問題と批判は批判として、このまま埋もれさせるには惜しい人材です。
    【セクハラ問題でディズニーを退職したピクサー創業者のジョン・ラセター氏が新興アニメスタジオで復帰か】GIGAZINE ディズニーとピクサーのアニメーション部門トップでありながら、2017年にセクハラ問題で半年間休職していたジョン・ラセター氏は、2018年いっぱいでディズニー・ピクサーを退社しました。しかし、2019年1月にカリフォルニアの新興アニメーションスタジオが退職直後のラセター氏を部門のトップに雇用したことが報じられています。 Read David Ellison’s Memo About John Lasseter’s Hire at Skydance – Variety https://variety.com/2019/film/news/john-lasseter-skydance-david-ellison-memo-1203103819/ (中略) しかし、一部の批評家や活動家は、セクハラによって職を追われた人物を幹部として招き入れるスカイダンス・メディアの姿勢に大きく異を唱えています。 また、女性の権利の保護を訴える団体「Time’s Up」は、ラセター氏の採用は「権力を持った男性の後先を考えない行動を野放しにするおかしな制度を助長し永続させるものだ」として、スカイダンス・メディアの決定を強く批判する声明を発表していました。 
    続きを読む >>
    【2019.01.14 Monday 19:00】 author : 土岐正造
    | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ゴールデングローブ賞『ボヘミアン・ラプソディ』が2冠
    0
       いやぁ、去年の公開から、ほぼ毎週、『ボヘミアン・ラプソディ』を映画館で見ています。自分がもともとQUEENのファンというのもあるのですが、映画のできが良いというか、映画館の大画面で観てこそ、ライブを観ているかのようなリアリティがある作品です。中年&新規ファンのカラオケ大会になっていた応援上映も楽しかったですし。なので、主演男優賞と作品賞の2冠は、更なる追い風になってくれると良いです。ラミ・マレックは全然フレディに似ていないのに、まるでフレディが憑依したかのような動きでしたし。
      【ゴールデングローブ賞2冠!映画『ボヘミアン・ラプソディ』異例の右肩上がりで盛り上がるワケ】FNN ・ゴールデングローブ賞で2冠に輝いた『ボヘミアン・ラプソディ』 ・興行収入も右肩上がりで、サントラや特集本の売れ行きも好調 ・日本での盛り上がりの背景に「日本とクイーンを結ぶつながり」 アカデミー賞の前哨戦とされるゴールデングローブ賞で、ドラマ部門の作品賞など2冠に輝いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』。 イギリスのロックバンド「クイーン(QUEEN)」でボーカルを務め、1991年に45歳でこの世を去ったフレディ・マーキュリーの栄光と孤独を描いている。 2018年11月に日本で公開され、その年の洋画1位となる84億円以上の興行収入を記録。 しかも驚くべきは“興行収入の推移”だ。 通常は映画の公開後は徐々に減少するのだが、この映画は5週目まで“右肩上がり”なのが分かる。 
      続きを読む >>
      【2019.01.09 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
      | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ジョン・ラセターがピクサーに残したモノ
      0
         世界に3Dアニメーションの可能性を示し、PIXARをここまでのアニメーション・スタジオに育て上げ、マイケル・アイズナーによってボロボロにされたディズニーを立て直したのも、ジョン・ラセターの功績でしょう。確かに、彼の社内での言動には問題があったかもしれませんし、女性社員には耐え難い部分もあったでしょう。女性の映画監督さえハリウッドは少ないですし、いわんやアニメ業界をや。ただ、それとは別に、彼の功績は作品作り以外の部分にあったなと、そう思います。それは、宮崎駿監督とジブリにもできなかった部分。
        【『シュガー・ラッシュ:オンライン』ジョン・ラセターが退社後に残したもの】ASCII  ディズニー・アニメーションの最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』が12月21日に全国公開された。全米では公開からわずか5日で約95億円を超える大ヒットを記録しており、日本でも大ヒットが期待される今作。今回は『シュガー・ラッシュ』と『ズートピア』の最強コンビで、本作品の共同監督リッチ・ムーア監督とフィル・ジョンストン監督(脚本も兼務)にインタビューを実施した。 
        続きを読む >>
        【2018.12.24 Monday 23:00】 author : 土岐正造
        | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
        フレディとボヘミアン・ラプソディ
        0
           フレディ・マーキュリィの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、全世界でヒット中です。直撃世代はもう還暦前後でしょうか? でも、QUEENって定期的にリバイバルヒットがあるし、美しいメロディラインがCMやBGMとしても人気があるので、若い人でもよく知ってる曲が多いんですよね。デビュー当時はビジュアルが良すぎて、アイドルバンド扱いされることもありましたが、けっきょくは高い音楽性と高度な音楽テクニック、そして唯一無二のキャラクター性が、何十年経っても褪せない魅力かと。
          【世界のQueenフレディ・マーキュリーが教えてくれた「多様性」】現代ビジネス イギリスのロックバンド「Queen」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーを主人公に描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』を、これまで3度観た。 一度目は学生時代からのコアなクイーンファンの友人が応募して当選した公開直前のプレミア試写会で、二度目はやはり学生時代からさんざん一緒にコンサートに行った別のロックファンの友人がチケットを取っていた「爆音」上映会。そして三度目は中学2年生の双子の息子たちを連れてIMAXの大画面で……という具合だ。 50年以上生きているけれど、映画館で立て続けに3度も同じ映画を観たのは人生で初めてのことだ。しかも毎回泣いてしまった。驚いたのはフレディが亡くなってからずっと後に生まれた中2の息子たちも感動のあまり泣いていたことだ。 ブライアンとロジャーは8年もの歳月をかけて、よくぞここまでしっかりとクイーンの歩みとフレディの人生を映画という美しい芸術に仕立ててくれたと思う。70年代にテープがすり切れるほど重ね録りをしてアルバムを作ったのと同じ熱意をもって映画作りにのぞんだのではないか。 
          続きを読む >>
          【2018.11.25 Sunday 18:01】 author : 土岐正造
          | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
          『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開延期
          0
             残念です。とても楽しみにしていましたし、2016年の公開以来、ロングランを続ける名作が、さらに多くの人に見ていただけるブースターになると思っていたので。ただ、あの作品は片渕須直監督の作家姓があってのことですし、監督が納得いく形での公開がベスト。不満足なモノを世に出すより、延期して無問題。いちファンは監督を信じて待ちます。実際、原作ファンとしては割愛された部分を、完全に入れた形で伏線(メモ帳の部分とか)も、回収されて欲しいですからね。アレがあってこそ。
            【映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公開延期】GIGAZINE 2018年12月公開を目指して制作されてきた映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開延期が発表されました。新たな公開時期は「2019年中」だとのこと。 この世界の(さらにいくつもの)片隅に【映画】 https://ikutsumono-katasumini.jp/ 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、2016年11月に公開された「この世界の片隅に」に新作カットを追加した作品。追加されるカットは、原作の中で少なからぬボリュームを占めながらも、当時の制作状況ではしっかりと描くことが難しかった、主人公・すずさんとリンさんの交流を描く昭和19年秋と昭和20年冬〜春のエピソード、および、妹・すみちゃんを案じながら迎える昭和20年9月の枕崎台風のエピソードなど。 
            続きを読む >>
            【2018.10.22 Monday 00:00】 author : 土岐正造
            | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
            作曲家の小田裕一郎氏が死去
            0
               最初、お名前を見たときピンときませんでいたが、キャッツアイで慌ててウィキペディア先生を開いたら、知ってる曲のオンパレード。サーカスの『アメリカン・フィーリング』は今聞いても古びていない名曲ですし、松田聖子の初期の『裸足の季節』『青い珊瑚礁』『風は秋色』も、爽やかな透明案がある曲で好きです。ライバルの田原俊彦の『恋=Do!』も作曲していますから、いかに売れっ子だったか。奥様を亡くされてから、ニューヨークに移住されていたようですが……。
              【「青い珊瑚礁」作曲、小田裕一郎氏が死去】  小田裕一郎氏 68歳(おだ・ゆういちろう=作曲家、音楽プロデューサー)17日、米国の自宅で死去。  鹿児島県出身。サーカスの「アメリカン・フィーリング」、松田聖子さんの「青い珊瑚礁(さんごしょう)」、杏里さんの「キャッツ・アイ」などの楽曲のほか、長野五輪の公式PRソングを手がけた。 
              続きを読む >>
              【2018.09.21 Friday 00:00】 author : 土岐正造
              | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
              いきなりミソを付けたけものフレンズ2期
              0
                 けものフレンズ第2期、いちファンとしては言いたいことはイロイロあります。ありますが、それでも第二期を温かく見守るつもりです。外野がどうこう言ってももう修復不可能なぐらいに、拗れてるようですから。……が、のっけからこんな事態に至るとは。そもそも、たつき監督降板劇の最初の段階では、コンプライアンスがどうこうとか言っていた記憶が。これはもう、声優のオーディションとかやらずに、第一期のメンバーをそのまま使え、という天啓ではあるまいかと思うんですけどねぇ〜。
                【「けものフレンズ」オーディションの公開台本で無断使用 「内容が不適切」として公式サイトから削除】ニコビデオニュース アニメ第2期の制作や新作ゲーム、音楽ライブなど人気コンテンツ「けものフレンズ」の様々な展開が9月2日に発表された。このうちの「新ユニットオーディション開催」について、公開された規定台本が無断使用だとして物議を醸している。「けものフレンズプロジェクト」は、「原稿の内容が不適切なものであったため、現在確認をしております」として、応募サイトから台本を削除した。 「新ユニットオーディション」の応募サイトでは3本の台本が公開された。しかし、いずれも声優志望者を支援するブログ「目指そう!声優」にボイスサンプル用として公開されている台本と酷似。元の「学校行けば授業とか部活とかダルいし」の部分を「授業とか部活とかダルいし」と変更するなど、わずかな改変のみでほぼ全文がそのまま使用された。これを見たサイト運営者の「あかり先生」は、「わたしが考えて書いた台本が、そのまま『けものフレンズ』新ユニットオーディションの課題原稿になってる… 悲しい」と指摘。「目指そう!声優」では、文章の著作権を放棄していないことを明記しており、作者を明示せず誰もが閲覧できる状態にすることを禁じている。 
                続きを読む >>
                【2018.09.05 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
                | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                『けものフレンズ2』制作決定雑感
                0
                   本当ならもっと早く第二期が始まっていて然るべき作品でした。自分にとっても、久しぶりに楽しめたアニメだっただけに、不可解なたつき監督降板劇で、イロイロ思う部分はあります。ありますが、誰がやってもマイナス評価からスタートするであろう作品を、引き受けた監督とスタッフにはエールを送りたいと思います。たつき監督版でブレイクした声優達がどうなるかはわかりませんが、この作品自体は毎回数多くのフレンズが登場して、新人声優の登龍門になるかと思ったり。
                  【TVアニメ「けものフレンズ2」制作決定!フレンズの姿も映るPV第1弾も公開】コミックナタリー テレビアニメ「けものフレンズ2」の制作が決定した。 テレビアニメ「けものフレンズ2」PV第1弾より。 これは本日9月2日に開催された、ライブイベント「けものフレンズ LIVE 〜PPP LIVE〜」にて解禁されたもの。また発表の際に、イベント会場で流されたPV第1弾もYoutubeの「けものフレンズプロジェクト」公式チャンネルにて公開された。 テレビアニメ「けものフレンズ2」PV第1弾より。 さらに「けものフレンズ」新ユニットオーディションの開催も決定。芸歴不問で、プロダクションと所属契約のない16歳から20歳までの女性を募集する。詳細は本オーディションの特設サイトで確認を。 
                  続きを読む >>
                  【2018.09.03 Monday 23:01】 author : 土岐正造
                  | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Appleが『銀河帝国の興亡』をドラマ化
                  0
                     かつて、映画は映画会社が制作するモノでしたが。テレビが育っていく中で、テレビドラマが毎週レベルでそこそこ以上のクオリティの作品を生み出したわけで。かのスピルバーグ監督のデビュー作『激突‼』も、テレビドラマでしたし。テレビ番組から映画化されるのも普通になっていますし。で、コンテンツの製作自体は今後、NetflixやAmazon、Appleといったサービス業も参入していくと。そうなると、才能有る人間は一握りですから、監督や脚本家など、奪い合いになるでしょうね。

                    【アップル、アシモフの『ファウンデーション』(銀河帝国の興亡)をTVドラマ化】Engadget Japanese


                    配信向けオリジナルコンテンツに力を入れるアップルが、アイザック・アシモフの古典SF小説『ファウンデーション』シリーズをテレビドラマ化することが分かりました。

                    脚本と製作総指揮は『ダークナイト』『ブレイド』等のDavid S. Goyer、『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』『アバター2』(制作中)のJosh Friedman。

                    制作は映画『ミッション・インポッシブル』シリーズやリブート版『スタートレック』、テレビシリーズではNetflix向けの『オルタード・カーボン』などで知られるSkydanceが担当します。 
                    続きを読む >>
                    【2018.08.28 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
                    | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    津川雅彦さん死去
                    0
                       俳優としては、必殺シリーズの渋い悪役や、徳川家康などの大物政治家、コミカルな好々爺の役などの晩年の印象が強いですが、若い頃は二枚目俳優。日本の芸能史に燦然と輝くマキノ一族に生まれ、お兄さんは演技派で知られた長門裕之さん。叔母は沢村貞子で、叔父が加東大介。母方の祖父は牧野省三。マキノ一族の一員として、マキノ雅彦名義で『寝ずの番』や『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』なども監督。兄の長門裕之さん同様、奥さんに先立たれてからは気力が衰えたのか……。

                      【津川雅彦さん78歳=俳優「マルサの女」】毎日新聞


                       映画「マルサの女」などの俳優として知られ、監督業も手掛けた、津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名・加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、お別れの会を開く予定。

                       京都市出身。「日本映画の祖」とされる映画監督の牧野省三を祖父に持ち、俳優の父沢村国太郎、母マキノ智子、兄長門裕之をはじめ、芸能関係者のそろう「マキノ一族」に生まれ育った。父主宰の劇団で子役として活動、映画にも出演した。

                       1956年、「狂った果実」(中平康監督)に、主演の石原裕次郎の推薦で石原の弟役として本格デビュー、たちまち二枚目スターとなった。役柄を広げようと日活から松竹に移籍、大島渚監督の「日本の夜と霧」など意欲作に出演したものの精彩を欠き、フリーに転じる。テレビや舞台にも進出して進路を模索したが、テレビ時代劇「必殺シリーズ」での悪役が転機となった。独特の風貌も相まって、ふてぶてしい憎まれ役として復活する。 
                      続きを読む >>
                      【2018.08.08 Wednesday 20:03】 author : 土岐正造
                      | 映画・書評・音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム