Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

映画・書評・音楽

ジブリが配信を解禁した理由

 日本と北米だけ配信されないのですが、スタジオジブリ作品がNetflixで世界配信されたというのは大きな話題になりました。宮崎駿監督は、妙に保守的な部分があって、iPadを使ってインタビューする記者を怒鳴りつけたり、デジタルでの表現に難色を示したり。ただ意外に、しばらくするとタブレットを使っていたりする姿が目撃されてもいるので、柔軟性はあるのか。ただ確かに公開作品は、映画館で見てこそという側面があるのは事実ですが。映画館のない地域の人間にとっては、ネット配信はこれからの希望。

【ジブリがNetflix解禁した理由、鈴木敏夫さんが明かす。宮崎駿監督を「映画の制作費をこれで稼ぎます」と説得】ハフポスト
 

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、3月7日、東京・渋谷で開かれたトークイベントに登壇。動画配信サービス「Netflix」でジブリ作品のデジタル配信を開始したことについて、「劇場もDVDも大事だけれど、僕は配信も大事なんじゃないかと思っています」と話した。デジタル配信を“解禁”するにあたり、宮崎駿監督には「映画の制作費をこれで稼ぎます」と説得したという。

デジタル配信の解禁。宮崎駿監督に何と伝えた?

三鷹の森ジブリ美術館初の写真集の出版を記念し、「HMV&BOOKS SHIBUYA」(渋谷modi内)で開催中の写真展、「ジブリ美術館ものがたり」に登壇した鈴木氏。トークセッションが行われた後、Netflixの配信を開始した理由について質問が上がった。

Netflixは2020年2月より、日本、アメリカ、カナダを除く世界約190カ国で21のジブリ作品の配信を開始。ジブリがデジタル配信を解禁したことに、ネット上で驚きの声が上がっていた。 

続きを読む >>
  • 2020.03.10 Tuesday
  • 20:00

映画・書評・音楽

『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞最多4部門受賞

 個人的には非常に評価している作品なので、作品賞を含む4部門受賞は非常にめでたいと思います。日本では観客動員が苦戦してるようですので、これを機にもっと観て欲しいところです。『殺人の追憶』で一気に名声が高まりましたが、あの作品はむしろポン・ジュノ監督の作品としては少し異例。監督デビュー作の『吠える犬は噛まない』や『グエムル』あるいは『母なる証明』など、一貫して依存と過干渉、そして自立の問題を描いてきた監督に思います。それは本作でも一貫していますね。

【作品賞は『パラサイト 半地下の家族』!アジア単独映画初の快挙&最多4部門受賞】シネマトゥデイ
 

 現地時間9日、第92回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、ポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞に輝いた。合作ではなくアジア単独製作の映画がオスカーの頂点に輝くのは、史上初の快挙だ。外国語のみの映画の作品賞受賞も初。それだけでなく、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)の最多4部門受賞となった。

 『パラサイト 半地下の家族』は、全員無職で半地下の家で暮らすギテク一家(ソン・ガンホら)が、徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していくさまを描いたブラックコメディー。貧富の差の問題を扱いつつ思わぬ展開の連続で、神がかったレベルでエンターテインメント性と社会性を両立しており、第72回カンヌ国際映画祭での最高賞パルムドール受賞を皮切りに、映画賞レースを席巻してきた。 

  • 2020.02.10 Monday
  • 20:00

映画・書評・音楽

映画芸術にも否定された『新聞記者』

 映画芸術と、編集長の荒井晴彦氏に対しては、このブログでも批判した記憶がありますが。自分の狭く浅く薄っぺらい認識ををもとにアニメを映画として認めないその姿勢は、老害の一言。そして今回は、自分が脚本担当した作品を昨年度のベスト1に上げる厚顔無恥っぷり。同人誌でやれ、というレベルのお手盛り。しかし、そんなツラの皮が分厚い荒井晴彦氏にしても、東京新聞の望月イソ子記者をモデルにした映画『新聞記者』は、ワーストの5位に入れるほどの駄作だったようです。

【映画芸術2019年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「火口のふたり」】映画ナタリー
 

季刊誌・映画芸術の最新号に「2019年日本映画ベストテン&ワーストテン」が掲載される。1月30日の発売に先駆け、ランキングが発表された。

ベストテン1位は映画芸術の編集長・荒井晴彦が監督と脚本を担当した「火口のふたり」に決定。白石一文の同名小説をもとに、柄本佑と瀧内公美演じる再会した男女の情動を描いた作品だ。2位には阪本順治が監督を務め、稲垣吾郎、長谷川博己、渋川清彦が学生時代からの友人に扮した「半世界」が選ばれた。続いて、新井英樹によるマンガを真利子哲也が実写化した「宮本から君へ」が3位にランクインしている。 

  • 2020.02.01 Saturday
  • 19:00

映画・書評・音楽

タイで京都アニメーション作品チャリティー上映

 東日本大震災が起きたときも、タイ王国の人々は素早く反応して下さいました。経済的にはまだまだ発展途上国で、大した額にはならない画像謙虚に語りつつも、それでも多くの浄財を日本に寄付して下さいました。日本との交流は戦前から深く長く続いており、上皇陛下が食料事情を改善のためにティラピアを紹介したり、ナマズの研究者である秋篠宮殿下が、タイにはよく訪問されています。京都アニメーションの悲劇的な事件に対しても、素早く対応をして下さっています。
【タイで“京アニ”チャリティー上映 収益は全額寄付】テレ朝ニュース   京都アニメーションの放火殺人事件から18日で1カ月です。タイでは17日、京都アニメーション制作の映画が再上映されました。収益はすべて寄付されるということです。  35人が犠牲となった京都アニメーションの放火殺人事件から1カ月を前にした17日、タイの配給会社がバンコクで京都アニメーション制作の映画「聲の形」をチャリティー上映しました。用意した約200席分のチケットは完売したということです。会場では、日本語で「あきらめないで」などと寄せ書きをするファンの姿もありました。 
  • 2019.08.19 Monday
  • 23:00

映画・書評・音楽

ライブエイド再び

 こういう提案はベテランのミュージシャンじゃないと、難しいでしょうね。ブライアン・メイなら適任。しかし、平成が始まったばかりの頃には、フレディ・マーキュリーもマイケル・ジャクソンもプリンスもデヴィッド・ボウイも、平成が終わる前にいなくなっているとはちっとも思いませんでした。もちろん今でも頑張っているバンドや個人もたくさんいますが、あの伝説のライブエイドに参加したメンバーと、以降にデビューした新しい世代のミュージシャンと、時代をつないでいく必要があるのではないでしょうか?
【伝説の「ライヴエイド」再び、ブライアン・メイが提案】CNN日本語版  (CNN) 英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさんが、1985年に参加した「ライヴエイド」級の大規模なチャリティーコンサートを再び開催しようと呼び掛けている。 メイさんは英大衆紙デイリー・ミラーとのインタビューで、気候変動問題をテーマにしたコンサートを提案。ライヴエイドのような一大プロジェクトに取り組めるのは若い世代だろうとしたうえで、「私たちもできる限り手伝おう」と申し出た。 ただ、近年は各地でコンサートや音楽祭が盛んに開かれているため、当時ほど簡単にはいかないかもしれないとも指摘した。 
  • 2019.05.08 Wednesday
  • 21:00

映画・書評・音楽

QUEEN史上最大規模の日本ツアー開催

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』は素晴らしい傑作でした。応援上映という上映形態も興味深く、アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックの演技も、賞にふさわしいものでした。もともとQUEENの人気が高かった日本ですから、アメリカ以外では最高の観客動員数と売上を記録し、まだまだロングラン上映中。このタイミングでQUEEN+アダム・ランバートのツアーが日本開催。チケットを取るのは難しそうですが、是非行きたいですね。Queen + Paul Rodgers のツアーもすばらしい内容でしたから。
【クイーン、史上最大規模の日本ツアー開催 ブライアン・メイ「スバラシイデス!」】毎日新聞   映画『ボヘミアン・ラプソディ』(昨年11月公開)のロングヒットで人気が再燃し、新規のファンも獲得している英ロックバンド「クイーン」が、ボーカリストにアダム・ランバートを迎えた「クイーン+アダム・ランバート」として、来年1月にバンド史上最大規模の日本公演『ラプソディー・ツアー』を行うことが決定した。  ドラムのロジャー・テイラーは「日本はクイーンにとって、いつでも特別な国。その日本にまた戻り、最新のツアーが出来るのが待ち遠しいです」、ギターのブライアン・メイも「日本とクイーンのつながりは、ある意味伝説とも言えます。時が経つほどその想いは強くなっている上に、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、類をみない強い結びつきを私たちに感じさせます。今から約50年前、最初に私たちを認めてくれた国日本に、2020年1月にまた戻れることはとても感慨深いです。スバラシイデス!」と熱いコメントを寄せた。 (中略) ■クイーン+アダム・ランバート『ラプソディー・ツアー』 2020年1月25日(土)さいたまスーパーアリーナ 2020年1月26日(日)さいたまスーパーアリーナ 2020年1月28日(火)京セラドーム大阪 2020年1月30日(木)ナゴヤドーム 
  • 2019.04.17 Wednesday
  • 21:00

映画・書評・音楽

書評:韓国「反日フェイク」の病理学

 崔碩栄氏の新刊『韓国「反日フェイク」の病理学』が小学館新書より発売中です。 ソウルで生まれ育って、日本にやってきたニューカマーの在日コリアンである崔碩栄氏は、辛淑玉女史ら、在日の2世や3世のオールドカマーとは違って、視点がとてもニュートラルです。朝鮮語もしゃべれず、アイデンティティーが脆弱なオールドカマーに比較して、ネイティブで朝鮮語を操り、でも日本語も驚くほど堪能なため、「韓国の書店に反日本はない」などのデタラメも、韓国人のほぼ全員が読む教科書が反日本であると、証拠付きでサクッと切って捨てる痛快さがあります。
崔碩栄『韓国「反日フェイク」の病理学』小学館新書  韓国の「反日」は嘘と捏造で作られている。 韓国艦艇による自衛隊機へのレーダー照射事件や、韓国最高裁による日本企業への徴用工賠償命令など、韓国で再び反日ムードが高まっています。 韓国のマスコミや教育現場で拡散されている「日本批判」の数々。 しかし、本書の著者、韓国人作家の崔碩栄氏は、「韓国の反日報道や教科書の歴史記述には、驚くような捏造がまかり通っている」と指摘します。 例えば、韓国の公共放送が「独島(竹島)を奪おうとした日本軍」との字幕とともに放送した写真。崔氏の調査により、これはノルマンディー上陸作戦の写真と日章旗の写真、竹島の写真を合成したものだということがわかりました。 さらに、韓国が「朝鮮人強制連行」の悲劇のシンボルとして繰り返し使用する落書き。朝鮮人徴用工が筑豊炭田の宿舎の壁に「お母さんに会いたい、お腹が減った」と書いたというものですが、これも、北朝鮮系の組織が製作した映画の演出として書かれた「フェイク」であることがわかりました。 崔氏はさらに、韓国の「反日」が意図的に作られた背景を明らかにしていきます。その背後に浮かび上がる北朝鮮の影――。まるで、良質のミステリーのように韓国の反日の裏側を鮮やかに暴いていく衝撃の書です。   
  • 2019.04.10 Wednesday
  • 01:30

映画・書評・音楽

アカデミー賞『ボヘミアン・ラプソディ』が4冠

 この映画が好きで、もう12回もリピートした自分としては、主演男優賞を含む4冠は当然の結果です。作品賞も本当は獲得してもおかしくないと思いますが、ブライアン・シンガー監督の直前のスキャンダルや、そもそも監督降板という背景を考えると、ハリウッドの同業者による人気投票という側面があるアカデミー賞においては、ちょっと難しかったでしょう。作品自体と監督自身のスキャンダルは、分けて考えるべきだと思うのですが……。それでも、エジプトからの移民であるラミ・マレックのこの快挙は、素直に喜びたいと思います。
【『ボヘミアン・ラプソディ』が最多4冠! アカデミー賞受賞一覧】マイナビニュース 「第91回アカデミー賞」の授賞式が25日(現地時間24日)、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催され、『ボヘミアン・ラプソディ』(公開中)が最多4冠を達成した。 『ボヘミアン・ラプソディ』は、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画。主演男優賞(ラミ・マレック)をはじめ、編集賞、音響編集賞、録音賞の4部門を受賞した。 
  • 2019.02.25 Monday
  • 21:00

映画・書評・音楽

ジョン・ラセター氏が新興アニメスタジオで復帰

 ジョン・ラセター氏は2017年にセクハラ問題で休職し、2018年に退職。そりゃあ、世界で初のフルCGアニメーションを作って大ヒットさせ、PIXARのブランドを確立し、ディズニーに招かねたら一気に立て直し、スタッフの人材育成にも定評があります。そりゃあ、他社がほっておかないでしょう。彼自身はもう社会的には大きな成功を収め、自宅には広大な葡萄畑があって、SLさえ走ってる成功者ですから。お金の問題ではないでしょう、たぶん。セクハラへの問題と批判は批判として、このまま埋もれさせるには惜しい人材です。
【セクハラ問題でディズニーを退職したピクサー創業者のジョン・ラセター氏が新興アニメスタジオで復帰か】GIGAZINE ディズニーとピクサーのアニメーション部門トップでありながら、2017年にセクハラ問題で半年間休職していたジョン・ラセター氏は、2018年いっぱいでディズニー・ピクサーを退社しました。しかし、2019年1月にカリフォルニアの新興アニメーションスタジオが退職直後のラセター氏を部門のトップに雇用したことが報じられています。 Read David Ellison’s Memo About John Lasseter’s Hire at Skydance – Variety https://variety.com/2019/film/news/john-lasseter-skydance-david-ellison-memo-1203103819/ (中略) しかし、一部の批評家や活動家は、セクハラによって職を追われた人物を幹部として招き入れるスカイダンス・メディアの姿勢に大きく異を唱えています。 また、女性の権利の保護を訴える団体「Time’s Up」は、ラセター氏の採用は「権力を持った男性の後先を考えない行動を野放しにするおかしな制度を助長し永続させるものだ」として、スカイダンス・メディアの決定を強く批判する声明を発表していました。 
  • 2019.01.14 Monday
  • 19:00

映画・書評・音楽

ゴールデングローブ賞『ボヘミアン・ラプソディ』が2冠

 いやぁ、去年の公開から、ほぼ毎週、『ボヘミアン・ラプソディ』を映画館で見ています。自分がもともとQUEENのファンというのもあるのですが、映画のできが良いというか、映画館の大画面で観てこそ、ライブを観ているかのようなリアリティがある作品です。中年&新規ファンのカラオケ大会になっていた応援上映も楽しかったですし。なので、主演男優賞と作品賞の2冠は、更なる追い風になってくれると良いです。ラミ・マレックは全然フレディに似ていないのに、まるでフレディが憑依したかのような動きでしたし。
【ゴールデングローブ賞2冠!映画『ボヘミアン・ラプソディ』異例の右肩上がりで盛り上がるワケ】FNN ・ゴールデングローブ賞で2冠に輝いた『ボヘミアン・ラプソディ』 ・興行収入も右肩上がりで、サントラや特集本の売れ行きも好調 ・日本での盛り上がりの背景に「日本とクイーンを結ぶつながり」 アカデミー賞の前哨戦とされるゴールデングローブ賞で、ドラマ部門の作品賞など2冠に輝いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』。 イギリスのロックバンド「クイーン(QUEEN)」でボーカルを務め、1991年に45歳でこの世を去ったフレディ・マーキュリーの栄光と孤独を描いている。 2018年11月に日本で公開され、その年の洋画1位となる84億円以上の興行収入を記録。 しかも驚くべきは“興行収入の推移”だ。 通常は映画の公開後は徐々に減少するのだが、この映画は5週目まで“右肩上がり”なのが分かる。 
続きを読む >>
  • 2019.01.09 Wednesday
  • 20:00