★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
Qualcommとの和解がiPhoneの埋め込み指紋認証の鍵
0
     なるほど、Apple と Qualcomm の電撃的な和解の背景には、単2第5世代通信用モデムチップの供給問題だけでなく、ディスプレイ埋め込み型の指紋認証技術も関わっていたんですね。はっきり言って FACE ID の採用は失敗だったと思っています。iPad mini も iPad Air も、ホームボタンと指紋認証用の Touch ID を採用していますが、フェイス ID の方が良かったという声はほとんど聞こえてきません。Apple としては FACE ID を残すにしても、タッチ ID の再登場は必要不可欠。来年の iPhone にはぜひ搭載して欲しいです。
    【iPhoneにもディスプレイ埋め込み指紋認証が搭載?Qualcommとの和解が鍵】iPhone Mania  QualcommとAppleの和解によって、今年登場のiPhoneは5Gに対応する可能性が大きく高まりましたが、指紋認証機能の見直しにも注目が集まっています。 Qualcommが持つ複数の強み AppleとQualcommとの電撃和解は大きな驚きをもって受け止められましたが、Intelのスマートフォン向け5G対応モデム開発に遅れが生じている(最終的に撤退を発表)ために、仕方なく技術力で先行するQualcommとの和解に至ったとされています。70億ドル(約7,840億円)に上るとされるロイヤリティを支払ってでも、Qualcommの技術を採用したいと考えたAppleの意図が伝わってきます。 しかし、Qualcommとの和解でAppleが得たのは5Gモデムだけではありません。ディスプレイ内に埋め込む超音波式の指紋認証についてもQualcommは高い技術力を持っています。このタイプの指紋認証機能は、SamsungがフラッグシップモデルのGalaxy S10シリーズなどに採用しており、Appleとしても見過ごすことはできないはずです。 
    続きを読む >>
    【2019.04.22 Monday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    4.7インチiPhoneが2020年に登場?
    0
       iPhone に関しては、Apple は一貫して大型化を志向しています。初代 iPhone から iPhone 3 GS までは3.5インチしかありませんでしたし、今から思えば実にコンパクトで、便利な存在でした。それでも当時は、ガラケーに慣れた人達には大きすぎると笑われたものです。大は小を兼ねると言いますから、自分などは大型の iPhone は大歓迎ですが、コンパクト志向の日本人には、3.5インチの iPhone とかは今ならかえって人気が出るでしょうね。なにしろ4.7インチでもコンパクトに思えるのですから。
      【4.7インチのiPhone 8後継機が2020年3月に発売?価格は約7万3000円か】Engadget Japanese  アップルが、iPhone 8のデザインをベースとした新型4.7インチiPhoneを、2020年3月発売に向けて準備中との噂が報じられています。 これを伝えたのは、台湾の新聞メディア経済日報。同誌によると、本モデルのSoCは(2019年秋の新iPhoneに採用が予想されるプロセッサと同じ)A13チップ。ディスプレイは液晶パネルで背面シングルカメラを搭載し、価格は約650ドル(約7万3000円)になるとされています。 2018年秋発売のiPhone最新モデルは、最小の画面サイズがiPhone XSの5.8インチ。それより小さく持ちやすい4インチの過去モデルiPhone SEも人気が根強く、昨年9月の販売終了後もアップル公式サイトで販売再開されるとたちまち売り切れ。後継機iPhone SE2(仮)もたびたび噂に上りましたが、現在にいたるまで実現を見ていません。 
      【2019.04.20 Saturday 12:56】 author : 土岐正造
      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
      Apple Watchをアウトドア仕様にするバンド
      0
         エルメスのバンドもそうでしたが、これはApple Watchが別の製品に見える、良いデザインですね。どちらかと言えば高級腕時計のデザインであるはずのApple Watchが、まるでアウトドア用に最初からデザインされたかのようです。自分はどちらかと言えば、実用向きのゴツいデザインの腕時計が好きなので、こういうデザインは大歓迎です。というか、こういうデザインなら俄然、Apple Watchが欲しくなります。ダイバーズウォッチ系のメカメカしいデザインのiPhoneも、今後は可能性が広がりそうです。
        【Apple Watchをアウトドア仕様にできるバンドケース、エレコムより】ASCII   エレコムは4月16日、Apple Watchをアウトドアでも使えるようにするバンドケース「AW-40BCNESTシリーズ」と「AW-44BCNESTシリーズ」を発表。4月下旬より順次発売する。  いずれも米国軍用規格MILスタンダードに準拠した1.22mからの落下テストをクリア。強靭なPC素材によるフレーム部と、柔軟なTPU素材による本体部からなる2重構造でApple Watchを衝撃から保護。バンド部分が本体を支える構造になっており、落下の衝撃からセンサー部分を守る工夫がなされている。 
        【2019.04.19 Friday 00:35】 author : 土岐正造
        | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
        iPhone SEの後継機iPhone XEが600ドルで発売か
        0
           iPhone SE自体は、小型の iPhoneとしての価値が十分にありますが、世間的にはどうしても廉価のiPhoneという意味の方が大きくなってしまいますね。大柄な欧米人はともかくとして、小柄なアジア系には小さなiPhone が最適。Apple A12 Bionic を搭載するのであれば、処理能力的には全く問題がないでしょう。同CPU は iPad mini5やiPad Air3にも搭載されていますが、その処理能力の高さは必要にして十分。と言うか、iPhoneのアプリ群ではこれ以上高性能なCPUを搭載しても、あまり意味がないでしょう。
          【iPhone SEファンに朗報、4.8インチの「XE」が今年600ドルで発売か】Forbes日本語版  アップルは2020年に5.42インチの小さめのiPhoneの発売を計画中であると報じられたが、それを下回る4.8インチの小型モデルを開発中であるとのニュースが浮上した。 iPhone SEの後継機的位置づけのこの端末は、「iPhone XE」という名称になるという。噂される5.42インチ端末のスペックの情報は少ないが、今回の4.8インチ端末に関しては、より細かなディテールが報じられている。 「フォックスコンのインド工場の関係者から得た情報」として、このニュースを報じたPC-Tabletによると、XEはX やXSと同様なベゼルレス仕様で、ノッチ部分にFace IDを搭載し、リアカメラはXSやXRと同様の12メガピクセルだという。また、チップはA12 Bionicを用いる。 
          続きを読む >>
          【2019.04.18 Thursday 15:00】 author : 土岐正造
          | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
          Apple Watchがまた人命救助
          0
             素晴らしいですね。高齢者にとっては、転倒はそれだけで危険。命に関わらなくても、骨折から寝たきりになる人も多いですし。こういう事例が積み重なると、Apple Watchのみならずスマートウォッチの需要が高まり、より大きな市場になっていくのでしょう。で、そこで競争が起きればより良いサービスや機能など、増えていくでしょうから。自分などは、血液中の血糖値と尿酸値をリアルタイムで測定できれば、スポーツや医療に大きく貢献すると思っていますので、ぜひとも今後の展開に期待です。
            【Apple Watch、ドイツの80歳女性の転倒を検出して救助を要請】iPhone Mania  Apple Watch Series 4が搭載する転倒検出機能が、80歳の女性の転倒を検出、救助を要請していたことがわかりました。ドイツ・ミュンヘンの消防署が報告しています。 ドイツの緊急通報サービスに電話 ミュンヘン消防署によると、女性が自分のアパート内で転倒したのを、彼女が着用していたApple Watchが検出、「112」(日本の119)に通報。Apple Watchはコントロールセンターの通信指令係に、着用者が転倒したという音声メッセージを伝えるとともに、転倒が発生した場所を知らせました。 救急車がアパートに到着すると、ドアには鍵がかかった状態で、女性は動けず解錠することができません。すぐに消防署に支援を要請、ドアをこじ開けました。 
            【2019.04.17 Wednesday 00:02】 author : 土岐正造
            | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
            iPhoneを有線LANに繋ぐアイテム
            0
               我が家のADSLは時々、通信が途切れることがあります。そのためデスクトップ型のMac Miniは、有線LANでつないでいるのですが。iPad AirとiPad ProとiPad miniがある我が家の環境では、iPad Proは有線LANで繋いだ方が便利だな……と思えることが多々あります。特に大容量のデータをダウンロードしてる最中に、無線通信が途切れると最悪ですから。しかしLightningコネクタを有線LANにつなぐためのアダプターは、今まで見かけたことがありませんでした。これは購入せねばならない商品です。
              【iPhoneのネットが遅い? だったら有線LANでつないじゃえばいいじゃない!】ギズモード・ジャパン  やっぱり有線LAN最強! iPhoneでストリーミング動画の再生をしたり、逆に動画配信を行ないたいとき、Wi-Fiでは不安定だなと感じることがあります。 そういうときは、有線LANのほうが安定していいのですが、そもそもiPhoneに有線LANの端子なんてないので、使えませんよね。 ああ、iPhoneで有線LANが使えたらなー。 そんな願いを叶えてくれるのが、サンコーレアモノショップの「iPhone用lightning有線LAN充電アダプタ」です。 
              続きを読む >>
              【2019.04.14 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
              | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
              Apple Watchの不整脈通知・転倒検出機能の動画
              0
                 アメリカは国民皆保険制度がない、珍しい先進国です。日本だったら安価に受けられるような手術でも、低所得者が破産しかけない高額な医療費が必要だったりします。そういう国ですから、Apple Watch のようなヘルスケアに機能をさいた製品ならば、多少高額でも売れるという状況があるようです。残念ながら現状では、ある程度の富裕層が自分の健康を守るための道具として、購入してるようですが。まずは富裕層をブースターとして、もっと価格が下がって安定すれば、一般層の購入も楽になるでしょう。
                【Apple Watchの不整脈通知、転倒検出機能の使い方を紹介する動画が公開】iPhone Mania  Appleの公式YouTubeチャンネルが、Apple Watch Series 4の不整脈通知と転倒検出機能の設定方法を紹介する動画を公開しました。 短くリズミカルな説明動画 最初の動画は、「How to turn on heart health notifications(心臓の健康に関する通知を有効にするには)」です。 まず、iPhoneでApple Watchのアプリを開きます。スクロールダウンして「心臓(Heart)」をタップして、不整脈の通知を有効化します。 
                続きを読む >>
                【2019.04.13 Saturday 17:00】 author : 土岐正造
                | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                iPhone SEの後継機は4.8インチiPhone XE
                0
                   iPad miniやiPad Air、AirPodsにiMacと、3月25日のスペシャルイベント前に怒涛のハードウェア発表攻勢をかけたAppleですが、噂されたiPhoneSEはなかったです。iPad miniも一時期、秋の発売かもと、噂が流れたのですが。けっきょくは早めの発表。となると、iPhoneSEは本当に今年は出ないのかと、落胆した人も多かったのですが。ここにきて、まさかのiPhoneSE後継機の噂です。iPhone5sのスタイルを踏襲した筐体から、iPhoneX の筐体を踏襲した、4.8インチのタイプのようです。この可能性、充分にありそうです。
                  【iPhone SE2は死んでない? 4.8インチ「iPhone XE」の噂】ギズモード・ジャパン  なんどでも蘇るさ! iPhone SE2こそが人類の夢だからだ! と、いったい何度目の噂なのよ。とツッコまれるかもしれませんが、また別角度からアイツの話題が出てきました。そう「iPhone SE」後継機です。 もはやiPhone SE2(仮称)については何が本当で、嘘かわからない状態なので、あくまでも噂という程度に押さえておくのが吉でしょう。先日は2020年にその子孫が出るのかも?という小型端末登場を期待させるニュースも飛び込んできましたが、今回の噂はそれとはまた別の可能性。iDrop Newsによると、瀕死となったiPhone SEは、まさに今iPhone X風な改造手術を受けているのだとのこと。せ、セッターップ! 
                  続きを読む >>
                  【2019.04.04 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                  | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Apple Watchの心電図機能が欧州などで提供開始
                  0
                      日本では、いったいいつになるんですかね? 個人的には、高血圧と糖尿病の家計なので、Apple Watchで心拍数に加えて血圧と血糖値をリアルタイム測定できると、ありがたいですけれども。そうなったら、Apple Watchも購入なんですが。何度も書いていますが、自分は腕時計は苦手なタイプなので、Apple Watchにはまだまだ食指が動きません。もちろん、もちろん、バッテリーの問題とかあるのが大きいのですが……。友人達が便利に使っているのを見ると、良い製品だとは思うのですが。
                    【人命救助につながるApple Watchの心電図アプリがヨーロッパや香港でも提供開始される】GIGAZINE  2018年12月7日にリリースされたApple Watch向けOSの「watchOS 5.1.2」では、Apple Watch Series 4で「心電図(ECG)アプリ」が利用可能となりました。リリース当初はアメリカ国内でのみ提供されていた心電図アプリですが、2019年3月27日の「watchOS 5.2」アップデートにより、ヨーロッパや香港においてもApple Watch Series 4の心電図アプリが利用可能になったと発表されました。 ECG app and irregular rhythm notification on Apple Watch available today across Europe and Hong Kong - Apple https://www.apple.com/newsroom/2019/03/ecg-app-and-irregular-rhythm-notification-on-apple-watch-available-today-across-europe-and-hong-kong/ 
                    続きを読む >>
                    【2019.03.28 Thursday 22:14】 author : 土岐正造
                    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                    次期iPhoneは充電担当?
                    0
                       Apple 製品同士で電力を分け合うという発想は、前々からありましたが。常に電力不足君の iPhone で、他のデバイスにバッテリーを供給するというのは、ちょっと意外ですね。これが MacBook Pro や iPad Pro ならば、iPhone や Apple Pencil に電力を供給しても、そこまでのダメージではないのですが。逆に言えば次期 iPhone では、大幅な内蔵電力のアップが期待されるのでしょうか? もしそうだとしたら、ユーザーとしては大歓迎なのですが。それがバッテリー増量なのか、新しい素材による電力アップなのかは、判りませんが。
                      【次期iPhoneではiPhoneからApple WatchやAirPodsをワイヤレス充電可能になる可能性】GIGAZINE  AppleはiPhone 8/8 Plus/Xから端末背面をガラス製にしてワイヤレス充電に対応しています。iPhoneのワイヤレス充電機能が2019年登場の「iPhone 11(仮称)」ではさらに進化し、Apple WatchやAirPodsといったワイヤレス充電対応端末に給電できるように進化するのでは、とApple関連の信頼できる情報を多く発信しているアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。 次期iPhone、Wireless PowerShareに対応か? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤) http://www.macotakara.jp/blog/rumor/entry-37137.html iPhone 11 may be able to wirelessly charge Apple Watch and AirPods, include faster USB-C charger - 9to5Mac https://9to5mac.com/2019/03/22/macotakara-iphone-11-wireless-charging-usb-c-to-lightning/ 
                      続きを読む >>
                      【2019.03.23 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
                      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム