Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPhone & Apple Watch

Apple Watch5にJDI製OLED供給?

 経営的にはまだまだ苦しいJDIですが、Appleの強力な援護で、一息つけたようで。それに加えて、Apple Watchへの搭載と供給となると、信用状の裏書きという点では、大きいでしょう。倒産の危機は回避されたと。Apple Watchの需要はまだまだ発展途上ですが、将来性はかなりありますから。それに、経営が安定して増産体制が整えば、将来的にはiPhoneへの有機ELディスプレイの供給も見えてくるでしょうし。Apple Watchの場合は、将来的にはmicroLEDの採用も噂されていますが、コチラの対応はどうなるかは、不明ですが。
【Apple Watch Series 5(仮)、今年後半に発売?JDIが有機EL供給とのアナリスト予測】Engadget Japanese  これまでほとんど情報が伝えられなかった次期Apple Watch(通称Apple Watch Series 5)ですが、今年後半に発売され、OLEDパネルの一部をジャパンディスプレイ(JDI)が供給するとのアナリスト予測が報じられています。 アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年後半に「新しいApple Watch」が登場し、JDIがそのOLEDパネルのサプライヤーに加わると予測するレポートを発表。JDIは徐々にApple Watch用OLEDの受注量を増やし、2019年の15〜20%から、2021年には70〜80%に達すると述べられています。 今回のKuo氏のレポートは、アップルがOLEDパネルの調達にまつわるリスクを減らす戦略を概観したものです。iPhone向けOLEDパネルについても、サプライチェーンの多様化を図るため、(現在のサムスン独占供給から)中国メーカーのBOEテクノロジーも追加のサプライヤーとなるとのこと。英投資銀行バークレイズも、韓国LGやBOEがiPhone用のOLEDパネル生産に加わると観測していました。 
続きを読む >>
  • 2019.08.17 Saturday
  • 23:00

iPhone & Apple Watch

新型iPhone発表は9月10日?

 今年の iPhone もそろそろ発表ですね。例年のパターンを考えれば、9月の前半から中盤にかけての発表というのは、妥当なところではないでしょうか。発表と同時に即発売というのも、いつものパターンでしょう。しかし変なところから情報が漏れましたね。正直、目玉機能が何なのか、今ひとつわからないところもあって、あまり盛り上がっているとは言えない状況です。自分の場合は今年が買い替えいやーでないため、さらに関心が低くなってしまっているのですが。まさかトリプルレンズだけが目玉機能ということはないのでしょうけれど。
【新型iPhoneの発表イベントは9月10日? iOS 13のベータ版から意味深画像を発見】ギズモード・ジャパン  火曜日ですよ…! 例年どおりのスケジュールなら、そろそろ新型iPhoneの発表時期が近づいているはず。そんな中、iOS 13のベータ版の中から新型iPhoneの発表イベントが9月10日(火曜日)になるかもしれない可能性を示唆する、意味深画像が発見されています。 iHelp BRがiOS 13のベータ7から発見したこの画像では、カレンダーアプリにご注目。その日付は、確かに9月10日を表示しています。また、このデータは「HoldForRelease」というアセット名だったとのことで、さらにこれがリリース日である可能性を高めています。 
  • 2019.08.16 Friday
  • 23:00

iPhone & Apple Watch

次世代iPhoneにPro登場

 なんか、ますますAppleのネーミングルールがグチャグチャになりそうですね。MacもiPadもiPhoneも、ネーミングルールがバラバラで、特にナンバリングがいい加減ですから。そもそも通信規格を表す3Gから4になって、7sの後でXとか、わざとやってるだろうってぐらいにバラバラですから。Maxは時代の徒花で、iPhone11からは大型タイプがProで、通常タイプが無印のiPhone11になるのでしょうか? で、折りたたみ液晶ディスプレイのiPhoneが登場したら、また別の名前が付くのでしょう。iPhoneDoubleとか。
【次世代iPhoneの呼称に「Pro」がつく?】iPhone Mania  iPhone11こと次世代iPhoneの呼称に「Pro」がつく、と正確なリーク情報で知られるTwitterユーザーがツイートしました。 Apple製品の呼称に統一感が生まれるか TwitterユーザーCoinX氏(@coiiiiiiiin)は、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの呼称をデバイスが発表される1周間前の時点で正しく予測したことで知られています。 CoinX氏は今回、次期iPhoneモデルの呼称に「Pro」がつくとの予測を発表しました。  
  • 2019.08.10 Saturday
  • 23:30

iPhone & Apple Watch

2021年のiPhone

 自分は2020年、つまり来年がiPhone買い替え予定イヤーですから、再来年の話をされても鬼が笑うしかないです。ゲラゲラ。というか、Touch ID復活はものすごく嬉しいんですが、それがなぜ来年ではないのか? 全画面指紋認証は、Android系のスマートフォンではもう今年バンバン搭載され始めている機能なのに……。折りたたみ液晶ディスプレイにしても、第5世代通信機能にしても、iPhone Xから始まった迷走によって、iPhoneは先進性という点においては Android陣営に大きく遅れを取ってしまっています。
【2021年のiPhoneは「顔」と「指」でロック解除?有名アナリスト予測】Engadget Japanese  2021年のiPhoneは顔認証のFace IDと画面埋込み式のTouch ID(指紋認証)、生体認証システムが2本立てで搭載されるとのアナリスト予測が報じられています。 先日も2021年iPhoneで「Face IDが廃止され、画面埋込み式Touch IDに取って代わられる可能性が高い」との予測が伝えられていましたが、今回は両方とも搭載し、指紋でも顔でもロック解除できるというものです。 この予測は、アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートから。ただし今回はサプライチェーンから入手した情報ではなく、自らの考えに基づいていると述べられています。 
  • 2019.08.06 Tuesday
  • 23:49

iPhone & Apple Watch

次世代FitbitはApple Watchキラーになる?

  個人的には、もっとスマートウォッチ市場は盛り上がってほしいんですよね。Apple Watchが孤高の存在であるより、追随する製品が登場し、切磋琢磨する。そうすることによって、市場が拡大するのは、iPodやiPhoneでも経験したことですからね。スマートフォンの市場は巨大な産業となり、Appleは1兆ドル企業に。まさかこれが、世界を変えるとは、誰も考えていなかったでしょう。で、Apple Watchもまた、次の世代の製品として、来年あたりビッグウェーブが来そうですから。
【次世代Fitbitの製品画像がリーク。Apple Watchに追いつく可能性ありそう】ギズモード・ジャパン  これは期待できそう。 2年前、ポジティブな点を1つ挙げるのにも苦労したと言われた「Fitbit Ionic」。同社の後続モデル「Versa」ではデザインが改善され、バッテリーの持ちがよくなり、そして手の届きやすい価格へと見事な方向転換が図られました。そして先日、Evan Blassさんがシェアした次世代Versaの製品画像のリークから察するに、今度はApple Watchにとって手ごわい競合となりそうです。 リークされた画像を見たところ、次期Fitbit Versaはほんの少しだけ丸みをおびて、ディスプレイはおそらく液晶から有機ELにアップデート、そしてその過程で下部にあるFitbitのロゴは取り除かれ、前モデルよりも盤面を余すところなく使ったスクリーンとなるようです。Apple Watchのデザインを模倣しているように見えますが、さらに発展させて右側にあるボタン2つを排除。UIの操作にはタッチスクリーンに加えて、左側にあるボタン1つだけを残しています。 
  • 2019.08.05 Monday
  • 01:00

iPhone & Apple Watch

iPhoneは今年からApple Pencilに対応?

 もしiPhoneにApple Pencilが対応したら、少なくとも3レンズカメラよりも、目玉機能になるでしょう。もしiPhoneに、無料でApple Pencilが附属したら……大ヒットはムリにしても、お得感は有るでしょうね。何も、最新型の100ドルほどもするApple Pencilでなくてもいいですし、49ドルのクレヨンのような、廉価版のApple Pencilを投入しても良いでしょうし。iPad Pro用の傾き角度を検出できるような高性能なApple Pencilでなくても、レスポンスが良ければ不満はないでしょう。絵を描くわけではないですし。
【今年のiPhoneは、Apple Pencilに対応する? …ほんとぉ?】ギズモード・ジャパン  ほんとだったら、みんな持ち歩く…? Business Insiderによると、新型iPhoneはApple Pencilに対応する可能性があるそうです。 話の出どころは、Citi Researchが発表したレポート。どうやら、その中に2019年のiPhoneに期待される機能として、スタイラスのサポートが含まれていたそうな。 確かに、Apple Pencilは年々対応デバイスを増やしていますし、先日発売されたiPad miniにも対応しました。加えて、最安のiPadにも対応しています。画面サイズを考えても、iPhone XS Maxレベルの大きさなら、ペンシル使えても…うん、悪くはないかもなぁ。 
  • 2019.08.01 Thursday
  • 23:00

iPhone & Apple Watch

Apple WatchからmicroLED採用?

 このmicroLED は、前々からこのブログでも取り上げています。発電効率がいい LED 用の極小タイプによるディスプレイで、大幅な低消費電力低発熱を実現できるとされます。もちろんそのぶん技術的には難しいので、すぐの採用はないとは言われていましたが。iPhone の何分の1かの画面しかないApple Watchならば、歩留まりも悪くないのでしょう。有機 EL ディスプレイも最初に採用されたのは Apple Watch でしたし、ディスプレイ関係の最初の採用はApple Watchという流れは、今後も続きそうですね。
【念願の常時画面オンなるか。Apple Watchのディスプレイ方式が来年にも変わる…?】ギズモード・ジャパン  腕あげなくても画面を確認できるようになるといいな。 現在のApple Watchには有機ELディスプレイが搭載されていますが、それがいずれ切り替わるという噂は以前からチラホラありました。そして今回、Apple Watchには来年にもmicroLEDディスプレイが搭載されるとの具体的な報告が登場したのです。 Economic Daily Newsによると、Apple(アップル)は台湾のディスプレイ製造業者とmicroLEDディスプレイの導入について協議を進めている、とのこと。なお、現在のApple WatchにはLG製の有機ELディスプレイが搭載されています。 
  • 2019.07.28 Sunday
  • 22:00

iPhone & Apple Watch

iPhone11の売上は前年並み?

 今年の iPhone は一応、iPhone 11の仮称で噂は色々出回っていますが。折りたたみ液晶ディスプレイが搭載されるわけでなし、第5世代通信に対応するわけでなし、全画面指紋認証機能が搭載されるわけでなし、ホームボタンが復活するわけでなし、なんとも目玉機能がない iPhone になってしまう危険性があります。でも自分は今年は買い替えイヤーではないので、その点は気楽に眺めていられます。ただし、カメラ付きとしては、トリプルレンズはちょっと気になります。さらなる進化の可能性を模索するという意味で。
【アップルのサプライヤー、年後半の新型iPhone需要安定見込む】ブルームバーグ  →サプライヤーはアイフォーン最大7500万台向けに部品製造の準備 →アナリストは昨年後半の販売台数を7000万−8000万台と推定 米アップルのサプライヤーは、2019年後半に最大7500万台の新型「iPhone(アイフォーン)」向けに部品を製造する準備を進めている。これは前年同期とほぼ同水準となる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。   次期アイフォーン投入サイクル向けに計画されている台数は、米中貿易摩擦やスマートフォン市場全体の縮小にもかかわらず、アイフォーンの需要安定を示唆している。アップルは昨年にアイフォーン販売台数の公表を停止する方針を示したが、アナリストは昨年後半の新型アイフォーン販売台数を7000万−8000万台と推定している。 
  • 2019.07.26 Friday
  • 22:00

iPhone & Apple Watch

Apple WatchをG-SHOCK風にするバンド

 コレはかっちょええですね。自分は時計はさして思い入れはないのですが、Apple Watchのようなエレガントなデザインよりも、もっと無骨でメカメカしいデザインのほうが好きです。具体的にはクロノグラフのような多数の機能があって、文字盤が複合しているタイプ。そういう意味では、頑丈さが自慢のG-SHOCKはけっこう好きなデザイン。このベルトは、本体カバーと一体化していて、実に精悍なデザインですね。ただ、値段が安すぎて、実物はチャチな仕上がりでガッカリの可能性がありますが。
【1600円くらい。Apple WatchがG-SHOCK風に強くなるリストバンド】ギズモード・ジャパン  印象がガラッと変わる! カラバリもカッコ良い! Apple Watchユーザーの皆さんは、何かケースに入れていたり、リストバンドを変えたりして、ちょっとオリジナリティーを出したりしていますでしょうか? 仮にiPhoneだったら保護のためにケースを使う人がほとんどだと思いますが、ことApple Watchだとムキ出しのまま装着している人が圧倒的に多いような気がします。 そこで、Apple Watchを強靭に、さらにはG-SHOCK風にしてくれるケース&リストバンドなんていうのはどうでしょう? 
  • 2019.07.25 Thursday
  • 00:08

iPhone & Apple Watch

2020年iPhoneはProMotion技術を採用?

 これは普通に考えて、iPhoneがApple Pencilに対応するという布石ではないでしょうか? もともとApple Pencilの長さは、iPhone XS Maxとほぼ同じぐらい。Apple Pencilをいっしょにさせるケースが発売されたらぴったりと収まるはず。指を使ったiPhoneの操作というのは画期的でしたし、それは今後も維持される可能性が高いですが、選択肢としてラスタライズペンが欲しいというのもまた事実。自分などはやはりPalmからPDAに接した口なので、選択肢の多様性はぜひとも確保してもらいたいものです。
【2020年iPhoneはProMotion技術を採用?画面表示が滑らかになるとのうわさ】Engadget Japanese  2020年のiPhoneのディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応し、iPad Proと同等の反応の良さを実現するとの噂が報じられています。 有名リーカーのIce universe氏は「アップルが60/120Hzに切り替え可能なディスプレイを2020年のiPhoneに搭載することを検討しており、サムスンやLGと協議している」とツイート。現在サムスンはiPhone用のOLEDパネルを独占供給しており、LGは来年の新型iPhoneからサプライヤーに加わると噂されています。 Ice universe氏はアップルの未発表製品についての実績はありませんが、サムスンのインサイダー情報には詳しく、Galaxy Note9などのリークが的中したことがたびたびあります。 
続きを読む >>
  • 2019.07.22 Monday
  • 23:00