★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
Macを東大・早稲田・慶応が推奨
0
     時代は変わるモノですね。会社員時代に自分が新しいMacを購入したら、専門家も倒産すると言っているApple製品を買うとか情弱と、同期に言われたものでした。が、その後にスティーブ・ジョブズが復帰して、Appleは不死鳥のように蘇りました。ここ数年、知り合った学生はほとんどがMacユーザーで、大学で推奨されているのは知っていましたが、東大に早稲田大学、慶応大学と知名度的にはずば抜けた難関大学が、推奨していたとは。これで、もうしばらくはMacが消えることはないでしょう。

    【Macを推奨パソコンに選ぶ名門大学続々 - 東大、早大、慶大】マイナビニュース

    国公立大学の前期合格発表が先週末あったばかりだが、東京大学では合格発表と同時に、「東京大学 駒場モデルパソコン」の案内サイトが公開され、昨年に続き、今年も推奨パソコンとしてMacが選ばれた。

    また、早稲田大学 戸山キャンパス(文化構想学部/文学部)および慶應義塾大学(総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部)でも、2017年の新入生向け推奨パソコンとしてMacが選ばれており、学生生活でパソコンを活用するアドバイス、Macの魅力や活用について情報が公開されている。

    東京大学では、駒場モデルパソコンとして、MacBookPro 13インチ(ファンクションキー搭載モデル)、MacBook 12インチ ローズゴールド/スペースグレイの3モデル、早稲田大学 戸山キャンパス(文化構想学部/文学部)では、早稲田パソコンとして、MacBook Air 11インチモデルが、慶應義塾大学(総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部)においては、SFC推奨環境仕様PCとして、MacBook Air 13インチモデルがそれぞれ選ばれている。 
    続きを読む >>
    【2017.03.26 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    次期iPad Proはヌルヌル動く?
    0
       一昨日発表された新型の無印iPadは、スペック的には2014年発売のiPad Airとさほど変わらず、256GB版も用意されなかったので、やや肩透かし。自分としては、購入ターゲットを次期iPad Pro一本に絞ることにしました。そのiPad Proですが、性能的にはMacBook並みになるのは確実ですし、Appleの戦略も見えてきます。VR(仮想現実)ゲームや、Apple Pencilの使用時に、反応が良くなるということは映像や画像向けの存在として、より特化していくということでしょう。ノート型との差別化を考えれば、それは必然でしょう。

      【次世代iPad Pro、より滑らかな表示が可能!?iOS10.3のコードから判明!】iPhone Mania

      10.5インチの次世代iPad Proのディスプレイは、現在より高いリフレッシュレートが採用され、画面が滑らかに動くようになる可能性があります。iOS10.3の最新のベータ版にヒントが隠されています。

      iOS10.3の開発者向けベータ7にヒント

      現行のiPadシリーズのディスプレイのリフレッシュレートは60Hzです。これは、1秒間に60枚の画像を表示できることを意味し、一般的な用途には十分ですが、VR(仮想現実)ゲームや、Apple Pencilの使用時にはより高いリフレッシュレートが理想的です。

      アプリ開発者のスティーブ・トロウトン・スミス氏が、最新の開発者向けベータであるiOS10.3ベータ7のコードを分析した結果、次世代iPad Proに、現在より高いリフレッシュレートが採用されるはずだ、と指摘しています。 
      続きを読む >>
      【2017.03.23 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
      いよいよ、iPad Pro発表か?
      0
         本当に出るかどうかはわかりませんが、期待したいですね。ただのメンテナンスかもしれませんが。しかし、イベント無しでiPad Proをひっそり出すだけなら、4月と噂されるイベントでは別のものがメインの発表になるんでしょうかねぇ……。それがApple TVなのかApple Watchなのか、はたまた別の製品なのか、そこはわかりませんが。自分の中では、やはり安いAndroidタブレットのレスポンスの悪さに、iPad Pro購入の方向で固まりつつあります。あとは、7.9インチで256GBが登場するか否か、ですね。

        【新型iPad発表か?Appleが今夜オンラインストアをメンテ予定】iPhone Mania

        Appleはシステム状況ページにて、Appleオンラインストアについて、きょう3月21日の午後4時〜同9時30分にわたってメンテナンス予定であることを公開しています。発売が噂されている新型iPad発売の準備に伴うものとみられています。

        午後4時〜9時30分にメンテナンス予定…新製品発売の準備?

        Appleのシステム状況のページでは、Appleが提供するサービスやウェブサイトについて、メンテナンスの予定や不具合の修正についてなど、ステータス(状況)を確認できます。

        オンラインストアのメンテナンスは、日本時間では21日の午後4時〜同9時30分と案内されており、メンテナンス終了後、新製品を発表するのではないかとみられています。 
        続きを読む >>
        【2017.03.21 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
        | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
        次期iPadは4種類?
        0
           10.5インチと12.9インチのiPad Proは鉄板として、iPad Air3とiPad mini5が用意されているんですかね? それとも14インチ前後とと7.9インチのiPad Proも、密かに用意されているのか? iPod touchの扱いとかいい加減な状態になっていますから、6インチちょっとのiPad nanoとか用意されていたりして。もちろん、縦横比率は従来のiPadと同じで。iPadの大型化は必然ですが、折りたためる液晶が普及すれば、タブレット型は本当の意味でノートブック型に進化しそうです。

          【複数の新型iPadがクパチーノ付近でテスト中!?デバイスログに登場】iPhone Mania

          新型と思われる複数のiPadが、Apple本社のあるカリフォルニア州クパチーノ周辺でテストされていることが、米メディアTechCrunchに提供されたモバイルマーケティング会社Fiksuのデータから判明しました。

          データログに4種類のIDが登場

          Fiksuによれば、データログには4種類のIDが登場しており、続き番号となっているのは従来どおりだそうです。前回iPad Proが発表された際にも、Fiksuのデータに「6,3/6,4」「6,7/6,8」のIDが、クパチーノ周辺で認められました。

          今回確認できたのは「7,1」「7,2」「7,3」「7,4」の4種類です。登場回数はFiksuが現時点までに確認した限りではiPad 7,1が17回、iPad 7,2が11回、iPad 7,3が5回、iPad7,4が10回となっています。 
          【2017.03.14 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
          | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
          iPad ProとUSB-C
          0
             次期iPhoneがLightningコネクタからUSB-Cに変更になるという噂。これ自体は疑問だったのですが、ひとつ重要な点を忘れていたのに、CNETの記事で気付かされました。それは《iPad Pro 12.9インチモデルでは、MacBookシリーズ付属のUSB-C電源アダプタと、USB-C・Lightningケーブルを用いると、大容量バッテリを半分以下の時間で満たす急速充電機能が搭載されている》という点。なるほど、iPhoneではまだ必要ないのかもしれませんが、iPad ProならばいっそのことUSB-Cに統一したほうが高速充電できると。

            【次期iPhoneのコネクタはUSB Type-CかLightningか--Appleニュース一気読み】CNET

             3月1日〜3月7日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

             先週騒然となったのは、次期iPhoneに搭載されるコネクタに関するうわさ話だ。

             Wall Street Journalは東京発の記事で、次期iPhoneは有機ELディスプレイ5.8インチをベゼルレスで搭載して、ホームボタンを廃止し、5.5インチのiPhone 7 Plusと同等の端末サイズを保ちながら画面を拡大するという内容の記事を伝えた。

             ここまでなら、他の情報と符合するものだったが、おまけとして書かれた内容について、議論が起こった。それは、iPhoneがLightningコネクタをやめて、USB Type-Cコネクタを搭載するという情報だ。 
            続きを読む >>
            【2017.03.12 Sunday 12:06】 author : 土岐正造
            | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
            Apple PencilのiPad固定方法
            0
               スマート・コネクタを利用して、Apple Pencilを固定ですか。アイデアとしては妥当なんでしょうけれども、たぶん、自分は使わないでしょうね。もっと物理的にガッチリホールドできる機能のあるカバーを購入して、使うでしょう。信頼性という部分があって、安くはないApple Pencilをなくす危険性は、できるだけ避けたいですし。知人の漫画家がApple Pencilでサラサラと絵を描くと、実にいい感じなので、基本的にはiPad Proを購入予定で、Apple Pencilもそこは同じなんですけれどね。

              【次世代Apple PencilをiPadに固定する手法、特許申請で明らかに!】iPhone Mania

              Appleが、Apple PencilをiPad Proに固定するためにSmart Connector 端子を使うことを検討している模様です。

              Smart Connector端子でiPadに固定、充電も可能

              Appleの、次世代Apple Pencilに関する特許申請情報が、現地時間3月9日、米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料で明らかになりました。 
              続きを読む >>
              【2017.03.10 Friday 21:38】 author : 土岐正造
              | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
              世界の企業91%でMac導入
              0
                 といっても、母数は300と少ないですが。しかもこれは比率であって、従業員1万人の企業で10人だけMacを使っていても、使っている企業にカウントされるという、ある種の数字のマジックなんで。それよりも、《約10万台のMacを導入したIBMでは、従業員の73%が次のコンピュータはMacが欲しい、と回答しています》のほうが、重要でしょうね。IBMのようなUNIXやLinuxをバリバリ使うユーザーが多い企業で、こういう評価を得ることのほうが大事かと。実際に使えば、使いやすくて良いパソコンだと気づいてもらえるかと。

                【世界の企業、91%でMacを導入!44%の企業はMacかPCを従業員が選択可能】iPhone Mania

                企業におけるApple製品の利用状況の調査結果が発表されました。Macは世界の企業の91%で導入され、iPhoneまたはiPadの導入率は99%です。7割以上の企業でMacやiPhone、iPadの利用台数が増えており、4割強の企業では従業員がMacとPCのどちらを使うか選択可能です。

                世界300社のIT専門家、経営者らに調査

                企業向けのApple機器マネジメントソフトウェア開発のJamfが、企業におけるApple製品の普及状況についての調査結果を発表しました。

                調査では、世界各地の企業に勤務するITプロフェッショナル、経営者ら300名から回答を得ています。企業の規模は、従業員数50名から1万名以上までと多様です。 
                続きを読む >>
                【2017.03.09 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
                | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                iPad Pro2にTouch Bar搭載?
                0
                   昨日、友人の12.9インチのiPad Proを触らせてもらったんですが、横にして使うとフルキーボードと同じ状態なので、これならTouch Barを上部に備えても、問題ないだろうなと。

                  【はたしてiPad Pro2にTouch Barは搭載されるのか?】iPhone Mania

                  今月開催されるAppleのイベントにて、新型iPadが何らかの形でリリースされるとみられていますが、iPhone以外の情報はなかなか発表前からリークされないのが常です。そうした状況のなか、ここのところ一部メディアで、新たに登場するiPad Pro2にはTouch Barが搭載されるのではないか、という観測が持ち上がっています。

                  iPad Pro2にTouch Bar搭載という怪しげな噂

                  Touch Barが搭載されるのではないかという観測を報じているのは、主に中国メディアですが、どれも「海外メディアによれば」という但し書きがついており、大元である情報の出どころは英語圏のニュースサイトInternational Business Insiderの記事です。 
                  続きを読む >>
                  【2017.03.08 Wednesday 19:00】 author : 土岐正造
                  | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iPad Proでノート取り
                  0
                     ココらへんの部分は、割りと賛成なんですよね。Appleはちょっと原理主義者な部分があって、マウスを普及させるため、キーボードから矢印キーをなくしたり、ワンボタンマウスに拘ったり。Newtonもパワーボタンのみのインターフェイスでしたが、適度にボタンが有るパームのほうが実は使いやすいという(ココらへんは鈴木みそ先生の奥さんが、シンプルなインターフェイスのコンデジより適度にボタンのあるニコンのコンデジの方が使いやすいと選んだエピソードとも重なります)。ApplePencilのために、iPad Proを購入しようか検討中。

                    【iPad Proでの「ノート取り」「机周りの整理」にフォーカスした新作CM】iPhone Mania

                    Appleは現地時間3月3日、iPad ProのCMシリーズの新作2本を公開しました。これまでのCMと同じく、iPad ProとApple Pencilを使うことで、紙を減らし、作業効率をアップできることを訴えています。

                    授業でのノート取りもラクラク

                    「Take better notes」には、眠すぎて数学の授業のノートが取れないと訴えている女子学生が登場。CMはiPad ProとApple Pencilを使えば、画像に直接書き込むといった「革新的なノート取り」ができるとし、万一睡魔に負けて居眠りしてしまっても「録音可能」としています。 
                    続きを読む >>
                    【2017.03.04 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
                    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                    今買うノートはMacかWinか?
                    0
                       ノート型パソコン、最近はMacユーザーが周辺に増えました。学生とか、昔はWindows一本槍だったのですが、近年はMacユーザーが増えたので、理由を聞くと大学の推薦機種に入ってるからとのこと。我が家のMacBook AirはBootCampによってWindowsも動くデュアルブート状態ですが、多少知識があるならこういう手法も使えるという点で、Macは有力な選択肢ですね。Windows機ではMacは動かないけれど、MacでWindowsOSは動く。できれば、インストールがもっとかんたんで自動化されれば、ベストですが。

                      【Mac Fan 4月号発売! 特集は「今買うノートはMacかWinか?」】マイナビニュース

                      マイナビ出版は2月28日、Apple専門誌『Mac Fan』2017年4月号を発売した。第1特集は「MacBookが欲しい! 今買うノートはMacかWinか?」、第2特集は「特集『Tim Cook』」だ。そのほか、 注目記事として「搭載待ちのKaby Lake、今春には新Macに『入ってる』?」「Macの『ネットワーク(AirMac)』の基本・実践・応用・TIPS・ソフト」などがある。

                      第1特集「MacBookが欲しい! 今買うノートはMacかWinか?」では、Apple専門誌ならではの視点でMacBookシリーズとウィンドウズのノートPCを比較し、Macの魅力を分析している。OSの操作感や拡張性などを検証しながら、Macでしか享受できないメリットを解説。MicrosoftのタブレットPC「Surface」シリーズとの比較も行っている。 
                      続きを読む >>
                      【2017.03.04 Saturday 21:00】 author : 土岐正造
                      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム