★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
2012〜2015年のMacBook Proが史上最高
0
     完全同意! 我が家のMacBook ProはMid2012ですが、なんだかんだ言っても頑丈で名機ですね。自分は割とMacに関しては、後に名機と呼ばれる機種を選んでる気がします。初代iBookや、曲線ボディが美しかったPowerBookG3や、チタンボディでOS9とOS Xが使えるPowerBookG4とか、11インチMacBook Airとか。ThunderboltとUSB-Aを備えていますが、USB-Cが普及するにはまだもうちょっと必要なので、この機種の寿命が終わる頃には、ちょうど買い替えのタイミングなのかもしれません。

    【「2012〜2015年のMacBook Proが史上最高」著名デベロッパー語る】iPhone Mania

    変革がなければ、進歩はありません。ただし、世の中には安定を望む人間も少なからず存在します。TumblrやInstapaper、Overcastといった名だたるサービスを開発してきた著名デベロッパーのマルコ・アーメント氏もその1人です。

    これがピークだ

    マルコ・アーメント氏は、2012〜2015年の15インチMacBook Proこそ史上最高のラップトップだったと考えています。それも「これがピークだ。これこそ今までに存在したラップトップの中で最高だ」とまで言うのですから、ただ事ではありません。

    彼によれば、スティーブ・ジョブス氏が逝去してから1年も経たないうちに登場した、2012年のRetinaディスプレイ搭載MacBook Proは、素晴らしいバランスを兼ね備えていたそうです。 
    続きを読む >>
    【2017.11.21 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    iMac ProがApple A10 Fusionを搭載?
    0
       もちろん、iMac ProがApple A10 Fusionチップで動くというわけではなく。Proを名乗る以上、iMac ProはMac Pro並みの高い処理能力を要求されますし、Core i7やi9は必須。しかし、低い処理に関してはApple A10 Fusionチップで充分ですし、そこは棲み分けということでしょう。低い処理を高額で高性能なCPUにやらせるよりも、Apple A10 Fusionチップに振り分けたほうが、消費電力も低いでしょうし。これはもちろんMacBookとかMac miniが、Apple Aシリーズでも動くようになる、導線というか呼び水に思えます。

      【iMac ProはA10 Fusionチップ搭載、「Hey, Siri」に対応】iPhone Mania

      12月発売見込みのiMac Proが、A10 Fusionチップを搭載する可能性が指摘されています。実現すれば、Macとしては初めてAシリーズチップを搭載することになります。

      BridgeOSから判明

      開発者のスティーブ・トラウトン−スミス氏とジョナサン・レヴィン氏が、「BridgeOS 2.0」から得た情報から、iMac ProはA10 Fusionチップを搭載していることがわかった、とツイートしています。

       
      続きを読む >>
      【2017.11.20 Monday 22:00】 author : 土岐正造
      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
      次世代Mac mini
      0
         コンセプト画像ですが、ユニークなデザインで興味深いですね。実際にMac miniが刷新されるとすると、現行のボディをもっと薄くしたタイプになりそうですが、これぐらい大胆なモデルチェンジをしても、良さげです。Mac miniは生産終了になることなく、刷新されること予告されていますが。MacBookぐらいの薄型コンパクトなボディで、ディスプレイとキーボードがないタイプだったらユニークなんですけれど。というか、iPhoneぐらいの大きさのボディでもいいんですけれどね。

        【斬新すぎる次世代Mac miniのコンセプトデザインが公開!】iPhone Mania

        アップデートされてからすでに3年が経過するMac miniですが、産業デザインを学ぶ大学生が、周辺機器が付属しないMac miniのコンセプトを継承しつつ、Touch BarやFace IDといった最新技術を統合した、斬新な次世代Macのコンセプトデザインを公開しました。

        外観はまるで「棒」!

        ミュンヘン工科大学の学生であるルイス・バーガーさんが「Taptop」と題した次世代Macは、ディスプレイもキーボードもなく、見た目はまるで太い「棒」のようです。しかし棒状のTaotopは、マザーボードやストレージといった通常のコンピューターに必要な部品だけでなく、電源、マイク、スピーカーなども内蔵しています。 
        【2017.11.19 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
        | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
        MacBookファミリー好調
        0
           Macユーザーとしては、こういう情報はやっぱり嬉しいです。昔は、Appleがいつ潰れるかという感じだったので、Macが売れてる=しばらくはなくならない というイメージが染み付いているんですよね。MacBookの売上も、けっきょくは新型が登場するか否かで、違ってくるということで。Touch Bar搭載のMacBook Proも、新型CPUの搭載からが本命とされていましたから、Intelの新型の搭載で性能発揮と。MacBook Airが事実上の生産終了っぽいので、どうなるかと心配していたのですが。MacBookとMacBook Proの二本立てで充分でしょうか。

          【第3四半期のAppleのノートPCシェアが拡大〜MacBook Pro需要が牽引】iPhone Mania

          MacBookの売上好調により、2017年第3四半期(7−9月)の世界ノートPC市場におけるAppleのシェアが、第4位に浮上しました。

          2017年通年で対前年比プラスに

          調査会社TrendForceによると、世界全体での第3四半期におけるノートPC出荷台数は4,269万台で、第2四半期の3,996万台から6.8%増となりました。前年同期比では0.9%増となっています。

          2017年通年では1億6,240万台となり、対前年比で0.7%のプラスとなる見通しです。TrendoForceは当初対前年比でマイナス成長を予測していました。 
          続きを読む >>
          【2017.11.17 Friday 23:01】 author : 土岐正造
          | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
          2018年夏に8CoreのiPad Pro登場?
          0
             基本的に、iPadに採用されているのはGPUを強化したAppleAシリーズですから、iPhoneXより高速になって当然っちゃあ当然です。ただそれはマルチコアが生かされる、映像関係のアプリがサクサクになるだけで、シングルコアはそう大差ないはず。ところがApple A11Xは、7nmプロセスと予測されてるため、消費電力も軽減され、処理能力もちょびっと上がりそうです。自分は10.5インチiPad Proの処理能力にすっかり満足……というか、処理能力自体は初代のiPad Airでも、充分なんですけれどね。

            【新iPad Proは8コアSoC A11XでiPhone Xより高速に? 2018年初夏登場とのウワサ】Engadget Japanese

            次期iPad Proには7nmプロセスで製造される8コアの「A11X Bionic」チップが搭載されるとの、サプライチェーン筋の噂が中国で出てきました。

            iPad Proは初代登場時より、発売時点でのiPhoneより高性能なSoCを搭載するのが基本となっていることから、もしモデルチェンジが行なわれるのであれば、今回もiPhone Xと8シリーズに搭載されたA11 Bionicを上回る性能となるところまでは、ほぼ確定と言っていい状況。
            そうしたこともあり、今回はSoCでの強化点についても触れられたレベルでの噂となっています。

            この噂を伝えているのは、中国のITハードウェア系メディアMyDrivers。A11X Bionicチップは台湾のTSMCにより製造され、iPhone XとiPhone 8/8 Plusに採用されたA11チップに対して、2基のCPUコアを増設した構造であり、これを搭載するiPad Proは、来年の第1四半期(4月~6月)末か第二四半期(7月~9月)にリリースされると予測されています。 
            続きを読む >>
            【2017.11.17 Friday 21:09】 author : 土岐正造
            | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
            iPadとiOS11
            0
               10.5インチiPad Pro、絶好調です。dockがMacっぽくなって、データ管理も含めてシンプルで使いやすくなりました。おかげでMacの使用頻度がグッと減ってしまっています。これは友人達でも同様で、さらにCLIP STUDIOがiPad Proに対応した今、漫画家にとってのiPad Proの意味合いが、一気に変わりましたね。特に12.9インチのiPad Proなら、充分な大きさの描画空間を持っています。処理能力的にも、SSDの容量的にも、もうiPad Proで充分というユーザーは多そうです。欲を言えば、プロ用としてはあともうちょっとでしょうか。

              【Dockとアプリ切り替えがこんなに変わった! - iPadで使うiOS 11の新機能(1)】マイナビ

              iOS 11では、iPhone以上にiPadの使い勝手が大きく変わりました。新機能を中心に、iPadの便利な活用法をご紹介しましょう。初回はDockとコントロールセンター、そしてアプリ切り替え画面です。

              Dockに入るアプリ数が大幅拡大

              Dockとは、画面下部に表示されているアイコン置き場のこと。ホーム画面を移動してもDockは動かないので、ここにアプリのアイコンを入れておくとどの画面からでも起動ができます。よく使うアプリ、お気に入りのアプリを入れておくと便利です。 
              続きを読む >>
              【2017.11.15 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
              | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
              CLIP STUDIO PAINT EX for iPad雑感
              0
                 もともと、前身のComic Studio自体がマンガ製作用アプリとしては完成度が高く、後継アプリであるClip Studioの出来も、不満点は多々あれどほぼ唯一の選択肢。そういう意味では、実際に使ってみるとどこまで機能を移植できているかが焦点だったのですが。ほぼ、デスクトップ版と変わりませんね。我が家の10.5インチiPad Proだと、実にサクサクと動きます。たぶん、12.9インチ版のiPad Proのユーザーなら、液晶タブレットとしての使い勝手は、もっと良いでしょう。問題は、月額980円というアプリ内課金ですかね。これは普及を妨げそう。

                【絵描きに朗報!iPad向け「クリスタ」発売、月額料金が半年無料】iPhone Mania

                セルシスは、イラストやマンガ、アニメ制作ソフトとして人気を集める「CLIP STUDIO」(通称クリスタ)シリーズの新製品として、iPadで利用できる「CLIP STUDIO PAINT EX for iPad」を発売しました。月額料金制ですが、12月20日までにインストールすると、6カ月間無料で利用できます。

                iPadだけで本格的なマンガやイラストを描ける!

                Windows/macOS用のマンガ、イラスト、アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」シリーズは、アライアンスモデルの「DEBUT」、スタンダードモデルの「PRO」、プロフェッショナルも利用する「EX」の3つのグレードがあり、今回iPad向けに発売されたのは最上位モデル「EX」グレードにあたります。それぞれ利用できる機能に違いがあり、公式サイトでは各グレードごとの搭載機能が確認できます。 
                【2017.11.11 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
                | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                2018年版iPadはホームボタン廃止のOLED
                0
                   今年のiPad Pro10.5インチを購入した自分は勝ち組。かどうかはわかりませんが。大きな故障がなければ、iPad Proを5年は使う予定です。本音を言えば、iPad Proのホームボタンは感圧タッチ方式のほうが良かったと思いますが、どうやらAppleは感圧タッチ方式自体は徒花として切り捨てる方針なのか? 物理的なボタンではないのに、クリック感がある感圧タッチ方式は、Truckpadでも好評だったんですが。来年、いきなり薄ベゼルでiPhoneXみたいになったiPad Proって、戸惑うと思うんですよね。

                  【2018年版iPadはホームボタン廃止、顔認証Face IDを搭載か】iPhone Mania

                  来年発売となる次期iPadは、iPhone X同様、縁の細いベゼルレスなデザインとなり、ホームボタンを廃止し、顔認証Face IDを搭載するかも知れません。関係者から入手した情報として、Bloombergが報じています。

                  Face ID搭載、ベゼルレスでもOLED不採用

                  ただし次期iPadは、iPhone Xが搭載する、バックライト不要でコントラスト比と解像度の高さが特徴の有機EL(OLED)ディスプレイは採用しないとのことです。

                  情報提供者によれば、次期iPadのうち少なくとも1モデルのスクリーンサイズは現行の10.5インチiPad Proに近く、ホームボタンを廃止してFace IDを搭載する見通しです。発売は来年後半になる、と情報提供者は伝えています。 
                  続きを読む >>
                  【2017.11.09 Thursday 23:00】 author : 土岐正造
                  | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ウォルマートでMacを10万台導入へ
                  0
                     ウォルマートで従業員支給のパソコンで、MacかWindows、どちらかを選べるようになったそうです。世界最大の小売業ですから、なんと10万台の需要。今の時代、MacとWindowsでできることに、そこまでの差はないですからね。今はアプリもクラウドベースのものが多いですし。それだけ、パソコンが一般的になったということでしょう。MacとWindowsに大きな差がついたのは、企業での採用でしたから。こういう部分で、Macのシェアが増えればよいのですが。もっとも、数年のうちに企業は、Chromebookを採用するでしょう。

                    【ウォルマート、社用PCをWindowかMacで選択できるプログラム開始予定】iPhone Mania

                    世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートが「社員に支給するPCをWindowsとMacから選べるプログラム」を近いうちに開始することがわかりました。来年には10万台のMacが導入される予定だといいます。

                    プログラムは数か月後に発表予定

                    アメリカ時間10月25日よりミネソタ州で実施されているAppleのシステム管理者向けの会合「Jamf Nation User Conference 2017」において、ウォルマートのマイルス・レイシー氏が登壇、現在AppleのMacを導入するプログラムを準備していると発言しました。 
                    続きを読む >>
                    【2017.10.26 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                    クックCEOがMac miniの刷新を名言
                    0
                       Twitterのトレンドに、Mac miniが上がってきていたので何事かと思ったのですが、そりゃCEOが発言したら反応しますよね。自分の自宅のデスクトップも、Mac miniです。MacBook ProやMacBook AirをThunderbolt Displayに接続して使うので、必然的にMac miniが選択肢に。処理能力に不満はなく、あるとすればFusion Driveではなく2TBのSSDにすればよかったなぁという、自分の選択ミスの問題。Core i7でRAM16GBなら、並みの処理は問題ないですしね。でも、そろそろ刷新してほしいです。

                      【Appleのティム・クックCEO「Mac miniは重要な製品になる」】ITmedia

                       約3年間アップデートされていない米Appleの「Mac mini」についてのユーザーからのメールでの質問に対し、ティム・クックCEOが「まだ詳細を明かす時ではないが、Mac miniを今後、Appleの製品ラインアップの重要なパートにする計画だ」と返信した。米MacRumorsが10月19日(現地時間)、クック氏にメールしたユーザーである読者から入手したメールに基いてそう報じた。

                       4月にはAppleがメディアを招待した座談会で、フィル・シラー上級副社長が「ラインアップ上重要な製品なので終了させることはないが、現時点でそれ以上語ることはない」と語っており、今回のクック氏の発言と合致する。

                       Mac miniシリーズは、2005年に最も安価なデスクトップMacとして登場した。ディスプレイやマウス、キーボードが付属しない小型のPCだ。最後にアップデートされたのは2014年10月のことで、搭載CPUはIntelの第4世代のCore i5だ。 
                      続きを読む >>
                      【2017.10.20 Friday 22:00】 author : 土岐正造
                      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム