★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
中国のラーメンが発展しない理由
0
     なかなか興味深い話題です。中国には正統の考え方があり、皇帝というのは三皇五帝からずっと支配の正統性を受け継いできたという考えがあります。ある意味の序列思考で、中華という概念も、中央の華やかな文化と周辺の蛮族いう考えで、これが華夷秩序になります。中国に近いというだけで、韓国が自分が兄で日本が弟と、勝手に序列を付けたがるのも、この華夷秩序の考え方が骨絡みだからです。で、中華発祥のラーメンは、日本で独自の発展を遂げたわけで、そこが人気なのが気に入らないのかもしれませんが。
    【なぜ?日本のラーメンと違い、中国のラーメンが発展しない理由―中国ネット】Record China 中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に29日、日本のラーメンに関する文章が投稿され、多くのネットユーザーが感心を寄せている。 投稿したのは、フォロワー数1250万を数える評論家・留几手氏。同氏は「1杯のラーメンに思う」と題した文章で、「衆知のとおり、ラーメンは中国人が発明したものだが、日本で大きく発展した。しかも、面白いことに、日本にはいわゆる“本場の日本ラーメン”というものがない。日本人に『本場の日本ラーメンはどこで食べられますか』と尋ねると、きっと困惑するに違いない」とした。 (中略) 同氏のこの投稿は、3000以上のコメントが寄せるなど大きな反響を呼んでいる。ネットユーザーからは、「それは中国人が“正統派”を主張するのが好きだから」といった声や、「本場を必要以上に気にするのは田舎の人」「私は本場かどうかなんて気にしない。気にするのは味と肉の量」といった声が上がった。 この他、「“本場”の裏には独占したいという思いがある。独占することと、良いラーメンを提供することは関係ない。店が100年続いていても関係ない。関係するのは目の前のカネだけ」という指摘や、「ラーメンに求めるものが違うからではないか。私たちのラーメンは単に空腹を満たすためだけのもの。それに経済的な水準も関係がある。現代のラーメンはたとえどんなに本場でなくても、50年前に持っていったらおいしいだろう」という意見も寄せられている。(翻訳・編集/北田) 
    続きを読む >>
    【2019.02.03 Sunday 18:37】 author : 土岐正造
    | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
    商業捕鯨再開と関西
    0
       鯨は特定地域の文化と、グリーンピースが言い募るのは自分が学生時代に頃から。まぁ、クジラが捕れない山中の地域にもクジラ料理があり、江戸時代は鯨汁とか江戸の庶民にも広く食されていて、週刊ポスト誌上で雁屋鉄先生に論破されていましたっけ。地方文化というなら、ナマハゲも御柱祭もただの地方文化ですね。さて、そういう意味では関西でもクジラ料理が多様にありますが、商業捕鯨再開で変わりますね。昔は、鯨と言えばセミクジラが鯨の中の鯨と考えられていましたから、食材も変わりつつあります。
      【IWC脱退、関西の反応は(もっと関西)】日経新聞 日本が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決定――。このニュースを見て、ふと思った。「関西の鯨肉関係者はこのニュースをどう受け止めているのだろうか」。大阪では刺し身はもちろん、「関東煮」と呼ばれるおでん、ハリハリ鍋など鯨肉を使った食文化が色濃く残る。和歌山には国内有数の捕鯨地、太地町(たいじちょう)もある。関係者の声を聞いてみた。 「商業捕鯨の拠点で捕られた肉が、どの程度回ってくるのか読めない」。大阪市でクジラ料理店「勇魚(いさな)」を営む女将の西極由美さんはIWCからの脱退について、不安そうな表情を見せていた。 日本政府は6月にIWCから離脱し、7月から領海や排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を再開する方針だ。これまではIWCの管理の下、南極海や太平洋における調査捕鯨という形で、主に「クロミンククジラ」や「ミンククジラ」、「イワシクジラ」を調達していた。ただ、日本の領海やEEZで果たしてクジラがどこまで捕れるか不透明とされ、料理店にとっては食材変更の問題が浮上しかねない。 
      続きを読む >>
      【2019.01.25 Friday 20:00】 author : 土岐正造
      | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ティラミスヒーロー騒動
      0
         ネット発でこのセコい商売の実態が拡散され、こういう形で動いたのは良いことだと思います。しかし、このインターネットの時代に、こんな不二家のペコちゃんみたいな手法(よくわからない人は自分で検索してください)が通用するとか、思ったんですかね? いいと思ったら、元のシンガポールの会社とちゃんとタイアップして、販売代理店とかとして、Win-Winの関係を目指せばいいのに。こんなタレントも起用して、大々的にやったら元手も掛かるでしょうに。シンガポールを訪れる日本人だって、年間80万人弱いるのに。
        【HERO'Sが「ティラミスヒーロー」酷似騒動を謝罪 商標登録したロゴは「使用権をお渡しする」】BIGLOBEニュース シンガポール発の瓶入りティラミス「ティラミスヒーロー」の名称や酷似したブランドロゴの商標登録が判明し、炎上状態となっている日本のティラミスブランド「HERO'S」は22日、騒動を謝罪しロゴに関しては「使用権をお渡しする」との意向を表明した。 「HERO'S」は、「『THE TIRAMISU HERO』のロゴ(登録番号第6073226号)に関しましては、シンガポールの日本側運営会社に対し、その使用権をお渡しする所存でございます」とコメント。「皆さまにお騒がせ致しまして誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。しかし、今回使用権を渡すとしたのは、ブランドロゴのみ。同じくgram社が登録している「ティラミスヒーロー」の名称については触れなかった。 
        続きを読む >>
        【2019.01.25 Friday 00:00】 author : 土岐正造
        | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
        かすうどんの可能性
        0
           油かす。主に関西での呼び名ですが、類似した食品は各地にあります。牛馬鶏豚の内臓を揚げて、脂分をだした食べ物。自分も大阪で食べましたが、独特の風味で好きです。ただ、油かすはさいぼしと並んで、被差別部落の名物ということで、関西名物と呼ばれることに抵抗がある人がいることも事実です。でも、自分は美味いものは美味いと、もっとマスコミがガンガン取り上げて、誰でも食べ一般化すればいいと思います。そうやって普通に食べるものとして普及することが、同和問題の解決に貢献すると、自分は思っています。
          【大阪府では飲みのシメはラーメンでなくうどん!? 「かすうどん」ってなに?】マイナビニュース 関西では比較的そばよりもうどんが好まれていると言われている。実際、最もポピュラーなうどんメニューのひとつ「きつねうどん」は大阪が発祥であるわけだが、もうひとつ、大阪で生まれて全国的に広がりつつあるうどんメニューが存在する。 それが「かすうどん」だ。かすうどんの「かす」とは天かすでもなければ、もちろん酒粕でもなく、「油かす」のことである。 南河内地方の郷土食材「油かす」 「油かす」とは、牛の小腸(ホルモン)を細かく刻み、油でじっくりと揚げ、水分や余分な脂分を飛ばしたもので、高タンパク・低脂肪・コラーゲンたっぷりの食材だ。大阪府の南河内地方では昔から一般的に食べられており、うどんのトッピングとして用いられたりもしていた。 
          【2019.01.04 Friday 00:01】 author : 土岐正造
          | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ザクの南部鉄瓶
          0
             ガンダム世代のオッサンには、洒落の効いたアイテムとして、受けそうですね。お値段は2万4800円と、お高い気がしますが。Amazonで調べると、普通の南部鉄瓶でも8000円から1万5000円ほどしますから、量産が効かない版権モノとしては、これぐらいはするのでしょう。ちなみに、名人の一品物は数十万から100万円を超える南部鉄瓶もありますからね。落語好きとしては、一時期本気で長火鉢を購入しようと思ったので、このザク型の南部鉄瓶は、洒落が効いたアイテムではあります。
            【ザクの頭、万能すぎる 伝統工芸品「南部鉄器」の鉄瓶に】ねとらぼ  「機動戦士ガンダム」の、ジオン軍の代表的なモビルスーツ「ザク」の頭が、伝統工芸品「南部鉄器」の鉄瓶になりました。あの曲線的なフォルムをデザインに落とし込んだ「鉄瓶ZAKU」として、バンダイから2万4800円で販売されます。  ガンダムの世界を日本の伝統や優れた技術で表現する「Discovery-G」シリーズの一品。南部鉄器は平安時代に奥州藤原氏が興したとされる、岩手県盛岡市と奥州市の伝統工芸です。その文化を継承した水沢鋳物工業協同組合が製作を請け、プロジェクトは始動。鋳物としては異例の形状を、奥州市の職人が手作業で形にしています。 
            続きを読む >>
            【2018.11.11 Sunday 00:13】 author : 土岐正造
            | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
            台湾で和牛が大人気
            0
               狂牛病騒ぎから、17年間も輸入が禁じられていたんですねぇ……。日本でも、狂牛病騒ぎで吉野家の牛丼が大打撃を受けたわけですが。でも、台湾がそこまで長期にわたって輸入禁止していたのは、驚きです。でも、解禁したら大人気。日本の和牛は大人気で、知り合いが中東の高級ホテルのレストランに行ったら、最高級の料理が和牛のステーキだったので驚いたのが20年近く前。韓国やオーストラリアでも和牛を自国で生産してブランド化するなど、市場を奪いに来ていますから。

              【台湾、日本産牛肉輸入で世界首位に】産経新聞


               【台北=田中靖人】昨年9月に日本産牛肉の輸入を解禁した台湾が、今年に入り輸入量で世界最多となっている。1〜5月の累積輸入量は278トンで、過去上位だった香港や米国を上回る。日本食へのなじみが深いことに加え、16年ぶりに解禁された「和牛」人気が背景にあるとみられる。

               台湾当局は昨年9月、BSE(牛海綿状脳症)問題で2001年9月から禁止していた輸入を再開した。昨年11月の輸入量は73トンとなり、1カ月分で香港(65トン)を抜き最多となった。

               今年もほぼ毎月50トン超が続き、1〜5月の累積は例年上位の香港(266トン)や米国(158トン)を上回る。輸入部位はブランド牛の霜降り肉など高級品が中心で、店頭価格は100グラム約1000台湾元(約3600円)前後と、日本の倍になることもある。日本訪問者が年450万人を超し、「和牛」の認知度が高いことも要因とみられる。 
              続きを読む >>
              【2018.07.07 Saturday 09:00】 author : 土岐正造
              | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
              バカマツタケの人工栽培に成功
              0
                 バカマツタケ、酷い名前ですね。ウィキペディア先生によれば、松茸に似ているけれどやや小さく、やや赤みを帯びているという外形的な特徴があるそうです。写真を見ると、ソックリでづ。ミズナラ・コナラ・ウバメガシなどの広葉樹林に生えるのと、時期が松茸より早いので、バカマツタケ。それでは売れませんね。深海魚にギンムツとか名前を付けて、大々的に売り出したように、人工繁殖の技術が確立され市場に数多く出回るようになたら『広葉樹松茸』とか『里山松茸』とか、何やら良さげな名前を付けたいところですね。

                【マツタケ近縁種のバカマツタケ 人工栽培に初成功 良食味生かし有利販売へ 奈良県】日本農業新聞

                 奈良県森林技術センターと森林総合研究所は27日、マツタケと近縁種のバカマツタケの人工栽培に初めて成功したと発表した。バカマツタケは、マツタケと見た目や食味、香りが似たきのこ。菌糸を培養して苗木と一緒に植え、広葉樹の多い林で発生させる。採集より安定生産が見込め、良食味を生かした有利販売ができるとして、奈良県内のきのこ農家に技術の普及を進める。

                 バカマツタケは全国の広葉樹林に発生し、やや小ぶりでマツタケ程度の大きさに育つ。戦後に発見されたため知名度は低いが、食用にする。マツタケ同様、菌床栽培や人工栽培ができなかった。

                 開発した栽培法は培地で2カ月間、菌を培養。菌糸を砕いて土壌資材と混ぜ、苗木の根に密着させて林内に植える。苗木や林の樹種はミズナラ、コナラ、クヌギ、ウバメガシなどブナ科の広葉樹が適する。 
                続きを読む >>
                【2018.03.01 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
                | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                修行の意味
                0
                   ホリエモンは、寿司屋の10年の修業なんて無意味と断じましたが。自分はそんなものとは思いません。大工にしろ寿司屋にしろ、学ぶべきことと経験値を積むべきことは多く、年季奉公は10年でも足りないぐらい。技術だけなら3年や5年で身につく天才もいますが、経験値は数年では身につかないもの。そういう部分を、アメリカ人女性が理解して、3年も修行している。実に素晴らしい。そりゃあ、専門学校で一年で教えてくれる技術はありますが、一年で身につけた技術は、一年で追いつかれるわけで。

                  【「寿司は人生」と語るアメリカ人女性が寿司修行の思い出を語るムービー】GIGAZINE

                  世界で最も人気のある日本食の一つである寿司(すし)。その寿司を調理する寿司職人になるには、10年間以上の修行期間が必要ともいわれます。寿司職人になるために若いアメリカ人女性が日本人寿司職人の元で「APPRENTICE(見習い)」として修行をしている様子を紹介するムービー「How To Become A Sushi Chef(寿司職人になる方法)」が世界各地の食に関するコンテンツを発信するYouTubeチャンネルEaterで公開されています。


                   
                  続きを読む >>
                  【2018.01.01 Monday 18:00】 author : 土岐正造
                  | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ミシュラン
                  0
                     個人的には韓国料理は好きです。長らくモンゴル帝国や明王朝、清王朝の冊封国であった半島の歴代王朝は、肉料理の面では日本より発達しています。島国の日本が海魚の料理が発達し、大陸国家の中国では淡水魚や豚肉の料理が発達したようなもので。キムチも大好きですが、韓国政府自体はキムチ一本槍で、他にも美味しいものはあると思うのですが、アピール不足のような……。もちろん、肉体労働軽視の李氏朝鮮時代の伝統のせいで、料理人という職業が軽視されたのは、残念ですが。

                    【ミシュランガイドソウル版 韓国料理2店が昨年に続き三つ星】聯合ニュース

                    【ソウル聯合ニュース】ミシュランコリアは8日、ソウル市内のホテルでレストランなどの格付け本「ミシュランガイド・ソウル2018」の発刊を記念する記者懇談会と授賞式を開いた。ソウル版の発刊は昨年に続き2度目で、星を獲得した24店など175店のレストランが掲載された。

                     最高評価の三つ星を獲得したのは昨年と同じ新羅ホテルソウルの「羅宴」(韓国料理)と清潭洞の「ガオン」(同)の2店。二つ星は、昨年一つ星だった清潭洞の「ジョン食堂」(JUNGSIK、モダン韓国料理)と「KOJIMA」(すし)を含む4店。 
                    続きを読む >>
                    【2017.11.09 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
                    | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ミシュランガイドの権威失墜
                    0
                       ミシュランガイドのソウル版、発刊前から韓国のプッシュがあったのではという噂はあったのですが、いくらなんでもソレはないだろうと与太話扱いしていたのですが……すいません、韓国という国を見損なっていました。さすが、賄賂の伝統が根強いお国柄。ノーベル賞が欲しくて、獲れそうな分野に投資しろとか、本末転倒なことを全国紙が提言するぐらいですから。ミシュランガイドという悲願のためには、4億ウォンというのは、かなり少ない額に思えるのですが。この問題、もっと拡大しそうな気がします。

                      【韓国政府がミシュランガイドソウルを発刊してもらうために国費を費やした理由は日本にあった】楽韓Web

                       韓国人にとってミシュランガイド発刊は念願のひとつでした。
                       どのくらい念願だったかというと、発刊までの経緯がまとめられているエントリがあるのでそちらをどうぞ。
                      (中略)
                       韓国人には「韓国料理は外国人に認められるべきだ」という自負があるのです。
                       少なくとも日本料理とは同等かそれ以上のレベルにあると認められなければならない。
                       ただ、日本料理は日本政府が多額の予算を費やして欧米に普及させただけだ、という考えかたが彼らの考えの根底にあるのです。  
                      続きを読む >>
                      【2016.11.25 Friday 18:00】 author : 土岐正造
                      | 酒と食い道楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム