★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
2018パ・リーグCS 2ndステージ:ホークス対ライオンズ第1戦
0
     いやぁ、相性ってのはあるんですね。そうでなくても、短期決戦の開幕投手は結果を出しづらい事が多いですから。菊池雄星投手は、対ホークス未勝利の呪いこそ解き放たれましたが、相性の悪さはそう簡単に払拭できない。というか、初回に集中打を浴びてノックアウトより、そこそこ以上に球数を消費しての敗戦は、最悪の展開。しかも、ホークスはホームラン無しでの大量得点。柳田に先制の打点が付き、川島とグラシアルにマルチヒットが出て、代打内川と長谷川にもヒット。実に理想的な展開でした。
    【2死から雄星に集中打 ソフトバンク打線つながった!1イニング5得点】西日本スポーツ  ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第1戦 西武−ソフトバンク(17日・メットライフドーム)  リーグ2位からの日本シリーズ進出を目指すソフトバンクの打線が4回、西武菊池に集中打を浴びせた。  逆転を許した直後の1点ビハインドで迎えたこの回、先頭のデスパイネが中前打で出塁。三ゴロの中村晃は併殺を免れたが、松田宣が空振り三振に倒れ2死一塁となった。  ここで下位打線がつないだ。8番西田が右前打、9番甲斐が2球で追い込まれながら四球。満塁となって川島の左前2点打で逆転すると、上林が左中間三塁打、グラシアルも左前適時打。四球を挟んで4連打、5者連続出塁で、この回打者一巡で5点を奪った。 
    続きを読む >>
    【2018.10.18 Thursday 01:00】 author : 土岐正造
    | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
    2018パ・リーグCS 1stステージ:ホークス対ファイターズ第3戦
    0
       一発攻勢で勝ちました。これで五年連続のファイナルステージ進出です。いやぁ、デスパイネが絶好調で助かりました。やっぱり、こういう大舞台ではラッキーボーイとなる選手の出現が大事。緊張して萎縮しがちな日本人選手に比較して、外国人選手はプレッシャーに強くて乗り出したら止まらないですから。個人的には、今シーズンはあまりに選手の怪我が続いて、Bクラスも見えてきて、もう育成に注力するべきと思っていたので、後半からの巻き返しと2位確保という、結果は予想外でしたが。
      【ソフトバンクがパ初5年連続でファイナルへ CS最多タイ5発で決めた】西スポ  ◆パ・リーグCSファーストステージ:第3戦 ソフトバンク−日本ハム(15日・ヤフオクドーム)  日本シリーズ進出を争うプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は15日、パ・リーグのファーストステージ(3試合制)第3戦が行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクが3位の日本ハムを2勝1敗で下してファイナルステージ進出を決めた。  引き分け以上で突破が決まるソフトバンクは、初回に明石がソロ。今CS初の先制に成功すると、同点の4回にデスパイネが勝ち越しソロ、松田宣が今CS初安打のソロで追加点を挙げた。その後も攻撃の手を緩めず、CS3球団目の1試合5本塁打。球団17年ぶりのシーズン200本塁打超え(202本)を記録した打線が得意の形で日本ハムを圧倒した。 
      続きを読む >>
      【2018.10.16 Tuesday 00:00】 author : 土岐正造
      | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
      2018パ・リーグCS 1stステージ:ホークス対ファイターズ第2戦
      0
         ううむ、そう簡単には勝たせてくれません。さすがにファイターズ、投打ともに地力が高いです。ただ、今年は獅子奮迅の活躍をしてくれた加治屋ですから、打たれてもしょうが無い、諦めが付くという側面は有ります。苦しい中、中継ぎのエースは間違いなく加治屋投手。そこはやはり、打った選手を褒めるべき。フォークのサインに首を振って投げたストレート。ここでちゃんと通用しないようでは、西武ライオンズの最強打線には通用しませんから。こうなると、切り替えていくしかないです。
        【ソフトバンク加治屋、救援失敗も「絶対リベンジ…」】日刊スポーツ <パCSファーストステージ:ソフトバンク2−4日本ハム>◇第2戦◇14日◇ヤフオクドーム ソフトバンク加治屋蓮投手(26)が敗戦投手になった。同点の8回2死から3連続二塁打を打たれ、2点を失った。 2死から西川に二塁打を打たれ、打者は大田。1ボールから2球続けてフォークで空振りを取り、追い込んだ。そこから2球続けてフォークが外れ、フルカウントに。次も捕手甲斐からの要求はフォークだったが、首を振って直球を選択しファウル。そして7球目だ。加治屋は再び、フォークのサインに首を振った。「今年一番成長できた」と話す、内角直球での勝負を選んだ。だが甘く入り、左中間へ勝ち越し打を許す。続く近藤にも二塁打を打たれ、2点のリードを奪われた。 
        続きを読む >>
        【2018.10.14 Sunday 23:28】 author : 土岐正造
        | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
        2018パ・リーグCS 1stステージ:ホークス対ファイターズ
        0
           ッシャア! デスパイネに初回グランドスラムが出て、なんとか乗り切れました。あと一勝で2ndステージ進出。集客的にはもつれて第三戦まで行った方がおいしいのでしょう(1試合で数億円の儲けが期待できますから)が、勝てるときに勝つのが短期決戦の鉄則。武田がロングリリーフに廻り、石川・加治屋・森と中継ぎ陣も緒戦のマウンドを踏めて、上場の出だし。今までさんざん、下剋上を喰らってきた我がホークスですから、一回ぐらいは下剋上、させてもらっても、天罰は当たらないでしょう。
          【ソフトバンクCSファイナル王手 日本ハム上沢誤算】日刊スポーツ <パCSファーストステージ:ソフトバンク8−3日本ハム>◇第1戦◇13日◇ヤフオクドーム 日本ハムは1回に1点を先制したが、ソフトバンクはその裏、デスパイネの満塁弾などで逆転。3回に甲斐の2ランで加点した。 日本ハムは4回、連続押し出し四球で2点を返したが、ソフトバンクは6回に暴投で1点を追加し8−3とした。 ソフトバンクは7回から石川、加治屋、森とつないで日本ハムの反撃を振り切り、CSファイナルステージ進出に王手をかけた。 ソフトバンク武田が1勝目、日本ハム上沢が1敗目。 
          続きを読む >>
          【2018.10.13 Saturday 19:00】 author : 土岐正造
          | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
          3連戦3連敗
          0
             まさかの結果に、今年の勝負弱さを見た。甲斐の4連続盗塁阻止は凄いが、ライオンズが早くもCSに向けての布石を打ってるようで、ちょっと怖い。
            【2018.09.18 Tuesday 00:00】 author : 土岐正造
            | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
            杉内俊哉投手引退表明
            0
               この三年間は一軍登板はなし。本来なら通算勝利を170勝ぐらいに積み重ねて、200勝も視野に入っていたでしょう。2000イニング投球回も、2000奪三振も達成した選手が、150勝の大台に乗らずに去るのは、残念です。股関節の故障は治ったようですが、その後に左肩痛を再発して、心が折れたようです。力みのない左腕の理想的な投球フォームと言われましたが、プロとしては小柄な体格で、肉体には無理を強いていた部分もあるのでしょう。村田修一選手の引退表明で、本人の踏ん切りも付いたのでしょう。
              【巨人・杉内引退「やりきった」 故障と闘い3年 通算142勝、古巣タカにも感謝】西日本スポーツ  巨人の杉内俊哉投手(37)が今季限りで現役を引退することが11日、分かった。福岡ダイエー、福岡ソフトバンクと巨人で通算142勝をマーク。球界を代表する先発左腕として活躍しながら、右股関節の手術や左肩痛に苦しみ、ここ3シーズンは1軍で登板機会がなかった。高校時代からのライバルでもある中日・松坂大輔投手(37)と同期の「松坂世代」が、また一人ユニホームを脱ぐ。 (中略)  生涯ホークスを公言しながら、国内フリーエージェント(FA)権を行使して巨人に移籍。契約交渉の過程で自身に対するフロントの発言に不信感がぬぐえず、故郷の球団を去った。「ああいう形でホークスを出ることになりましたが、僕の心の中ではホークスに育てていただいた気持ちはずっと持っていました。九州のファンの方々にも本当に支えていただいた」と感謝の言葉を並べた。  沢村賞、最多勝、最優秀防御率…。投手部門のあらゆるタイトルを手にした。日本一にも輝いた。「言葉がふさわしいか分からないけれど『おなかはいっぱい』です」。お互いにユニホームを変えてからの松坂との投げ合いも実現しなかったが、悔いはない。引き際は自分自身で決める、との信念を最後まで貫いた。 
              続きを読む >>
              【2018.09.12 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
              | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
              2017年日本シリーズ:福岡ソフトバンクホークス日本一
              0
                 二年ぶり8度目の日本一です。今回、「ホークスは読売以外のチームには日本史イーズで負けていない」というジンクスと「ベイスターズは前身のホエールズ時代から日本シリーズに出たら日本一になる」のジンクスがあったのですが。けっきょく、ホークスのジンクスのほうが効果があったようです。昨年の、圧倒的差を逆転されてのリーグ2位で、工藤監督も思うところはあったでしょうが、奪回できて良かったです。でも、去年日本一なら、読売以外の球団が達成していない4連覇だったんですけどねぇ。

                【ソフトBサヨナラ日本一 内川9回同点弾 サファテ男気3イニングMVP】西スポ

                 福岡ソフトバンクが劇的な結末で頂点に立った。ヤフオクドームに戻っての日本シリーズ第6戦、延長11回に川島がサヨナラ打。DeNAを下し、4勝2敗で2年ぶり8度目(南海、ダイエー時代を含む)の優勝を果たした。サヨナラでの決定は1988年の西武以来で4度目。就任3年で2度目の栄冠をつかんだ工藤公康監督(54)は、監督として初めて本拠地で「日本一の舞い」に酔いしれた。

                 大粒の涙をこぼしながら、工藤監督が頼もしい選手らの手に包まれた。2年前は敵地での胴上げ。日本一監督として、初めてヤフオクドームで7度舞った。

                 「苦しかったです。勝たなきゃいけない負けられないという中で、本当、選手たちが実力以上の力を出してくれて、本当に強いホークスをこのヤフオクでファンの前で見せてくれたこと、僕は何よりも幸せです」 
                続きを読む >>
                【2017.11.05 Sunday 18:01】 author : 土岐正造
                | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
                福岡ソフトバンクホークス、2017年日本シリーズへ
                0
                   CSでは、2ndステージで初戦を落としたチームが日本シリーズに進出したことはないんだそうで。短期決戦はそれだけ、初戦が大事。初戦を最多勝投手の東浜先発で1点差で落とし、第二戦を最高勝率の千賀でこれまた1点差で落とし、東北楽天ゴールデンイーグルスの残りの先発陣は則本・岸・美馬。負けたと思いました。内川の神がかった打棒と、シリーズ男の城所の出現、我慢して使った中村が一気に復調したことが、大きかったですが。第5戦以外はまさに薄氷を履むが如き勝利でした。CSの呪いはもうホークスから消えました。

                  【ホークスCS突破、日本シリーズへ MVPは内川】西日本新聞

                   プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は22日、福岡市のヤフオクドームで第5戦が行われ、レギュラーシーズン優勝の福岡ソフトバンクが同3位の楽天を7−0で破り、3連勝でアドバンテージの1勝を加えた対戦成績を4勝2敗とし、2年ぶり17度目の日本シリーズ進出を決めた。

                   ソフトバンクは右脇腹痛から電撃的に復帰した柳田を「1番中堅」で起用。初回、その柳田が遊撃内野安打で出塁し、内川の犠飛や松田の2点二塁打で3点を先制した。4回には松田の2ランと柳田の適時打で3点を追加した。先発の武田は7回無失点。岩崎、森、サファテとつないで零封リレーを完成させた。MVPには4本塁打、7打点の内川が選ばれた。 
                  続きを読む >>
                  【2017.10.22 Sunday 19:00】 author : 土岐正造
                  | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
                  2017年パシフィック・リーグ クライマックス・シリーズ第4戦
                  0
                     仕事のバタバタで、すっかりパ・リーグCSを追えていませんが。昨日はようやく試合だけradikoで聞けて、今日はエントリーがかけました。いやぁ、東浜・千賀のタイトルホルダーで連敗したときは、どうなるかと思いましたが。内川キャプテンがチームを鼓舞して、いいところで売ってくれています。CS新記録とある同一カード4戦連続ホームラン。正直、千賀以外の先発がピリッとしていないのですが、短期決戦は水物。批判されていた中村と長谷川が調子を上げ、勝利に貢献するのですからもう、現場の判断を信じて応援ですわ。

                    【【パCS】ソフトB、日本シリーズに王手 連勝で3勝2敗に 中村晃が2試合連続で決勝アーチ】西日本新聞

                    ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 ソフトバンク4−3楽天(21日・ヤフオクドーム)

                     ソフトバンクが2連勝して日本シリーズ進出に王手をかけた。1点を追う6回に4番内川、5番中村晃の連続ソロ本塁打で逆転。94勝を挙げた今季、6回終了時にリードした場合、76勝3敗と圧倒的な勝利率を誇る展開に持ち込んだ。内川はCS同一ステージでの新記録となる4戦連発。中村晃は第3戦の決勝2ランに続く2試合連続の決勝アーチとなった。

                     先発のバンデンハークは5回途中で降板したが、嘉弥真、石川、モイネロとつなぎ、8回2死からマウンドに上がった守護神サファテが締めて対戦成績を3勝2敗(アドバンテージを含む)とした。 
                    続きを読む >>
                    【2017.10.21 Saturday 19:00】 author : 土岐正造
                    | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
                    福岡ソフトバンクホークス:2017年パシフィック・リーグ優勝
                    0
                       はぁ……嬉しいというより、ホッとした感じです。和田に武田、千賀にスアレスに内川と離脱して、正直今年はダメかもしれないと思った時期も。実際、梨田監督の采配もズバズバ的中し、7月までのイーグルスの勢いは素晴らしかったですから。でも、モイネロが救世主となって、中継ぎ陣のやりくりに成功し、東浜が飛躍の年になり、石川が台頭。やはり、就任初年度から工藤監督の投手陣のやりくりは的確で、夏場に勝負が来ると見越してやりくりしていますからね。そこの差で逃げ切れた印象。

                      【ホークス・サファテ初胴上げ 外国人抑え初MVPだ!! 尊敬する王会長にウイニングボール】西スポ

                      ■監督の次に5度舞う

                       工藤監督の次に5度宙を舞った事実が、守護神の存在感の大きさを示していた。193センチ、102キロの巨体がナインの手で上がる。「胴上げされたのは初めて。予想していなかったからうれしかったよ!」。“胴上げ投手”のサファテが満面に笑みを浮かべた。

                       セーブがつかない6点リードの9回に登板し、力みすぎたのか3安打2失点。6月18日の広島戦以来の今季ワースト失点だ。「今までで一番、取られても悔しくない2点。最後は三つのアウトを取れてよかった」。2死二塁で代打メヒアを三ゴロに打ち取ると両手を天に突き上げた。ウイニングボールは「このチームの基礎をつくった」と尊敬する王会長に手渡した。 
                      続きを読む >>
                      【2017.09.17 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                      | スポーツ・Hawks | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム