★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
繰り返されるすり替え
0
     サッカーにはさほど興味がないので、事件後にFacebookで知ったのですが。2011年1月25日のサッカーアジア杯準決勝で、奇誠庸選手が人種差別的な猿マネパフォーマンスで侮辱行為を行った際、旭日旗が見えた興奮してやってしまったと、大嘘をついたのですが。それ以降、官民を挙げての旭日旗に難癖をつける行為を韓国は繰り返しています。今回も、槙野選手の挑発行為なるものの証拠映像は、上がっていません。金選手と言い争いになった時に、指を立てて何か怒鳴ってる映像はありますが、であるならば朝鮮日報の時系列はデタラメ。

    【サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声】朝鮮日報日本語版

     「サッカーでなくてプロレスか空手でもやりにきたのかな」(浦和レッズ・槙野智章選手)

     「負けた者のマナーも必要だが、勝った者のマナーも求められる」(済州ユナイテッド・趙城煥〈チョ・ソンファン〉監督)

     韓国プロサッカー・Kリーグの済州ユナイテッドと日本の浦和レッズが対戦した先月31日のアジア・サッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦をめぐり、日本のメディアは今、非難の声を浴びせている。「前代未聞の乱闘劇」「恐怖の鬼ごっこ」だというのだ。
    (中略)
     済州の選手たちがこのように興奮したのには理由があった。試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ、歓喜の声を上げていたことが分かった。「3−0でおれたちが勝った」という意味の挑発だった。済州の趙城煥監督は試合後のインタビューで、「浦和の選手の行動が我々を刺激した」と言った。ベンチに向けた勝利セレモニーによる挑発は、野球の「ビーンボール」(頭部を狙ったボール)同様、サッカーでタブー視される行動だ。試合中に見つかれば容赦なく警告が出される。

     両チームは試合中に何度も衝突し、感情的になっていた。延長戦終了直前にも両チームの選手たちは互いに押しのけたり体当たりしたりを繰り返し、ベンチにいた済州の白棟圭(ペク・ドンギュ)がピッチに飛び出して相手選手にひじ打ちし、退場になった。しかも、相手チームは「極右サポーター」で悪名高い浦和だった。浦和のサポーターは2013年に全北現代との試合で軍国主義の象徴「旭日旗」を掲げ、物議を醸した。 
    続きを読む >>
    【2017.06.02 Friday 18:00】 author : 土岐正造
    | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
    AFCに川崎フロンターレが質問状
    0
       旭日旗は日本では日足紋と呼ばれる家紋などでも昔から使われる意匠で、太陽の光芒を足に例えるのは、ギリシャでも見られます(ちなみにギリシャでは太陽の中にカラスがいるという考えから、太陽神アポロンの使い魔がカラスで、八咫烏とも共通します)。それを戦犯旗などと言い出したのは、2011年アジア杯準決勝の日本戦で奇誠庸選手が日本人への人種差別パフォーマンスで批判され、苦し紛れの言い訳で旭日旗を見たからと嘘をつき、事実関係をろくすっぽ調べず扇動に乗りやすい韓国人が突如騒ぎ出したというのが真相。日本が嘘に付き合わされる意味は無いです。

      【川崎F AFCの執行猶予付き裁定に質問状提出へ 政府と情報交換も】スポニチ

       アジア・サッカー連盟(AFC)が4日、韓国で行われた4月25日のACL水原戦で、サポーターが旭日旗を掲げた川崎Fに対し、1年の執行猶予付きでAFC主催のホームゲーム1試合を無観客とする処分を科したことを受け、川崎Fの藁科義弘社長(59)が川崎市内のクラブ事務所で対応。「旭日旗が政治的、差別的なものと裁定されたのは残念です」とした上で、AFCが定めた10日間の期日以内に「なぜそうなったかという理由を確認する」とAFCに質問状を送ることを明かした。

       藁科社長は1日にマレーシアにあるAFC本部を訪れたことを明かし、旭日旗に政治的、差別的なメッセージがないことを改めて主張。今後は質問状に対する回答を待って対応する方針だが、再び受け入れられなかった場合は、政府機関、日本サッカー協会(JFA)やJリーグと情報交換を図りながら、異議申し立てすることも念頭に置いているという。 
      続きを読む >>
      【2017.05.05 Friday 19:00】 author : 土岐正造
      | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ブラジルのプロサッカークラブの飛行機が墜落
      0
         まだ詳しい情報がない状態なんですが、ブラジルの一部リーグのチームとなると、世界的な選手が所属している可能性が高いと思うのですが……。Wikipediaで調べてみると、正式には『アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ』というクラブで、南部のサンタカタリーナ州シャペコを本拠地とするクラブとのこと。日本の大相撲の海外巡業でも、全滅を避けるために必ず飛行機の便は2つに分ける配慮をしているそうですが、チャーター機に全員が登場したとの情報も出ていますね。

        【元千葉ケンペス所属ブラジルクラブ乗せた飛行機墜落】日刊スポーツ

         南米のカップ戦コパ・スダメリカーナ決勝に進出した、ブラジル1部シャペコエンセの選手ら72人を乗せ、コロンビアのメデジンに向かっていた飛行機が墜落したと29日、ブラジルの大手メディアグローボなど各国の複数メディアが報じた。落下の原因は燃料不足だといい、生存者がいたという一部報道もある。
        (中略)
        同チームには、12年にC大阪、13、14年に千葉に所属したFWケンペス(34)が所属している。 
        続きを読む >>
        【2016.11.29 Tuesday 18:00】 author : 土岐正造
        | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ラグビー:ウェールズに惜敗
        0
           いやぁ、ファイブネーションの一角ですからね。しかも、アウェイで、ここまでの接戦とは。観たかったなぁ。

          【ジョセフHC「勝てた試合に負けたのは悔しい」】日刊スポーツ

          <ラグビー:日本30−33ウェールズ>◇19日◇英カーディフ

           世界ランキング11位の日本代表が、欧州遠征第2戦で同6位のウェールズに30−33で惜しくも敗れた。残り9秒のところまで同点の大善戦を演じた。

           ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「勝てた試合に負けたのは悔しい。ウェールズを驚かすことができた。(アルゼンチン戦後)1週間で立て直してジョージアに勝ち、このようなパフォーマンスを見せることができたのはうれしい」と話した。 
          【2016.11.20 Sunday 20:07】 author : 土岐正造
          | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
          平尾誠二さん急逝
          0
             自分は高校時代に『スクール☆ウォーズ』が放映された、まさに直撃世代。京都の伏見工業高校は、当時はワルしか集まらない荒れた高校で、平尾山の両親も、入学に反対したほどの高校。でも、漫画でやったら作り過ぎと言われるような奇跡を、実現しちゃいましたからね。あれほどの二枚目でラグビーも圧倒的にうまかった。高校で日本一、大学で3連覇、社会人で7連覇と、平尾誠二の行くところ優勝あり。滝沢賢治先生のモデルになった山口良治監督も、愛弟子の死に、順番が違うと嘆いていましたが……早すぎます。

            【平尾誠二さん死去 理論、情熱「ミスターラグビー」】日刊スポーツ

             ラグビー日本代表で主将、監督を務めた神戸製鋼ゼネラルマネジャー(GM)の平尾誠二(ひらお・せいじ)氏が20日午前7時16分、53歳で死去した。詳細は非公表。京都・伏見工高3年時に司令塔(SO)として全国制覇。同大では史上初の大学選手権3連覇、神戸製鋼でも日本選手権7連覇、W杯にも3大会連続で出場した。34歳で日本代表監督に就任するなど卓越した理論や情熱、カリスマ性で「ミスターラグビー」と呼ばれた。日本開催の19年W杯を前に、ラグビー界は大きな存在を失った。葬儀・告別式の日取りは未定。
            (中略)
             現役時代から「ミスターラグビー」として親しまれた。京都・伏見工高3年時の全国制覇は人気テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルになった。荒れた高校のラグビー部を奇跡の日本一に導いた。華麗なステップや突破力で魅了した。スター街道の第1歩でもあった。

             同大では82〜84年度に全国大学選手権3連覇に貢献した。当時、大学と社会人の王者がぶつかる方式だった日本選手権で“北の鉄人”新日鉄釜石を破ることはできなかったが、釜石の司令塔松尾雄治との「読み合い」は、名勝負数え歌として国立競技場の大観客を沸かせた。

             大学を卒業し、英国留学中の85年には抜群の容姿を買われてファッション誌にモデルで登場。自身に違反の認識はなかったが、アマチュア規定で日本代表を外され、多くの企業からのオファーも消滅。それでも声をかけ続けてくれたのが神戸製鋼で社長就任前の亀高素吉氏(享年86)だった。 
            続きを読む >>
            【2016.10.21 Friday 19:51】 author : 土岐正造
            | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
            リオ五輪雑感
            0
               メダルラッシュですが、けっきょくアテネ五輪がそうであったように、ドーピングの検査が厳しくなると、日本の成績がガツンと上がる。そして新しいドーピング隠しの手法(マスク)が生まれると、日本の成績が下る。クリーンな日本が不正な手段を使う選手に日本のメダルが奪われているだけで、日本の実力はさほど変わっていないんじゃないかと、自分は思っています。ただ、柔道の井上康生監督のように、精神論ではなく合理的な指導方法を実践できる人材は増えたかな、と。

              【日本400mリレー銀メダル!北京の銅上回る最高位】日刊スポーツ

              <リオ五輪:陸上>◇19日◇男子400メートルリレー決勝

               日本が37秒60のアジア新記録で銀メダルを獲得した。ジャマイカが37秒27で3連覇を果たし、3位はカナダで37秒64だった。日本に続いて3着でゴールした米国はバトンの受け渡しがリレーゾーンを越えたとして失格になった。

               日本のトラック種目でのメダルは、1928年アムステルダム大会女子800メートルの人見絹枝の銀、2008年北京大会男子400メートルリレーの銅に続き3個目。史上最高成績に並ぶ銀メダルは88年ぶりの快挙となった。 
              続きを読む >>
              【2016.08.20 Saturday 18:26】 author : 土岐正造
              | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
              メドベージェワがセーラームーンに
              0
                 ロシアでは同じ姓でも、男性と女性で変化するそうで。男性ならメドベージェフが女性だとメドベージェワ、パブロフがパブロワになります。文豪のドストエフスキーも、作家になった次女はリュボーフィ・ドストエフスカヤとなります。それはともかく。女王と言っても、素顔は16歳の少女。『セーラームーン』自体は1992年から放映されたアニメですが、メドージェワ選手は1999年の生まれ。ちょうど子供の頃に、ロシアでも放映されていたようで。

                【メドベジェワがセーラームーンに 華麗なエキシビション】

                 フィギュアスケートのエキシビション「ドリーム・オン・アイス」が1日、新潟県長岡市であり、全日本選手権2連覇中の宮原知子(関大)、世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(大阪・関大中)、世界選手権優勝のエフゲニア・メドベジェワ(ロシア)らが華麗な演技を披露した。
                (中略)
                 メドベジェワは大ファンだというアニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎに扮し、主題歌「ムーンライト伝説」に合わせた演技で会場を沸かせた。 
                続きを読む >>
                【2016.07.03 Sunday 20:12】 author : 土岐正造
                | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
                モハメッド・アリ逝去
                0
                   偉大な選手という言葉では片付けられないほど、偉大な選手でした。ボクサーとして、最強論争で必ず名前が上がる一人ですが、アリの偉大さは生涯無敗だったからではないです。敗れたことがドラマになり、そして再戦がもっと大きなドラマになる。何より、アメリカ合衆国政府という世界最強の相手と戦い、王者として全盛期にあたるはずの3年間を奪われながらも、キンシャサの奇跡で王者を奪回し、史上初の三度王座に返り咲く奇跡も起こしたこと。ボクシングというジャンルを超えた存在。

                  【アリさん死去 「私たちのために闘った」オバマ米大統領】毎日新聞

                   【ロサンゼルス長野宏美、松井聡】信念を貫き、リングの外でも闘いの連続だった。3日に死去したプロボクシング元世界ヘビー級王者のムハマド・アリさん。オバマ米大統領が「私たちのために闘ってくれました」とたたえる声明を出すなど、国内外から、その死を悼む声が相次いだ。

                   アリさんは1964年に世界王者に輝くと、黒人指導者のマルコムXらの影響を受けて黒人イスラム教組織に入ったことを発表。本名のカシアス・クレイは「奴隷の名前だ。私が選んだのではない」として、ムハマド・アリに改名した。

                   67年、ベトナム戦争への徴兵を信仰と反戦を理由に拒否。「私とベトコン(南ベトナム解放民族戦線)には争いはない」「他人の命を奪う戦争に行くより、刑務所を選ぶ」。タイトルは剥奪されたが、信念は守った。 
                  続きを読む >>
                  【2016.06.05 Sunday 18:49】 author : 土岐正造
                  | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  なでしこ空中分解
                  0
                     栄光までの道のりは長く、転落までの道のりはあっという間ですね。自分はサッカーにはさほど愛情がない人間ですから、五輪出場が絶望的になってきたという報道で、ありゃりゃと思ったのですが。内部崩壊に向かっていたようですね。日本のサッカーの代表監督は、岸記念館のお偉いさんに逆らわないイエスマンが求められるので、長期政権になればだいたい崩壊しますね。で、その場合は目先の勝利に拘って、世代交代が上手くいかないという、あまりに定番な崩壊パターンのようで。

                    【なでしこ 佐々木監督だけじゃなく選手間にも亀裂が…】東スポ

                     リオ五輪の切符獲得がほぼ絶望となる受け入れがたい現実。なでしこジャパン主将の宮間は目に涙を浮かべながら「応援してくださってる方に申し訳ない。全てここにかけているので最後までやっていきたい」と話し、残り2試合も指揮を執る佐々木監督はサポーターに向けて「本当に皆さんに申し訳ない。全て僕の責任」と頭を下げた。
                    (中略)
                     しかも、鉄壁のチームワークを誇ったイレブンの間にもすきま風が…。エースFW大儀見優季(28=フランクフルト)はこの日の敗戦後に「個人として負けることが何を意味するのか理解していたが、全ての選手が理解していたかといえばそうじゃない」と厳しい口調で語った。選手名こそ挙げなかったが、チームの内部がかなりギクシャクしていることをうかがわせた。

                     現実に、五輪予選突破に向けチーム一丸や結束を強調しながら「自分のやるべきことだけやればいいと思う」と自己中心的な姿勢を見せた選手も複数おり、“予兆”はあった。リオへの道がほとんど見えなくなり、なでしこジャパンは空中分解。2011年ドイツ女子W杯で世界の頂点に立ってから5年。一つの時代が終焉を迎えた。 
                    続きを読む >>
                    【2016.03.06 Sunday 22:24】 author : 土岐正造
                    | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ラグビー・ワールドカップ2015、NZ優勝
                    0
                       実力最強のチームが、実力どおりに勝ったということ。なぜか第1回の優勝以来、実力最強ながらもワールドカップの優勝に見放されていたニュージーランドのオールブラックスですが、前回大会優勝でそのジンクスもふっ飛ばし、実力どおりの連覇。なにしろ、100年以上も対戦経験がありながら一回もオールブラックスに勝ったことがないチームがあるほど、実力は抜きん出ています。日本なんか、世界記録の大敗。一番対戦成績が良い南アフリカ代表スプリングボクスですら、35勝52敗3引き分けですから。

                      【ラグビーW杯、NZが史上初連覇】デイリースポーツ

                       【ロンドン共同】ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会最終日は10月31日、ロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で決勝が行われ、ニュージーランドがオーストラリアに34-17で快勝し、史上初の2連覇を達成した。3度目の優勝は歴代最多となった。

                       ニュージーランドはSOカーターのPGで得点を重ねるなど前半を16-3とリード。後半は開始早々にCTBノヌーがトライを挙げ、カーターのDG、バレットのトライで突き放した。過去2度優勝のオーストラリアは後半の2トライで一時4点差に迫ったが、反撃も実らなかった。
                      続きを読む >>
                      【2015.11.01 Sunday 20:16】 author : 土岐正造
                      | スポーツ一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム