Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

携帯電話・家電・カメラ

Samsungの折りたたみスマホ戦略

 AppleがiPhoneで折りたたみ液晶ディスプレイを採用する可能性は、早くても2021年と予想されています。ストレートタイプのスマートフォンにこだわるアップルですから、自分はiPhoneへの採用はないのではないかと疑っています。しかしライバル他社は、折りたたみ液晶ディスプレイの採用に積極的。先陣を切ったサムスンは、さらに縦に折りたたむタイプのスマートフォンも、投入する予定のようです。お値段的にはずっと安くなって10万円。それならば、画面の広さよりもコンパクトさを求めるユーザーには受けそうです。

【フォルダブルGalaxy第2世代、縦折りタイプは10万円以下に?】Engadget Japanese 


韓国サムスンが2020年にフォルダブル(折りたたみ)スマートフォンを2機種投入し、そのうちの縦折り型(クラムシェル型)は10万円以下で投入されるとの観測が、海外から伝えられています。

韓国オンライン新聞のThe Korea Heraldによると、サムスンは2020年2月頃に縦折りスマートフォンを、8月頃にGalaxy Foldの後継機種となる横折りスマートフォンを発表します。そして、前述の縦折りタイプの価格がおよそ100万ウォン(約9万1000円)になると伝えているのです。 

続きを読む >>
  • 2019.12.09 Monday
  • 23:00

携帯電話・家電・カメラ

縦折りスマホの時代へ回帰

 個人的には、縦に二つ折りケータイは大好きです。自分のような粗忽者は、ちょっとしたことで液晶ディスプレイを傷つけてしまいそうですから、使わないときには二つ折りにできるタイプはありがたいです。なので正直、iPhoneのようなストレートタイプは苦手です。なので、折りたたみ液晶ディスプレイの出現は大歓迎なのですが。大画面の確保以外にも、コンパクトさの追求という点で、折りたたみ液晶ディスプレイは有効のようで。モトローラに続いてXiaomiも縦折りを採用のようで。

【シャオミも縦折りスマホを検討中? razrスタイルの特許を出願】Engadget Japanese 

中国シャオミが折りたたみスマートフォンに関する複数の特許を出願していたことが、海外報道により判明しました。

海外テックサイトのTigerMobilesが発見したこれらの特許では、シャオミがフリップケータイのような折りたたみスマートフォンを検討していることがわかります。

端末は画面中央から上下方向に折りたためるほか、背面にはサブディスプレイとデュアルカメラを搭載しています。このような縦折りスマートフォンは、米モトローラがrazrとして先日発表していました。 

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 23:45

携帯電話・家電・カメラ

Galaxy Foldのもたらす感動

 最初に味噌がついてしましたが、SAMSUNGのGalaxy Foldですが、個人的には折りたたみ液晶ディスプレイには、大きな期待をしています。それこそ、Galaxy Foldの耐久性が充分ならば、自分は来年はiPhoneではなくGalaxy Foldを購入してもいいぐらい。まぁ、実際はHUAWEIかASUSの折りたたみ液晶ディスプレイスマートフォンを購入するかもしれませんが。単純に、そっちのほうがiPadライクな外見と使い勝手になりそうですから。Appleが折りたたみ液晶ディスプレイ採用するのは、2020年以降だと思われますから。

【Galaxy Foldに触れたら『感動』しかなかった──実機インプレ】Engadget Japanese 

ベルリンのIFA 2019会場より。サムスンはフレキシブル有機ELを搭載した折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を展示しています。韓国では9月6日より発売され、約20万円と高価ながら初回出荷分が1日で完売する人気となっています。

「Galaxy Fold」は当初は4月に米国などで発売予定でしたが、メディアに貸し出した実機において、構造上不可欠な画面上のフィルムを誤って剥がしてしまう事例が続出したり、粉塵の侵入で画面が破損するなど耐久性の問題が多発。そのため発売が延期されていました。 

  • 2019.09.08 Sunday
  • 23:00

携帯電話・家電・カメラ

HUAWEIがAirPodsキラー発表

 うわ、ほとんどAirPodsですね、これは。とはいえ、HUAWEIは恥ずかしげもなくAppleの製品をマネしてくるんですが、それはそれでキャッチアップしていく最適の手段。MacOSをマネしたWindowsOS(XeroxのAltoのマネだと言い張りますが、それって尾田栄一郎先生のマネではなく鳥山明先生の影響と言い張るのに似てませんか?)とか、iPhoneをマネしたAndroidとか。キャッチアップの先に、追い抜くこともあるわけで。そうでなくても、スマートヘッドフォンは次の大きなヒット商品候補ですから。

【ファーウェイ、開放型でノイキャンなAirPods対抗イヤホン発表】Engadget Japanese 

ドイツ・ベルリンのIFA 2019会場より。ファーウェイは世界初をうたうアクティブノイズキャンセル対応の開放型(オープンイヤー)イヤホン「FreeBuds 3」を発表しました。

「FreeBuds 3」は、AirPods風の左右独立イヤホンです。ファーウェイ独自開発のKirin A1チップを搭載し、Bluetooth 5.1およびBluetooth Low Energy 5.1に世界初対応します。デュアルチャンネルのBluetooth接続が可能なほか、遅延も第2世代のAirPodsに比べて削減しているとのこと。 

  • 2019.09.07 Saturday
  • 23:00

携帯電話・家電・カメラ

全画面指紋認証がOLED以外でも可能に

 有機ELディスプレイのネタでもうひとつ。Face ID大嫌いな自分としては、来年のiPhoneに全画面指紋認証が採用されるかどうかは、わかりませんが。でも、Face IDは別に全否定しませんが、選択肢は増やして欲しいので、Touch IDも復活させて欲しいだけです。iPad ProとiPad miniのTouch IDはもちろん、HUAWEIのMediaPad M5の指紋認証は、本当に便利。で、安価に全画面指紋認証が可能なら、何処の技術でも気にしませんし。がんばれHUAWEIということで。
【ディスプレイ指紋認証、有機EL以外でも利用可能に 低廉化に道筋】Engadget Japanese  中国ファーウェイは、液晶ディスプレイ(LCD)に指紋認証機能を内蔵したスマートフォンのプロトタイプを展示しています。この組み合わせは、また製品化が実現されていないものです。 近年はディスプレイ指紋認証機能が幅広いスマートフォンに採用されていますが、それらはすべて有機ELディスプレイを利用しています。これは、有機ELディスプレイが光をより多く透過させるために、センサーによる指紋の読み取りが可能なためです。 一方、従来型の液晶ディスプレイは光を十分に透過させることができず、指紋認証機能は内蔵されてきませんでした。しかし今年4月に中国メーカーのFortsenseは、バックライトの光学特性の改善により、液晶ディスプレイによる指紋認証を可能にしたと発表したのです。 
  • 2019.08.18 Sunday
  • 00:00

携帯電話・家電・カメラ

SONYが巻き取りスマホ開発中?

 この巻き取り式の液晶ディスプレイ、韓国のLGが開発して、試作品を発表していた記憶があります。結果的に、スマートフォンよりも大型テレビに採用されて、スペースを取らない画期的なテレビとして、賞賛されていますが。個人的には、折りたたみ液晶ディスプレイよりもこの巻き取り式の液晶ディスプレイの方が、スマートフォンのデザインを大きく変える気がします。ノート型に比較して、ストレートタイプのスマートフォンやタブレット型の方が、巻き取り式で巻物のようなデザインとか、できそうですし。
【ソニーが巻き取りスマホを開発中らしい。早ければ12月に出るってホントかしら】ギズモード・ジャパン  忍者みたい? 2019年は折りたたみスマートフォン元年となりそうですが、我らがSony(ソニー)はさらなる先を見据えているのかもしれません。海外からは、ソニーが巻き取り可能なスマートフォンを開発しているとの噂が登場しているんです。 リークアカウントのMax J.によると、ソニーはSamsung(サムスン)の「Galaxy Fold」やファHuawei(ファーウェイ)の「Mate X」の対抗モデルを開発しているそう。そして、プロトタイプ製品の特徴は以下のとおりとなります。 
  • 2019.07.13 Saturday
  • 00:00

携帯電話・家電・カメラ

iPhoneのヘビーユーザーがPixel 3aに乗り換えたくなる理由

 Googleの各種サービス、Google DriveやKeepメモの同期機能、Gmailなどなど、本当に便利だと思います。自分の場合は、ChromebookもAndroidタブレットも使用していますので、これでスマートフォンもPixelブランドの高性能機にすれば、エコシステムとしては完璧になります。Googleの各種デバイスのインターフェースはシンプルで、ある意味でアップルの各製品のインターフェイス以上に直感的で、便利な部分もあります。最終的にはスマートフォンの世界でもGoogleが覇権を握りそうな気がします。
【iPhoneのヘビーユーザーがGoogleの最新スマホ「Pixel 3a」に乗り換えたくなる理由】@DIME  長年iPhoneを使用していると、Androidに乗り換えるきっかけをすっかり失ってしまう。iPhoneに特に不満もないし、デザイン性や使い勝手の良さも気に入っている。 しかしながら、新作iPhoneは高額であることに加え強く惹かれる要素も少なく、敢えて新機種に乗り換える気にもなれない。 「新しいiPhoneに乗り換えるかどうか」しか選択肢のなかった筆者だが、最新のAndroid端末を手にする機会を得た。 本記事では、iPhoneヘビーユーザーである筆者が、Google Pixel 3a (XL)をおよそ1ヶ月使い込んでわかった、その魅力や特徴を紹介する。果たしてiPhoneユーザーにとって、Google Pixel 3aは乗り換え先の選択肢になるのだろうか。 
  • 2019.06.26 Wednesday
  • 20:00

携帯電話・家電・カメラ

GoogleがPixel 3aとPhone Xの比較広告を展開

 アメリカの比較広告というのは、どうも日本人にはあまりピンと来ません。波風を立てずなぁなぁとまぁまぁで場を収める島国の村社会文化のせいなのでしょうが、違いが明確になるというメリットは確かにあります。AppleとGoogleもかつては、お互いに社外取締役を配置するなど蜜月時代もあったのですが、GoogleがAndroidからスマートフォンへ進出してくると、人材の引き抜き合戦もあって、関係はかなり対立的に。もちろん対立自体は資本主義社会の中においては、悪いことではないのですけれど。
【Google、「Pixel 3a」と「Phone X」の比較広告を展開。ターゲットはiPhone XS?】Engadget Japanese  Googleが今月5月8日に発表した、同社発の廉価版スマートフォンPixel 3aおよびPixel 3a XL。そのうち小型で低価格モデルのPixel 3aにつき、とあるメーカーのハイエンドモデルとの比較広告が展開されています。 今年2月にもGoogleはナイトサイト(夜景モード)の広告キャンペーンを展開していました。このモードは昨年11月、「Pixel」「Pixel 2」を含む歴代Pixelシリーズ全てに提供されたもの。夜間で撮影場所が暗くても、フラッシュを使わずに昼のように鮮明な写真が撮れる機能です。 本モードはPixel 3/XL発表会で唐突に発表され、iPhone XSを名指しししてカメラの性能差を強調する引き立て役としていました。 
  • 2019.05.16 Thursday
  • 22:00

携帯電話・家電・カメラ

auがテザリング無料化、どうするSoftBankMobile?

 auがいよいよiPhoneのテザリング料金を無料化ですか。docomoはとっくに無料化してますから、後はSoftBankMobile のみ。そもそもテザリング料金を別料金でかけるのは二重取りへの批判が、当初からありました。au も陥落したことですし、ソフトバンクモバイルが孤塁を守る意味はないでしょう。自分は来年、iPhone買い替えイヤーですが、もしテザリングが無料にならないならば、docomoかauへの乗り換えも検討すべき時期でしょうね。ホークスファンとしてはできるだけ乗り換えたくはないのですが。
【批判もあったテザリング料金、auが無償化に踏み切る】Engadget Japanese  auは、6月より順次提供する新料金「新ピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータマックス」でテザリングの無償化に踏み切ります。 テザリングはNTTドコモが無償で提供する一方、auとソフトバンクは現行プランで月500円のオプション料金を設定。同料金を巡っては『ユーザーは利用するデータ容量分の料金を払っているのに、テザリングで別料金を徴収するのはおかしい』との批判も一部でありました。 
  • 2019.05.15 Wednesday
  • 12:00

携帯電話・家電・カメラ

Palm Phoneでゲームは快適に遊べる?

 そりゃあまぁ、iPhoneも初代から4Sまでは3.5インチのディスプレイでしたが、それほど使いにくかったという印象はないです。それより、当時の携帯電話は小型軽量を競っていて、たまごっちぐらいの大きさのサイズさえありましたから、iPhoneユーザーはむしろ大きな携帯電話を使っていると、笑われたものです。今、記念にとってあるiPhone3Gを取り出してみましたが、iPhoneXS Maxの横に置くと、小ささにビックリします。なので3.3インチのPalm Phoneも問題ないでしょう。
【小型端末「Palm Phone」で、ゲームは快適に遊べるのか? ポケGOからPUBGまで試してみました】Engadget Japanese  4月下旬に発売された、3.3インチディスプレイの超小型スマートフォン「Palm Phone」。 その昔、国内スマートフォン市場の黎明期あたりには、「HT-03A」(3.2インチ)、「Xperia ray SO-03C」(3.3インチ)、「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」(3.4インチ)といった、ディスプレイサイズが3インチ台前半の端末も決して珍しくありませんでしたが、2019年春現在、3インチ台のスマートフォンは、街中でも殆ど見ない"絶滅危惧種"と言っても過言ではないでしょう。 今回は、近年"大型化"しつつあるスマートフォン市場に逆行するかのように現れた小型端末Palm Phoneで「この端末で快適にゲームを遊ぶことはできるか」を検証してみました。普段使いの"使い心地"などは、当サイトのレビュー記事などを参照してください。 
続きを読む >>
  • 2019.05.09 Thursday
  • 23:57