★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
「みんなジョブズに騙されている!」 by iPhoneの日本語入力システムを開発した男
0
     iPhone自体は、携帯電話のふりをしたパソコンですから。もっとも、ブラックベリーなどの旧来のスマートフォンに比較したら、ずいぶんとインターフェイスに独自性を加えたと思います。スタイラスペンではなく、指での操作という発想は画期的でしたし、物理キーボードを思い切って排除して、シンプルな外見と汎用性のある構造にしたのは、アップル以外の会社では難しかったでしょう。なので、ジョブズの頸木を超えて新たなインターフェイスを開発していくべき。とはいえ、優れたインターフェイスでも普及しないことも。

    【「みんなジョブズに騙されている!」 iPhoneの日本語入力システムを開発した男が語る、理想のスマホとは】価格.com

    2017年11月3日、いよいよ新型iPhoneのフラッグシップモデル「iPhone X」が発売される。5.8型の大型有機ELディスプレイの採用やホームボタンの廃止など、従来モデルから大幅な変更が加えられているが、はたして、この進化はユーザーにとって歓迎すべきものなのだろうか。

    成熟したスマートフォンの未来には何があるのか――そのヒントを探る本連載。インタビュー第4回に登場するのは、「Palm」の日本語入力システム「POBox」の生みの親、増井俊之氏。彼は、iPhoneの日本語入力システムを開発するのに必要な人材として、あのスティーブ・ジョブズから引き抜かれたという伝説の男としても知られている。
    (中略)
    増井 今のスマートフォンに満足して使っている人は、“ジョブズに洗脳されている”のでしょう。スマートフォンの使い方はパソコンとよく似ていて、GUIはほとんど進化していません。たとえば、面白い動画を見ようと思ったとき、アイコンをタップしてYouTubeアプリを起動し、そこから動画を探すというようなことをしなければならない。

    でも、本当にやりたいことは、YouTubeアプリを起動したいわけじゃなくて、おもしろい動画を見たいだけでしょう。それをするために、なぜわざわざYouTubeを起動しなければならないのか。そうではなく、「やりたいこと」がストレートに要求に結びつく形にしていくべきではないかと思うんです。 
    続きを読む >>
    【2017.10.31 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    docomoが3画面スマホを発売!?
    0
       2画面よりも3画面、ですか? 個人的な好みで言えば、やっぱり冊子型の見開きタイプが良いと思うのですが、3画面をN字型に折りたたむタイプの方が、使い勝手は良いでしょうね。それこそ、今のiPhoneの3分の2ぐらいの大きさの細身のボディが、3画面ならiPad miniぐらいの大きさになるでしょう。そもそも、折りたたんだときに液晶画面を1画面は外に向けて畳んだほうが、今のストレートタイプのスマートフォンと同じ使い方ができますし。ガッツリ使う時以外は、ほとんど畳んだ使い方をするでしょうし。

      【ドコモ、2画面スマホの次は3画面スマホを発売!?】iPhone Mania

      NTTドコモが、今後3画面折り畳み式スマホの企画・開発を検討していることがわかりました。成熟期を迎えたスマホ市場において、他携帯大手会社のスマホと差別化する構想の一環だといいます。

      折り畳み式の3画面スマホは大画面での動画視聴が可能

      先日、NTTドコモは中国ベンダーZTE製の2画面スマホ「MZ-01K」を発表したことでも話題となりましたが、今度は折り畳み式3画面スマホの製造を検討しているようです。

      ドコモは来年以降、他携帯大手会社と差別化をしていくために毎年1機種以上のオリジナルスマホを投入することを発表しており、3画面スマホ構想もこの独自企画の一環だと言います。 
      続きを読む >>
      【2017.10.30 Monday 23:00】 author : 土岐正造
      | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
      iPhoneX対抗のHUAWEI Mate 10が年内に日本発売
      0
         iPhoneXについて、どれぐらいライバル他社に影響を与えるか、ですね。個人的には、MacBook Airは大きな影響を与えたと思います。画面はできる限り大きい方が良いというAppleのポリシーからすれば、薄型化による軽量化というのは、苦肉の策だった部分もありましたが、結果的に他社も薄型化を追求しましたし。バッテリーが脱着できない一体型とか、光学ドライブのいち早い廃止とか、薄型化でも強度を損ないたくないが故に生み出されたアルミ削り出し一体型筐体のユニボディなどなど、実験的な機種でした。

        【iPhone X対抗の「HUAWEI Mate 10」年内に日本発売、ファーウェイ呉氏が明言】Engadget Japanese

        ファーウェイの呉波(ゴ・ハ)氏(日本・韓国地域デバイスプレジデント)は10月10日、同社の次期フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10」を年内に国内発売すると明言しました。

        HUAWEI Mate 10は、10月16日にドイツ・ミュンヘンで開催されるイベントで正式発表予定。アップルの「iPhone X」やサムスンの「Galaxy Note 8」などに対抗する旗艦スマートフォンとなる見通しです。

        9月のIFA 2017で公開された情報によれば、AI専用の処理ユニットを備える新プロセッサ「Kirin 970」を搭載する、いわば「AIスマートフォン」となる見通し。また噂によれば、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載し、SNSやWEBブラウジングなどの視認性を向上させているとみられます。 
        続きを読む >>
        【2017.10.11 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
        | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
        折りたたみスマホの時代、招来!
        0
           いやマジに、こういう形でもいいので折りたたみスマホや折りたたみタブレット型の時代が、早く来てほしいですね。iPad Pro10.5インチが半分の大きさに折りたためる、あるいは12.9インチのように倍の表示面積を確保できたら、もうほとんどの作業はiPad Proで完結するでしょうし、このZTEのAxon Mぐらいの作業領域があれば、タブレット型不要という人もいるでしょう。もともと、本好きの自分には冊子のような二画面タイプは、むしろ好みなぐらいですから。これは楽しみですね。

          【ZTE、折りたたみスマホを10月発表か】iPhone Mania

          中国ベンダーのZTEが、Axon Mと呼ばれる折りたたみスマホを10月17日に発表する可能性が濃厚になってきました。2つのスクリーンを広げると、タブレット並の6.8インチの画面サイズになり、マルチタスキングも行なえるとのことです。

          2つの1080pディスプレイをデバイスの表と裏に装備

          ZTEの折りたたみスマホAxon Mには、Snapdragon 820プロセッサ、4GBのメモリ、32GBのストレージ、3,120mAhのバッテリー、20MPのカメラが搭載されると予測されています。

          最も大きな特徴は、2つの1080pディスプレイが、折りたたまれた際に、デバイスの表と裏にくる点だと言われています。 
          【2017.09.29 Friday 22:00】 author : 土岐正造
          | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
          これがスマートフォンの未来
          0
             これですよ、iPhoneの最終的な進化系は。4.7インチのiPhoneが冊子のように開いて2倍の大きさになれば、ほぼほぼ文庫本サイズ。そもそも、スマートフォン以前はシステム手帳やメモ帳など、冊子形式のものがサラリーマンの必須アイテムだったわけで、電子書籍だっタブレット型で読むより、冊子型のほうがシックリきます。それは、メモ帳アプリも同じ。見開きでの使い方がありますし。しかしそうなると、スマートフォンの縦横比は髪の規格と同じで、横の1.414倍の縦寸法になりそうですね。

            【Samsung、折りたたみ可能な「Galaxy X」を近くリリースか】iPhone Mania

            次こそ出ると言われ続けながら、なかなか世に現れない製品が、どこのスマートフォンベンダーにもあるものです。例えば、Appleはベゼルレスデザインの有機EL(OLED)ディスプレイで、ワイヤレス充電を搭載したスマートフォンの登場が毎年のように噂されていました。しかし、AppleがiPhone Xで実現してしまった今、今度はSamsungの「折りたたみ可能なスマートフォン」に注目が集まっています。

            認証機関から申請が許可される

            折りたたみ可能なスマートフォンこと「Galaxy X」については、2015年頃からSamsungが開発していることが噂され続けてきました。2017年4月には「プロトタイプがすでに存在し、2017年半ばに限定モデルとして登場する」と言われていましたが、9月になっても一向に発売の話は聞こえてきませんでした。 
            続きを読む >>
            【2017.09.25 Monday 22:00】 author : 土岐正造
            | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
            NY市警もWindows PhoneからiPhoneへ
            0
               『Windows Phoneの終焉』という小見出しが、ズバリ本質を突いていますね。Microsoftは相変わらずパソコンのシェアではトップを独走していますが、その成功体験が、新しく勃興してきたスマートフォンというジャンルの将来性を見誤らさせた部分も。出版社の写植の世界では圧倒的シェアを誇った写研が、DTPの価値を見誤ってモリサワに大敗したように。そのパソコンはジリ貧なのも事実で、Officeを中心としたサービスにナデラCEOは舵を切っているのですが。次の事業の柱をどうするか、でしょうね。

              【NY市警、36,000台のWindows PhoneをiPhoneへ一括機種変更】iPhone Mania

              ニューヨーク市警察がMicrosoftのWindows Phone 8.1サポート終了を受けて、警察官が使用するスマートフォンをiPhoneへと一括機種変更することになりました。

              Windows Phoneの終焉

              MicrofostのWindows Phone 8.1のサポート終了は、事実上、Windows Phoneの終わりだといわれています。Windows Phoneは昨年、ニューヨーク市警が採用した時点ですでにスマートフォン全体のシェアの1%を切っていました。このタイミングでのWindows Phoneの導入は、IT担当副総局長の独断で行われたと言われており、非難が集まっています。 
              続きを読む >>
              【2017.08.29 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
              | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
              Apple打倒のGoogle・Xiaomi連合 in インド市場
              0
                 スマートフォンの市場に関しては、中国とインドが有望。12億の人口を抱える中国と、それを抜く勢いのインドという二大市場ですが、中国は自国で囲い込んで特殊な市場を形成していますし、野党なき共産党一党独裁の国ですから、政府の意向で国際条約も人権も平気で踏みにじられますから、リスクが高いわけで。そういう意味で、インドはこれからの市場。人口比率的にも若年層が多く、行き過ぎた一人っ子政策で少子高齢化が著しい中国より有望。そこに、ブランド力を高めたいXiaomiと、Appleを叩きたいGoogleの、連合実現と。

                【あのApple打倒に向けGoogleがXiaomiとハイコスパ端末を有望なインド市場向けに開発している可能性】GIGAZINE

                スマートフォン市場として今後も成長が続くと予想されている新興国市場を攻略するために、Googleがインド市場で成功している中国メーカー・Xiaomiと提携して端末を開発しているのではないかという情報が出ています。

                Xiaomi dan Google Siapkan Ponsel Android One Generasi Terbaru – krispitech
                http://krispitech.com/2017/08/xiaomi-dan-google-siapkan-ponsel-android-one-generasi-terbaru/

                Google may partner with Xiaomi on new Android One device | TalkAndroid.com
                http://www.talkandroid.com/318579-google-may-partner-with-xiaomi-on-new-android-one-device/

                Xiaomi may make a phone to give Android One some much-needed tech cool
                https://www.digitaltrends.com/mobile/xiaomi-android-one-news/

                スマートフォン市場として急成長中のインドを攻略するために、Googleは1万円程度の低価格スマートフォン「Android One」を2014年に発売しましたが、思うような成果は出ませんでした。ちなみにAndroid Oneは、少ないメモリでも快適に動く軽量版Android OS「Android Go」として、リニューアルすることになっています。 
                続きを読む >>
                【2017.08.23 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
                | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
                次期iPhone 対 Galaxy Note 8:ベンチマークスコア
                0
                   SamsungのフラッグシップGalaxy Note 8ですが、これは……お話にならないですね。具体的な数字は下記リンク先を読んでいただくとして。コレほど差がついてると、いくら廉価なスマートフォンであるSamsung製品とは言え、お値段もそれなりに下げないとお得感はないですね。マルチコアではさすがに、8CoreとCore数をiPhoneのApple Aシリーズの2倍のCore数を搭載しているので、健闘していますが、それでも86%ほどと大きく見劣りする結果。体感速度に直結するシングルコアに至っては、ダブルスコアです。

                  【iPhone8より速い?Galaxy Note 8のベンチマークスコアが公開!】iPhone Mania

                  iPhone8に先駆けてSamsungが発表予定のフラッグシップスマートフォン、Galaxy Note 8のベンチマークスコアが公開されました。先日流出した、iPhone8に搭載が見込まれるA11プロセッサのベンチマークスコアと比べるとだいぶ見劣りするスコアです。

                  Galaxy Note 8のExynos 8895は8コア・1.69GHz、6GBのRAM搭載

                  Samsungが8月23日に発表予定のGalaxy Note 8のGeekbenchによるベンチマークスコアが公開されています。

                  SM-N950Fの型番は、アメリカ以外の地域で販売されるグローバルモデルを指すとみられます。搭載されているCPUは8コアのExynos 8895で、クロックスピードは1.69GHz、6GBのRAMを搭載し、OSはAndroid 7.1.1がプリインストールされています。 
                  続きを読む >>
                  【2017.08.13 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
                  | 携帯電話・家電・カメラ | comments(2) | trackbacks(0) |
                  10年後のスマートフォン
                  0
                     10年後、スマートフォンが消えていても、ちっとも不思議はないでしょうね。だって、アレほど一世を風靡したiPodでさえ、クリックホイールを備えた初期タイプからの後継者iPod classicは、実質消滅していますから。スマートフォンも技術の変化で、アッサリ消えているかもしれません。というか、折りたためる液晶や丸められる液晶が普及すれば、ファブレットがスマートフォンとタブレット型を呑み込んでしまう可能性だって高いです。本体から丸めたディスプレイを引き出すのが主流になってたりして。

                    【10年後、スマートフォンは存在しているのか】iPhone Mania

                    10年前、我々はスマートフォンがこれほど行き渡るとは予想していませんでした。iPhoneを世に送り出したスティーブ・ジョブズ氏ですら、2004年の時点では「ギークやオタクにしかウケない」と、スマートフォンの展開に消極的だったほどです。ならば10年後、スマートフォンはどうなっているのでしょうか。

                    次の世代はウェアラブルが主流に

                    昔は大きく持て囃されていた技術も、時代遅れのものとなり、いつの間にか姿を消していたというのは珍しくありません。カセットテープ、CD、ビデオを思い返してみれば分かりますが、いつの世も技術は栄枯盛衰です。

                    となれば、スマートフォンが姿を消す日も――少なくとも大きく形を変える日が――いずれは来ると考えられます。 
                    続きを読む >>
                    【2017.06.26 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
                    iPhoneとAndroidの意外な違い
                    0
                       興味深い比較ですが、これって実はMacとWindowsとの比較でも言えることなんですよね。ウィルスやセキュリティの違い、中古の買取の値段の有利さとか。そう、Macは高い高いと言われますが、高い製品というのは売り飛ばす時の値崩れが少ないんですよね。Macの場合は、5年前の機種でもそこそこのお値段がつきますが、Windowsでは悲しい値段になります。これはiPhoneも同じで、値段が高いぶん、中古価格が値崩れしづらく、長く愛される側面もありますから、物の価値はトータルで見ないとダメですね。

                      【3つの点に着目 iPhoneとAndroidの意外な違い セキュリティー面に要注意】日経ビジネスONLINE

                       調査会社のGfKが発表したスマホ&携帯電話の最新販売ランキングを見ると、6位までアップルのiPhoneシリーズが占めており、日本では最新モデルのiPhone 7が人気を集める。5位には、ワイモバイル扱いのiPhone 5s(32GB)が、10位には同じワイモバイル扱いのiPhone SE(32GB)もランクインし、価格やサイズを重視する人にも支持されていることが分かる。

                       iPhoneが選ばれる理由として、「ケースやカバーの種類が多く、好みに合うものが見つけやすい」「メールアドレスやLINEを交換せずに写真などのデータがワイヤレスで送れるAirDropが便利」といったAndroidにはないメリットが挙げられることが多い。だが、これ以外にもiOSとAndroidではさまざまな違いが存在する。スマホ選びの際、忘れずに着目したいポイントをまとめた。 
                      続きを読む >>
                      【2017.05.18 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                      | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム