★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
FacebookがSiriやAlexa対抗音声アシスタントを開発中
0
     自分はFacebookが嫌いですから、そういうのは良いから、もっと直感的で分かり易いインターフェイスの研究に、カネを掛けてくださいとしか……。そもそも、GAMFAなんてGoogleやMicrosoft、Amazonなどと一括りにされますが、Facebookは過大評価だと思っています。勝ち組が寄り勝つためのツールで、独自の商用OSを開発するわけでなし、ハードウェアを開発するわけでなし。SNSとしてはTwitterの方が使いやすいですし、機能的にはpixivやnoteの方が、よりクリエイティブな部分をフォローしていて、可能性を感じます。
    【FB、AppleのSiriなどに対抗する音声アシスタントを開発中】iPhoneMania  Facebookが、AppleのSiriやAmazonのAlexa、Google Assistantと同様の音声アシスタントを開発中であることが、関係者の証言により明らかになりました。 FBも音声アシスタント機能を導入していた 音声アシスタントといえば、AppleのSiriやAmazonのAlexa、GoogleのGoogle Assistant、MicrosoftのCortana、SamsungのBixbyなどがありますが、実はFacebookもかなり以前から、同技術の開発に関心を持っていました。 
    続きを読む >>
    【2019.04.20 Saturday 23:30】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
    Netflix対Apple・ディズニー・Amazon
    0
       Netflixは動画配信が本業。それに対して、AppleやAmazon、Googleといった会社は兼業というか、後から参入した部分があります。デジタル配信のノウハウは、割とハードルが低いですし、専用のプレーヤーでもブラウザ経由の再生でも、問題なく鑑賞できますしね。これがテレビ局だと、自社の独自コンテンツを独自のアプリで見せることも選択肢ですが、映画となると品揃えと手軽さがキモ。生き残りの鍵は独自コンテンツを、どれだけ用意できるかなんですが。
      【Netflix、アップルやディズニーとの競争に「興奮している」。3社とも成長し続けると楽観的な見通し】Engadget Japanese  米Netflixは2019年第1四半期の業績を発表し、前年同期比22.2%増の収益を報告しました。 その中の株主向けの文書にて、直近1ヶ月の内に相次いで正式発表された他社動画ストリーミングサービスのApple TV+とDisney+との競争にも言及し、自社に対する悪影響は心配していないとの趣旨が述べられています。 Netflixはアップルとディズニー両社が「世界クラスの消費者ブランド」であり、競い合えることに興奮している。こうした競争の「明確な受益者」はコンテンツ制作者と消費者になるだろうと述べています。 
      続きを読む >>
      【2019.04.19 Friday 19:00】 author : 土岐正造
      | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
      AppleとQualcommの和解とIntelの撤退
      0
         長引いていたAppleとQualcommのモデムをめぐる特許の醜い争いが、電撃和解。その直後にIntelが第5世代通信用モデムからの撤退を発表。もしこの発表がもっと早い段階から行われていたら、AppleとQualcommの交渉は、Appleの不利に流れていたかもしれません。第5世代通信用のモデムを供給できる会社は、QualcommとHuaweiの2社だけでしょう。米中経済戦争の最中、アメリカを代表する会社であるAppleが、Huawei製の第5世代通信網でも採用するのは、難しかったでしょうから。これはIntelがAppleに、恩を売った?
        【インテル、5Gスマホ向けモデム事業から撤退へ】CNET   Intelがスマートフォン向け5Gチップ事業を終了する。これにより、Appleの「iPhone」向け5Gチップのサプライヤー候補は1社のみとなった。  Intelは5Gスマートフォン向けモデム事業から撤退することを米国時間4月16日に発表した。同社はApple向けのプロセッサーの開発に取り組んできており、そのチップは2020年にiPhoneに搭載される見通しだった。このところ、そのチップが搭載されるのは2021年のiPhoneになるのではないかという懸念の声が上がっていた。  Intelはプレスリリースで、「当社は既存の4Gスマートフォン向けモデム製品ラインに関して、今後も既存の顧客に対する約束を果たしていくが、スマートフォン分野で5Gモデム製品を発売する予定はない。それには、当初2020年に発売する予定だった5Gモデム製品も含まれる」と述べた。Intelのモデムの顧客は、Appleだけだ。 
        続きを読む >>
        【2019.04.17 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
        | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
        Microsoft社もAirPods対抗製品を準備中?
        0
           いよいよ、時代はスマートヘッドフォンに。スマートフォンにスマートウォッチ、スマートスピーカーときて、Googleが目指したスマートグラスには向かわず、まさかスマートヘッドフォンの戦国時代が到来するとは。Microsoftも、スマートフォンでは痛い思いをしましたし、スマートウォッチには手を出さず、でもスマートスピーカーでは反撃の狼煙を上げましたから。スマートヘッドフォンでは、やはりスマートスピーカー同様に、自社独自の人工知能研究を生かせると、目算が立ったのでしょう。
          【マイクロソフトもAirPods対抗のイヤホンを計画中。年内に発売か】Engadget Japanese  昨年末にSurfaceブランドでは初となるヘッドホンを発売したMicrosoftですが、次はイヤホンも計画しているようです。 海外テックメディアThurrottによると、Microsoftはコードネーム「Morrison」というイヤホンの開発に取り組んでいます。AirPods対抗の完全ワイヤレスイヤホンのようです。 製品名称がSurface Budsになるのかは定かではありませんが、複数の情報筋からの話として、Surface Headphonesと同様にノイズキャンセリング機能の搭載、そしてCortanaとの統合が行われると伝えています。 
          続きを読む >>
          【2019.04.16 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
          | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
          日本の5Gは周回遅れ……なのか?
          0
             どうも日本は悪しき広告代理店文化的なものが蔓延しています。キャッチーでわかりやすいフレーズ、イメージだけを増幅させて実態が伴わない宣伝文句が、飛び交っています。世界初とか世界最速とか、胡散臭いことこの上ないです。第5世代通信に関しても、早期に導入されたからといってその恩恵を受けられるのは、東京や大阪の大都市の、さらに一部の地域でしょう。そういう意味では、本田雅一氏のこの指摘は非常に重要です。早く導入するよりも早く普及させること、普及したものが安定していることの方が大事。
            【「日本の5Gは周回遅れ」という論調への異論:本田雅一のウィークリー5Gサマリー】Engadget Japanese  海外ではすでにサービスが始まっているのに、"まだ終わっていなかったの?"と思うかもしれませんが、総務省の電波監理審議会で、やっと5G NR(第5世代移動通信技術)を用いたサービス向けの周波数割り当てを認める答申が行われました。 "周波数割り当てを認める答申が行われました"という表現そのものが、いまひとつピンと来ないかもしれませんが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が申請していた周波数割り当てに対し、"認める"との答を出したわけです。 
            続きを読む >>
            【2019.04.15 Monday 23:02】 author : 土岐正造
            | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
            IntelがSSDを倍速に
            0
               ノート型Macの内蔵ストレージをHDDからSSDにしたときの衝撃は、大きかったです。ここがボトルネックになっていたんだな、と。5年前の旧機種が最新機種に一気に性能アップした感じです。仮想ディスクを使用するPhotoshopも、かなりの速度改善になったわけで。HDD自体も、磁気テープやペラペラのフロッピーディスク時代を汁人間からすれば、驚異的な存在だったんですが。で、インテルがSSDの速度を倍にする技術を提供だそうです。いやぁ、これはすぐにでもMacに提供して欲しいです。
              【SSDの倍速へ! インテルが新Optaneメモリとストレージを組み合わせ、ラップトップ向けに提供】ギズモード・ジャパン  新たなラップトップのスタンダードへ! Intel(インテル)は、新しい「3D Xpoint」アーキテクチャをベースにした、OptaneメモリをデスクトップPC向けに提供し、SSDと組み合わせて、大幅な高速化を実現してきました。しかし、これまでラップトップのユーザーは、M2スロットのスペースが限られることもあって、その恩恵にあずかることができていませんでした。 でも、ついにIntelはシングルスロットで装着可能な「Intel Optane Memory H10 with Solid State Storage」を開発し、まもなくDell(デル)やHP、ASUSなどのラップトップメーカーから搭載製品が発売される流れとなりそうですよ〜。 
              【2019.04.13 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
              | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
              SHARPが折りたたみOLEDをAppleに売り込み
              0
                 SHARPも折りたたみ有機ELディスプレイの研究はしていたのですね。ジャパンディスプレイも含めて、国産ディスプレイもようやく復調気配です。振込先としてはやはり、インパクトの大きいAppleの名前を上げざるを得ないでしょう。かつては液晶のSHARPとして、一世を風靡した企業だったのですが。高密度高精細の方向に舵を切ったら、バカの一つ覚えのようにそちらの方ばかりを追求して、時代の変化についていけなかった。しかしこれは、日本の企業にありがちな話です。例えば戦国時代の火縄銃がそうですね。
                【シャープ、有機ELの外販に意欲「アップルにも話をしに行っている」】Engadget Japanese  シャープは、大阪・堺と三重で製造した国産有機ELの他メーカーへの販売に意欲を見せています。 同社の有機ELは、自社製スマートフォン『AQUOS zero』に初採用。当初、生産数は限定的と見られていましたが、関係者によると数を捌けるようになっているとのこと。また、外販については「お客様があることなので明かせない」としつつ「当然アップルにも話をしに行っている」と積極姿勢を示します。 国産有機ELディスプレイを巡っては、ジャパンディスプレイ(JDI)が千葉県・茂原工場で製造したパネルをApple Watchの次期モデル(Series 5)向けに供給するとロイターが報じています。 
                続きを読む >>
                【2019.04.11 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
                | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                5G通信は光回線並み
                0
                   あくまでもアメリカでの実測値ですが、それでも驚異的なスピードですね。光ファイバーによる回線よりもはるかに速い速度が、無線で実現できるとは……。もちろん世界各国の業者によって、通信速度には差が出るでしょうし、電波状況も異なるでしょう。しかしこれが本当に実現するのならば、我が家の自宅のADSLとかバカバカしくなってしまいますね、遅すぎて。しかしだからこそアメリカと中国が、覇権を賭けて争っている側面もあるのでしょう。情報スピードは、巨大な利益を生みますから。
                  【5Gはマジ速い! そこらの光回線を超える、実効速度で762Mbpsを計測】ギズモード・ジャパン  これは価値あるかも! 世は5G元年を迎え、いよいよ今後は対応製品サービスで賑わうことでしょう。それにしても、いまいちピンとこないのが、本当はどれくらい速いのか? あまり実際のスピードが語られてはきませんでしたからね…。 ところが、このほどArs Technicaは、世界に先駆け、米国内でVerizonがサービスインした「5G Ultra Wideband Networks」の5G通信サービスにおいて、実際にフィールドでテストされた5Gの実効速度を紹介。Verizonの広報担当となるDavid Weissmann氏が、自らのTwitterアカウントにて公開した、Ooklaの「Speedtest.net」アプリでの計測値を伝えています。なんとダウンロード速度は762Mbpsを記録したほか、Ping値は19msと、ほとんど遅延もない超高速ネットが利用できることがアピールされていますよ。 
                  続きを読む >>
                  【2019.04.10 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
                  | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                  パソコン普及率が低い日本
                  0
                     これは現代の若者の問題ではなく、もう20年ぐらい前から大学の後輩達がパソコンを持たず、ケータイだけで充分という問題がありまして。このブログでもたびたび書いてきましたが。いちおうMARCHと呼ばれる一流大学の端っこに入ってる大学ですらそうですから、他は推して知るべし。携帯電話のふりをしたパソコンであるスマートフォンの普及で、ますますその傾向に拍車が掛かっています。もちろん、プログラミングは全員が学ぶ必要は無いですが、パソコンが使えないと職業の選択肢の幅はグッと減ります。
                    【パソコン普及率が低すぎる日本の憂鬱な未来 プログラミングを教える前に子供にパソコンを与えよ】JBpress  2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化される。新しく使われる教科書にはプログラミングの項目が盛り込まれているが、日本の場合、子どものパソコン保有率が極めて低いという、教育以前の問題が存在している。(加谷 珪一:経済評論家) プログラミングという科目があるわけではない  文部科学省は2019年3月26日、全国の小学校で2020年度から使われる教科書の検定結果を公表した。算数や理科の教科書には必修となるプログラミングが盛り込まれている。  ここ数年、IT教育の強化が強く叫ばれており、政府の産業競争力会議は、2016年の成長戦略にプログラミング教育の実施を盛り込んだ。今回の必修化はこうした流れを受けたものである。  
                    続きを読む >>
                    【2019.04.09 Tuesday 23:30】 author : 土岐正造
                    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                    AmazonがAirPods・PowerBeats Pro対抗機開発?
                    0
                       スマートフォン、スマートウォッチ、スマートスピーカーと来て、スマートヘッドフォンの争いですか。AppleがPowerBeats Proを発表した直後に、こういう噂が出るとは。Apple最大のライバルがAmazonになるとは、10年前には想像もできませんでしたが。ただ、両社はあんがいGoogleほどには対立していない側面も。Amazonのスマートフォン進出は失敗しましたし、タブレット型はKindleのお陰で一気に普及しました。逆にスマートスピーカーは、Amazonがアップルをリードする展開に。スマートヘッドフォンはどうなるのか?
                      【Amazon印のワイヤレスイヤホンが開発中? AirPodsのライバル候補か】ギズモード・ジャパン  音質の良さが気になりますね。 ますます勢力を拡大しつつある「ワイヤレスイヤホン」。海外報道によれば、Amazon(アマゾン)もAlexaを搭載したワイヤレスイヤホンの今年後半の投入を予定しているというのです。 AlexaフレンドリーでAirpods似 Bloombergの報道によれば、AmazonのワイヤレスイヤホンはApple(アップル)の「AirPods」に見た目も機能も似ている、とのこと。本体にフックのような機構はなく耳の中に収まり、音質はAirPodsよりも向上しているそうです。 さらにAlexaによる音声アシスト、たとえば楽曲の操作や情報の検索、さらには商品の購入も可能だとしています。また物理的なジェスチャコントロールでの操作もできるようです。利用時はスマートフォンと連携し、充電ケースも登場します。ケースの外部ポートは通常のUSBで、イヤホンにはブラックとグレーの2色が用意されます。 
                      続きを読む >>
                      【2019.04.07 Sunday 23:00】 author : 土岐正造
                      | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム