Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

パソコン&ネット

DRAMと同等性能のSSDを東芝が披露

 小ネタですが、興味深い製品情報ですので。SSDとDRAMとでは、読み込みや書き換えの頻度が違うので、すぐに製品化とはなかなかいかないでしょうけれども。でも、SSDとDRAMがひとつで代替できたら、コスト的にも面白そうです。今はDRAMが32GBや64GB がせめぎ合いですが、これがいきなり1TBになったら、もう別世界。とんでもない量の作業工程を全部記憶し、いつでも必要なところに戻れるとか。少なくとも、仮想ディスク機能として、物凄いことになりますから。数年後には実用化してほしいですね。
【東芝メモリ、DRAMと同等性能のSSDを披露】PCWatch   東芝メモリはフラッシュメモリに関する世界最大のイベント(講演会兼展示会)「Flash Memory Summit(FMS)」(2019年8月6日〜8日、米国カリフォルニア州サンタクララコンベンションセンター)の展示会に、超高速のフラッシュメモリ「XL-FLASH(エックスエルフラッシュ)」を内蔵する2.5インチ型SSDの試作品を出品し、DRAMと同等の読み出し性能(スループット)があることを実演してみせた。  「XL-FLASH」は、96層の3D NANDフラッシュ技術「BiCS4」をベースに、SLC(1bit/セル)技術や16分割(シリコンダイにおける物理的な分割)のメモリプレーンなどによって読み書きを高速化したフラッシュメモリである。昨年(2018年)のFMSで東芝メモリは、「XL-FLASH」のコンセプトや推定性能などをキーノート講演で明らかにしていた。今年のFMSでは「XL-FLASH」の実チップとその性能を披露した。また合わせてニュースリリースでサンプル出荷の開始を発表した(参考記事:「東芝メモリ、SLC技術でTLC比10倍高速なストレージクラスメモリ」)。 
続きを読む >>
  • 2019.08.15 Thursday
  • 23:30

パソコン&ネット

Adobe Fresco=Photoshop+illustrator

 AdobeはPhotoshopやIllustratorなどCreativeCloudを、iPad Proに完全対応させるという話ですが、それに加えてFrescoという新アプリを投入するわけですが。機能的には Photoshop のビットマップと、Illustratorのベジェ曲線を、同時に扱えるお絵かき用アプリとのこと。それはつまり Adobe版CLIP STUDIO PAINTということですね。もちろんCLIP STUDIO PAINT ほど漫画のお絵描きに特化してるわけではないでしょうけれど、業界の巨人Adobeが動いたということは、競合メーカーは戦々恐々でしょう。
【ベクターとラスター、どちらも使える新ツール「Adobe Fresco」先行ハンズオン:Photoshopの立場が危ういかも】ギズモード・ジャパン  次のツールのイノベーションは、PCではなくタブレットで。 iPadで使える描画ツールといえば、プロのあいだでは「Procreate」や「CLIP STUDIO」がよく使われています。2019年後半にリリースされる予定のAdobe Fresco(アドビ フレスコ)は、そういったプロ向けスケッチアプリに対するAdobeの答え。ついに「プロが使える」スケッチアプリをAdobeが作りました。 ほかのスケッチアプリと違うところは、Adobeの2大デスクトップアプリである、PhotoshopとIllustratorの両方の特性を持ち合わせているという点。つまり、ラスター(Photoshop)と、ベクター(Illustrator)が同時に扱えるのです。 
  • 2019.08.12 Monday
  • 23:00

パソコン&ネット

Galaxy Book SはMacBook Airへの回答

 バッテリー駆動時間が23時間……ですか。凄いですね。ここまできたら重さを多少は犠牲にしてでも、24時間の大台に乗せるのは、ありだったかも知れませんね。かつては、ノート型MacはWindows機が実働1時間ぐらいのときに3時間も動いて、それだけで魅力でした。しかし、MacBook Air 2018は50.3Whの、MacBook Air 2019は49.9Whのバッテリーを搭載しており、バッテリー駆動時間は最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧に最大13時間のiTunesムービー再生と謳っていますから、その差は歴然。
【サムスンのGalaxy Book SはMacBook AirへのWindowsからの回答】TechCrunch  Samsung(サムスン)が開催したビッグイベントでは、せめて1つぐらいは意外なものがあるだろうと期待していた。そしてUnpackedイベントの終わりごろになって同社は、Galaxy Book Sを発表した。この薄くて軽いシステムは、Microsoft(マイクロソフト)とQualcomm(クアルコム)いう2頭立ての馬車だ。 すなわちこのラップトップは、マイクロソフトのWindows 10がクアルコムのモバイルチップの上で動く。そこで最大の特徴は、電池寿命が驚異的に長いことだ。同社の発表では1回の充電で23時間。USB-Cのポートが1つだけあって、小さなモバイルチップだからGalaxy Note 10と同じ同じ充電器を使える。これで、同社がNote 10にWindowsとの互換性を前もって持たせようとする理由がわかる。 
  • 2019.08.09 Friday
  • 23:30

パソコン&ネット

FileMaker社がClaris社に社名復帰

 古参のApple信者としては、ちょっと驚きました。FileMaker社は今でも Appleの子会社なのですが、イメージ的にはもう完全に独立したデータベースのソフトメーカー。かつてはClarisWorks という、総合アプリを発売していましたが、それがAppleWorksに名称を変え、そのうち消えてなくなってしまい、Appleが独自に開発したPagesやNumbers、Keynoteなどがラインナップに加わっていき、iWorkを形成したのですが。このため FileMaker 社は別会社という意識が、すっかり出来上がってしまいました。
【米FileMakerが社名を21年ぶりに「Claris」へ戻す】マイナビ  ファイルメーカーは、米国本社のFileMaker, Inc.が、「Claris International Inc.(クラリス インターナショナル インク)」に社名を変更したと発表した。これを受けて、日本法人である同社も2019年8月20日付けで「クラリス・ジャパン」へと社名を変更する。 この発表は、現在フロリダ州オーランドで開催されている「FileMaker開発者会議(DevCon)」で行われた。CEOは今年3月にFileMaker, Inc.の同職に就いたBrad Freitag(ブラッド フライターグ)氏が引き続き担当する。 件の社名変更に加え、イタリアの「Stamplay」を買収したことも明らかにした。Stamplayはクラウド開発とAPIベースのバックエンド開発を専門としていたスタートアップ企業。 Stamplayのサービスを利用すると、運営規模に関わらずあらゆる企業が、「Box」や「DocuSign」などのサードパーティ製クラウドサービスからのデータを自社のカスタム Appに統合できるようになるとのことだ。 
  • 2019.08.09 Friday
  • 00:00

パソコン&ネット

ベストChromebook決定戦

 個人的にはChromebook、とても高く評価しています。Mac OSよりもシンプルなインターフェースに、サクサクと軽快な挙動。起動時間も短いので、電源を完全オフにしても、再起動しても、あっという間。加えてかなりセキュアなOSですので、安全性も高いです。値段も安いですが、Googleの独自ブランドのPixelbookにおいては、Core i7など高性能CPUを搭載して、処理能力も高いです。Mac OS搭載のノート型が天下を獲ることはないでしょうけれど、Chromebookが天下を獲ることは、十分にあるでしょう。
【ベストChromebook決定戦:一番買いなのはどれ?】ギズモード・ジャパン  米Gizmodoの製品比較企画「Battlemodo」、今回のテーマは「一番買いなChromebook」。Alex Cranz記者によるレポートです。 今買えるChromebookの中でクオリティが一番高いなのはGoogle(グーグル)のPixelbookかもしれません。1,000ドルのマシンは、まさにハードウェアとソフトウェアの見事な組み合わせですからね。ですが、これは今買うべきベストな機種ではありません。Chromebookは1,000ドルもかからないはずのもの。安くあるべきですから。そこで、お財布に大ダメージを与えずに済む、一番買いなベストなChromebookを数週間かけて探してみました。 
  • 2019.08.08 Thursday
  • 00:10

パソコン&ネット

MacBook Air投入と日本メーカー

 てっきり消えるとは思われた MacBook Air の復活と、矢継ぎ早の投入は、長年の Apple ユーザーとしても驚きではありました。MacBook が生き残って MacBook Air はその役割を終えたと思っていましたから。しかし現実には MacBook Air を Apple は投入し、どうやらこれを学生向けの機種として位置付けているようです。薄型軽量のマシンを希求するという点では、日本のメーカーもその傾向が強いのですが、どうも Apple と比較してその戦略にはずれがあるようにも思えます。その点を指摘した記事がありました。
【小型軽量で戦う日本メーカーと突然のMacBook Air投入から考えるPCの今】impress Watch  先週、国内PCメーカーが相次いで新製品を発表した。富士通クライアントコンピューティング(FCCL)がフルラインナップを刷新し、VAIOがソニーからの独立5周年に合わせて新モデルを発表した。Dynabookも法人向けモデルを発表した。そして、アップルもMacBook Pro 13インチモデルとMacBook Airを刷新している。 (中略) こうした発表は、別に示し合わせたものではない。7月は従来の「PCの商戦期」から言えばちょっと遅い。そもそも同じ商戦期でも、アメリカと日本では事情がまったく異なる(詳しくは後述する)。 偶然か否かはともかくとして、海外勢も含め、主要なPCが市場に出揃ったことに違いはない。なのでここで、今年の夏PCの総覧をしていきたいと思う。各モデルの方向性に対する見方は筆者の私見も含まれるので、その点はご了承いただきたい。 
  • 2019.07.15 Monday
  • 23:00

パソコン&ネット

MacBook Proをフル充電できる大容量バッテリー

 こういう大容量バッテリーは今後、増えていくでしょうね。USB-Cという、いろんな企画を統一できる存在によって、外付けバッテリーによる。電源供給も、一元化されるのではないでしょうか? もちろん将来的には、電圧を自動感知して供給するなど、さらに使い勝手が良い外付けバッテリーが登場するでしょうけれど。Lightningコネクタや、マイクロUSB は、三叉型の汎用コネクタで対応できるので。USB-Cが登場したときは未知数でしたが、Thunderboltも飲み込んだのが大きいです。
【MacBook Proをフル充電できるモバイルバッテリー「PRVK[プロヴォーク] 」(8/31まで)】Engadget Japanese  プロヴォーク[PRVK]は、電気自動車向けの超高速・高出力のパワーセルを搭載した、世界で最もパワフルなUSB Type-C対応のパワーバンクです。驚くほどコンパクトな筐体に、MacBook Pro(13inch)やWindowsノートPCをフル充電*できる100W/27000mAhのスペックを実現しました。航空機内への持ち込みも可能です。あなたの人生に、自由と冒険を。プロヴォーク[PRVK]は、あなたの可能性をデバイスとともに最大限に引き出します。 
  • 2019.07.01 Monday
  • 23:00

パソコン&ネット

HUAWEIが『MediaPad M6』を発表

 アメリカと中国の貿易戦争の行方はまだ不透明ですが、自分自身はHUAWEIのMediaPad M5に対しての評価は相変わらず高いです。処理能力に汎用性の高さ、指紋認証ボタンがiPadのホームボタンのように使えるインターフェースの良さ、能力の高さに比較してリーズナブルな価格設定、いろんな意味で文句なしです。そして新型の M6は、CPUも Kirin980にアップグレードされ、内蔵ストレージも増量した128GBタイプを選ぶことができるようになっています。個人的にはお勧めの機種です。
【8.4 / 10.8インチのAndroidタブレット「MediaPad M6」発表。ファーウェイから】Engadget Japanese  中国ファーウェイが新型タブレット「MediaPad M6」を発表しました。8.4インチと10.8インチの2モデルが用意されています。 両モデルともに2560×1600ドットの液晶ディスプレイを搭載し、狭額ベゼルデザインが採用されます。内部スペック的には両モデルともほぼ同一ですが、バッテリー容量のみが異なり、10.8インチが7500mAh、8.4インチモデルが6100mAh。搭載されるプロセッサはKirin 980で、RAMが容量4GB、内蔵ストレージは容量64 / 128GBとなります。背面には1300万画素カメラ、前面には800万画素カメラを搭載。OSはAndroid 9.1ベースのEMUI 9.1です。 
  • 2019.06.25 Tuesday
  • 00:00

パソコン&ネット

福岡ソフトバンクホークス、令和初の交流戦王者に

 打倒巨人は南海ホークス以来の悲願。打倒巨人は西鉄ライオンズ以来の福岡の宿命。そういう意味では買った方が優勝というこの最高のシチュエーションは、日本シリーズの前哨戦と考えてもいいぐらい大事な試合です。そこでエース和田が2年ぶりの勝利。千賀投手など、エース候補は多数いますが、この大舞台で重圧に耐えられるのは、和田投手ぐらいでしょう。エースの称号は、やはり重いです。南海ホークス悲願の日本一を達成した大エース・杉浦忠さんの背番号を継承しているのは、伊達ではないです。
【決戦で采配的中 ソフトバンク交流戦15年で8度目V】西日本スポーツ   ◆巨人1−5ソフトバンク(23日・東京ドーム)  勝った方が優勝の一戦をソフトバンクが制し、2年ぶり8度目の交流戦制覇を果たした。  プロ初二塁スタメンの1番福田が、初回に巨人先発の菅野からプロ初の先頭打者本塁打。2四球などでなおも1死満塁とし、敵失や甲斐のセーフティースクイズもあってこの回4点を奪った。  菅野を2回無死で降板に追い込んだ一方、先発のベテラン和田は5回を岡本のソロによる1失点の好投。6回は左腕の嘉弥真がワンポイントで先頭の丸を抑え、2年目の椎野が後を受けた。 
  • 2019.06.24 Monday
  • 18:00

パソコン&ネット

完全ワイヤレスホン市場とApple

 1750万台という数字は、まだまだ物足りないですが、iPodは最盛期で4000万台を出荷していましたから、ポテンシャルとして、それぐらいの市場は充分にある、ということなんですよね。というか、ヘッドフォンの市場はiPod以上にあるはずで、Appleがどこまでそれを開拓できるか。AirPodsとPowerbeats Proというふたつのブランドで棲み分けつつ、一気に制覇できる。もしiPod以上の年間出荷台数を確保できたら、Apple Watchに続くヒットを、ティム・クックCEOは達成したということで、コレは評価されるべき。
【完全ワイヤレスイヤホンの世界市場、2019年第1四半期に1,750万台規模に】iPhone Mania  AppleのAidPordsに代表される完全ワイヤレスイヤホンの世界市場規模は、2019年第1四半期(1−3月)に1,750万台に達した模様です。調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが報告しています。 前四半期比で40%の成長 同社の調べによれば、完全ワイヤレスイヤホンの世界市場は、前四半期比で40%の伸びを示し、1,750万台規模となりました。 ベンダー別で見ると、Appleは今年3月に第2世代の「AirPods」を発売したにも関わらず、シェアは前四半期と同レベルにとどまった模様です。第1世代AirPodsの売れ行きが発売当時から好調だったのに比べると「第2世代は当初の予想よりも弱いスタートとなった」とカウンターポイントは記しています。 
続きを読む >>
  • 2019.06.23 Sunday
  • 23:00