Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

パソコン&ネット

iOS14とAndroid11で改善してほしい9つの機能

 パソコンにしてもスマートフォンにしても、進化が止まったように見えて、まだまだ進化の余地はあるものです。そういう意味では、iOSもAndroidプラットフォームも、まだまだ改良の余地はあるでしょう。画期的な機能やインターフェースが生まれた後では、なぜこんな不便なものを嬉々として使っていたのだろうと、後から不思議に思うものですが。本当に便利な機能というのは、提示されるまでわからないものです。コロンブスの卵というのは、パラダイムが変わらない限り気付かないもの。

【iOS14とAndroid11で改善してほしい9つの機能】ギズモード・ジャパン
 

革新的なアップデート、毎年期待してます。

昨年Apple(アップル)はiOS13、GoogleはAndroid 10をそれぞれ公開しました。実際に使ってみて、各OSには待ち望んでいた機能が含まれていたでしょうか? それとも、また待ち望んでいた機能が見送りになってしまいましたか?

そこで今回、AppleとGoogleに是非とも次期OSで改善してほしい9つの機能を個人的に提案してみました。 

続きを読む >>
  • 2020.01.16 Thursday
  • 23:00

パソコン&ネット

iPad mini 5にSmart Keyboardの可能性があった?

 個人的には、iPad miniは生産終了にならなくて良かった、と思っていた口なので。下手したらiPad mini5が最終機種で、iPad mini6はないと思ったので、カネがなかった時期でしたが、無理して購入しました。なにしろiPad mini4の発売日が2015年9月9日で、iPad mini5の発売日が2019年3月18日でしたから、間が開くこと4年半。もう出ない・出ても最終機種と思ったのも当然。しかし、iPad mini5にSmart Keyboardの可能性があったという情報は、驚きと言えば驚き。Appleとしては大進化させるつもりだった?

【iPad mini 5には「Smart Keyboard」が付く可能性があったのかも?】ギズモード・ジャパン
 

プロトタイプに、その痕跡を発見!

Apple製品のプロトタイプを投稿しているMr·whiteさんがTwitterに投稿したのは、iPad mini 5のプロトタイプと思われるバックパネル。

そちらをよ〜く見ると、本体の側面には新型iPadなどと同じく、Smart Keyboard接続用の3つの接点があるのです。 

  • 2020.01.16 Thursday
  • 22:00

パソコン&ネット

SanDiskの8TB外付けSSDと1TBフラッシュドライブ

 小ネタですが、個人的には次にSSDが8TBにもなったというのが驚きです。自分も1TBや2TBの外付けSSDは使用していますが、8TBとなるとかなりの大容量ですから。USB Type Cですからあっという間でしょう。しかし、個人的には1TBのフラッシュドライブが登場したことが大きいですね。これで、例えばAndroidタブレットのKindleのデータなどをこちらに入れることができれば、使い勝手が一気に上がるのですが。何しろ我が家の電子書籍データ、もうすぐ400GBなので。

【SanDiskが容量8TBの外付けSSDプロトタイプと1TBフラッシュドライブを発表】ガジェット通信
 

Western Digital傘下のSanDiskは、米国で開催中のCESで外付けSSDの新プロトタイプを発表した。ポケットにすっぽりと収まるサイズながら容量は8TBとこの手のものとしてはこれまでで最大となる。

また、キーチェーンなどにつけられる小型の容量1TBフラッシュドライブ「Ultra Dual Drive Luxe USB Type-C」も発表した。 

  • 2020.01.12 Sunday
  • 23:00

パソコン&ネット

フィルダブル・パソコンの時代

 自分はタブレット型大好き人間ですから、タブレット型が将来的にはコンシューマー用のノート型パソコンを、飲み込むだろうと予想しています。折りたたみ液晶ディスプレイの登場で、その状況はより加速すると考えていましたが、どうやらいろんなパソコンメーカーがその取り組みを始めたようです。ということで、LenovoとIntelの液晶ディスプレイ採用の2 in 1ノート型を取り上げます。Lenovo のこの機種を見る限りにおいては、ノート型はタブレット型に統合される確信を得ました。

【レノボ初の折り畳みラップトップThinkPad X1 Fold】TechCrunch
 

Lenovo(レノボ)は2019年5月にそのコンセプトを発表した、ThinkPad X1 Foldを正式に発表した。この製品は折り畳みディスプレイを搭載したラップトップで、レノボはオフィス志向のプロダクトとして興味深いコンセプトを実験しようとしている。
(中略)
 広げた状態で13.3インチの折り畳みディスプレイを搭載しており、本体はかなりコンパクトだ。また、Bluetoothキーボードは画面の下半分に置いてラップトップとして使うことも、あるいは取り外して使用することもできる。なおら24ドル(約2600円)のスタンドは別売りだ。またキーボードが使用されていないときは、中央に置けばワイヤレス充電できる。実用度はなんともいえないが、かなりクールだろう。 

  • 2020.01.10 Friday
  • 23:00

パソコン&ネット

SONYがコンセプトカー『Vision-S』を披露

 Appleがタイタンプロジェクトという極秘プロジェクトで、テスラモータースのような電気自動車を出すのではないか……と噂されたのが数年前。それから紆余曲折があって、世界的な潮流は自動運転の方に向かい、Appleは自動車事業から撤退したと言われていました。そんな中、かつてスティーブ・ジョブズが手本としたSONYから、ワクワクするようなコンセプトカーが発表されました。あまりにも予想外の製品だったので、最初はワクワクよりも驚きと混乱の方が大きかったですが。でも嬉しいです。

【「Vision-S」は、ソニーが供給できるセンサー群やインフォテインメント技術を示すコンセプトカー】
 

ソニーは電機メーカーでありながらCES 2020にレベル2の半自動運転機能を備えるBEV「Vision-S」を持ち込み、世界を驚かせました。その外観はどことなくポルシェの「Taycan」のようにも、テスラの「Model 3」風にも、はたまたLucid Motorsの「Air」的にも思えるものの、ソニーはこの試作車で完成車メーカーになろうとしているわけではないので気にする必要はありません。

しかし、このコンセプトカーを開発するために、ソニーは10社以上と協力するという並々ならぬ力を入れてきました。Vision-Sはプロトタイプであり、今日の公道を走行させるために作られたわけではなさそうです。しかし実際に走行する能力があることは、その紹介の場面で颯爽とステージに自走して来たのを見れば、疑いようもありません。 

  • 2020.01.09 Thursday
  • 23:19

パソコン&ネット

リチウム硫黄バッテリーで社会が変わる

 リチウムイオンバッテリーの研究開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰博士が昨年、ノーベル賞を受賞したのですが。研究は日進月歩、リチウム硫黄バッテリーで、バッテリー駆動時間がさらに飛躍的に伸びるらしいです。例えばiPhoneを一回充電したら、一週間ぐらいは充電せずに使えるようになったら、これは大きいですね。iPhoneに限らず、AppleWatchなどはその恩恵を最も受けるタイプの製品でしょう。リチウム自体は色々と問題点がある素材ではありますが、それでもこういうニュースは嬉しいですね。

【スマホを5日持たせ電気自動車の走行距離を1000km以上に伸ばせるリチウム硫黄バッテリーが開発される】GIGAZINE
 

性能が従来のリチウムイオンバッテリーの4倍で、スマートフォンなら充電して5日間使用可能、電気自動車なら走行距離が1000kmになるという新しいリチウム硫黄バッテリーをオーストラリア・モナシュ大学の研究チームが開発しました。

Expansion-tolerant architectures for stable cycling of ultrahigh-loading sulfur cathodes in lithium-sulfur batteries | Science Advances
https://doi.org/10.1126/sciadv.aay2757 

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 23:00

パソコン&ネット

液晶ペンタブレットを紙にするフィルム

 小ネタですが、これも関連情報として。ペンの書き味って、なかなか難しいのですが。高河ゆん先生も、摩擦が多いフィルムを利用して、描き味を再現されていたようですが。備忘録代わりに、アップしておきますか。Wacom Oneを購入したときに、一緒に購入できるように。
【ワコムの液晶ペンタブレットを紙のような描き心地にするペーパーライクフィルム、エレコムから】ASCII
 

 エレコムは1月7日、ワコムの新製品「Wacom One」液晶ペンタブレット 13や「Mobile Studio Pro」などに対応したペーパーライク反射防止フィルムを発表。1月中旬に発売する。

 紙にペンで描くようなしっかりとした描き心地に加え、光の反射を抑えたフィルム。傷や汚れから液晶画面を守り、指紋や皮脂が付きにくい指紋防止コーティング、フィルム表面の傷を防止する鉛筆硬度3Hのハードコート加工も施している。

 上質紙に鉛筆で描いた時の触感を実現した「上質紙タイプ」と、ケント紙に鉛筆で描いた時の触感を実現した「ケント紙タイプ」の2種類。 

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 23:00

パソコン&ネット

Wacom Oneの衝撃

 いよいよ、液晶ペンタブレットにも、低価格化の波が襲ってきましたね。他社でもっと安いタイプの液晶ペンタブレットもありますが、信頼と実績のワコムですから。1万円ぐらいの価格差ならば、ワコム製を購入しちゃうでしょう。しかも、Windows10にMacに加え、一部のAndroid系の機種でも動くとのこと。これは画期的ですね。しかも、お値段の割に必要なスペックはそこそこ以上に満たしているので、すごくお得。iOSやiPadOSにも対応したら、もう完璧なんですが。それも時間の問題かも。

【ワコムから4万円の液タブ「Wacom One」登場。早速を使ってレビューしてみた】PC Watch
 

 株式会社ワコムから液晶タブレットの新たなシリーズが登場しました。13.3型の液タブ「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」を本日(1月7日)に発表し、予約販売も開始。ワコムストアでの直販価格は42,900円で、1月16日に発売します。

 昨年(2019年)の1月11日に「Cintiq Pro 16」の廉価モデルにあたる「Cintiq 16」が7万円台で発売され話題になりましたが(ワコム、半額以下になったエントリー向け15.6型液晶タブレット参照)、今回はそれを上回る価格の安さが最大の魅力です。 

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 22:00

パソコン&ネット

トヨタが実証都市コネクティッド・シティを計画

 スマートカーやスマートホームを超えて、スマートシティへ。こういう実験は、未来を設計する上でとても大事ですし、少子化に伴う来たるべきコンパクトシティへの布石として、企業がチャレンジするのは大事ですね。最初から徹底的に計算された効率的な都市作りをすることで、インフラや福祉や医療を効率化して、人口8000万人時代に備える。政府主導ではなく、企業主導には、メリットもデメリットもあるでしょうけれど、利権が絡みやすい政府主導よりも、健全に計画されそうですし。

【トヨタ、あらゆるモノやサービスが繋がる実証都市「コネクティッド・シティ」を計画 #CES2020】ギズモード・ジャパン
 

その名は「Woven City」。

自動車メーカーのトヨタが、2021年初頭から静岡県裾野市にある東富士工場跡地に、175エーカー(約70.8万m2)の「コネクティッド・シティ」を建設する、と「CES 2020」にて発表しました。

これはあらゆるモノやサービスがつながる実証都市で、CASE(Connected・Autonomous・Shared & Services・Electric)やAI、パーソナル・モビリティーにロボットにスマートホームといった最新の科学技術をひとつの街に同居させ、どのように連携させれば人々の暮らしに役立てられるかを検証し、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けるのが目的です。 

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 21:34

パソコン&ネット

ワイヤレスイヤホンの未来

 お正月用の再録記事ですが、Airpods proがバカ売れし、スマートヘッドホンのブームが到来しつつある現在、この記事は読み応えありますね。トップを独走するAppleにどう対抗するか、という視点で読んでも面白いですし。個人的には、分離型のスマートフォンの購入には躊躇するのですが、airpodsには左右の個体をつなぐための便利グッズなどもすでに多数発売されており、問題なさそうですし。もし今年発売のiPhone12に、AirPodsが同梱されるのであれば、ちょっと嬉しいぐらいです。

【完全ワイヤレスイヤホンメーカー5社に聞く「ライバル製品どうですか?」:ガジェットメーカーさんいらっしゃい!】ギズモード・ジャパン
 

それぞれのメーカーのこだわりポイントがまるはだか!

カメラメーカー4社が揃い踏みで、自社製品のいいところアピール&他社製品の気になるところをツッコミまくりだった前回の「ガジェットメーカーさんいらっしゃい!」に続いて、今度は完全ワイヤレスイヤホンメーカーの皆さんに集まっていただきましたよ!

オーディオ機器ってトラディショナルスタイル一筋なモノが多いんですけど、完全ワイヤレスイヤホンに関しては話がまるっきり別モノ。ちっこい筐体内に数多のテクノロジーがてんこ盛りなんです。

だからこそ気になるってモンでしょ。僕たちも。意欲作を目の当たりにした他社メーカーのみなさまも。

ということではじまります。いざ! 

続きを読む >>
  • 2020.01.05 Sunday
  • 23:00