Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

パソコン&ネット

洗えるキーボード

 こういうキーボード、欲しいですねぇ〜。飲み物をこぼしたり以外にも、汚れたときに丸洗いしたいことは、多いですからね。Apple純正で出ないかなぁ……。なにしろ純正のアルミキーボードのタッチは、捨てがたいので。というか、ノート型パソコンで完全防水とか、そういうことを売りにする機種は、寡聞にして知りません。iPhoneやAndroidスマホでも聞いたこと亡いですから、当然っちゃあ当然ですが。自分の知り合いは、購入したばかりの貝型の初代iBookに珈琲をぶちまけていましたね。

【洗えるキーボードならホコリや汚れが簡単スッキリ、飲み物をこぼしても安心】Gizmodo 


スマホの画面は実は汚いという話がありますよね。

でも、仕事で毎日のように長時間触るキーボードは、もっと汚いのでは?と気になっていました。そんな心配をなくしてくれるキーボードをご紹介します。  
続きを読む >>
  • 2019.12.14 Saturday
  • 23:00

パソコン&ネット

タブレット型に未来はあるのか?

 未来があるかないかと言えば、あると思っていますよ、自分は。確かに、折り畳み液晶ディスプレイの採用で、スマートフォンとタブレット型は融合するでしょうけれど、同時にノート型とタブレット型も融合して、こちらはノート型が喰われる側でしょう。iPad ProでCLIP STUDIO PAINTもAdobeのPhotoshopやillustratorが使えるなら、もうタブレット型で充分でしょう。そして、13インチから16インチのタブレット型が、折り畳み液晶ディスプレイを採用すれば、ノート型を上回る可搬性を獲得しますから。

【1万円を切る製品も、低価格が進むタブレットに未来はあるか(佐野正弘)】Engadget Japanese 


多くの家庭に普及しているITデバイスといえば、一人一台は持っているであろうスマートフォンが挙げられるでしょうが、現在ではそれに並ぶくらい、一家に一台タブレットがあるという家庭も増えているのではないでしょうか。筆者もスマートフォンだけでなくタブレットを複数台所有しており、特に出張の際は飛行機内で動画や録画したテレビ番組などを視聴するなどして、活用しています。

今回はそんなメジャーなデバイスである、タブレットについて触れていきたいと思います。タブレットといえば、スマートフォンより大きなディスプレイを、スマートフォン同様タッチで操作できることが特徴的なデバイスですが、そのタブレットが一般に普及するきっかけとなったのは、アップルの「iPad」が2010年に登場したことが契機といえるでしょう。 

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 23:39

パソコン&ネット

キングジムのデジタルノートFreno発表

 エントリーにするタイミングがズレましたが、文房具メーカーとして老舗のキングジムが、クラウドファンディングで電子ペーパーを使ったタブレット型をリリースですか。その製品にどれぐらいの需要があるか、こういう形で事前調査するのが、今後は主流になるかも知れませんね。クラウドファンディングなら、成立したら赤字は出ない訳で。ダメならキャンセルですし。人気が高ければ、正式な製品として世に出せば良いわけですし。個人的には、かなり魅力的な製品だと思います。お絵描きに特化した製品ですし。

【キングジム、電子ペーパー採用のデジタルノートFreno(フリーノ)発表。4096段階の筆圧検知に対応】Engadget Japanese 


文具メーカーのキングジムは12月4日、電子ペーパー採用のデジタルノート「Freno(フリーノ)」を発表。クラウドファンディングサイトのMakuakeにて支援募集プロジェクトを開始しました。

フリーノは、E Ink社の6.8インチ電子ペーパーディスプレイを搭載し、タッチ操作と4096段階の筆圧検知に対応したペン入力が行える製品。ワコム製のデジタルペンを使って文字やイラストが描けます。暗い場所でも使えるようにフロントライトを備えるほか、明るさや色温度の調整も可能。目への負担を軽減してくれます。ちなみに、ペンの応答速度は20ms程度です。 

  • 2019.12.07 Saturday
  • 23:04

パソコン&ネット

HUAWEIがiPad Proキラー投入?

 もしもHuaweiがハイエンドのタブレット型を投入するとしたら、購入対象として俄然興味が湧いてきます。自分は10.5インチのiPad ProもiPad miniも所有していますし、AndroidタブレットもHUAWEIのMediaPad M5をはじめとして、複数所有しています。しかし、iOS 機器のIMEの貧弱さと、Android系タブレットの音声認識能力の高さに、最近は文字入力に関してはもっぱらAndroid系に偏っています。そして文字入力だけを考えるならば、10インチ前後の大型Androidタブレットが欲しくなっています。

【Huaweiは負けじ…iPad Pro対抗のハイエンドなAndroidタブレットを出してくるよ】ギズモード・ジャパン 


もっとも気になるのは…。

このところ、Androidタブレットの市場は、どこまで盛り上がっているのか???なところがあります。なんといっても、Google(グーグル)が、その開発から手を引いてしまったのは大きいですよね? 安いモデルはゴロリとあるものの、Apple(アップル)の「iPad Pro」に対抗できる、仕事にも遊びにもバリバリと使えるハイエンドなAndroidタブレットといわれると、もはやSamsung(サムスン)の「Galaxy Tab S6」くらいしか残っていない。

そんな状況を打開すべく、あのHuawei(ファーウェイ)が、来週25日にも発表イベントを開き、最新の「MatePad Pro」なるモデルを出してくると、このほどGizmochinaが伝えていますよ! 

  • 2019.11.21 Thursday
  • 23:00

パソコン&ネット

「PCよりMacの方が社員の生産性や満足度が高い」とIBM

 この情報自体は、以前にもエントリーにした記憶がありますが。GIGAZINEの記事の方が内容的にも精密で、読み応えのある内容になっています。もともとMacintoshというパーソナルコンピューターは、旧来のコマンドを打ち込むタイプのコンピューターについていけない人のために開発された、コンシューマー向けとも言える製品でした。実際、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)やアイコンは子供っぽいと馬鹿にされていましたし、Appleの意図に反してプロフェッショナルなユーザーに愛されました。

【「PCよりMacの方が社員の生産性や満足度が高い」とIBMが過去4年間のApple製品導入プログラムの成果を発表】GIGAZINE 

過去の調査により、「仕事で使用する端末を従業員に選ばせると75%がiOS、72%がMacを選択する」ことが判明しています。そんな中、コンピュータ関連製品を提供しているIBMが実際に従業員が使用するPCをMacに切り替えたところ、従業員の生産性と満足度が大幅に増加したと報告しました。

IBM Announces Research Showing Mac Enables Greater Productivity and Employee Satisfaction at IBM | Jamf
https://www.jamf.com/resources/press-releases/ibm-announces-research-showing-mac-enables-greater-productivity-and-employee-satisfaction-at-ibm/

IBM: Mac users perform better at work compared to PC users.- 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/11/12/ibm-mac-users-are-more-productive/

IBMは2015年に開催されたApple製品管理者が集うカンファレンスJAMF Nation User Conference(JNUC)で、「世界中のIBM従業員にMacを支給する」ことを骨子とした「Mac@IBMプログラム」を発表。以来、年間5万台以上のペースでMacを導入してきました。その結果、2019年11月には、IBMの社内には合計で29万台のApple製品が配備されるようになったとのこと。 

  • 2019.11.14 Thursday
  • 23:00

パソコン&ネット

Galaxy FoldはiPadやNote10+キラー

 さすがに25万円ほどの高額な値段は、iPhoneから乗り換えるのを躊躇させるほどですが。しかしこれ一台でiPhoneとiPad miniが一台で利用できるとだとしたら、考えようによっては十分安いのではないでしょうか? Huawei Xiaomiなど他社が参入してくれば、値段的にももうちょっと落ち着いてくるでしょう。Appleが折りたたみ液晶ディスプレイを採用する可能性はかなり低そうですし、もし運良く採用したとしても23年後の話でしょう。先にタブレット型で採用されるかもしれませんが。

【Galaxy Foldと過ごした2週間。iPadやNote10+の出番も奪う使えるスマホだった】Engadget Japanese 

10月25日、ついに国内でも発売されたGalaxy Fold。

約25万円という価格や、果たして自分に使いこなせるのか自信の持てない折りたたみ機構など、予約こそ行うも買わないつもりでいたものの、初回入荷分で購入できる旨の連絡が来てしまったため、勢いで購入してみました。

毎日四苦八苦しながらどう付き合っていくのが便利なんだろうと考える日々が続いていますが、購入から2週間が経過し筆者なりに便利だと感じているGalaxy Foldの使い方を今回はご紹介していきます。 

  • 2019.11.11 Monday
  • 23:00

パソコン&ネット

ARM版Windows10で動作しないアプリ非表示に

 Microsoft社のサイトで、ARM版のWindows10で動かないアプリが表示されるとのこと。処理能力に差がある以上、動かないアプリがあるのは当然ですが。やはりMicrosoft社とAppleでは、OSとアプリのアプローチの仕方が異なるな、と。macOSにiOSにiPadOS、watchOS……と、次々にカスタマイズされ細分化されたOSを投入してきたAppleに対して、Microsoft社はひとつのOSで全対応を目指すわけで。もちろん、動かないアプリは諦めてくれ、という形。Appleは汎用性重視と、かつてとは逆のアプローチ。

【ARM版Windows 10のMicrosoft Storeが更新、動作しないアプリが非表示に】Engadget Japanese 

マイクロソフトのWindows 10タブレット新製品「Surface Pro X」は米国では発売済みで、日本でも2020年1月発売が予告されています。ARMベースの独自プロセッサを採用しながらもフル機能のWindows 10 Home/Proが搭載されていますが、実際には動作しない既存のWindows 10アプリが多数あると公式に認められています。

大きな問題は、これらARM版Windows 10搭載デバイスのMicrosoft Storeにて動作しないアプリが表示されていたことです。これにつき、Microsoft Storeアプリがアップデートされ(バージョン11911.1001.8.0)互換性のないアプリが大幅に非表示になったと報じられています。 

  • 2019.11.10 Sunday
  • 23:00

パソコン&ネット

SHARPとNHKが巻ける4Kテレビ開発

 ようやく、ですか。遅かったですね。LGがコンセプトモデルを発表したとき、てっきりスマートフォン用に採用してくるかと思ったのですが、むしろ大型液晶ディスプレイを巻き上げ方式で出してきて、驚きましたが。知り合いが48インチの大型液晶ディスプレイを購入したけれど、六畳間を圧迫する巨大さでした。大型化の中で、コンパクト化できる。日本のSHARPとか高密度高精細にバカみたいに邁進しましたが、折りたたみや巻き上げ方式など、発想の転換がなかった訳で。日本人の悪いクセですね。

【これ知ってるやつだ。シャープがくるくる巻ける4Kテレビを開発】ギズモード・ジャパン 

居間からテレビの存在感を消す好発明。

SXSW(サウスバイサウスウェスト)のLGブースで見つけた、台座からせり上がる超薄型テレビ。あれの正体は世界初の巻き取りテレビだったんですよね。その仕掛けは、台座の中にクルクルと巻き取られて収納されていくビックリ家電でした。

シャープとNHKが共同開発!?

ですが日本も負けていません。目の付けどころがシャープなSHARPが、NHKと共同で30V型4Kフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを開発した、とニュースリリースで伝えています。 

  • 2019.11.09 Saturday
  • 23:00

パソコン&ネット

AirPods Pro 対 Beats Solo Pro

 AppleがヘッドフォンメーカーのBeatsを買収した時は、さほど重要な買収とは思っていませんでした。もちろんAppleは、昔から音楽に力を入れている会社でしたから、その一環としておしゃれなデザインのメーカーを買収したぐらいの認識でした。しかしAirPodsやPowerBeats Proなどの製品展開と、Appleの研究成果のフィードバックなどを見ていると、これはよく考えられた買収だったと今は思います。うまくすればアップルの次の事業の柱になるぐらい。今回の製品企画の記事を読んで、その思いを強くしました。

【「Beats Solo Pro」をロスへの旅路で試す、長時間のフライトでは「AirPods Pro」より頼れる相棒(松村太郎)】Engadget Japanese 

今回はAppleがBeatsブランドで10月30日に発売したオーバーイヤー型のノイズキャンセリングヘッドフォン「Beats Solo Pro」(税別2万9800円)がテーマです。ロサンゼルスに出張する飛行機で、Solo Proを試したレビューをお届けします。

比較対象は同日発売のAirPods Pro。本当に正直に言えば、Solo ProもAirPods Proも、どっちも必要という贅沢を言いたくなります。それだけ、使うシーンや目的、求める結果が異なるからです。同じ日にAppleブランドで登場したAirPods Proはいろいろな意味で大きな存在となりました。 

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:00

パソコン&ネット

HUAWEIがiPad Proっぽいタブレット開発中

 個人的には10インチ前後の、Android系タブレット購入を検討中です。理由は前にも書きましたが、アンドロイド系タブレットの音声入力アプリの充実と、認識精度の高さは充分に仕事で使えるレベルになったから。現在はHuaweiの MediaPad M5を愛用していますが、こちらは8.4インチ。アプリの状況によっては大型のタブレットの方が使い勝手がよさそうだなという状況があります。その場合購入の選択肢としては、処理能力の高いHuawei製か、ASUSのZenPadのどちらかになります。

【HuaweiがiPad Proに見間違えるほどそっくりなタブレットを開発中】GIGAZINE 

スマートフォン関連のニュースを取り扱う91mobilesが、「Marx」というコードネームで開発が進められていたHuawei製の最新タブレットのリーク画像を公開しました。スマートフォン関連のリーク情報を取り扱う@evleaksによると、画像がリークされたタブレットの名称は「MatePad Pro」となるようです。このMarxのデザインがあまりにもiPad Proと似ているとして、海外テクノロジーメディアのThe Vergeが報じています。 [Exclusive] Huawei MediaPad M7 renders show the first tablet with punch-hole display | 91mobiles.com
https://www.91mobiles.com/hub/huawei-mediapad-m7-marx-design-render-exclusive/ Huawei’s next tablet might look like an iPad Pro - The Verge
https://www.theverge.com/2019/10/31/20942588/huawei-next-tablet-apple-ipad-pro-matepad-pro-mediapad-m6  

続きを読む >>
  • 2019.11.04 Monday
  • 23:00