★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
SSDより高速でDRAMより安い不揮発性高速メモリ登場
0
     シャア専用iPhoneと評判のiPhone、ヒットしそうですね。そっちの話題にしようかと思ったのですが、こっちのほうがパソコンやスマホ全体にとって大きな話題でしょうから。さてさて、初めてMacBook ProでSSDを体験したときは、驚きました。HDDがボトルネックになっていたんだなぁと。一度SSDに慣れてしまうと、もうHDDには戻れませんね。実際、外付けHDDでやってみたら、まぁ重い遅いで逆にビックリ。で、IntelがSSDより高速でDRAMより安い不揮発性高速メモリ『Intel Optane SSD DC P4800X』をついにリリース。

    【NAND(SSD)より高速でメモリ(DRAM)より安い不揮発性高速メモリ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ登場】GIGAZINE

    IntelがMicronと共同で開発していた次世代のメモリ技術「3D XPoint」を用いた、DRAMよりも安価でNAND(SSD)よりもはるかに高速なストレージ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ市場に登場します。

    Intel® Optane™ SSD DC P4800X Series
    http://www.intel.com/content/www/us/en/solid-state-drives/optane-solid-state-drives-dc-p4800x-series.html

    Intel’s first Optane SSD: 375GB that you can also use as RAM | Ars Technica
    https://arstechnica.com/information-technology/2017/03/intels-first-optane-ssd-375gb-that-you-can-also-use-as-ram/

    3D XPointテクノロジーがなぜ生まれたのか、そしてコンピューティングにとって革新的だとIntelが言う意味は、以下のムービーを見ればよくわかります。 
    続きを読む >>
    【2017.03.22 Wednesday 22:05】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
    『Polaris Office for Mac』発売
    0
       今年も確定申告のために、Excelでデータづくりをしたのですが、そのテンプレート自体は13年も前に作ったものをそのまま流用しています。それで充分なんですよね。Excelはこの十数年ですごく性能がアップしているけれど、それら自分にとってはほとんど意味が無いと。一般の人間よりは自分はExcelを使う立場にありますが、自分ですらそうですから多くのユーザーにとって、OSのバージョンアップなどに対応するため仕方なく買い替えているのが現実でしょう。こういう安価な互換ソフトで充分なんでしょう。

      【ソースネクスト、Mac用のオフィスソフト「Polaris Office for Mac」を発売】マイナビニュース

      ソースネクストは、Mac用のオフィスソフト「Polaris Office for Mac」のダウンロード販売を開始した。価格は税別3,980円。Microsoft Officeとの高い互換性を持ちながら、価格は約6分の1と、コストパフォーマンスが魅力の製品となっている。パッケージ版の販売は4月5日より。

      Polaris Office for Macは、Microsoft Officeと互換性がある総合オフィスソフトで、Excel、Word、PowerPoint形式でファイルの作成、編集が行える。最新版のMicrosoft Office 2016はもとより、1997から2013までのファイル形式に対応。無料のクラウドサービス「Polaris Drive」と連携しているので、ファイルをオンライン上に保存することで、オフィスソフトがインストールされていない環境でも、Webブラウザでファイルを閲覧できる。1台のMacだけでなく、アプリ(無料)をダウンロードすることで、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットでの閲覧が可能(2台まで)。 
      続きを読む >>
      【2017.03.19 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
      | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
      Apple、サポートランキングで3連覇
      0
         Appleが直営店でGenius Barを用意しようとしたとき、スティーブ・ジョブズは最初は難色を示していたというのが、興味深いです。だって、Appleのイメージの良さって、Genius Barのスタッフが対面修理で支えている部分が大きいんですよね。自分は銀座と渋谷しか利用したことはないですが、やっぱりエキスパートで話が早いし、でも説明は親切で初心者にも敷居が低いですから。Apple Store銀座で、品の良い老紳士と奥様が、相談している姿とか、Apple Storeの格を上げる作用が大きいです。

        【Apple、パソコンサポートランキングで93点を獲得、3年連続の首位!米誌調査】iPhone Mania

        米誌Laptop Magazineが発表した、毎年恒例のパソコン各社のサポート対応力ランキング「Tech Support Showdown」で、Appleが100点満点中93点を得て3年連続トップとなりました。

        Appleのサポート、総合93点で3年連続トップ

        「Tech Support Showdown」は、Twitterやチャット、掲示板などの「Web」(60点満点)と「電話」(40点満点)の両方におけるサポートの総合評価でランキングしています。調査は、一般消費者向けコンピューターメーカー10社のサポート窓口に、一般ユーザを装った調査員が、3回質問して評価しています。

        AppleがWeb56点、電話37点の総合93点を獲得し、3年連続のトップに立っています。2位以下はAcer、Lenovo、Microsoftなどが並んでいます。 
        【2017.03.12 Sunday 23:09】 author : 土岐正造
        | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
        ニンテンドーSwitchでMacBook Proを充電
        0
           ゲームとは縁遠い人生を贈ってきたので、任天堂のSwitchもさして興味がなかったのですが、これは興味深い現象ですねぇ。前々から、USB・HDMI・電源・Thunderbolt3などを統合するUSB-Cは、究極の接続規格だと力説してきましたが。まさかMacBook Proと接続したらSwitch側から給電が始まるとは……。ココらへんのシステムの理由はわかりませんが、OSレベルでココらへんがコントロールできるなら、いろんな機器の間でUSB-Cを媒介に、バッテリーの融通が効くという事態が起きそうです。

          【ニンテンドースイッチ、なんとMacBook Pro「へ」充電可能だった】ギズモード・ジャパン

          え、そっちですか!?

          とうとう発売された新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は外部端子として先進の「USB-Type C」を搭載。では、それを他のデバイスに接続してみると、どうなるんでしょうか? …なんと、「MacBook Proへの給電を開始してしまった」との報告が上がっているんです。
          (中略)
          さらに興味深いことに、ニンテンドースイッチの電源を切った状態でMacBookに接続すると、MacBookからニンテンドースイッチへの給電が開始されます。また、ニンテンドースイッチではApple(アップル)製のUSB-Cケーブルが利用可能。便利なんだかなんなんだか…ちょっと混乱してしまいますね。

          なお、ニンテンドースイッチは4310mAhで3.7Vのリチウムイオンバッテリーを搭載し、15.0V/2.6Aでの39Wの充電が可能。一方MacBook ProのTouch Barなしモデルは54.5Whのバッテリーを搭載し、61Wでの充電が可能です。この辺のスペックを読み解けば、この給電の謎を解明できる…かもしれません。 
          続きを読む >>
          【2017.03.06 Monday 22:00】 author : 土岐正造
          | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
          ARM版Windows10ノートはiPhone7以上?
          0
             なんというか、微妙にモニョモニョしますね。これはARM版Windows 10搭載ノートPCが性能が高いと考えるべきなのか、それともiPhone7に搭載のAppleA10のレベルがスマートフォンにしては高すぎるのか? Intelが低消費電力低発熱のCPU開発でもたもたしている間に、ARM系のCPUの処理能力がノート型に使えるほどにレベルアップしたということですが。というか、今月に発表されるであろうiPad Proには、GPU強化版のAppleA10Xが搭載されるでしょうから、それより上でないとダメでしょう。

            【デスクトップ版と同等の機能を持つARM版Windows 10搭載ノートPCは2017年後半に登場する見込み】GIGAZINE

            Microsoftは2016年12月8日に開催された「WinHEC Shenzhen 2016」でARMベースのWindows 10を発表し、Qualcommとパートナーを組み2017年のうちに搭載製品を登場させる計画を公開しました。このARMベースのWindows 10に関して、サポートするQualcommのSoCや製品の登場時期が明らかになっています。

            Qualcomm details plans for Windows 10 PCs with Snapdragon 835 chips | PCWorld
            http://www.pcworld.com/article/3175014/computers/qualcomm-details-plans-for-windows-10-pcs-with-snapdragon-835.html

            Qualcommのキース・クレッシン氏がPCWorldに語ったよれば、ARMベースのWindows 10をサポートするQualcommのSoCは「Snapdragon 835」になり、これを搭載したノートPCが2017年後半に登場するとのこと。Snapdragon 835はバルセロナで開催中のMobile World Congressで発表されたスマートフォン「Xperia XZ Premium」に搭載されているSoCで、iPhone 7/7 Plusに搭載されているA10チップを上回る性能を持つと予測されています。 
            続きを読む >>
            【2017.03.02 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
            | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
            テレビの終焉
            0
               月額35ドルですか。この値段ならケーブルテレビを契約しているユーザーにはお得感があるでしょうし。Googleのことですから、普及したら29ドルぐらいに値段を下げてくるでしょう。日本は県域局が〜と、既得権益を守ろうとテレビ業界は動くでしょうけれども、それはもう無理でしょう。早晩、アメリカの方法論に従うでしょう。むしろ、広告スポンサーに頼るという、課金方法がなかった時代の方法論は限界を迎え、ユーザーに直接対価をもらって番組を制作するという、健全な方向に。

              【テレビ放送をそのまま配信する「YouTube TV」発表。CATVの半額、録画は容量無制限】Engadget Japanese

              Googleが、テレビ放送をストリーミングする定額サービス「YouTube TV」を発表しました。スマートフォンからPCやChrtomecastまでYouTubeを視聴可能なあらゆる機器に対応し、米国の大手テレビネットワーク、主要な専門チャンネル47局を視聴可能。それでいて月額は一般的なケーブルテレビの約半額に押さえるとしています。サービス提供地域は、まずは大都市圏から開始し、その後順次全米へと拡大するとのこと。

              YouTube TVは、YouTubeを視聴できる機器に対応しており、ABC/CBS/NBC/FOXの4大ネットワーク、さらにESPNやDisney Channnelといった専門チャンネル、YouTube Red Originalsも含め合計47局が視聴可能です(一部はオプション料金)。視聴するために必要な月額は既存ケーブルテレビの約半額となる35ドル。ライブ放送は同時に3ストリームまで対応。アカウントは6アカウントまで登録できるため、毎月35ドルを払えば1家庭のテレビ環境はだいたいカバーできることになります。 
              続きを読む >>
              【2017.03.02 Thursday 21:00】 author : 土岐正造
              | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
              パソコンに代わるChromebook
              0
                 ハッキリ言って、ノート型はChromebookが席巻するでしょう。なにしろアメリカでは2016年第1四半期の出荷数がMacを上回り、ノートPCのシェアの35%を占める勢い。Windowsの優勢はかなり揺らいでいます。寄らば大樹の陰の日本では、まだまだWindowsユーザーが多く、いまいち普及していませんが。アメリカの流れは3年遅れで日本にも波及するでしょうから。で、450ドルのChromebook Plusと550ドルのChromebook Proが登場し、PhotoshopやLightroomもサクサク動くようです。

                【ついにパソコンに代われるレベルへ…最新Chromebookをハンズオンレビュー!】ギズモード・ジャパン

                もうノートPCとかいらないのかも…。

                なかなか日本では普及にいたりませんけど、北米ではパソコンの存在を脅かすレベルで利用が進んでいる、GoogleのChrome OSを搭載したChromebookシリーズ。ただし、正直に評価するに、これはChrome OSの基本スタイルなので仕方ありませんけど、ブラウザベースのオンライン作業しかまともには行なえないという欠点を抱えてもいました。

                ところが、今年初めに米国ラスベガスで開催されたCES 2017にて、Samsungが初公開した新Chromebookは、いままでのChromebookの欠点をみごとにカバーし、もしやこれはWindowsもMacも不要になる完成度では? 少なくとも、パソコン上でバリバリと動画や画像の編集をするですとか、プログラミングにフル活用するだなんてヘビーなユーザーでなければ、もうこのChromebookで十分と思わせてくれるモデルが、ようやく登場してきた感じです。なんといっても、Chromebookは安いですからね〜。
                続きを読む >>
                【2017.02.27 Monday 12:00】 author : 土岐正造
                | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                MacBookに対抗心のGPD Pocket
                0
                   対抗心……というか、カール・シュミットの政治学ではないですが、仮想敵を明確にするのは、自分の立ち位置を確かめる意味でも重要ですよね。MacBookはこういうコンセプトで、Surface Bookはこういうコンセプトで、ならば我が社の製品はどうやって差別化を図るか、と。ちなみに、安さというのは相対的な価値でアリ、最も簡単にひっくり返ってしまう部分があります。よほど明確な構造的理由で安くないとダメですし、そういうのは簡単に真似されてしまいがちですから。

                  【MacBookに対抗心 7インチPC『GPD Pocket』に期待の視線】FUTURUS

                  筆者が高校生の頃は、より小さいノートPCは憧れだった。外にいながら室内と変わらないレベルのブラウジングが、一種のトレンドだったのだ。もちろん、今ではそれが当たり前になっているが。

                  小型ノートPCの需要は、今現在も変わらず存在する。クラウドファンディング界隈でも、そうしたことが窺える場面もある。
                  (中略)
                  この製品の紹介を読んでみると、「二巨頭への対抗心」がところどころに窺える。

                  二巨頭とは、MacBook AirとSurfaceのことだ。Indiegogoでのキャンペーンページにはスペック対比表も記載されているが、それを信じれば二巨頭にまったく劣らない性能をGPD Pocketは有している。 
                  続きを読む >>
                  【2017.02.26 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
                  | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                  古地図が現在と交錯するStroly
                  0
                     若い人の間ではポケモンGo熱は去っているようですが、おじさんは運動不足解消のために愛用しています。運動不足解消が目的で歩き回るより、ポケモンを探して楽しく歩き回り、結果的に運動不足を解消することが大事。そういう意味では、こういう古地図アプリは歴史好きとしてはありがたいし、さらにアチコチを歩いてめぐるときに便利ですね。理想都してはiPadの広い画面で確認したいところですが、iPhoneの広い画面なら充分でしょう。こういうアプリが今後、各地で対応してくれるとうれしいですが……。

                    【京都発、イラストマップや古地図と現在地が連動する「Stroly」で街歩きが変わる】TechCrunch

                    ポケモンGOを始めて起動した時、見慣れた街が一変した。ARでポケモンが普段の見慣れた風景に出現したのも目新しかったが、ポケストップをタップすると、今まで気にも留めなかった場所が実は歴史上の遺跡や名所だったことを発見できたことにも新鮮な驚きがあった。京都発のスタートアップStorlyは地図に新たな見方を提案するサービスを開発している。同社は本日、イラストマップや古地図とGPSによる位置情報を連動させるプラットフォーム「Stroly (ストローリー) α版」を2月21日にローンチしたことを発表した。

                    古地図やイラストマップは、縮尺や位置情報が正確ではないことが多いだろう。これでは地図を持って街歩きするのが難しい。Strolyでは、そうした古地図やイラストマップでもGPSによる位置情報を照らし合わせて、地図を提示することができる。サービス内でイラストマップと現代の地図とを切り替えることも可能だ。 
                    続きを読む >>
                    【2017.02.26 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
                    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                    発火しないリチウムイオン電池の開発に成功
                    0
                       これは全世界に朗報ですね。Galaxyの爆発騒ぎもあり、スマートフォンが燃えて家が火事とかになたら、洒落になりませんから。自分も、ライトニングコネクタが過電流で熱を持って溶け出し、あわや火事になりかけましたから。実用化に2020年とはまだまだ時間がかかりますが、これってスマートフォンやタブレット型、ノートパソコンにとっても朗報。日本は平成不況ですっかり技術的に新興国の後塵を拝することが多かったのですが、こういう部分の素材研究ではまだまだ世界トップクラス。

                      【発火しないリチウムイオン電池、日本で開発に成功!2020年頃に実用化へ】iPhone Mania

                      スマートフォンの爆発・発火事故をなくせるバッテリーが、日本で開発されました。産業技術総合研究所(産総研)が、発火や爆発の心配のない、全固体リチウムイオン二次電池を開発したと発表しました。

                      可燃性の液体から不燃性の個体へ

                      リチウムイオン電池は、エネルギー効率の高さと価格の安さから、スマートフォンをはじめ、多くの身近な電子機器に使われています。

                      しかし、可燃性の有機電解液を用いるため、世界各地で爆発・発火事故を起こしたSamsungのGalaxy Note 7の事故原因となったほか、時々iPhoneでも爆発事故が発生しているように、不安定な性質の克服が課題とされていました。 
                      続きを読む >>
                      【2017.02.06 Monday 12:13】 author : 土岐正造
                      | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム