Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPod & iTunes

iPhoneをiPod化するアプリ、その後

 以前にも当ブログで言及しましたが、iPhoneをiPodのように使うアプリについての続報があったので、エントリーにしました。倒産寸前のアップルを救ったのはiMacから始まる、新型Macの数々でしたが、アップルが反転攻勢に打って出られたのはiPodの大ヒットがあったおかげ。しかしアップルはiPodを早々と見切って、割と冷たい態度に消しています。少し自分にとってはあの、クリックホイールの操作性は唯一無二の素晴らしい機能でした。それがiPhoneで再現できるのなら、購入しちゃいますね。

【iPhoneをiPod classic化するアプリ公開。App Store審査を通るためトンチが効いてます】Engadget Japanese
 

先日iPhoneをiPod Classic化する、すなわちクリックホイール等を再現したMP3プレイヤーアプリを紹介しました。そちらはApp Storeの審査プロセスのため(アップル製品のインターフェースについての著作権問題もあり)最終的にリリースされるかどうかは定かではありません。

その一方、別の開発者がApp Storeに同様のアプリ「Rewound」(巻き戻し)を提出し、承認を得て公開することに成功しました。いくつかの手順は必要ですが、iPhone上に懐かしのiPod classicの使い心地や手触りが蘇ります。 

続きを読む >>
  • 2019.12.13 Friday
  • 23:00

iPod & iTunes

iPhoneをiPod classicにするアプリ開発中

 なぜ今までこんなアプリが登場しなかったのか、不思議でしょうがありません。自分の友人のミュージシャンなどは、古いiPod Classicを違法改造して、大容量のSSDを内蔵する形にして、音楽を楽しんでいますが。こと音楽を聴くという点に関して言えば、やはりiPod classicのクリック・ホイールは最強のインターフェイスではないでしょうか? AppleがiPodファミリーをの多くを、ほぼディスコに行ってしまったのは試作だと自分は思っています。iPhoneの背面にクリックホイールとサブディスプレイをつけてもいいぐらい。

【iPhoneを「iPod classic」にするアプリ開発中、クリックホイールが復活】Engadget Japanese
 


iPhoneの音楽プレイヤーアプリは年々進化していますが、昔の携帯MP3プレイヤーのような手触りがなくなり、少しもの足りなくなったとの声もあります。そうしたノスタルジーに応えるように、iPhoneを「iPod classicに変える」iOSアプリが開発されていることが明らかにされました。

もっともアップル公式ではなく、デザイナー志望学生であるエルビン・フー氏が自主的に開発しているものです。フー氏は大学でもiPodの開発に関する論文を書いており、それがアプリ作成の動機にもなったとのことです。

基本的にはオリジナルのiPod classicと同じように、全画面に懐かしのクリックホイールを表示し、触覚フィードバックやクリック音込みでiPhoneをご先祖様へと変身させます。 

  • 2019.11.29 Friday
  • 23:00

iPod & iTunes

2001年11月17日、iPodが生まれた日

 もうすぐ20年……ですか。初代iPodが発表されたとき、アップル信者からは落胆の溜息が漏れました。事前の噂で、Newtonの後継機が出ると言われていましたし。それが、ただのウォークマンモドキ。まさかコレが世界的な大ヒット製品となり、倒産寸前からiMacで一息ついたAppleの、反転攻勢の足がかりになるとは。本当の転機は、iPodのWindows対応。そして、一時はiPodの会社と認識されていたAppleは、今ではすっかりiPhoneの会社に。そんなiPodが今は絶滅危惧種。生々流転、栄枯盛衰、諸行無常ですねぇ。

【2001年11月17日、HDD搭載で多数の音楽を手軽に持ち歩けた初代「iPod」が発売されました:今日は何の日?】Engadget Japanese 

フラッシュメモリではなく、大容量の5GB HDDを採用することで、家中の音楽を手軽に持ち出せるようにしてくれたのが「iPod」。

このiPodの初代モデルが発売されたのが、2001年の今日です。 

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:00

iPod & iTunes

iPodの父が語る秘話

 倒産寸前であったAppleが、その危機を回避できたのはスティーブ・ジョブズのカリスマ的な指導力と、iMac のヒットがあったからというのは大きいです。しかしAppleが本当の意味で反転攻勢に出ることに成功したのは、iPod の世界的な大ヒットが大きかったでしょう。当初発表された時には、Newtonの後継機のPDAではなかったという、がっかり感の方が大きくて、まさかこれが iPhone や iPad につながる、大きな存在になるとは思ってもいませんでした。その開発秘話もうなかなか興味深い内容です。

【iPodの父、開発秘話をツイート。iTunesのWindows対応も振り返る】Engadget Japanese 

後にiPhoneが開発される基礎となった、携帯デジタル音楽プレイヤーのiPod。その「父」(Father of the iPod)として知られるトニー・ファデル氏が、iPod開発の裏話についてTwitterでいくつか質問に答えています。

ファデル氏は2001年にiPod開発の責任者としてアップルに入社し、2006年〜2008年にiPod上級副社長を務めた人物。そもそも同氏がHDDを搭載した携帯音楽プレイヤーを開発する会社Fuseを創業し、それがアップルに買収されたことがiPodの始まりとも言われています。 

  • 2019.10.07 Monday
  • 22:00

iPod & iTunes

iTunes三分の計

 天下三分の計は諸葛亮孔明の秘策。iTunesも肥大化しすぎた機能を分割して、専門性を高めようということでしょうか? 元々は音楽プレーヤーとして、楽曲のデジタル化と管理を主に行なっていたアプリケーションでした。それがiPodとの連帯によって、一気に用途が広がり、iTunes Music Storeのスタートによって、Apple に巨大な事業の柱を出現させた側面があります。そこから動画のダウンロードや閲覧、Podcast文化の育成など多様な総合アプリとして発展してきたわけですが、ここにきて分割民営化という流れが起きたということで、ある意味で原点回帰。
【iTunes、いよいよ終了か。Music、TV、Podcastに3分割のうわさ】Engadget Japanese  いよいよ来週初め、6月3日(米現地時間)に迫ったアップルの開発者向け会議WWDC 19。その場にて、iTunesの終了が発表されるとの観測が報じられています。 米Bloombergの記者でアップルのインサイダー情報に詳しいMark Gurman氏は、アップルの主要デバイス向けOSの次期メジャーバージョンにつき数々の予測を発表。そのなかで「iTunesの終わり」という項目を設けています。 Gurman氏によれば、2001年の初リリースから音楽を鑑賞したり、映画やテレビ番組を見たり、Podcastを聴いたり、デバイスを管理する統合アプリだったiTunesは終わりを告げるとのこと。 
  • 2019.06.01 Saturday
  • 22:02

iPod & iTunes

iPod touch 2019はA10 Fusionチップ搭載で256GBも用意

 昨日アップするのを忘れていましたが、一時期は噂に登っていたiPod touchが刷新されました。Apple A10を搭載して、Touch IDは非対応で、イヤホンジャックはそのまま残っており、最大で256GB版もあり。これぐらいの大容量だったら、かなりの量の音楽でも同期できますね。我が家ではiPhone7 Plusが事実上のiPod touch代わりになっています。落語とかの音源が結構多いせいで、128GBのiPhone6 Plusではもう収まりきりませんから。これぐらいの大容量なら買い替えも促されそう。
【iPod touch 2019年モデル発表、A10 Fusionチップ搭載で2万1800円から】Engadget Japanese  アップルが突如新型iPod touchを発表しました。プロセッサーにはA10 Fusionを搭載し、ストレージは最大256GBが用意されます。価格は税別2万1800円から。 A10 Fusionといえば、iPhone 7 /iPhone 7 Plus、第6世代iPadに搭載されているプロセッサー。2015年に発売された第6世代 iPod touchのA8プロセッサーからは2世代ほど新しくなって高効率省電力化を実現しています。 アップルはA10 Fusion搭載のメリットについて「従来モデルの2倍のパフォーマンス」がゲームに最適であること、そして「iPodとしては初めて」のAR体験や、グループFaceTimeで威力を発揮すると述べています。 
  • 2019.05.29 Wednesday
  • 23:00

iPod & iTunes

未開封の初代iPodが220万円

 初代iPodが発表されたのは2001年、もうそんなになりますか……。当時のApple信者の反応としては、熱狂をもって迎え入れられた……なんてことはなく。むしろガッカリ感が漂っていました。理由は簡単で、当時のユーザーは生産中止になったNewtonの再来を期待していたから。事前に、どうやらAppleがNewtonの後継機を出すらしいという噂も一部に流れて、期待も高まっていたので。なんだ音楽再生プレイヤーか、という失望感が古参ユーザーの間に広がっていました。それがAppleの、救世主になるとは思いもせず。
【新品未開封の初代iPodが約220万円でeBayに出品。ジョブズが自ら発表したiPhoneの原点】Engadget Japanese  Appleにとって重要な節目となり、後のiPhoneの原点にもなった小型音楽プレーヤーiPod。その初代モデルの未開封新品がなんと1万9995ドル(約220万円)もの価格でネットークションサイトeBayに出品されています。 初代iPodは、2001年10月にApple共同創業者の1人スティーブ・ジョブズ氏が自ら発表した製品。「ポケットに1000曲入れられる」と謳われ、容量5GBの内蔵ハードディスクと2インチのグレイスケール(白黒)LCD画面、最大10時間のバッテリー持続時間とFireWireポート、そして片手で簡単に操作できるスクロールホイールを実装していました。希望小売価格は4万7800円(税別)──発売当時のApple公式リリースもサイト上に残っています。 
  • 2019.05.10 Friday
  • 22:00

iPod & iTunes

iTunes不要、Web上でPodcast再生が可能に

 時代はYouTube、Podcastは地味な存在です。ユーザー数的にも影響力的にも、テレビとラジオの差と同じぐらい差がある存在でしょう。しかしこれは伊集院光さんがよく言うのですが、ラジオのファンは濃く、熱いファンが多いです。作家にラジオのファンが多いのも、聞きながら他の作業ができるという緩さも一因でしょう。そういう意味ではPodcastというのは、個人が擬似ラジオ局を開設できる、優れたツールだと思っています。地味ながらも根強いファンがいる存在としてのPodcastに、自分は期待したいです。
【AppleのPodcast、Web上での直接再生が可能に】iPhone Mania  以前はiTunesを開くことを強要されていたAppleのPodcastの再生ですが、一部のPodcastのWebページに再生ボタンが追加され、iTunesを開くことなくWeb上で直接エピソードの再生ができるようになりました。 再生機能は限られている AppleのPodcastのWeb上での再生機能は非常に限られたものとなっており、「再生ボタン(Play)」しかついていません。早送りや巻き戻しなどの機能はありませんが、iTunesを開くことなくWeb上で直接再生ができるようになったのは大きな一歩です。 
  • 2019.04.14 Sunday
  • 23:00

iPod & iTunes

Mac向けiTunesをMusicとPodcastに分割?

  自分はPodcast大好き人間ですから、音楽再生機能とは別物だと思っていますから、コレはコレで分離した方がヨサゲ。そもそもPodcastは、個人が作れる放送局の側面があり、ラジオ機能とか放送局の機能と同列に扱うべきでしょう。インフラとしてのPodcast機能は大事ですし。というか、専用アプリにして自動ダウンロード機能とか、SNS的な機能も付加して欲しいですし、そこは分けて正解ではないでしょうか。YouTuberほどハデではなくても、堅実で趣味に沿った番組作りができるのがPodcastだと思います。
【Apple、Mac向けiTunesをミュージックとPodcastアプリに分割か】iPhone Mania  AppleはmacOS 10.15の導入に伴い、Mac向けiTunesをミュージックとPodcastアプリとして分割するかも知れません。著名デベロッパーのスティーブ・トラウトン-スミス氏がツイートしています。 macOS向けiTunesの分割 トラウトン-スミス氏は現地時間4月5日、これまでに発見した証拠をもとに、Appleは新しいUIKitベースのmacOS向けミュージック、Podcast、そしてブックアプリを開発中であり、新しいTVアプリと合わせてリリースするとの予測をツイートしました。 各サービス向けに別々のアプリをリリースするというのは、Mac向けiTunesアプリの分割を意味します。Mac向けブックアプリはすでに存在しますが、新バージョン(または別のアプリ)には、オーディオブックも含まれる可能性があります。 
  • 2019.04.07 Sunday
  • 22:00

iPod & iTunes

新型iPod Touchはノッチデザイン?

 たぶん、自分はiPod touchを購入することはもうないので、気にしないのですが。iPhoneXS Maxユーザーとしては、この使いにくいインターフェイスに、iPod touchまでなるのか……といった感想です、はい。自分の友人なんて、iPod classicを違法改造して、中にSSDを内蔵して大容量にして、大量の音楽データをぶち込んでいます。思うに、iPod classicを256GBや512GBのSSD内蔵で販売したら、高くても買う人はいそう。iPod touchは小型iPadとして売った方が、かえって良いんじゃないでしょうか?
【新型iPod touchは全面ディスプレイ? 新アイコン発見!】ギズモード・ジャパン この形はまさに…! 近日中の発表が噂されている、Apple(アップル)の新製品の一つ「新型iPod Touch(第7世代iPod touch)」。海外からなんと、そのデザイン変更を予測させるアイコン画像が登場していますよ! 今回の画像は、気象学者兼デザイナーのJohnathan Mitchell氏が発見したもの。Mitchell氏はiOS 12.2 Beta 4にてコーディングをしていたところ、このアイコンを発見したのです。左側の「HLSipod」は現行モデルのiPod touch(第6世代)を意味していますが、右側の「HLipod2」は未リリースの製品となっています。 
続きを読む >>
  • 2019.03.10 Sunday
  • 23:30