★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
新発見再発見
0
     おなじみブログ『在日朝鮮人から見た韓国の新聞』のエントリー【論破されても、論破されても、同じ事を「新発見!」という韓国】で取り上げられていますが。韓国で『慰安婦強制連行の証拠を発見!』とかの見出しが踊ると、またスラマン事件を何十度目かの新発見したのかなと薄ら笑いを浮かべながら開くと、やっぱりスラマン事件だという。けっきょく、竹島領有にしても慰安婦強制連行にしても、まともな証拠がないのでこういう形で同じ話を手を変え品を変えて、さも信憑性が高まったかのように国民を欺くしかないんですよね。

    【日本の独島領有権主張覆す地図 130年前の日本教科書に】朝鮮日報日本語版

    【ソウル聯合ニュース】日本が19世紀後半に独島を自国の領土と認識していなかったことを示す地図を掲載した日本の検定教科書を、韓国の専門家が確認した。

     東国大のハン・チョルホ教授(歴史教育学)は政府系シンクタンクの東北アジア歴史財団独島研究所が3日に開催した発表会で、岡村増太郎が1886年に編纂(へんさん)した地理教科書「新撰地誌」の内容を紹介した。「新撰地誌」巻3のアジア地図は、日本の国境を赤い線で表示しているが、鬱陵島と独島の海域は日本の領土から確実に外れている。

     ハン氏は「アジア地図に隠岐諸島はあるが、鬱陵島と独島は描かれてもいない。独島を日本領土と認識したならば、島を描いて国境線をもっと上に引いていただろう」と指摘。その上で、「一般的に国境線は、すべての地理情報を総合して表示するという点で、当時日本が独島を認識していなかったことが一層はっきりした」と述べた。 
    続きを読む >>
    【2017.08.08 Tuesday 18:00】 author : 土岐正造
    | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
    架空戦記
    0
        中央日報は、つい最近のアジア金融危機についてさえ、日本が引き金を引いた論を紙面に掲載するほど、レベルが低い新聞です。自分の責任を回避したかった金泳三政権が、そういう形で転嫁をしたかったののに、金大中政権下の韓国国会でキッパリ否定されているのに。なので、100年以上前のことはろくな検証もできず、ムーや架空戦記並みの記事が掲載されるわけで。ただの勤労奉仕であった女子挺身隊が慰安婦にすり替えられ、朝鮮人の挺身隊員は数万人で日本も含め20万人の動員が朝鮮人のみ20万人とウソをつく国民なので、これぐらい当然ですが。

      【大韓帝国は無気力に滅びたのではない】中央日報日本語版

        大韓帝国に対する新たな研究は2000年ごろに始まった。以前はさげすむばかりだった。亡国の責任をすべて押し付けられた高宗(コジョン)と彼の時代は嫌悪の対象だった。恥ずかしく頭の痛い過去だと思い込み、振り返ってみようとさえ思わなかった。2000年、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大名誉教授が出した『高宗時代の再照明』が新たな突破口を開いた。その後、韓永愚(ハン・ヨンウ)ソウル大名誉教授、徐栄姫(ソ・ヨンヒ)韓国産業技術大教授などが相次いで大韓帝国関連の新しい研究の流れを継承していった。

      1894年6月、甲午倭乱の時に侵入してきたが、明成(ミョンソン)皇后殺害に怒った百姓(ペクソン)の武装蜂起と、高宗(コジョン)の俄館亡命で一時退却した日本軍は、1904年(甲辰年)2月に再び侵入して韓半島(朝鮮半島)全域を占領した。日帝の全面侵攻に国軍と民軍(義兵)が力を合わせ、全国各地で6年間にわたってすさまじい「国民戦争」を繰り広げて抵抗した。その時敗北したからと言って、大韓帝国国軍をただの烏合の衆だと下に見るべきではない、と著者は言う。1901年、すでに韓国軍は日帝以外のアジアのどの国も持てなかった3万大軍の「新式軍隊」であり、乙巳勒約(第二次日韓協約、1905年)以降、3万国軍と民軍が合わさって組織された国民軍は14万1815人に達した。清軍とロシア軍に勝った日本軍に戦いを挑み、戦いらしい戦いをした軍隊は、その後米軍を除いては大韓帝国の国民軍しかなかったが、このような事実を私たちは知らずにいる。 
      続きを読む >>
      【2017.08.05 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
      | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
      iPad mini 5準備中?
      0
         ひょっとして、iPad mini 5なのか7.9インチiPad Proなのかはわかりませんが、これは朗報。自分は増えすぎた電子書籍の容量の問題もあり、256GBのiPad Proを購入予定ですが、使い勝手や携帯性などを考えると、7.9インチが非常に良いバランスなんですよね。もしiPad mini 5ではなく7.9インチiPad Proとして発売されるなら、256GB版も用意してほしいもんです。512GB版ならなお良し。プロ化して、存続されるならそれだけでも良いのですが。日本人にはこのサイズが合っていますしね。

        【「iPad mini 5」が準備中!?英小売業者の在庫表がリーク】iPhone Mania

        今年5月に段階的に生産終了と報じられていたiPad miniシリーズですが、英小売業者の在庫システムに、iPad mini 5のモデルや価格などの情報が掲載されていることがわかりました。

        Wi-Fiモデルは32GB版が5.4万円から、128GB版は6.6万円から

        これを報じた米メディア9to5Macによれば、情報提供者はイギリスにある小売店に友人が勤めているそうで、在庫システムにiPad mini 5のモデルや価格などが掲載されていた模様です。 
        続きを読む >>
        【2017.06.05 Monday 12:00】 author : 土岐正造
        | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
        モヘンジョ=ダロの危機
        0
           モヘンジョ=ダロというと、ハラッパーと並ぶインダス文明の中心都市で、上下水道や公衆浴場が完備され、完成された都市国家として出現し、比較的短期間で衰退するなど、古代史的にはロマン溢れる文明なのですが。アーリア人侵入説や中央集権体制、トンデモ説ですが古代核戦争なんてものも。近年の研究だと、どうもインダス川という大河が育んだ文明というイメージとは異なり、モンスーン気候によって支えられた交易都市として発達した、経済人類学的にも興味深い都市構造のようで。京都大学学術出版会の『インダス文明の謎』など、興味深いです。

          【都市遺跡モヘンジョダロ、劣化や戦闘で失われる可能性 考古学者が警鐘】AFPBBニュース

          【6月2日 AFP】強大な古代文明の中心地だったとされるパキスタンのモヘンジョダロ(Mohenjo Daro)の遺跡群は世界最古級の都市遺跡で、水洗トイレや上下水道など、現代のパキスタンにも引けを取らない技術を有していた。

           また考古学者らはこの遺跡群が、紀元前3000年ごろに今のパキスタンとインドなどで栄えていた古代インダス(Indus Valley)文明の謎を解く手掛かりとなると考えてきた。

           しかし、既に放置され時の流れの中で劣化してきたこの遺跡を保護する対策が取られなければ、モヘンジョダロの遺跡群は失われ、歴史上、存在しなかったことにさえなりかねないと、考古学者らは警鐘を鳴らしている。 
          【2017.06.04 Sunday 20:12】 author : 土岐正造
          | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
          1日200円で暮らす方法
          0
             これに対する、ビル・ゲイツ会長の答えが「ニワトリを育てる」です。なんでやねん……とは思わなかったのは、ちょうどアンドリュー・ロウラー著『ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥』という本を読んでいたせいです。東南アジアのセキショクヤケイをルーツとする(単元説と多元説がある)この家畜は、栄養豊富で大きな卵を生み、肉も栄養価が高く、しかも雑食性で人類と食料が重ならず育てることが可能なので、遅くとも4000年前、早ければ8000年前に家畜化された貴重な生物です。

            【「1日200円の生活費であなたはどう暮らしますか?」ビル・ゲイツの回答を聞いて下さい】ギズモード・ジャパン

            ビル・ゲイツの回答「ニワトリを育てる」

            1日200円で生き延びないといけなかったらどうしますか?どんなサバイバル術が思い浮かぶでしょうか。ビル・ゲイツが最近のブログで書いたのはそんな質問に対する彼の回答です。 
            続きを読む >>
            【2017.05.03 Wednesday 18:00】 author : 土岐正造
            | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
            歴史的事実
            0
               韓国にある独立門を、大日本帝国からの独立だと思っている韓国人もいますが、あれは清朝からの独立を記念したもの。李氏朝鮮の初代の国王である李成桂は、高麗王を廃して自身が国王になりますが、明朝から与えられたのは与えられたのは権知高麗国事。国号を朝鮮に決めてもらって、そこでもらったのも権知朝鮮国事と、地方行政の首長のポジション。そういう意味では朝貢国と柵封国をゴッチャにしがちですが、習近平のこの認識は間違いではないです。

              【「朝鮮は中国の一部だった」習近平氏から聞いたと、トランプ氏が発言。韓国で反発広がる】The Huffington Post

              アメリカのトランプ大統領が、中国の習近平国家主席との会談で「韓国は中国の一部だったことがある」との説明を受けたと発言した。

              この発言は、ウォールストリート・ジャーナルが4月12日に掲載したインタビューで飛び出した。6〜7日の米中首脳会談で、習氏から中国と朝鮮半島の歴史についてレクチャーを受けたとして、トランプ氏は以下のように話した。

              彼はその後、中国と朝鮮の歴史を説明した。北朝鮮ではなく朝鮮(半島全体)の話だ。数千年にわたる話で、多くの戦争があった。朝鮮は実際には中国の一部であった。10分聞いた後、それほど簡単ではないことに気づいた 
              続きを読む >>
              【2017.04.20 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
              | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
              被害者は次世代
              0
                 これ、日本と韓国・竹島と独島を入れ替えれば、すべて韓国に当てはまるんですよね。で、実際に韓国の教育を受けてきた人間が、日本に来て日本の豊富な資料に直面して、慰安婦問題にしても竹島の帰属にしても、韓国国内ではいかに情報が遮断され、国内でしか通用しない情報をさも歴史的事実のようにマスコミが政府とグルになって報道しているか、骨身にしみるでしょう。実際、日本語を学ぶと情報的に彼我の差に驚くわけで。韓国は日本からの情報を、国が遮断していますから。その逆はほとんどないのに。

                【「竹島を韓国が不法占拠」教育、最大の被害者は日本の次世代】朝鮮日報日本語版

                 次世代の日本人は、大人になる前から「独島(日本名:竹島)は日本領」という内容を小・中・高校で繰り返し学ぶことになる。

                 文部科学省は24日、全ての高校日本史・地理・政治経済・現代社会の教科書に「竹島は日本領」という記述が入る教科書検定結果を発表した。2014年に小学校教科書、15年に中学校教科書を大きく改めたのに続き、昨年から今年まで2年かけて、高校の教科書も全て書き直された。
                (中略)
                 また、今回の検定で「韓日が慰安婦合意を行った」という記述が高校の教科書に初めて載った。高校の歴史・政治経済の教科書21種類中、13種類に慰安婦関連の記述が載り、このうち7種類に慰安婦合意の記述が含まれた。内容は「韓日両国が最終的・不可逆役に解決した」というもので、日本の高校生は、従軍慰安婦が直面した惨状よりも、韓日両国が合意したという部分に焦点を合わせて歴史を学ぶことになった。

                 韓国外交部(省に相当)は、日本政府に強く抗議した。外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は「誤った歴史観の最大の被害者は、最終的には日本の未来の世代であるだけに、日本政府は責任ある行動を示してほしい」と発言した。

                金真明(キム・ジンミョン)記者 , 東京=イ・ドンフィ特派員 
                続きを読む >>
                【2017.03.25 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
                | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                軍艦島は天国島
                0
                   ああ……ハイハイ、《抵抗の象徴であるロウソクを掲げて命がけの脱出を誓う》ですか。ロウソクデモを投影した、自画自賛映画ってことですね。わかります。なんかもう、朴槿恵大統領を弾劾に追い込んだロウソクデモを、世界四大市民革命だとか自画自賛する韓国人(と日本の左翼)に迎合する内容なんでしょうね。実際に作品を見て批判したいのですが、李舜臣や慰安婦など、反日を題材にした作品は日本ではなかなか公開されませんし、この作品も難しいでしょう。ただ、予告だけでもう史実無視のトンデモファンタジーな映画だろうなと。

                  【今夏公開される韓国映画『軍艦島』の歴史捏造が酷すぎる】NEWSポストセブン

                   今年もおぞましい反日映画が公開される。今回の舞台は2015年にユネスコ世界文化遺産に指定された長崎県の「軍艦島」だ。戦時下の朝鮮人“強制労働”と脱出劇を描くこの作品。一体、どんな内容なのか。

                   * * *
                  「1945年、日帝占領期。海底1100m。脱出することも死ぬこともできない。私たちは、そこを“地獄島”と呼んだ」。

                   こんなフレーズと共に流れる1分ほどの映像。今夏公開予定の韓国映画『軍艦島』の予告編だ。公開されたダイジェストシーンと、本誌の取材で得た情報から作品の内容に迫ってみよう。 
                  続きを読む >>
                  【2017.03.13 Monday 20:00】 author : 土岐正造
                  | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  魏志倭人伝・奴国の銅戈再現
                  0
                     青銅器というと、教科書に掲載されているのは錆びた発掘品ですが、銅と錫の合金ですから、本来は金色から赤みがかった金色の、実に美しい色なんですよね。今回、記事に添付された写真は黄金色に輝いていて、実に美しく神秘的です。銅鐸とか、金色で祭器としての威厳もあったのでしょう。強度の点では鉄のほうが硬くて軽く、圧倒的でしたから銅剣や銅矛や銅戈といった青銅器は、祭器の性格のほうが強かったのでしょう。でも、この黄金の輝きは、威嚇する力が強いでしょう。

                    【魏志倭人伝・奴国の銅戈再現、弥生の技術で鋳造】読売新聞

                     福岡県春日市教委は、2014年に同市の須玖遺跡群・須玖タカウタ遺跡で出土した弥生時代中期前半(紀元前2世紀頃)の青銅器の土製鋳型を分析し、当時に近い技術で再現した鋳型で武器の銅戈どうかを鋳造する実験に成功した。

                     9月に市奴国の丘歴史資料館である考古企画展で公開する。

                     須玖遺跡群は魏志倭人伝に出てくる「奴国」の中枢部とされ、北部九州で青銅器生産の中心的な役割を果たしたとされる。14年に見つかった土製鋳型は、青銅器生産が始まった最初期の技術を解明する手がかりになるとして注目されている。

                     春日市教委は、九州歴史資料館(小郡市)などの支援を受け、コンピューター断層撮影法(CT)による内部構造の把握など、鋳型の分析を進めてきた。 
                    続きを読む >>
                    【2017.03.12 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
                    | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    起源説の不毛
                    0
                       こういう起源説を指摘しても、起源はそうかもしれないが、その後の独自進化で大きく変わっているからなぁ……という感じで、ピンとこないんですよね。着物とか、日本どころか朝鮮やベトナムなどでも、独自進化していますし。日本等など、室町時代には中国に逆輸入されています。むしろ、四川省の豆腐や納豆が、日本の物にとても良く似ていて、これは中国起源だなぁと納得できるんですよね。それは、キムチのもととなった四川泡菜などもそう。食は中華にありで、タイなどに行っても中華料理の影響の大きさを実感します。

                      【日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴に=「われわれはふ抜けだったのだから仕方がない」―中国ネット】Record China

                      2017年3月4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本に取られた中国の伝統文化が今では日本の象徴になってしまっているとする記事が掲載された。

                      記事が紹介した「日本に取られた中国の伝統文化」は、日本刀、畳、和服、相撲、芸者、さしみと寿司、下駄、洛陽、桜、茶道だ。

                      記事によれば、日本刀は唐刀を模倣したもので、その後日本は改良を加えていったのだという。また、畳の起源は漢王朝にあり、隋や唐の時代に中国式の家具として広まっていたものが日本に伝わったのだと主張した。  
                      続きを読む >>
                      【2017.03.07 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
                      | 歴史雑学・蘊蓄 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム