Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歴史雑学・蘊蓄

マヤ文明のルーツ

 マヤ文明と言うと、ユカタン半島現在のメキシコなどに栄えた文明で、高度に発達した天文学と、ピラミッドに代表される建築物で有名な文明です。メキシコと言うとテオティワカン遺跡への太陽のピラミッドと月のピラミッドが思い浮かびますが、こちらはアステカ文明の遺跡です。アステカ文明は、15世紀中盤から16世紀中盤ぐらいまでに栄えた文明で、3000年近く前に栄えたマヤ文明とは、別物です。同じく巨大なピラミッドが印象的な両文明ですが、マヤ文明は北米の文化のルーツとも言える重要な文明です。

【マヤ文明で最大の建造物見つかる 「文明観を覆す発見」】朝日新聞
 

 古代マヤ文明の遺跡の調査を進める日本や米国、メキシコなどの研究チームが、メキシコ南部のアグアダ・フェニックス遺跡で、同文明で最大とみられる建造物を確認した。南北約1400メートル、東西約400メートルにわたっており、祭祀(さいし)用とみられる。社会的な階層がはっきりしていない紀元前1千〜800年に築かれたとみられ、研究チームは「社会的な不平等が小さくても大規模な共同作業ができることが示され、従来の文明観を覆す発見だ」としている。

 4日、英科学誌ネイチャーに発表した。

 米アリゾナ大の猪俣健教授や茨城大の青山和夫教授、岡山理科大の那須浩郎准教授らの研究チームは2017年から、グアテマラ国境近くのタバスコ州で航空レーザー測量や地上探査を実施。18年、森林や牧草地が広がる一帯の地下にアグアダ・フェニックス遺跡を発見した。調査を進めたところ、遺跡には南北約1400メートル、東西約400メートルにわたる大きな建造物があることが分かった。 

続きを読む >>
  • 2020.06.04 Thursday
  • 18:00

歴史雑学・蘊蓄

聖書博物館の死海文書はすべて偽物

 死海文書と言うと、庵野秀明監督のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ですっかり有名になってしまいましたが。キリスト教文化圏の人たちにとっては、世紀の大発見。それまで最古とされていた聖書の写本が、一気に1000年ほども遡ったのですから、当然と言えば当然ですね。しかも時代的に、イエス・キリストが生まれた時代と同時代の資料ですから。非キリスト教文化圏の人間からすると、前漢時代の銀雀山の墳墓から発見された、大量の漢籍の資料の方が世紀の大発見なんですけどね。しかし、貴重なモノであったが故に、こういう詐欺も。
【聖書博物館が所蔵する「死海文書」16点、すべて偽物だった】ナショナルジオグラフィック
 

 米国ワシントンDCの聖書博物館が所蔵する「死海文書」が、すべて偽物であることが判明した。死海文書は、今から1800年以上前に書かれたとされるヘブライ語の聖書とその写本で、聖書博物館の4階常設展示室には16点の断片が展示されていた。

 博物館が依頼していた外部の調査チームは3月13日、これらが真っ赤な偽物であるという結果を発表した。どれも収集家、博物館の創立者、世界的な聖書学者をも欺くほど精巧に偽造されていた。 

  • 2020.03.26 Thursday
  • 20:00

歴史雑学・蘊蓄

日本人のルーツ

 日本人のルーツに関して言えば、諸説入り乱れていますが。何千年、何万年という長いスパンの中で断続的にいろんな地域から流入してきたというところが、無難なところでしょうか。例えばこれは稲作の伝播にしてもそうで、寒冷な朝鮮半島を経由して稲作が伝播するというのはおかしな話で、現在の浙江省あたりの濃厚漁労民が、6000年ほど前に伝えたというのが、プラントオパールの研究に基づく近年の学説の一つだったりもします。個人的には、南方からの流入が多かったと考えています。

【3万年前に最初の「日本人」が乗り越えた大きな壁】ブルーバックス
 

あなたは、日本史の授業で「氷期の頃の日本とアジア大陸は陸続きだったので、最初の日本人はナウマンゾウを追って陸路を歩いて日本にやってきた」と教わりませんでしたか?

じつは、最近の研究でこの説が「誤り」だということがわかったのです。では、太古の日本人はどうやって来たのか。彼らが小舟を漕ぎ、命がけで荒波を越えた姿を再現しようとする冒険が、昨夏におこなわれました──。 

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 20:00

歴史雑学・蘊蓄

また韓国の歴史改変

 Wikipedia先生は、《間島事件(かんとうじけん)または琿春事件(こんしゅんじけん)とは、朝鮮と国境を接する間島の一部である中華民国吉林省の琿春が1920年9月12日と10月2日の2回にわたり馬賊などにより襲撃された事件。》と説明されていますが……韓国の手にかかると、独立運動家たちが大虐殺された事件ということになるようで。ちょうど100年前の出来事ということで、無理やり盛り上げたい意図があるのでしょう。それも、青山里戦闘とセットで。

【「間島大虐殺」の全容報告書が100年ぶりに韓国国内初公開】東亜日報日本語版
 

「燃料を死体の上に置いたとき、一人の負傷者が立ち上がろうとしましたが、すぐに銃剣で刺して炎の中で燃やして死なせたそうです」

1920年10月30日、中国吉林省龍井村から北東に10キロ離れた韓国人の村チャンアムドンに日本軍が押し寄せた。日本軍は、「不逞鮮人(日本帝国の命令に従わない韓国人)を焦土化する」として、良民の首を切って銃で撃ち、家や教会に火をつけて生きたまま燃やして殺した。間島慘變(庚申慘變 、間島大虐殺)だった。その翌日、カナダのキリスト教長老会のFoote宣教師は、マーティン龍井村チェチャン病院長と一緒にこの残酷な現場を調べて記録に残した。

これまで、部分的に知られていた彼らの証言が含まれた報告書と手紙が、100年ぶりに韓国国内で初めて公開された。キム・ヨンオク陸軍士官学校教授が最近翻訳出版した「間島出兵史」を通じてだ。間島出兵史は、朝鮮軍司令部が1920年の「間島作戦」の全容を込めて、1926年に日本陸軍省に送った秘密文書だ。キム教授は、「間島出兵史には、庚申慘變の残酷な様子についての宣教師たちの生々しい証言はもとより、日本軍が密偵を通じて把握した間島一帯の独立軍の現状と武官学校の所在地などが含まれており、独立運動史の研究に貴重な資料になるだろう」と語った。

趙鍾 jjj@donga.com 

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 21:00

歴史雑学・蘊蓄

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡は卑弥呼の鏡か?

 自分たちが子供の頃は、景初三年の銘がある三角縁神獣鏡が卑弥呼の鏡と呼ばれたものです。ところが後に景初四年の銘がある三角縁神獣鏡が発見され、しかもその数が100枚どころでない数で全国から出土したため、これはレプリカだろうという話になってしまいました。金銀錯嵌珠龍文鉄鏡は、その名の通り金や銀を使った象嵌が施され、ルビーや翡翠、トルコ石などの宝石まで埋め込まれています。これが、同時代の曹操の墓からも同じ寸法の鉄の鏡が出動しているのですから、特別な鏡であることは間違いないでしょう。

【卑弥呼の鏡「可能性高い」 大分・日田で出土の鉄鏡「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」 中国・曹操陵の発掘責任者が見解】佐賀新聞
 

 「三国志の英雄」として知られる曹操(155〜220年)の墓「曹操高陵」を発掘した中国・河南省文物考古研究院の潘偉斌(ハン・イヒン)氏が、大分県日田市のダンワラ古墳出土と伝わる国重要文化財「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(きんぎんさくがんしゅりゅうもんてっきょう)」を、邪馬台国の女王・卑弥呼がもらった「銅鏡百枚」の一枚である可能性が高いとする見解を明らかにした。佐賀新聞社の取材に応じた。
(中略)
 潘氏は、九州国立博物館で開催中の特別展「三国志」のために来日し、九州大学、東京国立博物館、九州国立博物館の研究者らとともに、ダンワラ古墳出土鉄鏡と、曹操墓出土鉄鏡の共通点などを議論した。

 二つの鉄鏡も直径が21センチと同一で、曹操墓の鉄鏡もX線調査の結果、金錯が確認できた。研究者らは「いずれも2〜3世紀の中国において『御物』など最高級に位置付けられる貴重な鏡である」という見方で一致した。 

  • 2020.01.03 Friday
  • 20:00

歴史雑学・蘊蓄

屈折ピラミッドが半世紀ぶり公開へ

 エジプトには数多くのピラミッドが存在しますが、この屈折ピラミッドは人でも重要なピラミッドの一つ。このピラミッドの建設途中で別のピラミッドが崩壊するという大事故が起こり、途中からピラミッドの角度を変えた結果このような奇妙なピラミッドになったとされています。この屈折ピラミッドの直後に作られた新たなピラミッドは、傾斜角がグッと平たくなり、ピラミッドの構造を見直すきっかけになったとされています。あくまでも仮説ですが興味深いですね。
【古代エジプトの「屈折ピラミッド」半世紀ぶりに公開へ】NHKニュース  古代エジプトのピラミッドで斜面の角度が途中から緩やかに変わる珍しいピラミッドがおよそ半世紀ぶりに一般に公開されることになり、新たな観光資源になると期待されています。 このピラミッドは首都カイロから40キロ南のダハシュールにあり、およそ4600年前の紀元前2600年ごろにつくられたとされています。 高さはおよそ30階建てのマンションに相当する100メートル余りで、通常のピラミッドと異なり、斜面の中間付近で角度が緩やかに変わることから「屈折ピラミッド」と呼ばれています。 1965年から調査などのため一般の立ち入りが禁止されてきましたが、このほど修復作業を終えて54年ぶりに一般に公開されることになり、13日、メディアなどに公開されました。 
  • 2019.07.15 Monday
  • 22:00

歴史雑学・蘊蓄

精神論を言い出した文在寅大統領

 韓国では英雄しされる李舜臣将軍ですが、逆に言えば救国の英雄がこの程度の人物しかいないという逆説。映画『鳴梁(邦題:バトル・オーシャン 海上決戦)』では寡兵をもって日本の大船団に勝利した英雄として描かれていますが、現実的には日本水軍の先鋒を叩くことに成功したものの、制海権を失っていますから、戦争目的の達成という観点では、完全な敗北です。そして露梁海戦では、休戦協定を破って背後から急襲・待ち伏せ攻撃を仕掛け、返り討ちにあって死亡という、情けない英雄でしかないのですが……。
【対日総力対応の文大統領、李舜臣に言及して「12隻で国を守った」】中央日報日本語版  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日、忠武公(チュンムゴン)李舜臣(イ・スンシン)将軍に言及した。 文大統領はこの日、10回目の全国経済ツアーの日程として全羅南道務安(チョルラナムド・ムアン)にある全南道庁を訪問し、「全南は歴史の水の流れを正してきた」とし「忠武公李舜臣将軍の護国精神が立ち上がった場所」と述べた。「三・一独立運動の主役」とも述べた。 文大統領は続いて「全南住民が李舜臣将軍と共にわずか12隻の船で国を守った」と強調した。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時、12隻の船で倭軍に対抗して勝利したエピソードを紹介した部分は当初配布された原稿にはなかった内容だった。  
  • 2019.07.13 Saturday
  • 20:10

歴史雑学・蘊蓄

国連で語られた徴用工の真実

 韓国でもまともな研究者はまともなんですが、そういう人は数の暴力に晒され、小突き回され、謝罪と撤回を強要されます。韓国では戦時徴用が、アウシュビッツ収容所やシベリア抑留のような強制労働であったかのように書き立て、フィクションだらけの映画でそれを補強しています。しかし、先頃亡くなられた明石家さんまさんの師匠である笑福亭松之助師匠が徴用工であり、後に年金が出たように、他の国の戦時徴用とほとんど同じです。炭鉱労働者はむしろ、身体ひとつで稼げる花形産業だったわけで。
【国連シンポで主張された「朝鮮半島出身労働者」研究の中身】アゴラ  1日の産経は「韓国研究者「徴用工差別は嘘」2日の国連シンポで主張へ」と題して、2日に国連欧州本部で開かれるシンポジウムで韓国の落星台経済研究所の李宇衍氏が発言することを報じた。同所は日本統治期の韓国の経済状況を克明に研究した「大韓民国の物語」の著者李栄薫ソウル大名誉教授が理事長だ。 時あたかも、昨年秋からの文政権による、日本が韓国に対して不信感を懐くよう仕向けるような一連の行為、…慰安婦合意破棄、徴用工判決、レーダー照射などきりがない…、に日本政府がついに重い腰を上げ、半導体重要素材3品の輸出厳格化とホワイト国からの韓国除外を公表した。 レーダー照射は言うに及ばず、竹島占拠と文在寅らの要人上陸なども、ある種の戦闘行為だ。日本政府が今回の措置を「安全保障を目的とした輸出管理制度の適切な運営に必要な見直しだ」とし、「韓国との信頼関係の下で輸出管理に取り組むことが困難」としたのは当然だ。 
  • 2019.07.06 Saturday
  • 20:00

歴史雑学・蘊蓄

大竹耕太郎投手、今季初勝利

 涙で声をつまらせてのヒーローインタビュー、コッチもジーンと来ました。  本来なら、月間MVPクラスの活躍だったのに、無援護で未勝利。
  • 2019.05.02 Thursday
  • 22:20

歴史雑学・蘊蓄

三種の神器

 八咫鏡・草薙剣・八尺瓊勾玉が三種の神器。イギリス人から見ると三種の神器は、伝説のアーサー王の神剣エクスカリバーのような物として、捉えているのでしょうか?三種の神器は正確にはレプリカです。レプリカという表現がちょっと語弊があるかもしれませんが、草薙剣と八咫鏡は、それぞれ本体が熱田神宮と伊勢神宮に鎮座しています。源平合戦の壇ノ浦の戦いで沈んだのもレプリカです。本来の神の御霊を分祀するように、依り代として三種の神器の草薙剣と八咫鏡を、皇居に置いているということです。八尺瓊勾玉だけが、レプリカではなく本物です。
【【解説】 「三種の神器」、皇室が持つ謎の宝物】BBCニュース  日本では4月30日、天皇が退位され、5月1日に皇太子徳仁親王が新たな天皇に即位される。 天皇の退位と即位は、どちらも神道の象徴的な儀式に彩られる。その中心となるのが「三種の神器」と呼ばれる、皇位を象徴する宝物だ。 三種の神器の起源や所在は謎に包まれているが、それらにまつわる神話は日本の歴史から現代のポップカルチャーまで広く浸透している。 
続きを読む >>
  • 2019.05.01 Wednesday
  • 20:00