★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
Appleがアメリカに還流させる3500億ドル
0
     トランプ大統領が、外国に環流させているカネをアメリカ国内に戻すよう減税措置を打ち出したので、近頃は何かと批判が多いAppleが、動いたという構図。30兆円ものキャッシュ・フローを持つAppleですから、こういう思い切った行為もできるのでしょう。実際、儲けているアップルへの批判は根強く、本社の社員用シャトルバスに投石される有様ですし。貧困層は暴徒化するので、儲ければ善いというモノでもないです。しかし、それにしても6500億ドルは桁違いですね。これよりも予算が多い国連加盟国のほうが、すく少なさそう。

    【Appleは今後5年間で米国経済に3,500億ドル(約38兆円)規模の貢献】iPhone Mania

    Appleは17日に「Appleは米国の投資と雇用創出を加速」と題するプレスリリースを出し、同社の活動がアメリカ経済の現状と将来にどれほど好影響を及ぼしているかを説明しています。

    直接的な貢献は38兆円

    Appleはアメリカ国内のサプライヤーからの部品調達や投資、従業員への賃金支払いなどを通して、今後5年間で3,500億ドル(約38兆円)の直接的な貢献をしていくとしています。 
    続きを読む >>
    【2018.01.19 Friday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    Appleがゴメンナサイ
    0
       これ、Appleが勝手にアップデートするのではなく、バッテリーが劣化したらアプリのフリーズやシャットダウンが起きるので、それに対処するモードも用意しました、選択できますって形で発表していたら、むしろ賞賛されたでしょうね。大企業が消費者の財布を狙って、裏でコソコソ悪辣なことをしてるんじゃないか……と、疑われたからこそ集団訴訟だ説明しろと、世界的な大騒ぎになったわけで。そこに思いが至らなかったとしたら、Appleの問題だと思いますし。自分はm選択できるならそのモードを選びますけども。

      【アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」】Engadget Japanese

      アップルのCEOティム・クックが、古い iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデートを予告しました。

      今後の iOS ではバッテリーの劣化状況をユーザーが把握しやすくなるほか、不意に落ちる現象を抑えるための意図的な処理速度抑制(スロットリング)の有効・無効をユーザーの意思で選べるようになります。

      長年使い続けた iPhoneの挙動が遅くなりイライラしているユーザーからすれば、「低速化は意図的でした。設定で無効にもできます」と聞けば、「当たり前だ早くもとのサクサクに戻せ!」と言いたくなるのは自然です。

      しかし「意図的な低速化」が批判されて以来、アップルが説明不足をわびつつ釈明を続けてきたとおり、「意図的な低速化」は劣化したバッテリーの出力不足で突然落ちる現象を防ぐための処理速度制限(スロットリング)。
       
      続きを読む >>
      【2018.01.19 Friday 12:00】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      Appleがコメディ番組制作
      0
         Appleは今後、独自コンテンツの確保に動くというのは何度も書いていますが、これは盲点でした。テレビ的なコンテンツで言えば、ドラマと音楽番組はすぐに思いつきましたが、あんぎコメディ番組って発想がなかったのは、アメリカのゲストを迎えてのナイトライブショー的なコメディ番組が、近年はあんまり無いからでしょうか。コント番組とか、作り込んだ笑いは少なくなる一方ですし。アメリカのスタンダップ・コメディの伝統は日本とは異なりますしね。コンテンツとしては、ドラマ・アニメ・音楽・コメディと、柱になるでしょう。

        【Apple、独自のコメディ番組制作を発注、主演はクリステン・ウィグ】iPhone Mania

        Appleが、女優のクリステン・ウィグが主演する30分のコメディ番組(10エピソード分)の制作を発注したと、エンターテインメント業界誌Varietyが報じています。

        「サタデー・ナイト・ライブ」ブレイク女優が主演

        同テレビ番組は、ベストセラー作家カーティス・シッテンフェルドの短編集が原作となっています。主演のクリステン・ウィグは2005年から2012年まで出演した「サタデー・ナイト・ライブ」でブレイク、以降は「ブライドメイズ」「ゴーストバスターズ」などの映画を中心に活躍しており、今回のコメディ・シリーズはサタデー・ナイト・ライブ以来初のレギュラーTV出演となります。 
        続きを読む >>
        【2018.01.18 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
        | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
        iPhone以外は大丈夫
        0
           この問題も、イロイロと長引きそうですね。自分は、iPhone6 Plusもアップデートしましたが、特に処理速度に変化を感じません。iPad Proは最初からiOS11でしたしね。もともと、そんなに負荷の高い作業をやっていないせいもありますが。そういう立場のユーザーからしたら、多少の処理速度の低下より、バッテリーのセーブモードの方がありがたいのですが。てなことを書こうとしたら、iPhone6Plusが突然のシャットダウンという、不審な動きを見せました。処理が追いつかず、飛んでしまった?

          【iPadやiPod touch等「iPhone以外のアップル製品」は電池劣化で性能低下せず。アップルがサポート文書で言及】Engadget

          電池劣化したiPhoneのパフォーマンスを近年のiOSが意図的に低下させていた件に関連して、アップルは「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」と題したサポート文書で「電源管理機能(速度の低下)はiPhone 固有のもので、他の Apple 製品には適用されません」と明記しました。

          ここで言う他のアップル製品といえば、iPadシリーズやiPod touchシリーズ。これらはバッテリー性能の劣化があったとしてもパフォーマンス低下をしないと、公式に約束した格好です。

          2017年末に発覚して以来、いまだに物議をかもしているバッテリー劣化iPhoneの性能低下問題。フランスでも消費者団体がアップルを告訴したことを受けて、現地検察局が予備的調査に着手したことが報じられました。ロイター記事によると、フランスの国内法では「買い替え需要を高める目的で製品の寿命を故意に縮めた場合、年間売上高の最大5%相当の制裁金が科される可能性がある」とのこと。 
          続きを読む >>
          【2018.01.15 Monday 22:00】 author : 土岐正造
          | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
          新型iPhone X/X Plusや新型iPad Proが登場?
          0
             Appleは思ったより早い段階から、iPhoneXの企画を温めていたようで。つまり、Appleなりに熟考の末に、Touch IDからFace IDへと舵を切ったわけで。実際に売れ行きも好調なことから、iPadもこの方向を推し進めるようです。自分は昨年、iPad Proを購入しましたので、しばらくはホームボタンとTouch IDのある生活ができるのですが。でも次に買い換えるときには、Face IDが当たり前になっているのでしょうか? それとも、全面センサーの採用でTouch IDが併用される状態になっていたりして。

            【LGがFace IDパーツの生産に参加か。やはり今年は、新型iPhone X/X Plusや新型iPad Proが登場?】ギズモード

            あっちもこっちもFace ID?

            iPhone Xに搭載された顔認証機能「Face ID」は発売当初、生産難が噂されたものの、今ではiPhoneになくてはならない機能となりました。そしてそのFace IDについて、LG関連企業のLG Innotekが部品を提供するとの報道が登場しているのです。

            The Investorの報道によると、LG InnotekはFace IDで利用される3Dセンシングモジュールとカメラモジュールを生産するために、追加施設を建造するそうです。この3Dセンシングモジュールは投光イルミネーターやドットプロジェクターを含むとのこと。これらの部品は、Face IDを構成する「TrueDepthカメラ」の解説でもう何度も聞いた単語ですよね。

            なお今回のLGによる部品供給の報道によって、iPhone Xの後継機だけでなく6.5インチのiPhone X Plus(仮称)やFace IDを搭載した新型iPad Proが今年投入される可能性がかなり高まったといえそうです。昨年導入されたiPhone Xから一気に顔認証機能がスタンダードになるスピード感には驚かされますね。あ、でもFace IDの搭載でお値段が上がらないか、ちょっと心配かも…。 
            続きを読む >>
            【2018.01.12 Friday 12:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            Appleの独自ドラマ『See』製作順調
            0
               『ハンガー・ゲーム』自体は、そこまで思い入れはない作品ですが、ゲーム化とかスピンアウト作品が描きやすい素材だなぁと思ったもんです。Appleとしては、コンテンツが今後の大きな富を生むと気付いていますからね。もちろん、STAR WARSレベルの大ヒットとはいきませんが、安定してコンテンツを供給することが大事。もちろん、100億だ200億だという莫大な予算をかけた作品は、Appleでも冒険でしょうけれど。10本に1本のヒット作があればペイできるような構造が大事でしょう。

              【アップル、未来が舞台の壮大な独自ドラマ「See」製作。「ハンガー・ゲーム」シリーズの監督がメガホン】Engadget

              アップルが映画「ハンガー・ゲーム」第2〜4作の監督フランシス・ローレンスを監督に迎えた、新たなオリジナル番組を製作する模様です。エンタメ情報サイトDeadlineによると、脚本は1920年代の英国ギャングを扱ったドラマ「Peaky Blinders」などで知られるスティーブン・ナイトが担当し、未来を舞台とした壮大なドラマになるとのこと。

              アップルは2017年6月にソニー・ピクチャーズから「ブレイキング・バッド」などに携わった役員2名を迎え入れて以降、スピルバーグ製作総指揮のリブート版「世にも不思議なアメージング・ストーリー」、ジェニファー・アニストン主演のドラマ、さらに「バトルスター・ギャラクティカ」などを手がけたロナルド・D・ムーアによるSF作品にゴーサインを出したことが報じられています。

              4作目となる今回のドラマは、出演者やあらすじなどはまだわかっていないものの全8話構成になるのではと予想されています。 
              続きを読む >>
              【2018.01.11 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              子供を守るApple
              0
                 スマホ依存症というのは、アルコールやドラッグと言った、本当の意味での依存症とは異なると思うんですよね。自分も、今の生活にはスマートフォンがないと困る生活になっていますが、それは依存症というのとはちょっと違う。便利なアイテムなので、使い勝手が良く、使用頻度が高いだけ。でも、新しいアイテムが登場すると、子供がそこにドップリになり、それを危惧する大人という構図は、テレビにしてもゲームにしても同じ。自慰をやり過ぎて馬鹿になるという危惧と、実は大差ないように思えます。

                【Apple、子供を守るための新機能をもうすぐiOSに追加か】iPhone Mania

                Appleは、大株主から子供のスマホ依存症への対応を迫られたことを受け、子供を守るための新機能の実装と、既存のペタレンタルコントロール機能の改善にすでに取りかかっているようです。

                若年層のスマホ中毒者への対応求める

                Appleの大株主であるJana PartnersとCalifornia State Teachers’ Retirement Systemは6日、Appleに対して公開状を共同発信しました。

                公開状には、若年層の間に広がるスマートフォン依存がもたらす将来への危険性について、過去の研究結果と共に、切々と綴られていました。 
                【2018.01.10 Wednesday 12:11】 author : 土岐正造
                | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                スピード感を失ったApple
                0
                   スティーブ・ジョブズの時代に比較して、ティム・クックCEO時代になって製品の開発サイクルが2倍になってしまったとのこと。コレはある意味で、仕方がない側面があるでしょう。カリスマ型の創業者の、一歩先の時代を読む目は組織を急成長させますが、成長した後もそれをやっていては、倒産の危機が常に付きまといます。だからこそ、徳川家康はさっさと将軍職を、武将としては凡庸な秀忠に譲り、大御所政治を行ったわけで。馬上で天下を取れても、馬上で天下は治められないと儒者に諫められた、漢王朝の高祖・劉邦の故事と同じです。

                  【Apple製品の発表から発売の期間、クックCEO就任後はジョブズ時代の2倍】iPhone Mania

                  ティム・クック氏がAppleの最高経営責任者(CEO)に就任してからの6年間で、Appleの新製品発表から発売までの期間が、スティーブ・ジョブズCEO時代と比べて2倍に伸びている、と米紙Wall Street Journalが分析しています。

                  新製品発売が延期されることの増えたApple
                  Appleは、HomePodを2017年6月に発表した際は、12月に発売予定と予告していましたが、11月中旬に「2018年初頭」へと延期しました。結果として、AIスピーカーが注目された2017年のホリデーシーズン、Appleは、AmazonやGoogleに置き去りにされてしまいました。

                  このほか、AirPods、初代Apple Watch、Apple PencilやSmart Keyboardといった製品の発売が、当初の発表よりも遅れています。 
                  続きを読む >>
                  【2018.01.06 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Apple A12はTSMCが全受注
                  0
                     SamsungやTSMCの活躍を見て、なぜ日本の電子機器メーカーは彼らのようになれなかったのかと、嘆く人がいます。でも、どうも日本はOSとCPUに関しては、昔からダメですね。トロンとか、興味深いOSもあったのですが、企画化の段階でダメ。ここでアメリカがトロンを潰したという陰謀論に逃げてるからダメであって。欧米に対する、標準規格化や共通化において、日本は下手を打ち続けたわけで。これは、外交の巧い国なら、ハル・ノートを逆手にとって、諸外国にアメリアの横暴を訴えて外交に生かせたと言われるのと同じです。

                    【2018年の新型iPhone、TSMCが「A12」プロセッサ全部を製造するそうな】ギズモード・ジャパン

                    TSMC、入ってる。

                    iPhoneに搭載される「Aシリーズ」プロセッサでは、長らくSamsung(サムスン)とTSMCが生産の受注を争ってきました。そしてDigiTimesの報道が正しければ、今年の新型iPhoneに搭載される「A12」プロセッサはTSMCが全量を生産することになりそうです。

                    今回の報道によれば、A12プロセッサは7nm(ナノメートル)プロセスルールを採用します。これは「iPhone X」に搭載されている「A11」の10nmプロセスよりも微細で、さらなる省電力化や処理性能の向上が見込めそうです。 
                    続きを読む >>
                    【2018.01.05 Friday 22:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    App Storeは元日だけで売上3億ドル
                    0
                       かのスティーブ・ジョブズは、App Storeをオマケぐらいに考えていたようで。MacがWindowsに敗れた最大の理由は、主要な商用アプリの差ではなく、無料のフリーアプリの圧倒的な差。ジョブズも、アプリを軽視していたわけではないでしょうが、まさか新たなプラットフォームとしてiOSがここまで認知されるとは思っていなかったわけで。それにしても、元日だけで3億ドル。小国の国家予算並みの売り上げって印象です。Mac・iPhone・iPad・Apple Watchというハードウェアに対し、ソフトウェアの事業の柱ですね。

                      【App Storeアプリが2018年元日だけで300億円以上を売り上げ記録を更新】GIGAZINE

                      Appleがクリスマスシーズンと新年早々のアプリ販売記録を更新したと発表しました。2018年1月1日だけで3億ドル(約340億円)という驚異的な売り上げをたたき出しています。

                      App Store kicks off 2018 with record-breaking holiday season - Apple
                      https://www.apple.com/newsroom/2018/01/app-store-kicks-off-2018-with-record-breaking-holiday-season/

                      Appleが2017年末のクリスマスシーズンから2018年正月にかけて、App Storeのアプリ販売記録が更新されたと発表しました。2017年12月24日から7日間のクリスマスシーズンの売り上げは8億9000万ドル(約1000億円)で、2018年1月1日の元日だけで3億ドル(約340億円)だったとのこと。 
                      【2018.01.05 Friday 12:34】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム