Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

Appleが独自QRコードを開発中?

 QRコードって、割と便利に使っているのですが、味気ないと言えば味気ないです。いや、正確には、ただのURLに比較すれば、ずっと味わいがあるんですが。最初に見たとき、これをスマートフォンのカメラで読み込むだけで、複雑なURLも間違わず拾えて、べんりだなと思ったもんです。そこで、発想が止まってしまって、更なる進化の可能性が閉ざされていたのですが。こういうのって、Appleらしい発想ですね。商業主義と遊び心を融合させる。イラストとセットにすることで、他者も真似しやすいでしょうし。

【アップル、円形やスタバのロゴ入り独自QRコードを開発中?iOS 14(仮)から手がかり】Engadget Japanese
 

2020年3月、アップルがiPhoneやiPadにQRコードを読み込ませ、それに応じて起動するARアプリ(コード名は「Gobi」)を開発中との手がかりが、次期システムソフトウェアiOS 14(仮)のコードから発見されていました。

そのためと思しきアップル独自開発によるQRコードの画像が、Twitterや個人ニュースレター上で公開されています。 

  • 2020.05.22 Friday
  • 23:00

Apple

HomePod新モデルが来る?

 Appleのホームパッドが品薄になっているようですし、社員に対して割引販売も始めたとの出ています。要するに、在庫を一掃したいのでしょう。そうなると新型が発売ということになる可能性は高いのですが。しかし新型と言っても、いったいどこがどう変わるか想像もつきません。これは自分自身が、スマートスピーカーにさほど興味がないというのもあるのですが。それ以上に、Appleがライバルである他社のスマートスピーカーと、どう差別化するかがよく見えないせいでしょう。値段を下げるだけでは、AmazonにもGoogleにも追いつけないでしょう。

【アップル社内でもHomePodディスカウント販売が拡大か。やはり新モデルは近い?】ギズモード・ジャパン
 

先日のHomePodの一時売り切れに続き、さらなる続報です。現在Apple(アップル)の社員は、HomePodを10台まで割引価格で購入できるようです。 

  • 2020.05.21 Thursday
  • 23:00

Apple

AirPods StudioとAppleの中国離れ

 AppleのAirPodsシリーズに、オーバーイヤー型のヘッドフォンが登場するという噂はすでにエントリーにしましたが。その生産工場の一部が、中国からベトナムにシフトするという情報が出てきました。新型コロナウイルスによって、アメリカと中国の対立が深刻化しているのですが、これは非常に象徴的な動きに思います。Appleの製品は中国の工場で組み立てられているのは周知の事実ですが、チャイナリスクの高まりとともに、中国からの撤退を始めた企業は多いです。しかしAppleほどのインパクトを与える企業は、そんなにないでしょうね。

【アップル製ヘッドホン「AirPods Studio」、2020年夏〜秋に発売?一部はベトナム生産で「中国離れ」か】Engadget Japanese
 

アップルはBeatsブランドではないオーバーイヤーヘッドホンを準備中であり、製品名が「AirPods Studio」との噂は先日も報じられたばかりです。

その未発表ヘッドホンが当初からベトナムで製造予定であり、アップルが「中国から離れて、生産拠点を多様化する」ことを目指す一環との観測が伝えられています。 

  • 2020.05.21 Thursday
  • 21:00

Apple

Apple TV+で古い映画やドラマが見放題に?

 自分はAppleTVには食指が動かないのですが、Appleの動画配信サービス自体は割と重宝して使っています。大映映画のコンテンツとか充実していたので、座頭市や大魔神といったコンテンツを意識かなり見まくっていましたし。しかしながらAppleの各種サービスに関しては、Amazonに比較するとまだまだだなとは思います。ここら辺はやはり、Amazonの方が一日の長があるなと思います。それはiBooksの、電子書籍サービスにしても同じ。Amazonにいろんな部分で負けてしまっています。コンテンツの充実を図りたいのでしょうけれど。

【Apple TV+で古い映画やドラマが見放題になるかも〜Netflixなどに対抗か】iPhone Mania
 

Apple TV+は現在、Apple独自のコンテンツのみを見放題で配信していますが、将来的には他の動画サブスクリプションサービスと同じく、往年の映画やドラマも見放題の対象となる可能性があります。

複数のハリウッドスタジオと契約へ

匿名を条件に事情通がBloombergに語ったところによると、AppleはApple TV+で配信するために複数のハリウッドスタジオと契約し、一般公開された映画やドラマの権利獲得に動いているようです。 

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 23:00

Apple

Appleを中国政府が信頼できないエンティティリスト追加

 米中経済戦争……という表現をすると、大げさだという人もいますが。実際の兵器を使っての戦争というのは、第二次世界対戦以降は局地戦に留まっています。全面戦争は人類の滅亡を意味しますし、滅亡はしないにしても莫大な人的被害が出るのは確実。なので米ソの冷戦も経済戦争という形で行われ、アメリカはソビエト連邦を戦わずして屈服させると言う、孫子の兵法の理想型を実現したわけですが。中国に対しても同じ手法が使われるでしょう。これはHuaweiやAppleをといった企業間の戦いではありません。

【中国政府がファーウェイ制裁の報復でアップルを「信頼できないエンティティリスト」に追加を検討?】Engadget Japanese
 

中国政府は米商務省がファーウェイに対する制裁強化を発表したことへの報復として、アップルを含む複数の米企業を「信頼できないエンティティーリスト(政府から貿易を行うことが好ましくない相手とされた国外の企業や団体が登録されたリスト)」に入れる準備ができているとの噂が報じられています。

この噂は、中国共産党の機関誌・人民日報の系列紙であるGlobal Timesが「中国政府に近い情報筋」からの談話として報じたもの。同紙は中国の国営新聞でこそありませんが、その見解は中国共産党の意向を反映していると思われます。 

  • 2020.05.18 Monday
  • 21:00

Apple

AppleがNextVRを買収

 AppleがVRヘッドセットを開発してるという噂は、前々から根強くあります。近年の映画コンテンツ配信や、ゲームのサブスクリプションサービスに対する力の入れ方を見れば、その可能性は十分にあるだろうなと思います。思うに、それがGoogle GlassのApple版のような軽くて小型な存在なのか、目を完全に覆ってしまうような重厚なVRヘッドセットなのかは、実際に出てみないとわからないのですが。しかしこのタイミングで買収ということは、早くても再来年ぐらいのリリースを目指してるのでしょうか?

【AppleがNextVRを買収、AR・VRへの野望は消えていないと明らかに】GIGAZINE
 

Appleがバーチャルリアリティ(VR)企業のNextVRを買収したことが確認されました。Appleは2017年にAppleがARメガネ/ヘッドセットの開発をキャンセルしたことが報じられましたが、この買収により、AppleがAR・VR製品の開発を押し進めていくことが示唆されています。

Exclusive: NextVR acquired by Apple (Updated) - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/05/14/apple-nextr-ar-headset/

Apple acquired NextVR, suggesting it still harbors VR ambitions | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/05/apple-acquired-nextvr-suggesting-it-still-harbors-vr-ambitions/

2016年には次々にVRヘッドセットが登場し、VR・AR技術に注目が集まりましたが、その後、Google Glassを早期導入するための「グラスエクスプローラープログラム」が正式に終了し、2019年7月にはAppleもARメガネ/ヘッドセットの開発をキャンセルしたと報じられました。 

  • 2020.05.16 Saturday
  • 21:00

Apple

AirPods Studioは左右レス?

 Appleが用意してるとされるオーバーイヤー型のヘッドホンですが、とてもAppleらしい機能を持たせるようです。Lightningコネクタが初めて登場した時、差し込む方向をあれこれ考えずとも挿入できるというのは、実にappleらしいなと思ったものです。USBであったりマイクロUSBは、差し込む方向を間違って何度も試行錯誤するということが多いですから。これはUSB Type Cの時にも感じましたが、こういう使う人本位の設計思想というのは、なかなかに難しいです。それゆえ、左右を考えずに使えるヘッドホンというのは、実にAppleらしい。

【AirPods Studioには左右がない? Apple製ヘッドホンに新たな情報】ギズモード・ジャパン
 

これは便利そう。

Apple(アップル)から発売が噂されているヘッドホン「AirPods Studio」について、さらに詳細な報告が登場しました。どうやら、左右逆で装着してもちゃんと使えるようなんです。

9to5Macが独自に入手した情報によると、AirPods Studioはセンサーにより左右の耳を認識し、自動でチャンネルを切り替える(左右を逆にする)ことができるとのこと。つまり、そもそもAirPods Studioには左右という概念がなく、手に取った状態でそのまま装着すればOKということ。これはかなり先進的な設計ですね! 

  • 2020.05.15 Friday
  • 23:00

Apple

Apple謹製『AirPods Studio』は2020年後半登場?

 さてさて、いよいよAppleのヘッドフォン事業が、大きな柱になっていきそうです。それこそ、AirPodsファミリーに、別ブランドのPowerBeats Proに加えて、オーバーイヤー型のヘッドフォンのラインナップが充実すれば、さらに加速しそう。そもそも、iPhoneユーザーであろうがAndroidスマホユーザーであろうが、ユーザーを選ばない製品は強いですしね。本体の価格はそこまで高くないので、利幅は薄いでしょうけれど、数が期待できますし。Apple Watch以上の柱になる可能性も、充分にあるでしょう。

【Apple純正のヘッドホン「AirPods Studio」は2020年後半に登場か】GIGAZINE
 

Appleは純正ワイヤレスイヤホンの「AirPods」と「AirPods Pro」の売上が非常に好調で、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占めています。AppleはAirPodsの成功をさらに拡張し、独自開発のワイヤレスヘッドホンを計画していると長年ウワサされてきました。この独自開発のワイヤレスヘッドホンは「AirPods Studio」という名称で、2020年後半に正式発表されるとApple関連メディアの9to5Macが報じています。 

  • 2020.05.11 Monday
  • 23:00

Apple

新型Apple TVがそろそろ登場?

 WWDC2020の前に、Appleがこれでもかとハードウェアを五月雨式に発表するのは、去年もあった事なのですが。新しい候補としてiMacとAirPodsの話題を昨日取り上げましたが、ギズモードの方ではApple TVも候補にあげていました。すっかり忘れていましたが、こちらもスティーブジョブズがずっとこだわり続けてきたハードウェアで、事業の柱にはなりそうにもありませんが、なぜだか微妙に、着実に進化しているハードウェアではあります。

【新型iMacやAirPods、Apple TVがそろそろ登場するかも】ギズモード・ジャパン
 

新製品ラッシュ、続くかも!

先日には新型13インチMacBook Proを発表したApple(アップル)ですが、リークアカウントのJon Prosserによれば、もしかすると新型のiMac、AirPods、Apple TV 4Kがすぐにでも登場するかもしれません。

今回の情報によると、次期Apple TV 4K(コードネーム:T1125)はA12Xプロセッサを搭載し、内蔵ストレージは64GB/128GBがラインナップ。一方で、次期iMacや次期AirPodsに関する情報はありません。Jon Prosser氏は新型13インチMacBook Proに関する情報を正確に言い当てた実績があるので、今回の報告も耳を傾ける価値があるでしょう。 

  • 2020.05.08 Friday
  • 23:00

Apple

Apple・Google連合がCOVID-19濃厚接触APIを公開

 AppleとGoogleと言う、現時点で世界を代表する二大企業が、タッグを組んで新型コロナウイルスのためのアプリケーションを開発したというのですから、すごいことです。もちろんそのためには、十分な資金力と実力を有し、なおかつゼニ儲けだけではない部分で社会貢献すると言う、使命感みたいなものがある企業となると、この二つだからでしょう。MicrosoftやAmazon、Facebookにはどうしてもそういうイメージが薄いですからね。ホリエモンやひろゆき氏にも、希薄ですが。

【アップルとGoogle、新型コロナ濃厚接触APIの詳細を公開。衛生当局にプライバシー保護を義務づけ】Engadget Japanese
 

アップルとGoogleは新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、いわゆる濃厚接触の可能性を検出する技術開発での協力を発表済みです。そのうち公衆衛生当局に提供するAPIにつき、両社はユーザーインターフェースの実装例やサンプルコードなど新たなリソースを公開しました。まずiOS 13.5では、[設定]>[プライバシー] >[ヘルスケア(Health)]内に[[COVID-19 Exposure Logging(新型コロナ濃厚接触ログ記録]が追加。そこではユーザーが使用している公衆衛生当局のアプリに加え、過去14日間にユーザーの濃厚接触ログが(公衆衛生当局により)チェックされた回数が表示されます。 

続きを読む >>
  • 2020.05.06 Wednesday
  • 23:00