★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
AppleとGoogleの引き抜き合戦
0
     かつて、スティーブ・ジョブズが乗り出して、引き抜き合戦はやめようと直談判したこともあったんですが、それはそれで独禁法違反のカルテルということになって、問題になりましたし。優秀な人材が、その才能に見合った金額を支払われるべきだとは思いますが、こういう引き抜き合戦がひどくなると、会社の長期的なビジョンが揺らぐ部分があります。ジョブズは、GoogleはAppleのマネばかりして超ムカツク(大意)と語っていましたが、AppleもGoogleのマネをしていますしね。

    【Apple、Googleから人工衛星の専門家2人を引き抜き!】iPhone Mania

    Appleが、Googleから人工衛星関連の専門家2人を引き抜いた、と米メディアBloombergが報じています。

    Googleの航空宇宙と人工衛星の専門家、Appleへ

    AppleがGoogleから引き抜いたとされているのは、航空宇宙部門の責任者だったジョン・フェンウィック氏と、人工衛星工学の専門家であるマイケル・トレラ氏の2人です。

    両氏は、今年初めにAppleに加わったグレッグ・ダフィー氏の部下として勤務することとなります。ダフィー氏は家庭用セキュリティカメラメーカーDropcamの共同創業者で、Google傘下のNestに買収された後にAppleに移り、iPhoneやMacなどのハードウエア開発を率いています。 
    続きを読む >>
    【2017.04.23 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    AppleがAR用ヘッドマウントディスプレイを開発中に事故?
    0
       それがヘッドマウントディスプレイなのか、それともGoogle glass的な何かなのか、そこはわかりません。Appleがこれをユビキタス的な使い方を考えているのか、ゲーム専用の端末として考えているのか、そこもわかりません。ですが、こういう形でAppleの内部情報が漏れることもあるんですね。昔ほどではないにしても、Appleの秘密主義はかなりのもので、隠すから暴きたくなるって部分はあります。こういうkッチで流出ってのも珍しいですが、その分リアリティが普通の情報より生々しいです。

      【Appleの労災報告書が流出!AR用ヘッドマウントディスプレイを開発中の事故も?】iPhone Mania

      Appleで発生した労働災害に関する内部文書がメールの誤送信により流出しました。その中には、AR(拡張現実)の開発過程で発生したとみられる事故が含まれています。

      70件の労災事故を含む報告書が流出!

      米メディアGizmodoは、Appleの従業員が関連した約70件の労働災害報告書を入手したと報じています。

      報告書には、社員食堂で魚を焼いていて火傷した事故、漏電しているリチウムバッテリーの臭いを嗅いで気持ちが悪くなった事故に加えて、Appleが開発中の新製品に関係するとみられる事故も含まれています。 
      続きを読む >>
      【2017.04.22 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      Appleがmicro LEDを独自開発?
      0
          究極の垂直統合……ですね。CPUの独自設計とOSと主要アプリの開発。それに加えて液晶ディスプレイの自社生産まで手を出すとは。一時はガラスの会社の買収の噂もありました。それこそ、後はRAMとSSDを自社で生産すれば、ほとんど完璧な垂直統合。でも、これらは量産効果が大きいので、Appleが独自に開発するよりは、メーカーから供給して貰うのもあり。東芝の半導体事業を買収して、究極の垂直統合を目指すのもあり。iPhoneの利益率を上げることが、個々の赤字を解消してくれるでしょうし。

        【Samsung、LGピンチ?Appleがmicro LEDを独自開発、来年に量産か】iPhone Mania

        今秋発売が噂される「iPhone8」にはOLED(有機EL)ディスプレイが搭載されると噂されていますが、Appleはその次のディスプレイとして、micro LEDディスプレイの開発を進めており、来年には製品化される可能性がある、と韓国メディアBusiness Koreaが報じています。

        OLEDからmicro LED に切り替えればLGやSamsungに大打撃

        micro LEDディスプレイは、OLEDよりも製造コストが低く、表示が明るく、薄型軽量化が可能で、消費電力も少ない次世代ディスプレイ技術として期待されています。

        Appleは2019年には台湾の桃園市でmicro LEDディスプレイの量産を開始するとみられています。仮に、次世代Apple WatchのディスプレイがOLEDからmicro LEDに置き換えられた場合、Apple Watch用にOLEDを独占提供しているLGは約2,300億ウォン(約220億円)規模のビジネスを失うことになります。 
        続きを読む >>
        【2017.04.21 Friday 23:01】 author : 土岐正造
        | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
        iWork・GarageBand・iMovieが無料化
        0
           有料で購入してきた人間には、切ない話です。iWorkもGarageBandもiMovieも、優れたアプリですから、これでユーザーが増えるのは重要ですが。特にiWorkは、MicrosoftのOfficeをメインとしたビジネスモデルへの移行を邪魔するという点で、3年前に無料化しても良かったですね。Googleが牽引したOSが無料化される流れで、Microsoftのようにソフトウェアで儲けるビジネスモデルを崩壊させるのは、物作りの復権という意味でも大きかったかな、と。もちろんOSはOSで重要なんですけれどね。

          【iWork、GarageBand、iMovieが無料化。アップル製品新規購入者以外も気軽に利用可能に】Engadget Japanese

          アップルが、MacおよびiOS版のiWork、GaradeBand、iMovieの価格を無料にしました。アップルは2013年より新規購入のMac本体またはiPhone、iPadなどiOSデバイスにこれらアプリを無料で提供していましたが、今後はそれ以前のハードを使うユーザーすべてが無料で最新のアプリを利用できます。

          アップル関連情報サイトMacRumorsによると、この価格改定はアップルの大量購入プログラム(VPP:Volume Purchase Program)を利用した企業および教育機関が、手軽にiWorkなどのアプリケーションを導入できるようにするために実施されたとのこと。 
          続きを読む >>
          【2017.04.19 Wednesday 23:38】 author : 土岐正造
          | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
          Appleが自動運転の実証開始
          0
             自動運転技術が急激に盛り上がり、Googleがすごい勢いで先行している状態ですが、自動車製造にかんしては先行していたAppleが、ついに具体的に動いていたようで。自動運転自体は、ちょっと不安な気もするんですけれどね。たまに記事になる、ブレーキとアクセルを間違って踏んでしまって暴走する車とか、そういうのにどこまで対応できるのかとか。ただ、世の中から運転免許がなくなるのなら、それはそれで面白いと思うのですが。Appleが実際に電気自動車を作るのか、それとも制御技術に特化するのか、わかりませんが。

            【ついにアップルの自動運転車が公道へ!カリフォルニアで認可取得、まず3台のレクサスで走行開始】Engadget Japanese

            ここのところ音沙汰のなかったアップルの自動運転車プロジェクトが、カリフォルニア州から公道テストの認可を取得しました。すでにGoogleやテスラ、各自動車メーカーがしのぎを削って実用化を目指している開発フィールドに、ついにアップルが参戦します。

            カリフォルニア州車両管理局(DMV)がウェブサイトに掲載した情報によると、アップルの自動運転テストカーは、レクサスの2015年型SUV3台をベース車両として各種センサーやコンピューターを搭載しており、さらに緊急時の運転引き継ぎ用要因としてオペレーター数名が同乗します。 
            【2017.04.16 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            Apple純正Touch Barキーボードを出願
            0
               iPhone6 Plusから使い始めたTouch IDですが、便利すぎて手放せないです。おかげで、同機能が搭載されていない初代iPad Airのホームボタンに指を当てて、ボンヤリしていることが多いです。Touch Bar自体は実際に使っていないのでその良さは実感できていないのですが、購入した友人の評判は概ね良好。もしApple純正Touch Barキーボードが発売されたら、自分も即購入です。できればMagicキーボードと同じで、Lightningコネクタで給電できるタイプがありがたいのですが……Bluetoothは嫌いなので。

              【くるかっ!? 「Touch Bar」搭載の外付けキーボード、Appleは作ろうとしている?】ギズモード・ジャパン

              出たら即買いします。

              最新のMacBook Proに搭載された、タッチ操作が楽しい「Touch Bar」。僕も毎日使っています。そんなTouch Barを外付けキーボードにも搭載するための特許を、Apple(アップル)が出願していたんです。

              米国特許庁で公開された「KEYBOARD WITH ADAPTIVE INPUT ROW」と名付けられたこの特許では、イラストのような外付けキーボードの上部にTouch Barを搭載するアイデアについて説明しています。その見た目は、まさにMacBook Proのキーボードをそのまま外付けキーボードにしたようなもの。ディスプレイ表示されるボタンをタッチすることで、さまざまな操作が可能です。

              また以前より、AppleはデスクトップMac向けの純正外付けキーボード「Magic Keyboard(マジック キーボード)」を発売していますが、これにはTouch Barがありません。もちろんTouch Barでできるほとんどの操作は物理キーで代用できるのですが、唯一困るのが、Magic Keyboardでは「Touch ID」が使えないこと。MacBook Proをデスクトップとしても利用している方はわかると思うのですが、一度指紋認証でパスワードを入力する快感を知ったら、もう戻ることはできません。 
              続きを読む >>
              【2017.04.11 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              iPad Pro2の液晶タブレット化計画
              0
                 サードパーティのアプリではすでに実現していますが、もしこれがOSレベルで実現するなら、非常にありがたいです。いやだって、最近ちょっと絵を描く必要性が出てきて、さてどうするかとなったとき、ワコムのWindows10搭載の液晶ペンタブレットを購入しようか、真剣に悩んでいましたから。でもこれなら、無理に30万円近いマシンを購入しなくても、iPad Proの9.7インチか10.5インチを購入して、CLIP STUDIOを使えそうですし。解像度的にも、Retinaディスプレイでさらなる密度アップが期待できますから。

                【iPad Pro 2はMacの液晶タブレットにもなる、Appleが開発中か】AppBank

                今後発表されるMac・新型iPad Proもしくは新しいmacOS・iOSに、iPadを液晶タブレットとして使えるようにする機能が追加されるかもしれません。


                アプリで「iPad Proを液タブ化」もできるが・・・

                iPad ProをMacの液晶タブレットとして使うアイデアは、他社製のアプリである『Astropad』ですでに実用化されています。

                iPad Proで『Apple Pencil』を使い、Macで使っているソフトに描き込めます。 
                続きを読む >>
                【2017.04.10 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                Appleの脱Intel戦略
                0
                   Appleが究極の垂直統合を目指すなら、CPU・GPU・RAM・内蔵ストレージ・ディスプレイを自社で設計する。内蔵ストレージやディスプレイはサードパーティに任せるにしても、CPUとGPUは効果が大きいです。もしAppleがそういう深謀遠慮でAppleAシリーズを独自開発したとしたら、その長期的ビジョンに驚きます。AppleA4を初代iPadに搭載したのが2010年、2008年に買収したP.A. Semi社の技術も使われているでしょうから、2006年ぐらいにはこういう独自CPUによるコントロールを目指していたのか? だとしたら、ジョブズ存命中からの戦略ですね。

                  【Apple、GPUだけでなくCPUも独自開発ねらう?】iPhone Mania

                  現在Macに搭載されているCPUはIntel製ですが、GPUを独自開発することを皮切りに、CPUもARMベースの独自開発チップに変えるのではないか、とする見方が強まっています。
                  厳しいコストカットを推し進めるApple

                  Appleは先日、長年パートナーとして手を組んできたImagination Technologiesとの契約を近々終了させ、独自のグラフィック技術を開発していく、と明らかにしました。

                  Apple側の一方的な契約終了通告に、Imaginationの株は70%の下落を記録するなど、大きな波紋を巻き起こしましたが、ニュースサイト9to5Macは、CPUも同様にどこかの時点で「脱Intel」を行うのではないか、と予測しています。 
                  続きを読む >>
                  【2017.04.07 Friday 12:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  AppleのGPU戦略
                  0
                     これぞ、垂直統合の強みか? ソフトウェアとハードウェアを同じ会社が開発するAppleは、両者のバランスを考えての最適解を選択しやすいのですが、OSを開発する会社とCPUやGPUを開発する会社がバラバラの水平分業では、必然的に無難な汎用性が求められてしまうのは、仕方ないですが。AppleはAppleで、長い間OpenGLなどGPGPUと呼ばれる技術、CPUの処理をGPUに分散する研究を長らく続けてきました。その結果、AppleAシリーズのGPU強化版による、飛躍的な性能アップに成功しています。

                    【Apple、GPUを独自開発へ!年84億円払う英大手に2年以内の契約終了を予告】iPhone Mania

                    Appleは、イギリスのImagination Technologiesに対し、iPhoneなどのグラフィック処理プロセッサ(GPU)に採用している技術利用契約を2年以内に終了する、と通告しました。今後、AppleはGPUの独自開発を進める方針です。

                    総収入の半分を占める最大顧客、Appleからの契約終了予告

                    Imagination Technologiesは現地時間4月3日、Appleが同社技術のライセンス利用契約を15か月から2年の間に終了する、と通告してきたことを公表しました。

                    AppleがImagination Technologiesに支払っているロイヤルティー等は、2015-2016会計年度に6,070万ポンド(約84億円)で、同社の総収入のおよそ半分を占めています。 
                    続きを読む >>
                    【2017.04.04 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    iPhoneやApple Watchがチタン製に?
                    0
                       チタン。原子番号22番の元素。ギリシャ神話に出てくる巨人族タイタンが由来で、土星の衛星の名前にもなっていますし、ティターンとかティーターンというギリシャ語の発音も随分浸透していますね。チタン、チタニウムというのはドイツ語での発音。希少な金属というイメージがありますが、元素としては地球で鉄に次いで9番目に多い元素なんだそうで。鋼鉄よりも硬く、でも鋼鉄の半分ほどの重さしかないというチタンは、PowerBookG4のボディにも採用された、優れた金属なのですが、加工が難しいようで。

                      【iPhoneやApple Watchがチタン製に?Appleが複数の関連特許を申請!】iPhone Mania

                      iPhoneやApple Watch、Macなどのボディがチタン製になる可能性があることが、Appleが申請した特許から明らかになりました。

                      チタン合金の表面を加工する技術の特許申請

                      米国特許商標庁(USPTO)が最近公開したAppleによる特許申請に、iPhoneなど製品の筐体にチタン合金を使うための技術に関するものが複数、含まれていたとAppleの特許情報に詳しい米メディアPatently Appleが報じています。

                      チタンは、軽くて強く、腐食にも強いほか、肌に触れても金属アレルギーを起こしにくい特徴を持つ金属ですが、加工が難しいという弱点がありました。 
                      続きを読む >>
                      【2017.04.03 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム