★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
ついに神奈川県にApple Storeか?
0
     ついにAppleが公式に、2019年に新たなApple Storeのオープンをアナウンスしました。もちろん秘密主義のAppleですから、場所は言及していません。求人情報が判明した神奈川県が有力というだけで。ただ、新宿と京都がオープンした以上、次はApple Store横浜か、はたまたApple Store川崎か。この箱根細工のようなマークを見る限りはApple Store箱根だってあり得ますから。地理や人口を考えれば、横浜・川崎・横須賀または鎌倉が無難なんですが。意表をついて千葉や埼玉もあり得るでしょう。
    【ついに神奈川か? Appleの新ストア、2019年にオープンを予告!】ギズモード・ジャパン うおお、今度はどこだ!? 昨日は渋谷店のリニューアルオープンの話がありましたが、さらなるビッグニュースです。Apple(アップル)の国内公式サイトにて、2019年に新たに直営店がオープン予定だと案内されているのです! 上の画像が公式サイトに登場したグラフィックですが、そのデザインからは残念ながら、具体的な店舗のオープン箇所は想像がつきません。うーん、これは一体、なにを意味しているのでしょう? 
    続きを読む >>
    【2018.10.17 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    Appleが狙う音声認証
    0
       指紋認証の次に顔認証、そして音声認証ですか。個人的には、顔認証には苦戦しています。指紋認証がけっこうな精度だったのに対して、顔認証は三回に一回は認識せず、パスコードでロック解除なんですよねぇ。音声認証も、正直期待していません。というか、町中とか仕事場とか、あんまり声を出したくない場所や場面ってあるじゃないですじか? そういうときに、声を出さずに指紋を当てて認証のほうが、はるかに便利です。別に、音声認証が悪いとは言いませんが、選択肢は残してほしいです。
      【指紋、顔の次は「声」認証?Apple、声でユーザーを識別する技術の特許を取得】iPhone Mania Appleは、ユーザーの声をSiriが識別し、iPhoneなどを操作できる技術の特許を取得しました。声によるユーザー認証として活用されれば、セキュリティや使い勝手の向上が期待できそうです。 Siriが声を認識、持ち主にだけ反応 Appleが特許を取得したのは、話しかけられた声をSiriが認識し、持ち主の声だけに反応する技術です。この特許は、Appleが2016年に申請し、2017年に米国特許商標庁(USPTO)が内容を公開していました。 
      【2018.10.17 Wednesday 22:03】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      AppleとMacとiPad
      0
         自分はタブレット型大好き人間ですから、タブレット型が不調だという話を聞くたびに、心を痛めていますが。どうも、MicrosoftもGoogleも、パソコンの補完的な存在と無意識に思い込んでいる部分を感じます。そうなると、パソコンとスマートフォンの中間的存在として、シェアを削られていくのは必然という側面も。でも、Appleは逆にパソコンがやってることをタブレット型でもできるようにして、パソコンは高度プロフェッショナルの道具にして、棲み分けようという意図を感じたりします。
        【アップルはiPadとMacをどう変えるのか】ASCII  iPhoneが堅調な成長を見せる中、iPadとMacはそれぞれ厳しい状況を経験してきました。iPadは2014年から長らく低迷を続けており、2017年の廉価版iPad発表によって販売台数を持ち直しています。しかしMacは新製品投入の遅れから最も厳しい状態に置かれています。  2018年の残りの3ヵ月、それぞれのプラットホームにとってどのような明るい兆しが現れるのでしょうか。 ●低迷しながらも持ちこたえていたiPad、没落するMac  まずはIDCの世界のタブレット、PCの出荷台数を参照してみましょう。  2018年第2四半期、世界のタブレット市場は販売台数3300万台でしたが、実にその1/3にあたる1150万台をアップルのiPadが占めています。シェアは34.9%に上り、近年では最大となりました。タブレット市場自体は各四半期ごとに10%程度の縮小が続いていますが、アップルは拡大を続けていることが分かります。 
        続きを読む >>
        【2018.10.16 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
        | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
        iOS12のマークアップ機能
        0
           マークアップ機能、そう言えばほとんど使っていませんでした。使えば便利な機能なんですが、自分は写真は撮ったらそのままということが多くて、メモや位置情報は付けませんし。加工したりは主にパソコンのPhotoshopを立ち上げて、ジックリとかが多くて。メールとかも、必要最低限で済ませたいので、なんか一筆添えてという感じでもないんですよね。ホリエモンではないですが、時候の挨拶も抜きに、さっさと本題だけ話をしたい部分があります。でも、こういう機能なら、面白そうです。
          【iOS12で進化した「マークアップ」機能を写真やメモ帳で使う方法】iPhone Mania iOS12で、写真やメモ帳に書き込みをする「マークアップ」機能がアップデートされました。色の追加、線の太さの変更、各ツールの透明度の変更など、より細かな設定が可能になっています。 この記事では、そもそもマークアップ機能ってどこで使えるの?という人に向けて、マークアップ機能を写真やメモ帳で使う方法を解説します。 マークアップを使う方法 「マークアップ」機能は、写真やメモ帳などの文字入れをしたり、手書きで書き込みができる機能です。  
          続きを読む >>
          【2018.10.13 Saturday 23:30】 author : 土岐正造
          | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
          Apple A12 BionicはMacBook Proさえ動かせる
          0
             シングルコアではIntelのCore i5のベンチマークスコアを上回りますから、普通にMacBook Proでもマルチコアに特化したアプリ以外は、サクサクでしょうね。アプリの体感速度は、シングルコアに依存していることが多いですから。しかし、A12 BionicチップをIntelのXeon 8176とCore i7-6700k、AMDのEPYC 7601という、パソコン向けのCPUと比較してみたところ、なんと匹敵する性能を叩き出してしまったようです。GPU強化版のA12Xなら、マジにMacBook ProのCore i7並みの性能を発揮しそうです。
            【iPhone XS世代に搭載の「A12 Bionic」チップはMacBookを駆動できるほどのパワーがあることが判明】GIGAZINE 2018年発売のiPhone XS/XS MaxおよびiPhone XRに搭載されるA12 Bionicチップの性能を詳細に調査したところ、実はそれ単体でMacBookを駆動できるほどの性能が秘められていることが明らかになってきています。 The iPhone XS processor is so powerful that it could pave the way for an ARM MacBook – BGR https://bgr.com/2018/10/10/iphone-xs-speed-vs-android-a12-bionic-chip-could-power-macbooks/ The iPhone XS & XS Max Review: Unveiling the Silicon Secrets https://www.anandtech.com/show/13392/the-iphone-xs-xs-max-review-unveiling-the-silicon-secrets モバイル関連機器などのニュースを扱うBGRのクリス・スミス氏の関心を引いたのが以下のツイート。 
            続きを読む >>
            【2018.10.13 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            Appleが未発表の4製品を登録?
            0
               4製品のうち、ひとつは新型のApple Pencilですから良いとして。残りの3製品はiPad Proだとすると、謎が深まります。10.5インチと12.9インチの後継機だとすると、1種類多い。Wi-Fi版とセルラー版だとすると1種類少ない。……まさかiPad mini5ですか? まぁ、10.5インチと12.9インチはiPhoneXSシリーズと同じベゼルレスになって大型化するけれど、9.7インチのiPad Proも開発が継続されるという噂もありますし。ひょっとしたら、もっと大型のiPad Proも、可能性はゼロではないかも。
              【Apple、中国工業情報化部に未発表の4製品を登録 新iPad Proか?】iPhone Mania Appleは9月29日、中華人民共和国工業情報化部(MIIT)に未発表の製品を4つ登録していることが判明しました。これらは間も無く発表されると予想されるiPad ProとApple Pencilの新モデルであると予想され、新製品発表のスペシャルイベントがもう直ぐ開催されるのとの期待が高まっています。 iPad ProとApple Pencil 今回、中国で登録されたAppleの新製品の型番はA1876、A1980、A1993、A2051となっています。最初の3つはWi-FiとBluetooth通信に対応したデバイスと書かれており、時期的にiPad Proの新モデルだと考えられます。またA2051はBluetooth通信にのみに対応するデバイスとして登録されており、iPad Proと同時に発表されるApple Pencilではないかと推測されます。 
              続きを読む >>
              【2018.10.13 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              Appleが電源管理技術を6億ドルで取得
              0
                 これは、主に省電力とバッテリー管理関係の会社なんですかね。最初聞いたときは、電源関係の会社かと思ってワクワクしたんですが……。Appleのアキレス腱は電源回りなのは、昔から。iPhoneのLightningコネクタのカバーがすぐ禿げるのは昔からで、ちっとも改善されませんし。G4Cubeはそれで名機になり損ないましたし。そういう意味では、SNSとクラウドと電源回りは、どうしても改善されないAppleのアキレス腱のまま、変わらずに保持されるんでしょうね。だからこその、ワイヤレス志向なんでしょうけれども。
                【アップル、電源管理技術を6億ドルで取得 iPhoneの重要部分】iPhone Mania [サンフランシスコ/フランクフルト 11日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は、iPhone(アイフォーン)の省電力性能を左右する電源管理技術を、欧州の半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクター(DLGS.DE)から6億ドルで取得すると発表した。ダイアログは引き続きアップルに製品を供給する。 アップルが今回のような買収を行うのは異例で、規模も最大となる。顔認証技術「フェイスID」を手掛けるプライムセンスの買収額は3億5000万ドルだった。 アップルは10年前のiPhone発売以降、一貫してダイアログの電源管理集積回路(PMIC)を利用してきた。今回の合意では、特許のほか、300人強の技術系職員らなどの取得金として3億ドル、また製品供給の前払金として3億ドルを支払う。 
                【2018.10.12 Friday 23:15】 author : 土岐正造
                | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                AppleのMac出荷台数減
                0
                   やっぱり、MacBook AirとMacBookの後継機と、Mac miniの新型がどうなるかを確認しないと、簡単には購入できませんよね。最初からMacBook ProやiMac Proのハイエンド機しか眼中にない人はともかく、ユーザーの大多数はコンシューマ向けの機種を購入しますし。もっとも、MacBook AirもMac miniも、inDesignやクリップスタジオなどの重いアプリもサクサク動くので、コンシューマ向けとは言えないんですが。Intelのチップの供給不足問題も有りますし、いっそのこと新型ノートはApple A12搭載でも可。
                  【2018年7−9月期のMac出荷台数、新製品待ちで対前年同期比マイナスか】iPhone Mania 2018年第3四半期(7−9月)のAppleのMacの出荷台数が、前年同期比でマイナスとなった模様です。米メディア9to5Macは、新製品発売に期待をかけることによる買い控えが原因ではないかと分析しています。 上位5ベンダーでは唯一マイナス成長となったApple 調査会社IDCは現地時間10月10日、2018年第3四半期(7−9月)における世界全体でのPC(デスクトップ、ノートブック、ワークステーション)の出荷台数が約6,740万台となり、前年同期比で0.9%のマイナスとなったとの予測を発表しました。 ただし多くの業界アナリストは、プロセッサ不足により、同四半期におけるPC出荷台数は3%減との予想が主流だったため、IDCの調査結果は予想を上回ったとして受け止められています。 
                  続きを読む >>
                  【2018.10.11 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Appleの囲い込み戦略
                  0
                     Appleがユーザーの囲い込みのために、独自のデジタル動画を配信……ですか。ここら辺に関しては、本業のNetflixや流通の強みを活かしたAmazonに、Appleは後れを取っています。そこに関しては、Googleもそうなんですが。Googleの方が、ディズニーやピクサーと言ったキラーコンテンツがない分だけ、不利なんですが。Appleの財力があれば、それこそセクハラ&パワハラで辞任したジョン・ラセターに人材育成のスタジオを造らせて、そこでショートフィルムを量産する手もあるでしょう。
                    【米アップル、端末保有者に独自コンテンツの無料提供を計画=報道】ロイター [10日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が、同社のデバイス保有者に独自コンテンツを無料で提供する新たなデジタル動画サービスの展開を計画していると、CNBCが10日、関係筋の情報として報じた。 新たなサービスには、「HBO」などのサブスクリプションチャンネルも含まれるという。 アップルはTVサービスで苦戦を強いられており、来年初旬に改良版アプリをリリースする計画。 
                    続きを読む >>
                    【2018.10.11 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    Apple A12プロセッサーの描く未来
                    0
                       評判が良いApple A12 Bionicですが、多面的な分析という点では、この記事が決定版と言って良いような。圧倒的な処理能力に、低消費電力。7nmプロセスが大きく寄与しているのでしょうが、これほどとは……。ライバルのQualcommとMediaTekのCPUにも大きな差を付けており、このアドバンテージはしばらく動かないでしょう。マシンパワーが上がれば、それだけアプリの方も選択肢が広がりますし、ゲーム端末としてのiPhoneやiPadの可能性も広がるでしょう。
                      【A12プロセッサーは本当にスゴい? iPhone XSを2週間使い倒してベンチマーク総括】ギズモード・ジャパン 結局、これは買いなのか? 今年も、秋の新作iPhone祭は盛りあがりましたね。やっぱり新モデルが出ると、たとえスマホがまだ使えたとしても、気になってしまうものです。 今回の新iPhoneは、手に入れるべき価値があるのでしょうか? スピードやバッテリー持ちという面は、どこまでA12プロセッサーによって進化したんでしょう。実際に米GizmodoのAlex Cranz記者が2週間ほどiPhone XSを使ってみて、ベンチマーク比較を交えつつ紹介してくれました。 
                      続きを読む >>
                      【2018.10.09 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム