★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
AnkerからMFi取得USB-CーLightningケーブル
0
     信頼と実績のAnkerから、USB-CとLightningコネクタの変換ケーブルが。時代は確実にUSB-Cへ。昨年のiPad Proもひと足早くUSB-Cを採用しましたから、iPhoneも今年か、遅くとも来年にはUSB-Cに移行でしょう。とはいえ、Lightningコネクタもこれから数年は、現役でしょうから。で、Apple純正のコネクタは、すぐ駄目になることで実績がありますから。正直、今後はApple関係のコネクタはAnkerのみにしようかと思ってた矢先、嬉しいニュースです。
    【Anker、頑丈で安価なMFi取得のUSB-CーLightningケーブル】ASCII  アンカー・ジャパンは、アップルによるMFi認証を取得したUSB-CーLightningケーブル「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル(0.9m)」を3月上旬に発売する。価格は1599円。  USB PD対応のACアダプタと組み合わせて、iPadやiPhone(8/X以降)を急速充電するのに便利なUSB Type-CーLightningケーブルでの認証取得製品は、従来は高額なアップル純正品(1m:税抜1800円、2m:税抜3800円)のみだったが、ここに来て、サードパーティ製のMFi対応製品も登場しつつある。 
    続きを読む >>
    【2019.02.15 Friday 23:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    iPhoneの進化に個人情報はいっさい不要
    0
       無料の罠、ということに思いを致すことがあります。本来有料のものが無料になる以上は、そこを何かで補っているわけで。FacebookやGoogleは、広告収入によってそこを補っているわけです。では、広告を出してる企業はといえば、広告費以上の売上が期待できるから、広告費を出してるという、単純な話。でも、広告がウザいから有料版を買うという選択肢も、用意してあるか否か。そこを思えば、GoogleがPixelシリーズで実利を追うのは、健全化への第一歩。
      【スマホを便利にするには本当に個人情報が必要?「iPhoneの進化には一切不要」とApple(本田雅一)】Engadget Japanese ここ数年、人の行動を監視しているかのような広告の出し方についてもろもろ議論がある中、米国ではFacebookがやり玉に挙げられ、Googleに関しても個人情報の扱いについて何かと批判に晒されています。欧州に関しては、GDPRという個人情報を扱う規則が更新され、欧州で収集した個人情報を米国に持ちだしたとして、両社とも訴訟を抱える状況です。 そんな中でも、あまりこの話題が日本で盛り上がらないのは、失うものよりも、得るものの方が大きいと消費者が考えているからなのかもしれません。筆者自身、Googleのサービスも、Facebookも使っているのですから「おまえら、このあたりの企業、実はヤバいんだぜ」と言われたところで、あまりリアリティを感じないのかもしれません。 実際には、Facebookでの行動によって広告の出方が大きく変化したり、Googleで検索しているワードに関連する広告が頻繁に出るようになったり、あるいはカレンダーに入力した出張先に関する広告が出てきたり......。 "確たる自分"を持っている人にとってみれば、その程度で行動が変化したりはしないと思いかもしれません。しかし、米国では大統領選において政治利用された可能性が指摘されています。また、大人ならまだしも、子どもたちもスマホを使うようになってくると、あまり無視もできませんよね。 
      続きを読む >>
      【2019.02.15 Friday 22:00】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      脱Appleは難しい
      0
         GAFAM、すなわちGoogle・Apple・Facebook・Amazon・MicrosoftのIT主要企業を、断捨離する実ギズモードの験ですが。自分だったら、Facebookは今日からでも辞められます。依存していないし、もともとインターフェイスも、勝ち組がさらに勝つアメリカ的な発想が嫌いですから。Microsoftも、データのバックアップさえ終われば、明日から辞められます。GoogleはGmailに紐付いた各種サービスが便利ですからね。そういう意味では、Appleは生活の一部です。
        【さよならGAFAM:Appleやめる→体の一部をもぎ取られたみたい】ギズモード・ジャパン Google、Amazon、Facebook、Microsoft、そしてAppleの製品・サービスをそれぞれ1週間ずつ断ってみるこの企画。第5週目はAppleですが、スマホはiPhone・パソコンはMacというAppleどっぷりのKashmir Hill記者にとってはかなりつらい1週間だったようです。 5週目:Apple 巨大テック企業を生活からひとつずつ切り離していくというこの実験を考えた時点では、私はふたつの会社を対象外にするつもりでした。ひとつはMicrosoft、ほとんど使っていないので。そしてもうひとつはApple、こちらは使いすぎているからです。 
        続きを読む >>
        【2019.02.15 Friday 13:00】 author : 土岐正造
        | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
        Appleの自動運転の前途険しく
        0
           Appleの自動運転車、だいぶ完成しつつあるのかと思ったのですが……こりゃあ、Googleの一人勝ちになりそうですね。日本の大手自動車メーカーも、Googleの研究に参加する感じですし。どうも、Siriで先行していた印象があるAppleですが、人工知能研究ではGoogleのほうが一日以上の長があり、Amazonにはスマートスピーカーで敗れと、思った以上に遅れを取っていて、Siriの開発責任者が更迭されたのも、むべなるかな……といった感じでしょうか。
          【アップル自動運転車の試験走行「解除回数」が他社比ダントツ?最悪ランクの報告】Engadget Japanese アップルは2017年4月から米カリフォルニア州にて自動運転車プロジェクトの公道テストを実施(レクサスの2015年型SUVがベース)していますが、その解除報告が初めて提出されたことをDMV(カリフォルニア交通当局)が発表しました。 解除報告(Disengagement Report)とは、自動運転中に人間ドライバーが手動に切り替えた回数や自動運転に干渉した回数、自動運転の走行距離などを調査したレポートのこと。アップルの自動運転テストカーには全車、緊急時の運転引き継ぎ要員としてオペレーター数名が常に同乗しています。 DMVは今週後半に完全なレポートを公表する予定ですが、簡易版を自動運転情報サイトのThe Last Driver License Holderに先行して掲載しています。そこでは2017年12月〜2018年11月の期間に、カリフォルニア州で自動運転車のテスト走行をしている全ての会社のデータを一覧できるかたちとなっています。 
          続きを読む >>
          【2019.02.14 Thursday 22:05】 author : 土岐正造
          | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
          3月25日にAppleがイベント開催
          0
             Appleのスペシャルイベントとなると、いよいよAirPods2やiPad mini5、第7世代iPadなどが登場……ということではなく、どうやらサブスクリプションサービスの発表らしいです。どうやら、Amazonの読み放題サービス系の、発表のようです。iTunesでビデオレンタルはやっていますから、ますますAmazon化するAppleということで。アメリカ本国は解りませんが、iBooksはAmazonやDMMに大きく差を付けられていますが、どうやって読者を呼び込むかですが。
            【Apple、3月25日に新サブスクリプションサービスについてのイベントを開催?】ギズモード・ジャパン どちらかというとモノじゃないほう。 BuzzFeed Newsが、Appleはクパチーノにある本社(Apple Park)のスティーブ・ジョブズ・シアターにて、3月25日にスペシャルイベントを開催する予定があると報じています。 ついに、iPad miniの新型が!? AirPodsの新型が!? とガタっと机を揺らしましたが、BuzzFeed Newsが得た関係者からの話によれば、このイベントはニュースのサブスクリプションサービスが中心となるようです。ハードウェアは…今の所では望み薄な雰囲気ですなぁ。 
            続きを読む >>
            【2019.02.13 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            新型AirPodsは199ドル?
            0
               199ドルですか……高いですね。iPhoneを購入したらオマケでついてくるなら、嬉しいのですが。でも、去年AirPodsを購入した友人が、絶賛していました。実際に購入してみたら、ももすごく便利です使いやすいと。実際、Apple純正のヘッドフォンの形状って、耳にしっくりくるんですよね。Appleは今や、世界最大のヘッドフォンメーカーになってしまったのですが。それはiPhoneのおまけにヘッドフォンをつけているため。結果的に、音楽機器メーカーを抜いてしまったので、ノウハウも蓄積されてる部分も。
              【新型AirPods、5千円くらい高くなる噂だけどさ〜、みんな買う?】ギズモード・ジャパン うーんお手軽さがー。 今朝、新型AirPodsが2019年春頃に登場するとニュースを出しました。いわゆるAirPods 2さん。音質も質感も良くなるみたいですけど、どうやらお値段も高くなるみたいです。40ドルほど。 現行のAirPodsは159ドル。日本だと1万6800円+税です。プラス40ドルして199ドルになったとしたら、約2万2000円+税。2万円前半かー、一気に高く感じるぞ! 
              続きを読む >>
              【2019.02.13 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              Apple A13チップの動向
              0
                  Apple A12 Bionicは、ARM系CPUがCore i7に匹敵する性能を叩き出したという点で、エポックメイキングになる優れたCPUでしたが。今年のiPhoneやiPadに搭載されるであろうA13チップは、どういうことになるのやら。製造プロレスは7nmのままですから、Core数を増やしたりGPUを強化したり、パイプラインの見直しなどで性能アップを図るのでしょう。ただ、本命は来年投入されるであろう5nmプロセスのチップ。Apple A14になるであろう、低消費電力低発熱で高性能なCPUです。
                【Appleの2019年のA13チップは台湾TSMCが生産か】iPhone Mania Appleの2019年のA13システム・オン・チップは7nm(ナノメートル)プロセスルールでの生産となる見込みで、供給はこれまで通り台湾のTSMCが担う、と台湾のDigiTimesが伝えています。 (中略) A13はTSMCが再び供給か TSMCは、Appleの7nmプロセルールのシステム・オン・チップA13の生産に極端紫外線リソグラフィを採用するとみられています。 秋の新製品発表に向け、TSMCは通常チップの量産を第2四半期にスタートさせますが、今回の報道はその流れに沿う内容であることがわかります。 
                続きを読む >>
                【2019.02.11 Monday 22:00】 author : 土岐正造
                | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                AppleとGoogleは女性差別を容認している
                0
                   こういう批判が難しいのは、イスラム世界はある時期まで、欧米社会よりも進歩的だった側面があります。それが、欧米社会が急速に倫理観を変化させたからと言って、遅れてる・野蛮だ・保守的だと批判することに、違和感を持ちます。例えば、明治の時代の欧米の宣教師は動物は人間とは違って劣った生き物だと力説し、蛇神などを祀る日本の宗教を遅れた淫祠邪教だと批判していたわけで。それが動物愛護が進むと、一転して今度は鯨は頭が良いとか、チンパンジーに人権をとか言い出す。鯨の供養塔を作っていた日本人は面食らいます。
                  【「AppleとGoogleは女性差別を容認している」人権団体が非難】 AppleとGoogleが、サウジアラビア政府によるアプリを公式ストアで公開していることで、女性の人権侵害を容認している、として人権団体が両社を非難しています。 サウジアラビアでは法律で女性の自由を制限 サウジアラビア政府が制作したアプリ「Absher」は、iOS向けのApp Store、Android向けのGoogle Playのどちらでも公開されています。  
                  続きを読む >>
                  【2019.02.10 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iOS 12.1.4リリース
                  0
                     アップデートしたら機能が使えなくなったとか、バッテリーの減りが早くなったとか、どうにも評判が悪いiOS12.1ですが。気がつくと12.1.4で細かいバグ取りが続きます。どうにも、近年のAppleはこういう問題が続きますね。自分も、12.1.3まではアップデートを控えていたのですが、アップデートした途端にまたアップデートですから、ウザいことこの上なし。まぁ、安全のためには仕方がないですが、自分の場合はFaceTime、ほとんど使用しないんですよねぇ。
                    【アップルFaceTimeの不具合を修正する「iOS 12.1.4」をリリース】  アップルは2月8日、FaceTimeで映像や音声が相手に勝手に送られてしまう不具合を修正したファームウェア「iOS 12.1.4」をリリースした。  このバグは、発信者が特定の手順でFaceTimeのグループ通話をすると不具合が発生するというもの。14歳の少年が発見し、1月29日からFaceTimeのグループ通話機能を停止した。iOS 12.1.4をインストールすることで、グループ通話を正常に利用できるようになるという。なお、米The Vergeによると、アップルは今回の不具合を発見した少年に奨励金を支払う予定としている。 
                    続きを読む >>
                    【2019.02.10 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    AppleのAIスピーカー戦線は敗北確定?
                    0
                       AppleのHomePodですが、すっかりAmazonとGoogleの2強対決になって、Appleは蚊帳の外。普通は、先行者より追随者のほうが、先行者の失敗とかを参考にして動けるぶん有利なんですが。Appleはそれが全くできていませんね。Appleが当初用意していたスマートスピーカーは、Amazon Echoのあまりの完成度の高さに、発表を中止して再考する事態に陥ったのですが……その割に中途半端な製品になってしまってる印象。しかも、ユーザーは複数のスマートスピーカーを購入する時代。
                      【アップル、“時すでに遅し”か? AIスピーカーのシェアが一向に伸びず】JBpress  家庭の各部屋それぞれに、端末を置いてもらい、音声アシスタントという自社プラットフォームの利用を拡大するという戦略を最初に打ち出したのはアマゾンだ。  これが奏功し、アマゾンのAIスピーカーを2台以上持つ世帯の数は、グーグル製品を2台以上持つ世帯の2倍になった。だが、その後、グーグルもアマゾンの戦略に追随。今では、アマゾン、グーグルいずれの製品も、利用者のほぼ3分の1が、2台以上持つようになった。 複数台持ちには、ある傾向がある  こうした中、アップルは、今後シェアを伸ばしていけるのだろうか。別の調査会社である米パークスアソシエイツのレポートを見ると、状況は厳しそうである。 
                      続きを読む >>
                      【2019.02.09 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム