★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
Apple Pay Cashの意味
0
     個人間送金の仕組みである『Apple Pay Cash』ですが、これが普及するといろんな場面で楽になりますね。もちろん、悪用されないように一回の送金額とか制限が必要でしょうし、一日の送金額上限も必要でしょう。でも、1万円以内の金のやり取りとか、手軽にできれば便利。日本では、Suicaがすっかり手軽な小額決済の役割を果たしてる部分がありますが、個人間の送金はまだまだ。それを考えれば、日本の企業もこの黒船に乗るか対抗するか、どっちかでしょうね。個人送金が手軽になれば、キャッシュレスの時代も本格化ですね。

    【個人間送金Apple Pay Cash、「この秋登場」の意味とは?】iPhone Mania

    Appleは現地時間9月18日、iOS11とwatchOS 4の機能に、個人間送金を可能にするApple Pay Cashが含まれると正式に発表しました。

    しかしプレスリリースやApple Payのページに「Coming this fall」とわざわざ記していることから、正式公開となる19日(日本では20日)ではなく、今後のアップデートで追加されると見られています。

    当面はアメリカのみでの展開

    AppleのWebサイトによれば、個人間送金サービスが利用可能なのはアメリカ国内のみで、対象機種はiPhone SE、iPhone 6 以降のiPhone、iPad Pro、iPad (第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 3以降、Apple Watchとなります。またApple Pay Cashサービスを提供しているのはGreen Dot Bankです。 
    続きを読む >>
    【2017.09.19 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    Apple Store京都の候補地
    0
       関西は三都にApple Storeを配置してもいいぐらいですからね。Apple Store神戸も、そのうち話題になるでしょう。人口比を考えれば、大阪に2つあっても良いぐらいですが、公共交通網が発達した関西は、京都・大阪・兵庫って、思ったより近いんですよね。京都駅と大阪駅って、急行で30分ほど。新幹線なら京都-新大阪は13分と、もっと早いですし。実際に京都で仕事をしてみて思ったのが、京都駅周辺って本来の京都の中心部(京都御所)からは離れているんですよね。個人的には四条河原町アタリが候補地だと睨んでいますが。

      【Apple Store京都の出店候補地が明らかに!いずれも繁華街】iPhone Mania

      新たにAppleがApple Storeを京都に出店するのではないか、という噂について、新たに公開された人材募集で、京都での立地候補がいくつか指定されていることが分かりました。挙がっている3カ所とも、繁華街として知られています。

      はっきりと京都ストアでの募集を明言

      Appleの人員募集に関する新たに情報が公開されたのは、求人情報サイトであるマイナビバイト(中国・四国版)です。 
      続きを読む >>
      【2017.09.18 Monday 12:00】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      Apple A11の詳細
      0
         昨日もエントリーにしたことですが、GIGAZINEの記事のほうが詳しかったので、改めて。知り合いが、MacBook Proの最新型を購入して、Core i7にしているのですが、さすがの爆速なようで。で、iPhoneXのベンチマークは正確にはCore i5のMacBook Proを上回るそうで。さすがにプロ仕様のCore i7にベンチマークとはいえ勝ったら大変なことですが、Core i5だってInDesignやコミスタのような重いアプリを普通にサクサク処理できますから、恐ろしい数値であることは間違いないんですけれどね。

        【iPhone 8/Xの「A11 Bionic」はMacBook ProのIntel Core i5を凌駕する性能を持つ】GIGAZINE

        iPhone 8シリーズやiPhone Xに搭載されるAppleの新SoC「A11 Bionic」は、Geekbenchのベンチマーク結果からiPad Proの「A10X Fusion」はおろか、ノートPCのMacBook Proの「Intel Core i5-7360U」をも上回る、とんでもない性能を持つことが明らかになっています。

        iphone10 - Geekbench Search - Geekbench Browser
        https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?q=iphone10

        2017年9月13日にAppleが開催したSpecial Eventで「iPhone 8」や「iPhone X」が披露されると、さっそくGeekbenchに新型iPhoneのベンチマークスコアが上がり始めました。「iphone10」と検索して出てくる「iPhone X」の6コアSoC「A11 Bionic」のスコアは以下の通り。シングルコアスコアが「4204」、マルチコアスコアが「10165」となっています。 
        続きを読む >>
        【2017.09.15 Friday 12:00】 author : 土岐正造
        | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
        Apple Special Event
        0
           ということで、今回も寝落ちしなければ、各サイトやTwitterを巡回して、実況中継します。たぶん事前の予想どおりに、iPhone8・iPhone8 Plus・iPhone Xが本命で、対向がApple WatchとApple TVで、大穴がiPod touchでしょうか。あ、新型のThunderbolt Displayもありそうです。今回はiPad Proがどうなるかでハラハラした前回のスペシャル・イベントと異なり、購入予定がない製品がほとんどなので、別の意味で安心してみていられそうです。もちろん、iPhoneXは楽しみですが。

          【今年もAppleの新製品発表イベント「Apple Special Event」のリアルタイム更新やります!】ギズモード・ジャパン

          アップルプルプル、プルップルー!

          2017年9月13日午前2時から行なわれるApple(アップル)の新製品発表イベント「Apple Special Event」。今年はiPhoneが生まれて10周年ということもあり、大幅なアップデートが加えられたiPhone 8、iPhone Xとも呼ばれる次期iPhoneが大注目されています。

          今年もギズモード・ジャパンはイベントの様子をリアルタイムでお届け! 9月13日午前2時から、こちらのページ内で更新していきます。 
          続きを読む >>
          【2017.09.12 Tuesday 23:16】 author : 土岐正造
          | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
          AirPodsの売上シェア85%
          0
             自分は無線に対してイマイチ信用をおいていないんですよね。我が家は何故かBluetoothがプッツンプッツン切れやがる環境で、本当にペアリングが上手く行かないので。そういう意味では、iPhoneのイヤホンも優先のものを基本的に使っています。Bluetoothヘッドフォンも過去のに何回か購入したんですが、買って後悔する結果ばかりで。なんか、自分の身体からBluetoothを妨害する電波でも出てるんじゃないかと疑っていますし。でも、それはそれとして、Appleのこういう地味な製品が堅実に売れてるのはうれしいです。

            【強すぎるぜ、AirPods。左右独立型の無線イヤホン売上シェアの85%を取得していた】ギズモード・ジャパン

            いいプロダクトです。

            先月には出荷の待ち時間が2〜3週間に短縮されたものの、まだまだ品薄状態が続くApple(アップル)の「AirPods」。新たに公開された調査データによれば、なんとAirPodsはアメリカにおける左右独立型無線イヤホンの売上シェアの85%を占めているそうなんです! まさに無双状態ですね。

            MacRumorsが紹介しているこのデータは、NPD Groupのブログで公開されたものです。それによれば、昨年12月にローンチされたAirPodsは年初からこのような極めて高いシェアを獲得しているとのこと。今回の情報では日本や他国でのシェアについては触れられていませんが、それでも同じく高いシェアを獲得していることは想像に難くありません。 
            続きを読む >>
            【2017.09.09 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            2019年以降のAppleは低迷?
            0
               そもそも、iPhoneのピークはiPhone6が登場した2014年ではないかと、自分は思っています。ここからじょじょに売上を落としていくと思っていたのですが、iPhone7の思わぬ完成度の高さもあって盛り返してきましたが、製品の良い時期ってやっぱり10年だと思うんですよね。1995年に発表されたWindows95から2006年発売のWindowsVistでMicrosoftの全盛期が終わったように。2001年に発表されたiPodが、2009年のiPod classicで終わったように。

              【Apple収益、iPhone8/X効果で伸びるも2019年以降は低迷?】iPhone Mania

              9月12日に発表が期待されるiPhone8/X/Editionですが、この有機EL(OLED)搭載モデルがAppleを現在の苦況から救う解決策となると、投資銀行Guggenheim Securitiesが予測しています。

              しかしその効果が続くのは2018年までで、以降は再びiPhone売上減とともにAppleの売上も低迷するとの厳しい見方をしています。 
              続きを読む >>
              【2017.09.08 Friday 18:08】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              第5世代Apple TV 対 ハリウッド
              0
                 あらら、流石にAmazonやらNetflixなどの攻勢に、AppleはAppleで独自のコンテンツの確保が重要。Apple自体はハリウッドの強欲を牽制しつつ、もう独自コンテンツに力を入れたほうが良いでしょうね。なにしろ、AppleにはPIXARとディズニーという、切り札がありますから。それこそ、ジョン・ラセターに目利きは任せて、10人ぐらいの若手クリエイターに、ショートフィルムを作らせてコンペさせて人材を生み出していけばいいわけで。まぁ、才能はそう簡単には生まれてこないんですが、ショートフィルムによる発掘は重要。

                【Apple TVの4K動画コンテンツ、全然買いたくないお値段になるかも】ギズモード・ジャパン

                20ドル(約2200円)、はたまた30ドル(約3300円)?

                Apple(アップル)は9月12日に恒例の新型iPhoneの発表イベントを開催します。そしてそこで発表されるのはiPhoneだけではなく、4K対応になったApple TVも発表されると噂が流れています。

                そんな中Appleは、新Apple TVに向けた手頃な4Kコンテンツ価格を打ち出すべく映画業界と交渉中らしいのですが、どうやら交渉は難航。これに関して米GizmodoのRhett Jones記者がハリウッドの状況を解説しつつ、「4Kコンテンツは10ドル(約1,100円)にして!」と持論を展開しています。 
                続きを読む >>
                【2017.09.03 Sunday 21:00】 author : 土岐正造
                | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                9.12のAppleイベント深読み
                0
                   もしこの招待状が防水の意味だったら、プレミアムiPhoneは999ドルでも確実に売れるでしょう。バッテリーもiPhone7 Plus並みに増えて、有機ELディスプレイ、3D顔認証機能、ワイヤレス充電機能、縦型の新型カメラ、そして防水機能。それは、数は15%ぐらいが限度でしょうけれど、999ドルの高価格でも、絶対値としての高性能・高機能を求める層はいるのですから。まぁ、防水でなくても凄いんですけれどね、充分に。もし、赤と青の新色が登場でも、ブルーのiPhoneがほしい自分には、充分にうれしいですが。

                  【9月12日のApple発表イベント、招待状に隠された意味は?恒例の深読みが今年も】iPhone Mania

                  Appleが現地時間9月12日(火)にスペシャルイベントを開催することを正式発表しましたが、iPhone8の発表が見込まれるイベントの招待状に描かれた画像に隠されたメッセージを読み取り、発表内容を推測しようとする毎年恒例の試みが、今年も始まりました。

                  グラデーションのかかったAppleロゴが意味するものは?

                  現地時間9月12日(日本時間では13日の午前2時)に開催されるイベントの招待状に描かれた、グラデーションのかかったAppleロゴに隠されたメッセージを読み取ろうと、さまざまな推測がされています。

                  この推測は毎年の恒例行事のようになっており、2016年9月のイベントの画像からは「デュアルカメラ」「背景をぼかすポートレートモード」「防水対応」「ヘッドホンジャック廃止」などを示すのではないか、と推測されていました。 
                  続きを読む >>
                  【2017.09.01 Friday 22:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Apple PencilがiPhoneで使える?
                  0
                     iPhoneによるタッチ操作が、スマートフォンの在り方を変えてしまった訳ですが。Appleはマウスでの操作を定着させるため、矢印キーを排除した会社ですから。でも、指による操作という部分がここまで定着した以上、スタイラスによる操作がそこに加わっても、問題ないでしょう。現実問題、iPhoneは大型のPlusシリーズも登場して、スタイラスによる操作のほうが便利そうな場面も増えていますし。でも、この特許が事実なら、噂のプレミアムiPhoneにも対応しそうな勢いですね。

                    【Apple PencilはいずれiPhoneで使えるように? 新たな特許が登場】iPhone Mania

                    そろそろiPhone向けスタイラス、出てもいい頃かも?

                    先日発表されたSamsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy Note 8」を見て、こう思った人も多いでしょう。「スマホにスタイラス、意外とアリだな…」と。メモ取りなんかに意外と使えそうなんですよね。そう思っていたところ、Apple(アップル)の新たな特許からその夢がiPhoneでも叶うかもしれない話が舞い込んできました。

                    Patently Appleが発見したAppleによって出願された一連の特許によると、スタイラス操作ができるデバイスの名前として「iPhone」という単語が登場しているのです。9to5Macによれば、同様の特許でiPhoneという単語の登場は初めて。もしかすると、Apple内部でもいよいよ計画が動き出しているのかもしれませんね。 
                    続きを読む >>
                    【2017.08.31 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    AppleがSwiftでアプリ開発推進
                    0
                       現在のAppleを支えているのは、スティーブ・ジョブズがNeXT社から連れてきた、優秀な技術者であることは間違いないでしょう。彼らが、堅牢なUNIX系のFreeBSDを基幹部においてAppleのインターフェイスをかぶせたMacOS Xを開発し、PowerPCでもx86系でも動く柔軟性をもたせたことでIntelへの移行を実現。そして、iOSという派生OSも生み出し、Appleの快進撃を支えたわけで。このプログラミング言語Swiftのような、基礎を支える部分を開発するところが、技術者の優秀さを物語ります。

                      【Apple「Swiftでアプリ開発」カリキュラムを米大学で導入】iPhone Mania

                      Appleが2014年に公開し、瞬く間にトップランキングへの仲間入りを果たしたプログラミング言語Swiftですが、Appleは現地時間8月25日、Swiftを使ったアプリ開発カリキュラムを、米国のコミュニティ・カレッジで開始すると公式ウェブサイトで発表しました。

                      プログラミング言語Swiftとは何か?

                      Swiftはプログラマコミュニティを驚かせた新規参入のプログラミング言語で、2017年8月現在、世界で11番目に多く使われています(TIOBE Index調べ)。

                      Swiftが2014年の公開からこれだけの短期間で人気言語になったわけは「モダン、安全、書きやすくて読みやすい」からであると、iOS開発者のパヴェウ・ラスキン氏(@RusinPaw)はクックバッド開発者ブログで語っています。 
                      続きを読む >>
                      【2017.08.28 Monday 12:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム