★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
ハイエナかウサギか
0
     ハンギョレ新聞は韓国では極左の新聞で、ベトナム戦争での韓国軍の蛮行を糾弾する、珍しい新聞です。興味深いのは、極左の新聞が半島4月危機説の、火消しに必死になっている点ですね。ただそれはデマだからデマの、循環論法。危機がないことの根拠が薄弱ですし、アメリカの真意が不明である以上、無駄になるかもしれなくても備えておくべきなのは当然。見たくないものは見ないの言霊的呪術の世界に、浸っていたい心情が透けて見えます。日本としては在韓邦人がパニックにならないように、遠回しで小出しの警戒警告なのにハンギョレにはハイエナに見えるようで。

    【[特派員コラム]朝鮮半島危機説、主演と助演】ハンギョレ新聞日本語版

     「朝鮮半島危機説」は不安の兆候があるたびに繰り返されてきた。分断された朝鮮半島で生きる人々の避けがたい宿命として受け入れるには、私たちが危機説に露出する頻度が高すぎる。特に、今回の「朝鮮半島4月危機説」は、韓国の政治・経済的体力が弱っているときに周辺勢力がどのように動くのかを赤裸々に見せたという点で反芻することが必要だ。
    (中略)
     朝鮮半島危機説の「助演」を挙げるなら、何といっても日本だ。韓国政府の不在状態を最大限に活用したような日本の動きは「ハイエナ」だった。日本の外務省がホームページに韓国に滞留する日本人たちに朝鮮半島情勢に常に留意しろという警告メッセージを上げたかと思えば、安倍晋三首相までが自ら乗り出して、危機論を煽り立てた。米国政府が航空母艦カールビンソンの他にも空母ニミッツ号を西太平洋海域に追加配置するという「誤報」も日本側から出た。政府とマスコミがあたかも口を合わせたように、デマ情報を流して韓国の危機を高めさせる姿は衝撃的だった。

     朝鮮半島危機説のまた別の助演は、米国のマスコミと韓国のマスコミだ。NBC放送が13日、米国が対北朝鮮先制攻撃作戦を遂行しうるトマホーク巡航ミサイルを装着した駆逐艦2隻を朝鮮半島近隣地域に配置したという「誤報」で、朝鮮半島危機説は極に達した。米国政府が故意に誤った情報を記者に提供した可能性が高いが、自分たちの報道がどのような破局を引き起こしうるか真剣に考えたかを訊ねたい。 
    続きを読む >>
    【2017.04.22 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
    | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    また朝日新聞が虚報
    0
       珊瑚礁にK.Yと朝日新聞が傷つけ自作自演のニュースを夕刊で流したのが、1989年4月20日。後に社長辞任にまで発展。あれから28年が経ちますが、体質は何も変わっていない、むしろ劣化していますね。そりゃあ、東大生も朝日新聞を就職先と考えなくなりますよ。ツイッターの朝日新聞関係者のツイートを見ていると、目端の利く人間は早めに朝日新聞を退社し、ツイッター上で偏った意見を発する人間ばかりが居座ってるのではないか……と、邪推させるようなツイートも目にします。

      【内閣府、朝日記事を否定 ホームページの「朝鮮人虐殺」削除報道、抗議も検討】産経新聞

       内閣府は19日、朝日新聞が同日付朝刊で、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」に関する内容を含む過去の災害教訓をまとめた報告書が、苦情によってホームページ(HP)から削除されたと報じたことに対し、「削除したことはない」と反論した。記事中、担当者の発言として報じられたコメントも否定した。内閣府は、報告書が閲覧できないのはHP刷新に伴うシステム上の問題だと朝日記者に説明したと話しており、抗議することも検討している。

       朝日新聞は社会面に「『朝鮮人虐殺』に苦情、削除」の記事を掲載。江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるために政府の中央防災会議の専門調査会がまとめた報告書が、HPから削除されていると伝えた。 
      続きを読む >>
      【2017.04.20 Thursday 18:00】 author : 土岐正造
      | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
      感情論
      0
         ただの主観であり、感情論ですね。実際に戦争が起きたら、邦人保護と同時に押し寄せてくるであろう難民について、日本が想定しておくに越したことはないはずですし、危機管理という点でも重要。というか、昔の日本だったら、こういう有事に備えての準備は、戦争を望んでいるのかと、これまた言霊思想にどっぷり浸かった感情論が出てきたでしょう。現実に、日本のメディアは軍事音痴なので、報道自体は慎重。欧米のメディアの危機感とそう大差はない感じで、韓国の全国紙がこのレベルの感情的な社説では、国民はどう燃え上がるやら……。

        【【社説】韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相の言動】朝鮮日報日本語版

         安倍首相は昨日(17日)、衆議院で、韓半島(朝鮮半島)有事の際に日本に避難民が流入した場合の対策について質問を受け、「我が国が庇護(ひご)すべきものに当たるか否かのスクリーニング(選別)といった一連の対応を想定している」と答えた。韓半島の緊張をあおるような質問も答弁もレベルの低い稚拙な言動といわざるを得ない。

         日本の一部メディアは、まるで韓半島ですぐに何かが起こるかのように軽はずみな振る舞いをしている。一時帰国しながらこっそり戻ってきた日本大使は、韓国国防部(省に相当)長官に面談を要求するというとんでもない行動に出た。これも日本人避難問題を話し合うとの理由だと言われている。手ぶらで韓国に戻ったことに対し日本国内で非難の声が高まるや、わざとこうした無礼な行動で挽回(ばんかい)しようとしたのだろうという話もあるという。

        (中略)安倍首相の言葉は少女像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない。韓国の国会で「日本で大地震が発生して韓国に難民が流入した場合」の対策を聞く質問が出て、韓国の公職者が「スクリーニングする」と答弁する光景を想像してみてほしい。今、一部の日本人の間に反韓感情が広がっているとはいえ、公職者たちがまるで隣国の不幸を願い、楽しむような言動でこれに迎合しようというなら、両国関係の正常化はますます遠ざかるしかない。 
        続きを読む >>
        【2017.04.19 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
        | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        朝日新聞の報道姿勢
        0
           皇太子殿下のマレーシア訪問は、地元では好意的に迎えられているようです。マレーシア首相とのセルフィー写真を投稿されるなど、和やかなムード。地元のマスコミは、戦没者記念碑の前で黙祷される皇太子殿下や、強制収容所に送られた日系人との面会などは報じていますが、この中国系23団体で構成される『第2次世界対戦歴史研究会』とやらについて、大々的に報じてるところ、検索した範囲ではないようですが。報道するのは朝日新聞の自由ですが、それが朝日新聞のバランス感覚ですか、と。

          【皇太子さまのマレーシア訪問、地元メディアが逐一紹介】朝日新聞

           皇太子さまのマレーシア訪問中、地元メディアはナジブ首相との昼食会などの行事を逐一紹介し、国内に歓迎ムードが広がった。一方、皇太子さまが戦争中の旧日本軍の行為に触れなかった点を批判する団体もあった。
          (中略)
           国内最大の中国語紙「星州日報」も16日朝刊で、ナジブ首相が昼食会中に皇太子さまとのツーショットを「自撮り」して公式ツイッターに投稿したことなどを詳報した。

           一方、日本軍の占領時に多くの…(以下登録読者のみ閲覧可能) 
          続きを読む >>
          【2017.04.18 Tuesday 21:00】 author : 土岐正造
          | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          迷走する特派員
          0
             韓国の全国紙の日本特派員は、ことさら日本に対して懐疑的・攻撃的になる傾向があります。朝鮮日報の記者が特にその傾向があるのですが、中央日報も似たようなもの。これはたぶんに、日本に長期滞在することで、日本かぶれとか親日派というレッテルを貼られることを、極度に恐れているからではないかと、推測します。それは、韓国が大好きであるがゆえに行き過ぎた韓国の報道をたしなめる産経新聞の黒田記者のソレとは異なり、帰国後の自分の出世とか社内での立場を考えてるように見えます。

            【【記者手帳】「韓半島危機説」 先走る日本メディア】朝鮮日報日本語版

             ドナルド・トランプ米大統領が12日、米国のニュース専門チャンネル「フォックス・ビジネス」のインタビューで、「米中首脳会談の時、もともとは習近平・中国国家主席と15分間だけ1対1で会談しようと考えていたが、うまが合って2時間になった」と語った。その2時間に両首脳がどんなやり取りをしたのか、日本のメディアはこのところ連日報道している。この1週間で主要日刊紙と3大通信社、NHKが報道した記事は500件近い。重みのある内容を発掘して報道しているのではなく、新たに出てきた小さなエピソードに、前日の話を付け加えて引っ張るというやり方だ。
            (中略)
             日本が北朝鮮の核問題に関心をもつこと自体は自然なことだ。韓日両国が協力しなければならない部分もある。しかし、日本のメディアが関心を注ぐ背景にあるのは、こうした現実的な考慮だけではなさそうだ。

             今回掲載された500件近い記事の多くは、「韓国は異常で危険な国であり、中国は信じられない国だ。トランプ大統領が本当に北朝鮮を攻撃する時は日本の安全を確保し、日本の影響力も強くすべきだ」というメッセージが含まれている。日本の安全保障専門家のうち、米国が実際に軍事行動に出ると見ている人物は少ないが、日本のメディアはそわそわして先走っている。

            東京=金秀恵(キム・スへ)特派員 
            続きを読む >>
            【2017.04.17 Monday 20:00】 author : 土岐正造
            | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
            羊頭狗肉
            0
               羊のに頭を店先に掲げながら、実際は犬の肉を売るということで、看板と内実が違うという意味。禅書『無関門』の言葉。この記事も、冒頭に「米の飯が食べられるという日本人の言葉に騙され…」なんて言葉があるので、どうなのかと思えば、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が公開した略歴には「見ず知らずの韓国人の男が話しかけてきた」ですから、馬鹿にしてるのかと。で、そんな貧しい暮らしに虐待を受けた生活だったのに100歳という長寿。年齢詐称か、米軍の公文書に残るように待遇が良かった間接的証拠でしょうね。

              【椿の花のようだった…最高齢「慰安婦」被害者イ・スンドクさん死去】ハンギョレ新聞日本語版

              「米の飯が食べられるという日本人の言葉に騙され…」 
              世界各地で被害証言の先頭に立つ 
              枯れない「椿おばあさん」と呼ばれて 
              生存被害者、現在38人のみ


               日本軍「慰安婦」被害者の中で最高齢だったイ・スンドクさんが、4日午前7時30分に亡くなった。享年100歳。

               韓国挺身隊問題対策協議会のユン・ミヒャン代表は4日、フェイスブックのアカウントを通じて「椿おばあさんのイ・スンドクさん(100歳)が、午前7時30分頃、息を引き取られました」と訃報を伝えた。イさんの死去で、政府に登録された「慰安婦」被害者238人のうち、生存者は38人に減った。
              (中略)
              1937年、夕食を作るために畑の畦でヨモギを採っていたとき、見ず知らずの韓国人の男が話しかけてきた。「そんな仕事をするより、私について来れば靴も着物もあげるし、お腹いっぱい食べられるところに連れていってやる」。イ・スンドクさんは、貧しい家の事情のためにつらい生活をやりくりしていたため、男の提案を受け入れた。最後に両親にあいさつをして行かなければと懇願したが、男は時間がないと言ってイ・スンドクさんを強圧的に連れていった。イ・スンドクさんは恐ろしさに泣きながら連れていかれた。慰安婦の徴集のための就業詐欺だった。裡里邑(イリウプ)の旅館に到着した時、そこには各地域から集められた15〜19歳くらいの幼い娘たち15人がいた。イ・スンドクさんは少女たちと列車に乗り、中国上海に向かった。おぞましい慰安婦生活のはじまりだった。 
              続きを読む >>
              【2017.04.07 Friday 19:00】 author : 土岐正造
              | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              民進党 vs 産経新聞:疑惑の本質
              0
                 皮肉がきいた文章になっていますが、民進党の過剰反応について、冷静に指摘していて、問題の核心部分が見えやすいですね。森友学園に関しては、営利右翼の籠池夫妻が脇の甘い安倍昭恵夫人に接近したわけで、その脇の甘さを批判するのは簡単ですが、自分の夫を批判するデモに顔を出すフットワークの軽さとも表裏一体。「昭恵夫人にも問題があった」という評価は、「イジメられる側にも問題があった」と似たようなロジック構造なんですが、「イジメるほうが100%悪い」と日頃口にされる人は、「籠池夫妻が100%悪い」と言われるのかな?

                【拝啓 蓮舫様 辻元清美氏の「3つの疑惑」記事の抗議ですが、何か勘違いされていませんか?】産経新聞

                 拝啓 民進党代表、蓮舫様 

                 どうしてもあなたがおっしゃられた言葉の意味がよくわかりません。報道に携わった経験をお持ちの先輩として、教えてください。

                 学校法人「森友学園」(大阪市)問題をめぐり、安倍昭恵首相夫人と学園の籠池泰典氏の妻、諄子氏が交わしたメール内容を踏まえ、私は3月28日付朝刊で、辻元氏に関する「3つの疑惑」と題した署名記事を書きました。「疑惑」とは、(1)辻元氏が学園の塚本幼稚園に「侵入しかけた」のか(2)辻元氏が小学校の建設現場に「作業員を送り込み」、メディアに間違った情報を発信させたのか(3)大阪府豊中市の「野田中央公園」に関する国庫補助金支出への関与の有無について−の3項目です。

                 (1)と(2)は、本文で諄子氏のメール内容を原文をいじらずに紹介しました。 
                続きを読む >>
                【2017.04.03 Monday 20:00】 author : 土岐正造
                | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                朝日新聞の世論誘導
                0
                   朝日新聞が保健体育で【銃剣道を追加】とか【旧日本軍訓練の流れ】とか、いかにも安倍政権が右傾化を強めているかのように煽っていましたが、何の事はない。元々含まれていた銃剣道が、昨日ョされそうになったのが、存続したと言うだけの話。銃剣道はそもそも、日本武道協議会の9種目に含まれる武道。柔道・剣道・相撲・弓道・空手道・合気道・少林寺拳法・薙刀道・銃剣道がそれです。伝統が〜とか、難癖をつけている人がいますが、銃剣道はそもそも槍術の流れをくむ武道です。

                  【中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残る】朝日新聞

                   松野博一文部科学相は31日付の官報で、小中学校の新学習指導要領と幼稚園の新教育要領を告示した。改訂案にパブリックコメントで寄せられた意見を踏まえ、「聖徳太子」などの歴史用語を従来の表記に戻す異例の修正をした。その一方で、性的少数者(LGBTなど)への配慮から異論があった「異性への関心」や、幼稚園で国歌に親しむという記述は残った。
                  (中略)
                   このほか「学校や地域の実態に応じて種目が選択できるよう」として、中学の武道に新たに「銃剣道」を加え、武道9種目を示した。 


                  【中学武道に追加の「銃剣道」とは? 旧日本軍訓練の流れ】朝日新聞

                   31日に告示された中学校の新学習指導要領で、中学校の保健体育の「武道」に新たに盛り込まれた「銃剣道(じゅうけんどう)」。松野博一文部科学相は同日の会見で「競技人口や国体種目であることなども判断材料としてほしいとの意見を踏まえた」と述べたが、旧日本軍の戦闘訓練に使われていた「銃剣術」の流れをくむだけに、波紋が広がっている。
                  (中略)
                   「旧日本軍の戦闘訓練のイメージがあるので様々な意見が寄せられるが、今は目的も性格もまったく違う」と連盟副会長の鈴木健さん(68)は話す。

                   鈴木さんによると、銃剣道の歴史は明治初期、フランスから伝わった西洋式銃剣術にさかのぼる。その後、日本古来のやりの技を土台として研究が進み、戦前は旧日本軍の訓練に用いられていた。 
                  続きを読む >>
                  【2017.04.02 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                  | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  BPOの年間予算4億円
                  0
                     放送倫理・番組向上機構(Broadcasting Ethics & Program Improvement Organization)は、日本放送協会や日本民間放送連盟とその加盟会員各社によって出資・組織された任意団体。正直、メンバーが左偏向していないかという疑義や批判は、前々からあります。辛淑玉女史がニュース女子を批判してBPOに持ち込んだのも、彼女に近い立場の人間が多いから、と勘ぐっています。放送法遵守を求める視聴者の会が指摘するように、視聴者意見申立てが12492件対して審議入り9件・見解表明2件で年間予算4億570万円は非効率。

                    【【ニッポンの新常識】「ニュース女子」沖縄報道へBPOは異常反応 年間予算4億円は何に使われているのか】ZAKZAK

                     私が2014年11月、夕刊フジに初めて寄稿した短期集中連載のタイトルは『反撃せよ! ニッポン』だった。

                     当時、中華人民共和国(PRC)や韓国、あるいは日本国内の反日勢力による理不尽な攻撃に、日本側はサンドバッグ状態で、ほとんど反撃できていない状況だった。
                    (中略)
                     私たち「放送法遵守を求める視聴者の会」は、今回の「ニュース女子」騒動をめぐり、大手メディアや任意団体「放送倫理委員会(BPO)」が取った異常な反応に、反撃することを決意した。

                     BPOには昨年、1万2492件の意見が寄せられたが、委員会審議は9件、結論が出たのは2件だけだった。存在価値すら疑わしいBPOの年間予算4億円超は何に使われたのだろうか。 
                    続きを読む >>
                    【2017.04.01 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
                    | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    時すでに遅し
                    0
                       日本も80年代、おだてられて調子に乗って、アメリカの心ある人からの忠告や警句を、バカにしたり反発していました。典型例が石原慎太郎氏で、国産戦闘機開発ではデマやフレームアップを真に受けて、日本が独自開発したら素晴らしい戦闘機ができたのに横槍が入ったと、ずれた情報を流布していました。日本の国粋主義者と韓国人はよく似ていると、前々から主張していますが。韓国でもようやく、中国傾斜と金大中・盧武鉉大統領以来の外交方針の危うさに、保守系新聞の論説委員が気づいたようです。

                      【【コラム】韓国の「中国傾斜」、日本の批判は正しかった】朝鮮日報日本語版

                      ソウル・明洞で寂しく響く中国語の呼び込み
                      中国人が姿を消した明洞は今日の韓国の自画像


                       一昨日の午後、取材を兼ねてソウル市中心部の繁華街・明洞に行ってみた。中国人観光客が一気に見られなくなったと聞き、実際のところどんな様子なのか気にはなっていた。見たところ予想以上に人通りは多かったが、店はあまり繁盛しているようには見えなかった。それからしばらく歩いていると、かつての明洞とは明らかに違っていることだけは改めて感じた。行きつけの飲食店でチゲを注文したが、この店も数年前からどこか味が変わっていた。かつては日本人、その後は中国人観光客の好みに合わせるため、店本来の味を変えていたのだ。化粧品店の店員が客を呼び込もうと叫ぶ中国語もどこかもの悲しく聞こえた。
                      (中略)
                       ここ数年、日本は韓国が話題になると必ず「中国傾斜論」を指摘した。韓国の立ち位置が少しずつ中国側に寄り始めているという意味だ。韓国の大統領が一昨年、中国・北京の天安門に上がった時がおそらくその絶頂だったのではないだろうか。日本は同盟の原則を重視するが、われわれは日本こそ韓米関係に亀裂を生じさせていると考えた。両国の識者が席を共にして議論する場を取材すると、日本側は必ず韓国の中国傾斜を指摘したが、そのたびに記者は「少しばかりの経済的な利益を手にするためではない。統一のためだ」と反論した。しかしこのような訴えは誰にも響かなかった。米国人や日本人はもちろん、中国人もこの主張には耳を傾けなかった。統一について真剣に考えるのは韓国だけだった。孤独だった。韓国の言い分は「強大国のゲームに巻き込むな」という叫びでもあった。一昨年、われわれが「統一を実現するため大統領が天安門の上に立った」と主張した時、その後ろで中国は腹を抱えて笑っていただろう。それを考えると今でも恥ずかしい。ところが中国はわれわれに対するとき、表向きはこちらの言うことなら何でも聞いてくれそうな雰囲気だったのは確かだ。

                      鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員 
                      続きを読む >>
                      【2017.03.26 Sunday 20:10】 author : 土岐正造
                      | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム