★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
天安門事件の死者数
0
     北京五輪で現地に行った友人の話では、天安門広場に100万人の学生が集まったというのは誇張ではないと感じたそうです。南北880メートル・東西500メートルもある世界最大の広場ですから。駐中英大使の見積もりですから、実際にカウントした数字でもないので、コレ自体は意見のひとつでしかないですし。推定値はどこまで言っても推定値ですから。ただ、気になる部分もあります。この報道を、日本のマスコミは共同通信の報道を使うことで、数を少なく発表している指摘です。

    【「天安門事件の死者は1万人」 英公文書を公開】AFP BB News

    【12月23日 AFP】1989年に中国の首都・北京の天安門広場(Tiananmen Square)で民主化運動が軍によって武力弾圧された「天安門事件」の死者が、少なくとも1万人に上るとする英国の公文書が新たに公開された。

     公開されたのは英国の外交機密電報で、陰惨な天安門事件の詳細をつづっている。天安門事件から28年以上を経て公にされた電報をAFPが英国立公文書館で確認した。

     当時の駐中国アラン・ドナルド(Alan Donald)英大使は本国政府への電報で「最低に見積もっても一般市民の死者は1万人」と報告している。 
    続きを読む >>
    【2017.12.24 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
    | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    大山鳴動
    0
       中央日報日本語版は【韓国外交長官も低い椅子を出した安倍首相…米国の関係者には?】と椅子で大騒ぎし、朝鮮日報はユネスコの分担金で大騒ぎ。保守系全国紙がこんなことを報道していたら、そりゃ国民は反日に誘導されます。実際には、去年も今年も同じ時期に支払っています。去年はユネスコに二国間の係争事項に対する明確な動きがなく、今年は動きがありましたが、支払時期は同じ。けっきょく、韓国マスコミがイチャモンを付けてるだけという構図。康京和外交部長の椅子は何の事はない、河野外相と同じ椅子でした、という落ち。

      【慰安婦ユネスコ登録阻止に「成功」の日本、分担金支払いへ】朝鮮日報日本語版

       日本政府が、これまで支払いを保留していた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の今年の分担金を支払うことを決めた。

       世界記憶遺産の審査基準が今年改正されたことで、韓国などが申請していた慰安婦問題の関連資料の登録を結果的に阻止することができ、一定の成果があったと判断したとみられる。

       21日付の読売新聞によると、日本政府は20日、ユネスコの世界記憶遺産の審査制度に一定の改善がみられたと判断し、今年の分担金34億8700万円と任意拠出金4億8100万円を支払うことを決めた。

       ユネスコの事実上の最大スポンサーとなっている日本は、例年4−5月ごろにユネスコの分担金を支払っていたが、世界記憶遺産の審査過程が不透明だとして、昨年に続き今年も分担金の支払いを保留していた。 
      続きを読む >>
      【2017.12.22 Friday 19:00】 author : 土岐正造
      | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
      無知蒙昧
      0
         ソウル五輪のとき、開会式の各国入場で、国の紹介の字幕にGDPの順位をつけていたのが韓国。中華帝国に事大していたため、その中での序列に異常にこだわるわけで。もっとも、これは文在寅大統領が、名目上は国賓なのに、中国に完全に属国扱いされて、国内的に保守系から批判されているのがあるからでしょう。つまり、批判の矛先を日本に逸して、文在寅大統領の訪中大失敗を誤魔化そうとしてる訳で。元官僚の林雄介氏がTwitter上で、ここらへんの政府内の対応の違いの理由を、明確に解説してみせています。

        【安倍首相、訪日の韓国政治家を「椅子」で格下げ?】中央日報日本語版

        安倍晋三首相が韓国など海外政治家に会う時に低い椅子に座らせ、相手の格を下げようとしているという疑惑が韓国の政界で広まっている。14日に野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が安倍首相と会った際、低い椅子に座っている写真が論議を呼んだからだ。同じ日、アントニオ・グテーレス国連事務総長は安倍首相の椅子と同じ高さの椅子に座って対話をした。

        宋永吉(ソン・ヨンギル)共に民主党議員は18日、ラジオ番組のインタビューで、安倍首相が意図的に洪代表より高い椅子に座ったのではという質問に対し、「洪準杓代表は真の自主外交、堂々外交をするのなら、それ(椅子の高さ)から考えるべきだった」と主張した。

        椅子の高さを変える日本首相官邸の巧妙な『椅子外交』は韓国の与野党政治家を相手に区別なく続けてきた方式だ。丁世均(チョン・セギュン)国会議長は6月8日、安倍首相に会い、韓日関係改善案などについて議論した。当時、東京の首相官邸で行われた会談を数時間後に控え、会談場所を事前に点検した国会議長室の関係者はおかしな椅子の配置に気づいた。丁議長と安倍首相が座る椅子の高さが違うという点だ。  
        続きを読む >>
        【2017.12.21 Thursday 18:00】 author : 土岐正造
        | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ツートラック
        0
           日本は合意で結んだことは履行したので、後は韓国が履行するだけ。それを履行しない・延期するのは合意違反。韓国の国内問題を日本が斟酌する必要はなく、ツートラック方針をなぜ日本が容認すると思ってるのでしょうか? 日本にだって、合意に反対し怒りを表明した人々は左右問わず、多数いました。でも、それを抑えて行動したわけで。国民をコントロール出来ないというのは単なる言い訳。実際、アメリカ大使館や中国大使館への市民団体の嫌がらせは、対応してるのですから、黙認を疑われても仕方がないです。

          【韓国政府、慰安婦問題への対応を平昌五輪後に先送り】中央日報日本語版

          韓国政府が韓日慰安婦合意タスクフォース(RF)の検証結果と政府の対応を分離する「ツートラック(two−track)方針」を固めたことが分かった。TFの結果は慰安婦合意締結2周年となる28日までに発表される予定だが、政府の後続措置は来年2月以降に出すということだ。

          匿名を求めた外交部当局者は「慰安婦合意TFの結果は12月中に出るだろうが、それに基づいて政府がいかなる措置を取るかは1、2カ月後に決まるだろう」と述べた。この当局者は「平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)や韓日中首脳会議など重要な日程を控えている」とし「韓日関係に及ぼす影響など総合的な判断をするには時間がかかる」と話した。

          別の外交部関係者は「TFが外交長官直属機構であるため、そのまま政府の立場と連結するわけではない」とし「ツートラック対応」方針を確認した。TFは7月31日に慰安婦合意の過程と手続きを検証するために長官直属機構として発足した。

          日本外務省にも韓国政府のこうした立場が伝えられたという。19日に日本を初めて訪問する康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はこうした基調で政府の立場を伝える予定だ。安倍首相、河野外相とそれぞれ会談をする康長官は過去の問題への言及はできる限りトーンを下げ、韓日両国間の実質的な協力について主に議論するという。

          慰安婦合意TFの検証と政府の対応を分離する方針は、韓日関係をこれ以上悪化させてはいけないという現実的な理由と、来年1月の韓日中首脳会議と平昌五輪中の安倍首相の訪韓問題などが絡み、総合的に出した判断というのが、複数の外交消息筋の説明だ。  
          続きを読む >>
          【2017.12.18 Monday 18:00】 author : 土岐正造
          | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          マッチポンプ
          0
             BPOのメンバーが左寄りばかりですから、こういう結論になるのは当然。で、そのBPOは栄作会社のDHCテレビジョンを、当事者でないと取材拒否。ところが、もう一方ののりこえねっとと安田浩一氏は取材許可し、それをTBSラジオの荻上チキ氏の番組で報告と、いつもの連携プレー。正直、ニュース女子側にも脇の甘さはあると思います。でも、重大なと語気を荒げるのなら、ニュース女子の番組を検証するふりをしてミスリードした、MBSの斉加尚代女史は民放連のテレビ報道番組優秀賞にも異議申し立てするべき。

            【「ニュース女子」をBPOが強く批判「重大な倫理違反」 東京MXテレビ番組】産経新聞

             沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったとして同局のチェック体制の甘さを痛烈に批判した。

             対象となったのは今年1月2日放送の番組で、沖縄県の米軍ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。VTRで運動を「日当を貰(もら)ってる!?」などのテロップ表現を使い紹介したほか、反対派による救急車の運行妨害などを事実として伝えていた。

             検証委は沖縄で現地調査を行い、救急車の運行妨害や日当支払いなどの事実に裏付けがないと判断。MXの考査担当者が編集途中の内容しか視聴していないことも判明し、意見書で「複数の放送倫理上の問題が含まれている」と指摘した。 
            続きを読む >>
            【2017.12.16 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
            | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
            何度目の確認?
            0
               同じ資料を何度でも発見したり確認して、韓国国民に慰安婦強制連行の嘘を、バレないようにしたいのでしょうね。でも、検証能力が歴史好きの中学生レベルもない中央日報ですから、持ち出してきたのがトラック諸島での慰安所。ここに関しては、海軍直営の慰安所で、実際にそこで働いていた日本人慰安婦の性善の証言が残されていて、また実際に利用した将校の回想も残されていて、実態がかなりわかっています。そもそも、記事の中で《女性らは残って米国人のために仕事をすることを望んだ》と、職業売春婦であったことがバレています。

              【南太平洋「トラック島」慰安婦被害者の実体、資料で初めて証明】中央日報日本語版

              南太平洋の日本海軍基地に朝鮮人慰安婦被害者がいたという事実が資料で確認された。ソウル市とソウル大学人権センターは、南太平洋にある「トラック島」〔現・チューク諸島(Chuuk Islands)〕に連行された朝鮮人慰安婦の存在を米軍記録等を通して確認したと11日、公表した。
              (中略)
              今回発掘された1946年3月2日付けのニューヨーク・タイムズ記事「トラック島の日本人は捕虜ではない(Japanese On Truk Are Not Prisoners)」は朝鮮人がトラック島を離れる状況を具体的に描いている。記事は「トラック島の司令官である海兵准将ロバート・ブレイクが朝鮮人と27人の朝鮮人慰安婦(Comfort Girls)を故郷に返した」とし「ブレイクによると、女性らは残って米国人のために仕事をすることを望んだ。女性たちは他の朝鮮人が日本軍に協力したという理由で自分たちを海に投げ落とすだろうと言って恐れた」と描写した。この記事では、慰安婦を27人と記載しているが、これは子ども3人のうち1人を慰安婦に分類したものに伴うものと見られると研究チームは説明した。

              戦闘日誌によると、帰還した計1万4298人のうち3483人が朝鮮人で、そのうち軍人は190人、海軍労務者は3049人、民間人は244人だった。そのうちの朝鮮人慰安婦26人は1946年1月17日、護衛艦「いきの(IKINO)」に乗り日本を経由して朝鮮に帰還した。  
              続きを読む >>
              【2017.12.11 Monday 18:00】 author : 土岐正造
              | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              マッチポンプ
              0
                 森友問題は単なる、近畿財務局のチョンボ。詐欺師夫妻が脇が甘い(その代わりフットワークが軽い)総理夫人に接近し、利用しようとして失敗しただけの話。加計学園問題は、加戸前愛媛県知事の証言で、なんの忖度もなく内閣府や安倍総理が介入する余地がなかったことは、コレまた終了した話。それをきちんと報じず、情報をトリミングし、都合が悪い報道は報道しない自由を行使し、碌でも無いです。内閣支持率が思ったほど下がらないので、情報弱者にマッチ・ポンプしてる問題を見出しにするTBSの滑稽。

                【JNN世論調査、森友問題の政府説明「納得できない」8割超す】TBS NEWS

                 森友学園への国有地売却問題をめぐり、先週、国会審議が行われましたが、政府の説明に「納得できない」とする人が8割を超えていることがJNN世論調査でわかりました。

                 安倍内閣の支持率は、先月の調査結果より0.4ポイント減って52.7%と、ほぼ横ばいでした。不支持率は0.1ポイント減って45.7%でした。

                 森友学園への国有地売却問題では、会計検査院がおよそ8億円の値引きについて「十分な根拠が確認できない」と報告したことなどをめぐり、先週、国会審議が行われましたが、政府の説明に「納得できない」と答えた人は81%に上りました。「納得できる」は10%でした。

                 また、森友学園や加計学園の問題を来年の通常国会でも審議すべきかどうか聞いたところ、「引き続き審議すべき」と答えた人は55%で、「審議する必要はない」は39%でした。 
                続きを読む >>
                【2017.12.04 Monday 21:00】 author : 土岐正造
                | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                日本のマスコミの腐敗具合
                0
                    子宮頸癌ワクチンについて、非科学的な流言飛語に対して、正しい情報を啓蒙したかたが啓蒙したのですが……日本の大手全国紙が揃ってスルー。ようやく産経新聞が報じたのですが、このエントリーを執筆している時点では、朝日新聞も毎日新聞も読売新聞も日経新聞も、ついでに東京新聞もウェブ版では報道していません。脛に傷があるので、後ろめたいのでしょう。今年の流行語大賞は「忖度」ではなく「フェイクニュース」にすべきでしたが、来年はぜひとも「国民に知らせない権利」と「報道しない自由」にしていただきたいもんです。

                  【ジョン・マドックス賞に日本人医師 村中璃子氏、子宮頸がんワクチン問題について発信】産経新聞

                   英科学誌「ネイチャー」などが主宰し、公益に資する科学的理解を広めることに貢献した個人に与えられる「ジョン・マドックス賞」の2017年受賞者に、子宮頸(けい)がんワクチン問題について積極的に発信してきた医師でジャーナリストの村中璃子氏が選ばれた。ネイチャーの関連団体が11月30日、発表した。同賞は今回が6回目で、日本人の受賞は初めて。 
                  続きを読む >>
                  【2017.12.03 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                  | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  予想通りの新語・流行語大賞
                  0
                     政治的に偏りすぎた新語・流行語大賞ですから、無理やり『忖度』を選ぶだろうなと予言しておきましたが、やっぱりな……という感想しかないです。『Jアラート』は北朝鮮と朝鮮総連に忖度し、『フェイクニュース』は朝日新聞や毎日新聞に忖度して、選ばれなかったのでしょうかね? 馬鹿馬鹿しい話です。安倍総理の関与の証拠がまったく無いので、忖度という曖昧な言葉でイメージ操作してるわけです。『強制連行』を『強制性』と誤魔化し、さらに『広義の強制性』と範囲を拡張した吉見義明教授一派と同じ。

                    【新語・流行語大賞 「インスタ映え」「忖度(そんたく)」】NHKニュース

                    ことし話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」が1日、発表され、年間大賞にはスマートフォンなどで写真を見栄えよく撮影する「インスタ映え」と、国有地の払い下げなどをきっかけにさまざまな場面で使われた「忖度(そんたく)」が選ばれました。

                    「新語・流行語大賞」は、1年の間に話題になった出来事や発言、流行などの中から世相を表現した言葉を選ぶ賞で、ことしは30の言葉がノミネートされました。

                    この中のトップテンが1日、東京都内で発表され、このうち年間大賞には、SNSのインスタグラムに投稿するためスマートフォンなどで写真を見栄えよく撮影する「インスタ映え」と、他人の気持ちを推し量るという意味で、国有地の払い下げなどをきっかけにさまざまな場面で使われた「忖度(そんたく)」が選ばれました。 
                    続きを読む >>
                    【2017.12.02 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
                    | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    毎日新聞の科学技術理解
                    0
                       毎日新聞が、高速増殖原型炉もんじゅの廃炉について、誤報レベルの記事を大々的に上げています。全国紙の新聞記者は高学歴で超難関大学の卒業生が多く、地頭は良いはずなんですが、政治にしろ経済にしろ軍事にしろ科学技術にしろ、雑な知識で上っ面な記事が多いです。調べればわかることも調べないのか? 専門記者の育成システムに問題があるのか? 話を聞きに行った科学者自体が軽水炉とナトリウム冷却路の違いもわかっていないのですから、アドバイスをくれるブレーンもロクなのがいないのか? 

                      【廃炉想定せず ナトリウム搬出困難】毎日新聞

                       廃炉が決まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、原子炉容器内を満たしている液体ナトリウムの抜き取りを想定していない設計になっていると、日本原子力研究開発機構が明らかにした。放射能を帯びたナトリウムの抜き取りは廃炉初期段階の重要課題だが、同機構が近く原子力規制委員会に申請する廃炉計画には具体的な抜き取り方法を記載できない見通しだ。

                       通常の原発は核燃料の冷却に水を使うが、もんじゅは核燃料中のプルトニウムを増殖させるため液体ナトリウムで冷やす。ナトリウムは空気に触れれば発火し、水に触れると爆発的に化学反応を起こす。もんじゅでは1995年にナトリウムが漏れる事故が起き、長期停止の一因になった。

                       原子力機構によると、直接核燃料に触れる1次冷却系の設備は合金製の隔壁に覆われ、原子炉容器に近づけない。また、原子炉容器内は燃料の露出を防ぐため、ナトリウムが一定量以下にならないような構造になっている。このため1次冷却系のナトリウム約760トンのうち、原子炉容器内にある数百トンは抜き取れない構造だという。 
                      続きを読む >>
                      【2017.11.30 Thursday 18:00】 author : 土岐正造
                      | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム