★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
イージス艦8隻体制へ
0
     日本にはイージス艦と潜水艦、そして対潜哨戒能力の充実が、防衛の要。北朝鮮はともかく、中国からのミサイルの飽和攻撃に、どこまで対応できるかは未知数。個人的には、空母は必要ないですが、汎用性の高い強襲揚陸艦は、4隻体制で備えたいところ。いずも級とひゅうが級と併せて、対潜哨戒能力はヘリ空母が受け持つ部分。そこに、オスプレイやF-35Bも搭載できる強襲揚陸艦は、島嶼部が多い日本には必須。最低2隻を準備すれば、F-35Bを40機前後搭載できますし、ヘリコプターならいずもとほぼ同じぐらいはいけますし。

    【首相、新迎撃システム明言 対北朝鮮で防衛力強化】共同通信

    【タオルミナ共同】安倍晋三首相は27日)、イタリアでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席を終え、タオルミナ近郊のホテルで記者会見した。北朝鮮の脅威に対し、新型ミサイル迎撃システムの配備などによって防衛力強化を図る考えを示した。「厳しくなった安全保障環境を考慮し、日本人の命、安全を守る」と述べた。テロとの戦いのため「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案について「確実に成立を期す」と強調した。

     北朝鮮に関して「日米で防衛体制と能力向上を図ることで合意した」と言明。イージス艦を現在の6隻から8隻態勢へ増強することに関し「実現を急ぐ」とした。 
    続きを読む >>
    【2017.05.29 Monday 21:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    崩壊の序曲
    0
       人気取り政策ですね(キッパリ)。徳政令については、日本では鎌倉幕府の『永仁の徳政令』が有名ですが、元寇による社会の混乱に経済的な混乱をもたらし、その後の貸し渋りを呼んだわけで。借金が帳消しになるなら、貸す方は相当に慎重になるのは当然です。これが室町時代になると、徳政令を求める一揆が多発するわけで、借金棒引きなどをするとそれに感謝するより、当然の権利のように要求するわけですから、文在寅新大統領は任期後半のレイムダック状態になったら、また出すでしょうね。

      【韓国でまもなく“徳政令”…借金帳消しは経済崩壊の序曲か】産経新聞WEST

       韓国で新大統領・文在寅(ムン・ジェイン)氏の選挙公約が実現に向け動き出した。そのひとつが借金棒引きの“徳政令” だ。100万円以下の借金を10年以上借り続ける人々を対象に、その借金と利息の全額を帳消しにするというもの。対象は43万7000人とされ、実現は簡単ではないが、実現した後にもいばらの道が待っていそうだ。(岡田敏彦)

      猶予から帳消しへ

       借金の全額帳消し計画を伝えたのは韓国紙・東亜日報(電子版)。現在、韓国には「国民幸せ基金」というものがある。かつての李明博(イ・ミョンバク)元大統領と朴槿恵(パク・クネ)前大統領の政権下で計画、実施されたもので、国民約280万人の債権を買い入れ、うち57万人の約6兆3000億ウォン(約6300億円)の元金と利子を減免するなど債務を調整する役割を担ってきた。

       平たく説明すれば、収入に対して支出が大きすぎ、恒常的に借金返済に追われる庶民を助けようという趣旨でできたシステムだ。

       しかし、新たに大統領になった文氏は、この救済策を上回る「全額帳消し」を公約として大統領選に当選した。10年以上にわたって1000万ウォン(100万円)以下の借金を抱え、返済のままならない人々の借金を全額、国が肩代わりするというプランだ。 
      続きを読む >>
      【2017.05.29 Monday 19:16】 author : 土岐正造
      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ギリシャへの道
      0
          第一公約がコレですから、IMFが大統領選挙前に指摘した、ギリシャ・南米型不況に一直線でしょう。大衆迎合の衆愚政治の挙げ句、財源もないままに理想論(ともいえない妄想)を振り回し、人気取りに走ったツケは遅くとも三年後、早ければ半年後には効力を発揮するでしょう。なので、日本としては事前にキチンと問題点を指摘しておく、言い訳や責任転嫁させないように言質を取る(通貨スワップは韓国側からお願いしてきたことが韓国国民だけではなく世界中に解る形でガラス張り外交をする)必要があるでしょう。

        【文大統領、執務室に「雇用状況パネル」を設置…「第1号公約」を履行】ハンギョレ新聞日本語版

         文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、政権を握れば大統領府に「雇用状況パネル」を設置し、雇用問題を直接点検するとした候補時代の公約を実行に移した。文大統領は24日午前、与民館の執務室に「大韓民国雇用状況パネル」を設置し、メディアの前で状況パネルの作動を直接実演した。
         文大統領はこの場で「大統領選挙過程で雇用問題だけは確実に解決する雇用大統領になると公約しており、その方向で大統領直属の雇用委員会を発足させて、執務室に状況パネルを設置し、毎日点検すると約束したが、それらを守った。公約を履行することよりも重要なのが、その成果と実績だ。(成果があがるよう)努力してほしい」と述べた。

         状況パネルは「雇用の量を増やすと共に格差を減らし、質を高める」とう政策の方向性に基づき、雇用の量と質を示す14の雇用指標に労働市場と密接な4つの経済指標を加え、合わせて18の指標が表示される。雇用指標には雇用率▽就業者数▽失業率▽若者の失業▽就業誘発係数▽創業▽賃金格差▽低賃金労働者▽非正規職▽労働時間などが、経済指標には経済成長率▽消費者物価▽設備投資増加率▽小売販売増加率が含まれる。雇用状況を示すメイン画面では18の指標別に現在の状況や、長期的推移、国際比較などが表示され、各指標の分野別・地域別・年齢別・性別の状況を把握できるようにした。18の指標の最近の2年間の動向を示す補助画面は5秒間隔でアップデートされるようにした。 
        続きを読む >>
        【2017.05.28 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
        | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        出羽守の終焉
        0
           安倍首相の周辺にいる、親学とか江戸しぐさと言ったインチキを信奉するオカルティストは大問題だと思うのですが、何故か野党はそこを攻めず、森友学園ネタや加計学園ネタとか、無理筋の特攻と自爆を繰り返しています。安倍政権、外交のブレーンによほどの切れ者がいるのか、「国連の方から来た報告者です」詐欺で騒いでいたマスコミと出羽守を、G7という世界中が注目する場で、潘基文前国連事務総長に続きグテレス新事務総長からも慰安婦合意の評価を引き出し、ケナタッチ氏を国連の代弁者ではないとバッサリ。

          【国連事務総長が慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」 テロ等準備罪法案批判「国連の総意ではない」 安倍晋三首相との会談で】産経新聞

           【タオルミナ(イタリア南部シチリア島)=杉本康士】安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。

           首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。 
          続きを読む >>
          【2017.05.28 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
          | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          理解できない
          0
             THAADが配備された、それの是非を国会に問うたら大多数が反対でした、ですからアメリカは配備を見直してください。文在寅新大統領は、そう言いたいのでしょうけれども。弁護士でもある文在寅新大統領は行政府と立法府の、機能や役割を本質的に理解してないということはないでしょうから、何の事はない自国の情治をアメリカが受け入れてくれという「甘えの構造」です。アメリカとしては「知らんがな……」って話で、それは韓国の国内問題だから、自分で解決してねという話。

            【THAAD:韓国国内での論争に米議員ら「理解できない」】朝鮮日報日本語版

             連邦議会上下両院の議員など米国の主な人物が、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる韓国国内での論争について「防衛用の兵器を配備するのに、なぜ論争があるのか理解できない」と懸念を示した。

             韓国の与党「共に民主党」の尹官石(ユン・グァンソク)、蘇秉勲(ソ・ビョンフン)、申東根(シン・ドングン)議員、野党「国民の党」の金遽福淵ム・グァンヨン)議員、保守系野党「自由韓国党」の全希卿(チョン・ヒギョン)議員などからなる訪米議員団は25日(現地時間)、ワシントン特派員懇談会で訪米活動について紹介すると共に、このように語った。訪米議員団は、米国の上下両院の議員や国務省の主要人物、シンクタンクの関係者などと会った。 

             金遽糞聴は「韓国でのTHAAD論争が配備の可否を論ずるところにまで至ったら、米国側の人物は深刻に受け止めそうだ」と語った。全希卿議員も「米国側から『一体、韓国ではTHAADのどの部分を問題にしているのか。手続き的な問題をいっているのか、さもなくば配備自体を問題視しているのか』と問い返された。(単に)気になって尋ねているのではなかった」と語った。 
            続きを読む >>
            【2017.05.27 Saturday 20:21】 author : 土岐正造
            | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
            モンスター化する文在寅支持者たち
            0
               的確な崔碩栄氏の分析ですが、毎度のことですね。最初は熱狂的に支持しても、レイムダック状態に入ると批判され、次の政権では汚職が追求され、有罪判決を受けたり自殺したり。文在寅新大統領も、今の人気の反動で、早晩糾弾されるでしょう。文在寅新大統領のばあい、慰安婦問題にTHAAD問題と、公約違反が目に見えてる事例が多く、北朝鮮はいつ暴発するかわからず、数々の公約は財源の裏付けがなく、公務員81万人増や徳政令や財閥イジメという典型的な衆愚政治に驀進し、ギリシャへの道にまっしぐらでしょう。

              【モンスター化する文在寅支持者たち、味方まで跪かせる「狂気」】Wedge

               文在寅大統領の就任から2週間。短い期間ではあるが、韓国メディアはこの間、新大統領に関する話題で持ちきりである。例えば、歴代政権では見られなかったような破格の人事、脱権威的な大統領の言動についてである。もちろん、これらの新大統領の動きをポピュリズムと批判する声もあるが、国民の評価は概ね肯定的だ。新政権に対する支持率が歴代最高の87%という調査結果もそのような国民の期待が表れた数字である。

               しかし、好スタートを切った大統領の陰で序盤から「暴走」している集団がいる。それは他でもない文在寅を大統領にした文在寅の支持者たち(その中でも熱狂的な支持者)である。

               2017年初から5月9日の選挙まで、文在寅の支持者たちが見せた「過激ぶり」は既に知られていた。例えば、数百人の支持者グループが組織的に反対勢力に迷惑メールを送ったり、ネット掲示板で競争候補への誹謗を繰り返したことが報じられ物議を醸した。また、ある大学教授は文在寅の応援のため、貸し切りバスを利用して弟子170人を動員したことが摘発され、選挙法違反容疑で拘束された。 
              【2017.05.24 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
              | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              100日の猶予
              0
                 何やら左派は、半島有事はないじゃないかと言い募っていますが。アメリカ軍の避難訓練が6月ですし、原子力空母ロナルド・レーガンのメンテナンス作業が5月上旬までかかりましたし。整備が終わって即出撃とはいかんでしょうしね。思えば、バルチック艦隊も長旅の後ですぐに戦闘に入ったのが失敗の元でしたしね。岩国基地や那覇との合同訓練とか、繰り返して少しでも練度を上げておく必要がありますしね。それは自衛隊も同じ。逆に言えば、中国の提案を逆手にとっての、ちょうど良いスケジュールだったのかもしれません。

                【北朝鮮対応「100日猶予を」 中国・習主席、米に要求】朝日新聞

                 北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、中国の習近平(シーチンピン)国家主席が4月初旬のトランプ米大統領との会談で、米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として「100日間」を求めていたことがわかった。この会談で合意した両国の貿易不均衡是正についての100日計画と並行し、安全保障分野でも同じ期限を設定した格好。ただ北朝鮮は21日も弾道ミサイル発射を強行しており、どこまで効果が出ているか不透明だ。

                 米国や日本の複数の関係筋が明らかにした。会談でトランプ氏は、北朝鮮の対外貿易の約9割を占める中国に経済制裁を強めるよう求めた。その上で、中国が協力しない場合、北朝鮮と取引がある大手金融機関を含む複数の中国企業を制裁対象に加える米政府独自の新たな制裁を検討していると説明したという。

                 中国企業が制裁対象になれば米国の金融機関や企業との取引ができなくなるため、習氏から猶予期間を提案。経済分野と同期間の100日間で、中国側が北朝鮮に強く働きかける考えを示したという。中国は秋に指導部が入れ替わる共産党大会が控えており、米中関係がギクシャクしたまま重要な政治日程を迎えたくないという事情もあったようだ。 
                【2017.05.23 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
                | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                尹炳世の後継者
                0
                   自分はカツラの政治家は信用出来ないという部分があります。簾ハゲと言われようと、たかだかハゲぐらい隠すような人間が、赤心を国民に問うのはおかしいと思うわけで。隠すなら、バレないぐらいの細心さは必要なはず。で、尹炳世外交部部長(日本だと外務大臣)は日韓関係を危うくした最大の功労者。そもそも、盧武鉉政権での外交関係における潘基文氏と両輪だったわけで。保守系の朴槿恵大統領が彼を起用した結果、金大中・盧武鉉・李明博・朴槿恵・文在寅と続く政権で、24年中20年が反日傾向の外交を行うことになるわけで。

                  【「慰安婦問題広めるため国連に入った」韓国外相に初の女性?日本が緊張】Record China

                  2017年5月22日、韓国・MBNは、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領が外交部長官の候補に康京和(カン・ギョンファ)国連事務総長特別補佐官を指名したことを受け、日本に緊張が走っていると伝えた。

                  日本メディアは同日、「韓国の外交部長官に初めて女性を起用」との見出しで「女性の外交長官が誕生すれば韓国の憲政史上初めてのこととなる」と伝え、「文大統領は大統領選挙の公約に慰安婦合意の再交渉を掲げており、康候補がその先頭に立つことになるだろう」と予想した。また、康候補が韓国の女性外交官として国連機関の最高職位に就いたことを紹介。ただ、日韓関係をめぐる手腕については「未知数だ」と指摘した。

                  別のメディアは康候補が過去のインタビューで、国連での勤務を希望した理由に慰安婦問題を世界に広める業務に関連した経験を挙げたことを紹介し、「日韓間の懸案として残っている慰安婦問題で、韓国の原則的な立場を主張する可能性が高い」と伝えたという。

                  この報道に、韓国のネットユーザーからは「文大統領の“神の一手”」「文大統領の人事は素晴らしい」「李明博(イ・ミョンバク元大統領)、朴槿恵(パク・クネ)前大統領よりははるかに期待できる」など文大統領に対する称賛の声が寄せられている。 
                  続きを読む >>
                  【2017.05.23 Tuesday 18:00】 author : 土岐正造
                  | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  無策無能
                  0
                     文在寅新大統領、各国に特使を派遣しましたが、ほぼまともな成果はなかったようです。報道で誤魔化していますが、日本では再交渉も破棄もないと現実を突きつけられ、THAAD配備でもアメリカにピシャリと機先を制せられているようで。どうやら選挙中に言っていた腹案云々は、国会で議決を取ってアメリカに国内世論が反対だから撤廃しろと突きつければ、アメリカも納得してくれるだろうという、非常に甘えた考え。この甘えの構造、日本に対しても基本は同じですね。国内世論がどうあろうが、日本やアメリカが忖度する義務はありません。

                    【米「THAADはすでに決まった事案」配備を既成事実化】中央日報日本語版

                    米国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長など米国の諮問団が青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪れた16日、ユン・ヨンチャン国民疎通首席の記者会見のキーワードは「共同」と「共通」だった。青瓦台外交・安保タスクフォース(TF)のチョン・ウイヨン団長とポッティンジャー上級部長の面談の結果を紹介し、ユン首席は「北朝鮮の核の完全な廃棄に向けた共同対策をさらに模索することにした」「両国首脳間でビジョンの共通点も確認した」とし、韓米が北核対応で認識の差がないという点をとりわけ強調した。

                    申ガク秀(シン・ガクス)前駐日大使は「韓米が同じ考えと速度で北朝鮮問題にアプローチしているということを確認したもので、文在寅(ムン・ジェイン)政府の北朝鮮に対する政策が米国とぶつかる可能性もあるとの懸念を払しょくさせようとする意図があるようだ。首脳間共通ビジョン4つは適切なメッセージ」と評価した。

                    この日、青瓦台が紹介した韓米首脳の「4大共通認識」はトランプ政府の立場と概して一致している。制裁と対話などすべての手段を動員するというのは米政府の「最高の圧迫と関与(Maximum pressure and engagement)」と同じ意味で、「正しい状況(right circumstance)」の下でという対話の条件も、「断固として実用的な(resolute and pragmatic)共同のアプローチ」での断固とした態度もトランプ政府がずっと強調してきたアプローチ方法だ。特に、両側は核の「凍結」にとどまるのではなく、核の完全な「廃棄」を目指しているとの点も確認した。  
                    続きを読む >>
                    【2017.05.21 Sunday 20:00】 author : 土岐正造
                    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    第二の永田メール事件か?
                    0
                       TBSラジオとか、加計学園の獣医学部新設計画を『第二の森友学園問題』なんて呼んで印象操作に必至ですが、現実的には森友学園問題は安倍首相にはちっとも届かず、内閣が2つ吹っ飛ぶどころか民進党が解散しそうです。この加計学園にしても、怪しい怪しいと荻上チキ氏の番組とかでは誘導していますが、愛媛県と今治市が10年ぐらい前からずっと誘致しようとしてきたわけで、それを阻止しようとしてきたのが、既得権益を侵されたくない獣医師会。で、師匠の友人どころではない近いところから、忖度を求められる立場だったのが発覚した玉木議員だったと。

                      【追及側の民進党、玉木雄一郎氏、獣医師連盟から100万円献金 「規制改革の邪魔しているだけじゃ」 民進議員が「獣医学部新設」を国会で陳情の過去も】産経新聞

                       安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡り、民進党が「総理のご意向」を問題視している。だが、この問題を熱心に国会で追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けていたことが分かり、ネットでは「規制改革の邪魔をしているだけでは」という批判が起きている。玉木氏は自身のブログで父親が香川県獣医師連盟の副会長をしており、弟も獣医であることを明かしている。

                       日本獣医師会はホームページ(HP)に1月30日、会長短信「春夏秋冬(42) 獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」と題する挨拶文を載せている。

                       蔵内勇夫会長名での「会長短信」は、国家戦略特区諮問会議で、獣医学部の新設・定員増を認めないとする従来の大学設置認可基準を緩和するとした政府方針に激しく反発。 
                      続きを読む >>
                      【2017.05.21 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム