Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

事件・事故・話題

時速400kmの次世代新幹線

 新幹線の新型車両の、実証実験機ができたということのようですね。最高時速は400kmで、営業運転速度が時速360km。リニア中央新幹線の営業運転速度が時速500kmとされていますから、新幹線も負けていませんね。もっともこの新型車両が導入される頃には、リニアの方は時速600kmを目標に実績を重ねているでしょう。最終的にはリニアの方は時速700kmぐらいまでは行けるという話もありますし、棲み分けは十分に出来そうです。最終的には時速400kmと時速700kmで併存、という形になるのでしょうか?
【時速400kmに挑むJR東「次世代新幹線」の全貌 両端で違う「顔」、窓がほとんどない車両も】東洋経済オンライン  昨年12月に先頭の1号車、今年2月に最後尾の10号車と、JR東日本が小出しに公開してきた新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の全容が5月9日、報道陣に公開された。 アルファエックスは10両編成。川崎重工業と日立製作所が分担して製造し、この日までに宮城県利府町の同社新幹線車両基地に運び込まれた。 
続きを読む >>
  • 2019.05.10 Friday
  • 19:59

事件・事故・話題

ノートルダム大聖堂が大火災

 ノートルダム大聖堂と言えば、文豪ビクトル・ユゴーのノートルダムのせむ……それはともかく、フランスの現代を代表する建物がエッフェル塔なら、近世を代表するのが凱旋門、そして中世を代表するのがノートルダム大聖堂でしょう。1163年に着工、1225年完成。ただし、最終的な竣工は1345年。日本だと平安時代末期に着工し、室町時代初期に竣工したという、まさに歴史的な建造物です。フランスのみならずヨーロッパの、いや世界的な文化財です。どうやら改修工事中で、火元も足場と見られています。
【ノートルダム大聖堂で大火災 尖塔と屋根が崩落】BBCニュース  フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で15日夕、大規模な火災が発生した。築850年になるゴシック様式の大聖堂は、フランスでも特に有名な名所のひとつ。 消防隊が消火に当たっているが、すでに尖塔と屋根が崩落した。一方で、パリ消防当局の関係者によると、大聖堂の主要部分は無事だという。 炎が屋根を突き破ると共に、大きな爆発音が続いた。有名なステンドグラスの窓も破壊された。 消防当局は、大聖堂内の美術品の救出と北塔の崩落を阻止しようと尽力している。 
  • 2019.04.16 Tuesday
  • 18:00

事件・事故・話題

ゴーン後の日産自動車

 カルロス・ゴーン氏の逮捕以降、日産自動車は揺れ続けています。個人的には権氏の手腕は高く評価していますし、コストカッター云々の批判は的外れで、日産自動車の社会人野球部を廃部にしなかった点をもってしても、単なるコストカッターではなかったことが理解でき。現場の職人は素晴らしい力を持っていても、経営哲学と経営戦略を持っていないタイプが多い日本の経営者は、パラダイムシフトに対応できずに迷走しがち。ゴーン氏が去った後の日産自動車の、経営方針はまた見えなくなるでしょう。
【「ゴーン後」の戦略見えず 日産臨時総会  西川体制、厳しい声相次ぐ、時価総額3000億円近く減少】日経新聞  日産自動車は8日、臨時株主総会を開き、刑事事件で捜査が進むカルロス・ゴーン容疑者を取締役から解任した。総会では株主から日産の将来や現経営陣の責任を問う声が相次いだ。自動運転など次世代技術「CASE」で競争環境が変化するなか、日産は出遅れが鮮明だ。「ゴーン後」の戦略がみえない株主の不安を反映し、ゴーン元会長逮捕の2018年11月から時価総額は3000億円近く減少した。世界大手と比べて一人負けが鮮明だ。 「深く深くおわびする」。総会の冒頭、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は株主に深々と頭を下げた。出席した株主数は4119人と昨年の定時総会に次ぐ過去2番目の多さとなった。 「責任があるなら現経営陣は総退陣すべきではないのか」。約2時間半に及んだ質疑では、西川体制に対する厳しい声が相次いだ。 
  • 2019.04.10 Wednesday
  • 19:00

事件・事故・話題

東京地裁の迷走

  実際に東京地裁で何度か裁判をしたことはありますが、ハッキリ言って地裁の裁判官はレベルが低いです。高裁にいたって、ようやくまともな判決や和解案が出るという感じでした。東京地裁に限らず、大阪や広島など、思想的に偏った判決を出して、何度も高裁や最高裁で逆転判決が出ていますから、東京地裁だけの問題ではないでしょう。この裁判、ラジオでもTwitterでも大きく扱っておらず、懲役刑が出たのも知りませんでした。ところが、保釈請求が1度は認められて、高裁の判断でひっくり返ったら報じ出すマスコミ……。
【妻殺害1審実刑、講談社社員の保釈決定取り消し】読売新聞   自宅で妻を殺害したとして殺人罪に問われ、東京地裁で懲役11年の実刑判決を受けて控訴中の出版大手「講談社」元編集次長・朴鐘顕被告(43)(休職中)について、東京高裁(後藤真理子裁判長)は28日、保釈を認めた27日付の同地裁決定を取り消し、被告側の保釈請求を却下する決定をした。  殺人罪で実刑判決を受けた被告の保釈が認められるのは異例だった。同高裁は検察側の抗告を受け、逃亡や証拠隠滅のおそれなどを再検討し、保釈すべきではないと判断したとみられる。 
  • 2019.03.31 Sunday
  • 21:37

事件・事故・話題

兼高かおるさん死去

  年が改まっても、昭和の時代を彩った方々の訃報が止まりませんね。兼高かおるさんんの番組は、小中学校の頃はよく見ていました。海外旅行なんて、田舎のガキには想像もできませんでしたから、毎週世界中の国を旅する『兼高かおる世界の旅』は、教養娯楽番組として楽しかったです。兼高さんは若くして海外に出たせいか、よく聞くと山の手の古いザアマス言葉なんですが、成金が無理に使うのではなく、ナチュラルだったので嫌味がない、上品な言葉遣いでした。海外旅行と古き良き日本語の組み合わせが興味深いですが。
【兼高かおるさん死去 「世界の旅」海外紀行番組の先駆け】産経新聞  テレビの海外紀行番組の先がけとなった「兼高かおる世界の旅」(TBS系)で知られた旅行ジャーナリスト、兼高かおる(かねたか・かおる、本名・兼高ローズ=かねたか・ろーず)さんが5日午後8時45分、心不全のため、東京都内で死去した。90歳。葬儀・告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を行う。  神戸市生まれ、東京の香蘭女学校を卒業後、米ロサンゼルス市立大に留学。昭和34年12月にスタートした同番組は、プロデューサー、ディレクター、ナレーターを担当。平成2年9月に終了するまで、31年間で約150カ国を訪れた。  その間、地球を180周した計算となり、個人名を冠した番組としては世界でも類を見ない長寿を記録、日本の放送史に残る金字塔を打ち立てた。まだ海外旅行が一般には自由化されていない時代(放送当初)に、世界各地の魅力を伝え、その後の海外旅行ブームの火付け役となった。 
  • 2019.01.11 Friday
  • 00:13

事件・事故・話題

私立難関大学の志望者大幅減

 去年の暮の記事ですが。自分らの頃は、記念受験もありましたが、共通一次が共通テストに改悪されて大量の浪人生が生まれ、とにかく数を受けていないと流動的だった部分もあります。また、どうしても早稲田と決め打ちして、全学部を受ける人とかもいました。その点で、受験料というのは私立大学の大きな収入源。なにしろ、3万円ぐらい取られるわけで。早稲田なんて、6万人ぐらいが受けていますから、それだけで18億円以上の収入源に。それが8000人弱も減ると、2億4000万円の大減収に。
【大学入試に異変 早慶など私立難関の志望者大幅減】産経新聞  来年の大学入試で、早稲田大や慶応大など私立難関大の志望者数が大幅に減少し、例年に比べ受験傾向が一変する見通しであることが30日、大手予備校の河合塾がまとめた入試動向で分かった。関西でも同志社大や関西学院大などの志望者数が減少した。背景には、私学助成金をめぐる文部科学省の厳格化政策があり、各大学が合格者数を絞り込んだため、受験生の間に安全志向が高まっているとみられる。 ■MARCHも大幅減  河合塾が10月下旬に実施し、全国で約31万人が参加した業界最大規模のマークシート式模擬試験(全統マーク模試)の結果を分析した。  それによると、10月下旬現在の早大の志望者数は全学部計5万4106人で前年より7925人減少(前年比13%減)、慶大も計2万2256人で1588人減少(同7%減)した。  上智大やMARCH(マーチ)と呼ばれる明治、青山学院、立教、中央、法政−の各大学も前年比15〜9%減と大きく志望者数を減らしている。首都圏の主な大学では、前年並みだった東京理科大を除き、難関・上位大の受験生離れが顕著となっている。 
  • 2019.01.03 Thursday
  • 21:00

事件・事故・話題

肉球付きメガネ『続・ねころりん』は壊れない

 そろそろ、眼鏡を新調したい&いざというとき用のサブ用のメガネが欲しいので、チョットタイムリーな記事ですね。新年ですから、こういう緩い記事も良いでしょう。そもそも自分は、猫好きでもありますし(ΦﻌΦ) ツルのところに肉球つきと、かわかいいですし、実用性もある。本を読みながら寝落ちすることが多い自分には、ピッタリなメガネかもしれません。問題は、かわいすぎて柄に合わないのでドン引きされる可能性と、顔がデカいんでピッタリ合うサイズがなさそうなことですかねぇ……。でも欲しいです。
【肉球付きメガネ「続・ねころりん」は寝落ちしてつぶしても壊れないとのことなので使ってみました】GIGAZINE ついついコタツやカーペットの上で寝落ちしてしまう季節になりましたが、うっかりメガネをかけたまま寝てしまい、顔や体の下敷きになってメガネが壊れてしまうことも。そんな悲しい事態を避けるべくメガネの愛眼が開発した「続・ねころりん」は復元性に優れた熱可塑性エラストマー(TPE)という新素材を使っており、寝ても壊れないとのことなので、実際に使ってみました。 メガネの愛眼 続・ねころりん http://www.aigan.co.jp/zoku_nekororin/ 
  • 2019.01.01 Tuesday
  • 23:00

事件・事故・話題

藤田淑子さん死去

 今年は声優界に訃報が多くて、やっぱり自分たちがガキの頃に影響を受けた作品の声優さんたちは、鬼籍に入られる年齢なんだなと。でも、藤田淑子さんはベテランですが、それは子役時代からのキャリアゆえ。人生100年時代も語られだした近年、68歳は若いです。最初の『トムとジェリー』はTBSで1964年の放送。このとき、藤田淑子さんは14歳。自分が生まれる前ですから、半世紀以上のキャリア。とにかく、幅の広い声優であり、それぞれの年代で代表作が違いますね。自分の世代だと、一休さんのイメージが強いです。
【アニメ「一休さん」などの声優 藤田淑子さんが死去】NHKニュース 人気アニメ「一休さん」の主人公一休や、「キテレツ大百科」のキテレツなど、多くのキャラクターの声で親しまれた声優の藤田淑子さんが28日、乳がんのため亡くなりました。68歳でした。 これは、藤田淑子さんが所属する事務所がホームページで発表しました。 藤田さんは中国東北部の大連で生まれ、劇団に参加したあと、声優の道を歩みます。中でも、昭和50年代に一世をふうびした民放の人気テレビアニメ「一休さん」では、主人公の一休の声を担当しました。 
  • 2018.12.29 Saturday
  • 21:09

事件・事故・話題

HUAWEIの孟晩舟CFOの闇

  孟晩舟最高財務責任者(CFO)と書くと立派な肩書ですが、要するに創業者である任正非の娘。HUAWEI自体が元人民解放軍所属の軍事技術関係者によって創業された、政商的な色合いの濃い会社でもあります。創業者の娘が46歳で、四人いる副社長の一人ですが、事実上の後継者の立場。しかし、パスポートを7種類も所持とは、二重国籍どころか三重国籍疑惑さえあるどこかの国会議員も遠く及びません。本人が偽造したのか、中国政府から発行されたのか、米中経済戦争のターニング・ポイントになりそうです。
【旅券7通使うCFO、加検察「国外逃亡の恐れ」】読売新聞  米国の要請でカナダで身柄拘束された、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)(46)が、少なくとも7つのパスポート(旅券)を保有していたことが、カナダ検察の訴追資料から明らかになった。孟氏側は旅券の押収に応じることを条件に保釈を求めているが、検察側は孟氏が複数の旅券を使い分けていることから保釈後に別の旅券を使って国外に逃亡する恐れが極めて高いと反論している。  訴追資料によると、孟氏は過去11年間に中国旅券を4通、香港旅券を3通、計7通の旅券の発行を受けていた。孟氏は海外出張のたびに、これらを使い分けていた可能性があるという。  カナダ西部バンクーバーの裁判所で7日に行われた保釈申請の審問で、弁護側は孟氏が旅券の押収に応じると主張。カナダ入国の際には香港旅券を使用していたが、別に保有する中国旅券も本国から空輸して提出することを明らかにした。 
  • 2018.12.10 Monday
  • 21:00

事件・事故・話題

ホンダジェットが日本でも飛ぶ

 ホンダジェット、自分は期待しています。今のホンダに不満や苛つきを覚えている人も、一定数はいるでしょう。でも、日本の航空産業を復活させたいという、本田宗一郎の夢を形にしたホンダジェットが、日本の空を飛ぶ。ホンダは戦闘機を創る気はないでしょうし、このホンダジェットの進化の先に、ジャンボジェットがあるのか、リージョナルジェットがあるのか、そこも不透明です。でも、このカワセミを思わせる美しい機首が、百年後の日本の航空産業の、大きな一歩になりますように。
【ホンダジェット、日本で型式証明を取得 年内納入へ】朝日新聞  ホンダは7日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」が国土交通省の型式証明を取得したと発表した。ホンダジェットは今年6月に日本で受注を開始。すでに10機以上受注しており、年内に納入を始める。  ホンダジェットは最大7人乗りで、価格は525万ドル(約5億9千万円)。昨年の出荷数は43機で、小型ジェット機(重量5.7トン以下)部門で米セスナの主力機を抜いて世界一になっている。  
  • 2018.12.10 Monday
  • 00:20