★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
新幹線で通り魔
0
     コレはもう、新幹線で手荷物検査とか難しいですし(可能だという人もいますが、本数やら運行状況を見ていたら先ずムリ)。犯人について、情報がさっそく上がっていますが、どうもコミュニケーション障害っぽい感じですね。親元を飛び出し、身を寄せていた伯父の家も飛び出して、自殺を仄めかす発言をしていたようです。津山三十人殺しの昔からある、自暴自棄になった人間の、巻き込み殺人ですね。池田附属小学校での児童殺傷事件や、秋葉原の無差別殺人事件とも、構造はいっしょです。

    【刺され男性死亡 22歳男を逮捕「誰でも」】毎日新聞


     9日午後9時50分ごろ、神奈川県内を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」(16両編成)内の男性乗客から「包丁を持った男がいる。1人がけがをしている」との110番があった。新幹線は緊急に小田原駅で停車し、駆けつけた県警小田原署の署員が、切りつけたとみられる男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。3人が刺されて小田原市内の病院に運ばれ、男性1人が首の右側を切られて死亡し、20代とみられる女性2人が頭や肩に重傷を負った。

    「むしゃくしゃしていた」

     男は自称・愛知県岡崎市蓑川町、無職、小島一朗容疑者(22)で、小田原署の調べに「むしゃくしゃしていた。誰でもよかった」と容疑を認めているという。 
    続きを読む >>
    【2018.06.10 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ラノベ出荷停止の雑感
    0
       朝日新聞らしいですね。声優への殺人予告があった点を、会員登録せずに読める部分には置いていませんね。読めない部分に書いてあるのかもしれませんが、バカバカしいので登録してまで読みません。ここら辺の問題は、深く掘っていけば太宰治とか檀一雄とか、私生活に問題がある作家の作品も出荷停止にするのかという話ですし、現役作家でも左派から見たら石原慎太郎氏や百田尚樹氏はどうなんだということになります。また、殺人犯の手記や著書は過去にも大量に出版されています。

      【アニメ化決定のラノベ、出荷停止 原作者が差別ツイート】朝日新聞


       アニメ化が決まっていたライトノベル「二度目の人生を異世界で」の原作者が、中国や韓国に対する差別的な発言をしたとして、出版元のホビージャパンは6日、これまでに刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めた。アニメの公式サイトも、放送及び制作の中止を発表した。

       5月下旬のアニメ化発表後、過去に原作者の「まいん」氏がツイッターに、「中国人が道徳心って言葉を知ってたなんて」「日本の最大の不幸は、隣に姦国という世界最悪の動物が住んでいること」などと投稿したとネット上で指摘された。ホビージャパンはこれらが事実と認め「作品の内容とは切り分けるべき事項ではありますが、著者が過去に発信したツイートは不適切な内容だった」とのコメントを6日に発表した。投稿はすでに削除されている。

       まいん氏は5日、ツイッターに「事実関係を正確に把握せず、深い考えもなく行った発言ではありますが、行きすぎた内容であったことを深く反省しており、不快に思われた皆さまのお許しを頂けるとは思っておりませんが、心より謝罪させて頂きたい」などと投稿した。ホビージャパンの担当者は朝日新聞の取材に「差別を助長する意図はなかったが、表現的に無視ができない内容だった。多くの人の心情を害したと認識している」と述べた。 
      続きを読む >>
      【2018.06.07 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
      振り込め詐欺撃退器の効果
      0
         コレは大きいですね。どこまでの機能があるのかわかりませんが、例えば登録してある友人知人からの電話番号には反応しないけれど、知らない番号からには通告すると、振り込め詐欺犯グループには痛手。声が録音されて、テレビやラジオでこの声に聞き覚えがないかと周知させれば、警戒もするでしょうし、犯人グループの声によく似た知人に気付く人間もいるでしょう。高齢者の家庭用に、最初からこういう機能を内蔵した電話とか、需要がありそうな。日本人のお人好しな部分につけ込んだこういう詐欺は、本当に不愉快です。

        【詐欺撃退機器で「不審電話なくなった」9割超に】読売新聞


         オレオレ詐欺などの特殊詐欺被害を未然に防ぐため、栃木県警が2015年5月に高齢者に貸し出しを始めた「特殊詐欺撃退機器」を利用する世帯で、特殊詐欺被害が一件もなかったことが、県警の調査でわかった。

         9割を超える人が「不審な電話を受けなくなった」と回答しており、県警は「特殊詐欺被害の防止に一定の効果があった」としている。

         撃退機器は、固定電話機に取り付けると、呼び出し音が始まる前に「振り込め詐欺など犯罪被害防止のため会話を自動録音します」と発信者に警告が流れる仕組み。詐欺犯は声や話し方の特徴が記録されて捜査されるのを嫌うため、自ら電話を切ってしまうという。 
        続きを読む >>
        【2018.05.30 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
        | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
        最新型機『HondaJet Elite』を世界初公開
        0
           三菱リージョナルジェットが停滞する中、ホンダジェットは好調です。でも、エンジンは共同開発としてアメリカでの認可を早め、ある意味で実よりも名を取った部分もあるのですが。でも、おかげで小型機の分野というニッチではトップに立ち、景気の良い話が聞こえてきます。ホンダも、さらに改良を加えて、燃費や静音などに工夫を加えています。これが、バイクで一世を風靡したカブのような存在になれるなら、将来的にはより大型のジェット機が製造できて、三菱に対抗できるでしょう。

          【新型「ホンダジェット」発表、その名も「Elite(エリート)」 ホンダ】乗りものニュース

          航続距離、客室静粛性、離着率時の安定性などが向上

           ホンダの航空機事業子会社であるHACI(ホンダエアクラフトカンパニー)は、スイス・ジュネーブ時間2018年5月27日(日)、小型ビジネスジェット機「HondaJet」の最新型としてアップグレードした「HondaJet Elite(エリート)」を世界初公開しました。

           5月28日(月)から31日(木)まで開催の欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018(2018 European Business Aviation Convention & Exhibition)」に先行して開かれた発表会で公開しました。

          「HondaJet Elite」は、主翼上面のエンジン配置形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などの技術を従来の「HondaJet」から継承。さらに複数の最新技術と装備が加えられています。 
          続きを読む >>
          【2018.05.29 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
          | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
          帰ってきたウルトラマンの権利
          0
             これは、長らく日本の権利ビジネスの問題として、話題になっていました。疑わしい契約書に、手違いでサインしてしまったのか、そもそも偽造だったのか、そこが部外者にはよく解りませんでしたが。アメリカでの裁判の結果、ようやく円谷プロが、日本国外での権利も取り戻したようで。そもそも、日本の裁判所の円谷プロ敗訴の判断自体が、おかしいんじゃないかと。日本の司法制度って、大丈夫かと思うことが多いですが。いずれにしろ、こうやってアメリアでの権利が認められたのは大きいです。

            【「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権を巡るアメリカでの裁判で円谷プロダクションが勝訴】GIGAZINE


            ウルトラQからウルトラマンタロウまでの「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権を巡る裁判で、カリフォルニア中央区地方裁判所は、円谷プロダクションの主張を全面的に認める判決を下しました。

            米国訴訟(勝訴判決)に関するお知らせ | 株式会社 円谷プロダクション
            https://www.tsuburaya-prod.co.jp/pressrelease/180424-winning_judgment/

            米国訴訟(勝訴判決)に関するお知らせ
            (PDFファイル)https://www.tsuburaya-prod.co.jp//wp-content/uploads/20180424-winning_judgment-tsuburayaprod-pr.pdf

             
            【2018.04.25 Wednesday 20:14】 author : 土岐正造
            | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ANAがHONDA Jet活用へ
            0
               ある社長が、ホンダが出すなら買わなきゃと、侠気を出して購入を決めていましたが。ANAが側面サポートに出ましたか。日本の約25倍の国土面積を誇り、西海岸と東海岸で3時間の時差を持つアメリカでは、大企業の社長は自家用ジェット機で飛び回るのが普通。時間をお金で買ってるようなモノですから。でも、日本ではそこまでの需要がある社長は一握り。西武グループの堤義明氏がヘリコプターで各地の現場視察でヘリコプターを使ってたぐらいでした。デモ、自家用から短距離移送なら需要がありそうです。

              【ANAがビジネスジェット事業発表 ホンダジェット活用】朝日新聞


               ANAホールディングス(HD)と双日は28日、定期便の到着先で小型ジェット機に乗り継ぎ、目的地に素早く向かえる事業を今夏に始めると発表した。共同出資会社を設立し、機体は「ホンダジェット」などを使う。北米で日本企業の経営者ら向けに始め、その後欧州などでも展開する予定。ANAHDの片野坂真哉社長は会見で「新たな移動手段を提供し、顧客の需要に応えたい」と語った。ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は「多くの方にホンダジェットに乗ってもらい、販売につなげたい」と述べた。

               日本航空はすでに仏系メーカーの機体を使って乗り継ぎ事業を欧州で展開している。 
              【2018.03.31 Saturday 23:09】 author : 土岐正造
              | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
              HondaJetが出荷数世界1位
              0
                 小型ジェット機の市場が小さいので、世界的に見たら小さなことですが。千里の道も一歩から。年間43機で、小型飛行機の代名詞になっているセスナ社の39機を上回ったのは、素直に賞賛したいです。本田宗一郎の夢は、日本での航空機産業の復活。三菱がMRJで苦戦する中、着実にノウハウを蓄積し、一歩ずつ前進してくれれば良いな、と。注文自体は100機を超えていて、このまま月に4機生産体制なら48機ですが、月産7機体制を2019年3月までに目指すようです。年間84機ならブッチギリの首位。

                【ホンダジェット、セスナ抜き初の出荷世界1位 小型ジェット市場】産経新聞

                 ホンダの航空機事業子会社のホンダ・エアクラフト・カンパニーは22日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年(1月〜12月)の出荷数量が43機だったと発表した。同年上期(1月〜6月)に続き、通年でもデリバリー数において米セスナの主力機を抜き、初の世界1位を達成した。

                 ホンダジェットは最大7人乗りで価格は490万ドル(約5億2500万円)。主翼上面にエンジンを配置した独特なデザインが特徴で、ホンダの独自開発技術によりクラス最高水準の最高速度、燃費性能、静粛性や室内サイズを実現している。2015年12月から納入を始めており、今年1月には中国のディーラーが稼働開始。フランスのエアタクシーサービス提供会社からはすでに16機を受注している。 
                続きを読む >>
                【2018.02.25 Sunday 18:00】 author : 土岐正造
                | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                eスポーツがオリンピック種目へ
                0
                   昔は、人間は生きるために必要なこと以外は無駄だと思われていた訳で。でも、生産性が上がれば一人の人間で数人分の食料を生産できるようになり、生産しない人間が生存できる社会が生まれたわけで。スポーツによって食える人間が存在できるというのは、豊かな社会の照明。であるならば、ゲームで食える人間が出現するのも、時代の必然。昔の五輪には芸術部門もあった訳で。ゲーム部門が五輪にできても良いでしょうし、パラリンピックと同じ扱いで、準五輪的な権威化はあってよいでしょう。

                  【平昌五輪公認「eスポーツ大会」は、オリンピック種目への採用に向けた「新たな一歩」を踏み出した】ワイヤード

                  平昌冬期オリンピックの開会式が開かれる2日前のこと。生き馬の目を抜くようなオリンピックで、サーシャ・ホースティンが新たな歴史をつくった。

                  彼女はギリギリのところで巻き返して予選通過を果たしたわけでもなければ、何か新しいトリックを使ったわけでもない。彼女はただ、人気ゲーム「スタークラフト2」でザーグリングの大軍を使い、優勝候補選手を打ち負かしたのだ。

                  オリンピックスタジアムから25kmほど離れた江陵(カンヌン)市。この臨海都市で開催されたeスポーツ大会「Intel Extreme Masters(IEM)」の平昌大会で、ホースティン(ゲームIDの「Scarlett」で有名だ)は、ほかの出場選手たちを蹴散らして優勝を果たした。彼女はeスポーツのメジャー大会で優勝した初の女性になっただけでなく、オリンピック公認として初めて開かれたeスポーツ大会のチャンピオンとなった。 
                  続きを読む >>
                  【2018.02.12 Monday 23:05】 author : 土岐正造
                  | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  台湾東部地震
                  0
                     現在は死者9人ですが、行方不明者も多く、心配です。とにかく、一階が押しつぶされたようなビルは衝撃的でしたし、日本の震度7相当の揺れだったようです。日本ではさっそく寄付の動きが出ており、安倍晋三総理大臣が直筆で『台湾加油』の字をしたためてTwitterで流し、救援隊の派遣を決定。台湾の蔡総統が感謝の言葉を返すなど、絆を深め合う状況です。で、俳優の阿部寛さんが、台湾に滞在していたこともあり、1000万円の寄付を申し出たことで、話題になっているようです。

                    【阿部寛、台湾地震のために1000万円の寄付を明言 台湾全土から感謝の声】livedoorニュース

                    台湾東部の花蓮市で2月6日23時50分(日本時間7日 0時50分)頃、マグニチュード6.4の地震が発生し、現地のホテルなど複数の建物が倒壊・損壊。現在までに9人が死亡、日本人9人を含む200人以上が負傷し、まだ連絡のつかない行方不明者が多数いる状態が続いています。

                    そんな台湾に地震が発生した6日から滞在していた、日本の俳優・阿部寛さん(53)が8日、台湾で行われたエアコンの発表会イベントに登場し、「今回の台湾地震のために1000万円(270万台湾元)を寄付します」と、その場で発言。その男気ある行動に、台湾全土から賞賛と感謝の声が多数あがっていると、台湾の現地メディア「アップルデイリー」などが報じています。

                    阿部さんは、今回の地震が発生した6日より日本の三菱重工の台湾現地法人が主催するエアコンの商品発表イベントに登壇するため、台湾に現地入り。地震当日は、台北市内に宿泊していたとみられています。 
                    続きを読む >>
                    【2018.02.08 Thursday 23:00】 author : 土岐正造
                    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    四国-九州新幹線ルート
                    0
                       北陸新幹線が京都に繫がり、東京から長野を経て北陸地方に出て、京都から新大阪に至るルートが環状になるわけで。新幹線を新神戸から四国に伸ばし、徳島・香川・愛媛から豊後水道を海底トンネルで繋いで大分へ。九州新幹線は福岡・熊本・鹿児島ルートは開通しましたから、後は小倉・大分・宮崎のルートができて、しかも四国にも繫がると、日本の主要地域がほぼ、新幹線で繫がるわけで。後は、上越新幹線を山形新幹線と秋田新幹線と繋げつつ、新青森までつなげれば、正に大動脈。

                      【大分−松山、海底トンネル新幹線「黒字も可能」】読売新聞

                      大分、愛媛の両県を結ぶ「豊予海峡ルート構想」の実現を目指す大分市は、新幹線用の海底トンネルを整備した場合の調査結果をまとめた。

                       JR大分(大分市)―松山駅(松山市)間で1日往復32本の運行が可能で、最速約36分で結ぶことができるとし、1日当たり約6800人が利用すれば採算性が確保できると結論づけている。

                       大分市は2016年度、トンネルと橋、鉄道と道路を組み合わせた計11パターンの概算事業費を試算し、新幹線(単線)を海底トンネルで通す場合が最も安い6800億円になると導き出した。この海底トンネル案が最も実現可能性が高いとして、今年度は専門業者に委託してルートやダイヤ、営業損益などを調査した。

                       調査結果によると、単線のため、すれ違いや追い抜きに必要な中間駅を大分市佐賀関、愛媛県伊方町、同県大洲市付近に設けた場合、松山駅から大分駅に直行する下り列車の所要時間は約36分、上り列車は約43分となり、各駅停車は下りが約59分、上りが約53分と見積もった。この結果、1日往復32本の運行ができるとした。 
                      続きを読む >>
                      【2018.01.29 Monday 20:00】 author : 土岐正造
                      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム