★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
eスポーツがオリンピック種目へ
0
     昔は、人間は生きるために必要なこと以外は無駄だと思われていた訳で。でも、生産性が上がれば一人の人間で数人分の食料を生産できるようになり、生産しない人間が生存できる社会が生まれたわけで。スポーツによって食える人間が存在できるというのは、豊かな社会の照明。であるならば、ゲームで食える人間が出現するのも、時代の必然。昔の五輪には芸術部門もあった訳で。ゲーム部門が五輪にできても良いでしょうし、パラリンピックと同じ扱いで、準五輪的な権威化はあってよいでしょう。

    【平昌五輪公認「eスポーツ大会」は、オリンピック種目への採用に向けた「新たな一歩」を踏み出した】ワイヤード

    平昌冬期オリンピックの開会式が開かれる2日前のこと。生き馬の目を抜くようなオリンピックで、サーシャ・ホースティンが新たな歴史をつくった。

    彼女はギリギリのところで巻き返して予選通過を果たしたわけでもなければ、何か新しいトリックを使ったわけでもない。彼女はただ、人気ゲーム「スタークラフト2」でザーグリングの大軍を使い、優勝候補選手を打ち負かしたのだ。

    オリンピックスタジアムから25kmほど離れた江陵(カンヌン)市。この臨海都市で開催されたeスポーツ大会「Intel Extreme Masters(IEM)」の平昌大会で、ホースティン(ゲームIDの「Scarlett」で有名だ)は、ほかの出場選手たちを蹴散らして優勝を果たした。彼女はeスポーツのメジャー大会で優勝した初の女性になっただけでなく、オリンピック公認として初めて開かれたeスポーツ大会のチャンピオンとなった。 
    続きを読む >>
    【2018.02.12 Monday 23:05】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    台湾東部地震
    0
       現在は死者9人ですが、行方不明者も多く、心配です。とにかく、一階が押しつぶされたようなビルは衝撃的でしたし、日本の震度7相当の揺れだったようです。日本ではさっそく寄付の動きが出ており、安倍晋三総理大臣が直筆で『台湾加油』の字をしたためてTwitterで流し、救援隊の派遣を決定。台湾の蔡総統が感謝の言葉を返すなど、絆を深め合う状況です。で、俳優の阿部寛さんが、台湾に滞在していたこともあり、1000万円の寄付を申し出たことで、話題になっているようです。

      【阿部寛、台湾地震のために1000万円の寄付を明言 台湾全土から感謝の声】livedoorニュース

      台湾東部の花蓮市で2月6日23時50分(日本時間7日 0時50分)頃、マグニチュード6.4の地震が発生し、現地のホテルなど複数の建物が倒壊・損壊。現在までに9人が死亡、日本人9人を含む200人以上が負傷し、まだ連絡のつかない行方不明者が多数いる状態が続いています。

      そんな台湾に地震が発生した6日から滞在していた、日本の俳優・阿部寛さん(53)が8日、台湾で行われたエアコンの発表会イベントに登場し、「今回の台湾地震のために1000万円(270万台湾元)を寄付します」と、その場で発言。その男気ある行動に、台湾全土から賞賛と感謝の声が多数あがっていると、台湾の現地メディア「アップルデイリー」などが報じています。

      阿部さんは、今回の地震が発生した6日より日本の三菱重工の台湾現地法人が主催するエアコンの商品発表イベントに登壇するため、台湾に現地入り。地震当日は、台北市内に宿泊していたとみられています。 
      続きを読む >>
      【2018.02.08 Thursday 23:00】 author : 土岐正造
      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
      四国-九州新幹線ルート
      0
         北陸新幹線が京都に繫がり、東京から長野を経て北陸地方に出て、京都から新大阪に至るルートが環状になるわけで。新幹線を新神戸から四国に伸ばし、徳島・香川・愛媛から豊後水道を海底トンネルで繋いで大分へ。九州新幹線は福岡・熊本・鹿児島ルートは開通しましたから、後は小倉・大分・宮崎のルートができて、しかも四国にも繫がると、日本の主要地域がほぼ、新幹線で繫がるわけで。後は、上越新幹線を山形新幹線と秋田新幹線と繋げつつ、新青森までつなげれば、正に大動脈。

        【大分−松山、海底トンネル新幹線「黒字も可能」】読売新聞

        大分、愛媛の両県を結ぶ「豊予海峡ルート構想」の実現を目指す大分市は、新幹線用の海底トンネルを整備した場合の調査結果をまとめた。

         JR大分(大分市)―松山駅(松山市)間で1日往復32本の運行が可能で、最速約36分で結ぶことができるとし、1日当たり約6800人が利用すれば採算性が確保できると結論づけている。

         大分市は2016年度、トンネルと橋、鉄道と道路を組み合わせた計11パターンの概算事業費を試算し、新幹線(単線)を海底トンネルで通す場合が最も安い6800億円になると導き出した。この海底トンネル案が最も実現可能性が高いとして、今年度は専門業者に委託してルートやダイヤ、営業損益などを調査した。

         調査結果によると、単線のため、すれ違いや追い抜きに必要な中間駅を大分市佐賀関、愛媛県伊方町、同県大洲市付近に設けた場合、松山駅から大分駅に直行する下り列車の所要時間は約36分、上り列車は約43分となり、各駅停車は下りが約59分、上りが約53分と見積もった。この結果、1日往復32本の運行ができるとした。 
        続きを読む >>
        【2018.01.29 Monday 20:00】 author : 土岐正造
        | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
        20センチのムカデ
        0
           日本にいるムカデは、それなりに種類がいますが。オオムカデの仲間のトビズムカデは、10センチから15センチぐらいが一般的で、鹿児島のド田舎育ちの自分でも、20センチクラスは見たことないですね。昔は風呂場に出現して、噛まれかけたことが何度かありますが。府中刑務所のような場所に、そんな巨大ムカデがいるとは、発想が貧困というか。そうでなくても、日本の刑務所はかつて、民族差別と戦った韓国の英雄であった金嬉老によって、看守に自殺者を出すような酷い目にあっていますから、扱いは慎重でしょう。

          【靖国事件の受刑者「暴行受けた」 韓国政府が日本に調査求める】聯合ニュース

          【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は12日、2015年に靖国神社(東京都)で起きた爆発音事件で服役中の韓国籍の受刑者が刑務所で暴行などを受けたと主張していることを受け、日本側に調査を求めたと明らかにした。

           受刑者は靖国神社内の公衆トイレに火薬入りの時限式発火装置を設置し、トイレの天井を壊したとして、火薬類取締法違反罪などで懲役4年の実刑判決を言い渡され、府中刑務所で服役している。

           在日韓国大使館によると、この受刑者は今年10月30日の領事面会や、11月に領事に送った手紙などを通じ、刑務所内で暴行されたり、ムカデを投げつけられたりなどのいじめに遭い、治療も受けられなかったと主張しているという。

           男の母親も今月12日に韓国・全北地方警察庁で記者会見を開き、「息子が刑務官に数回殴られたといい、痛みを訴えた」と主張した。また、「一日の作業量を満たせなかったという理由で暴行を受け、右腕をまともに使えないほどだ」として、人権侵害を受けていると訴えた。 
          続きを読む >>
          【2017.12.13 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
          | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
          羽生善治永世七冠誕生
          0
             大山康晴が鎌倉時代なら中原誠は室町時代、谷川浩司が江戸時代になるかと思ったら安土桃山時代で、羽生善治の江戸時代がなかなか終わらない……なんてことを将棋好きは言うらしいですが。たぶん、藤井四段が明治時代になりそうですが。それはともかく。主要7タイトルすべてで永世位を獲得。最短でも通算でタイトル40期を獲得しないと達成できない偉業です。99期を獲得しているのですから、むしろ遅いぐらいですが、史上最強棋士として100期どころか120期を超えて、現役を続けてほしいです。

            【羽生・永世7冠 なぜ強い…あくなき探究心に精神的強さも】毎日新聞

             羽生善治新竜王が、再び前人未到の記録を達成した。将棋界初の7冠から21年、今度は永世7冠の金字塔を打ち立てた。頂点に長く立ち続けなければ到達できない偉大な記録だ。

             羽生の強さはどこから来ているのか。まず、レベルの高い競争相手に恵まれたことが挙げられる。デビュー当初から中期にかけて目標にしつつ対戦した谷川浩司九段(55)。「羽生世代」と呼ばれる森内俊之九段(47)、佐藤康光九段(48)。年下の渡辺明棋王(33)らとも、死闘を繰り広げて自身のレベルを高めていった。 
            続きを読む >>
            【2017.12.05 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
            | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
            マクドナルドが過去最高の黒字
            0
               Appleファンからすると、原田泳幸氏は目立とう精神は旺盛ですが、Apple本社からのイエスマンに徹して長期政権を築き、機を見るに敏で上手く転職して出世していくタイプにしか見えませんでした。マクドナルドでも、安売りで売上は良くなるが利益率は悪くなり、利益を出すと売上が落ちるを繰り返し、まさに「目先の数字を作り出すことには長けていた」だけの人。ベネッセでの個人情報流出問題でのブレブレの対応とか、真骨頂でしたね。原田氏の逆をやってマクドナルド再建とか、良いニュースです。

              【マクドナルド、賃金水準アップで2年間で過去最大の大赤字から過去最高の黒字へ】@niftyニュース

               日本マクドナルドホールディングスが11月8日に発表した2017年1〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期約4.8倍の154億円となり、1〜9月期としては過去最高となった。売上高も13.2%増の1871億円で、10月まで23カ月連続で前年同月の実績を上回っている。

               '17年12月期通期の純利益は過去最高の200億円を見通しており、来期は10年ぶりに新規出店への投資に力を入れる姿勢も見せている。

               マクドナルドと言えば'14年7月に発覚した中国の協力工場で期限切れの鶏肉を使用した、いわゆる『鶏肉偽装問題』に加え、翌'15年には相次いで異物混入問題も発覚。信頼は地に落ち、上場以来最大の赤字を記録した。たった2年間で過去最大の大赤字から過去最高の黒字へと、驚異の回復を遂げたわけだ。

               「一番大きな改革は、カサノバ社長が従業員の賃金水準を上げたことです。モチベーションが明らかにアップしました。前CEOの原田泳幸氏はコストカットを標榜する経営者で、目先の数字を作り出すことには長けていた。しかし、長い目で見た場合、それは劇薬でしかありませんでした。

               カサノバ社長は就任当初、原田氏が残した負の遺産の多くをかぶりましたが、逆の経営手法を辛抱強く続けてきた。その結果が思いの外、早く出たということだと思います。先日、久しぶりにマクドナルドに行ったという人の話を聞きましたが、ビックマックの積み方が、以前は食べる前に整える必要があったが、きれいに揃っていたそうです。これもきっと、一つ一つ丁寧に作っている証しなのでしょう」(経済アナリスト) 
              続きを読む >>
              【2017.12.01 Friday 18:00】 author : 土岐正造
              | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
              技術屋たちのホンダジェット
              0
                 ホンダ自体は、バイクでは世界一の企業ですが、自動車や飛行機ではたぶん、世界一にはなれないでしょう。トヨタが受けの強い場弱の横綱だとすれば、技能賞常連の関脇みたいなタイプ。でも、その志の高さに惹かれる企業です。SONYがAIBOからさっさと撤退したのに、ホンダはASIMOの研究をジックリ続けて、転倒しづらい電動バイクとか、開発しちゃうわけで。大学の工学部に即戦力を求めるような育成力のない企業と異なり、長い目で人材を育成し、技術を育む姿勢こそ、本田宗一郎と藤沢武夫の遺産。

                【空飛ぶクルマ「ホンダジェット」世界一の裏側 快挙を支えた「技術屋の王国」の秘密】東洋経済オンライン

                ホンダはトヨタ、フォルクスワーゲン、GMのように世界のビッグスリーの一角を占めるわけではない。当然、研究開発費は超巨大企業に比べて潤沢ではない。であるのに、ホンダジェットのように「世界一」「世界初」といった技術、製品が少なくない。世界の最先端技術分野で、なぜか次々と成果を生み出す「不思議力」を備えた企業だ。

                経済ジャーナリスト、経営評論家として、長年にわたってホンダを丹念に取材してきた片山修氏がホンダジェットの開発から事業化までを描いたのが『技術屋の王国――ホンダの不思議力』である。ここでは、ホンダジェットが販売開始から2年弱で世界一に躍り出た理由に迫る。 
                続きを読む >>
                【2017.10.07 Saturday 20:34】 author : 土岐正造
                | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                ラスベガス銃乱射事件
                0
                   仕事の合間にTwitterを見たら、見るたびに犠牲者の数が増えていって、気がつくと50人オーバー。なんかもう、単独犯による短時間の大量殺人の世界記録は、アメリカ人だけが更新している感じです。全米ライフル協会はまた声明を出すのでしょうが、護身のレベルを超えた銃器が簡単に手に入る時点で、規制もへったくれもない気がします。これが刃物などによる殺傷だと、8人ぐらいで気力も体力も尽きるのですが、引き金を引くだけの銃器は、簡単に二桁の殺人が可能になるわけで。

                  【ラスベガス乱射、少なくとも59人死亡 527人負傷と警察】BBCニュースJAPAN

                  米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル近くで1日午後10時(日本時間2日午後2時)すぎ、乱射事件があった。ラスベガス警察によると、少なくとも59人死亡。確認された負傷者は527人に増えた。被害者の多さで、近年の米国最悪の乱射事件となった。警察によると、容疑者は近郊在住の白人男性で、警察の突入と同時に自殺。これまで警察との接触はほとんどなかったという。

                  ラスベガス警察によると、近郊在住の白人男性スティーブン・パドック容疑者(64)がマンダレイ・ベイ・ホテルの32階から、大通りラスベガス・ストリップで開かれていたカントリー音楽の音楽祭会場に向けて自動式の銃を乱射した。容疑者はホテルの部屋で自殺したという。音楽祭の会場には約2万2000人が集まっていた。

                  警察はホテルの室内でライフル銃など少なくとも16丁の銃を発見。容疑者は9月28日から、同じ部屋に宿泊していたという。

                  ラスベガス警察のジョー・ロンバルド保安官は2日午後の記者会見で、ラスベガス北東約130キロのメスキートにある容疑者宅を家宅捜索したところ、さらに少なくとも18丁の銃や爆発物、数千発の銃弾を発見したと話した。 
                  続きを読む >>
                  【2017.10.03 Tuesday 12:00】 author : 土岐正造
                  | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ホンダジェットが世界首位
                  0
                     小型ジェット機というのは、アメリカやヨーロッパの大手航空産業が相手にしていない、小さな市場です。でも、千里の道も一歩から。バイクから自動車へとステップアップしたホンダの夢は、敗戦によって消滅させられた日本の航空産業の復活という壮大なもの。それを、軍需産業ではなく民間の方からやり遂げることに、浪漫があるわけで。今は年間700機しかない市場でも、そこで3割の210機の受注を獲れば、月に17.5機の生産数。第1四半期で15機のペース以上を年間に渡って維持できるのが、目標。

                    【ホンダジェットが世界首位、小型ジェットの上期出荷】日経新聞

                     ホンダの航空機事業子会社である米Honda Aircraft Companyは2017年8月16日(米国現地時間)、同社が製造する小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」が2017年上期(2017年1〜6月)の同カテゴリー出荷台数で首位に立ったことを発表した。出荷台数は米General Aviation Manufacturers Association(GAMA)の調査発表に基づいたものだ。

                     機体の型式は「HA-420」。2017年の第1四半期(2017年1〜3月)に15機、同年第2四半期(2017年4〜6月)に9機、合計で24機を出荷した。ホンダが小型ジェットで競合に位置付けるブラジルEmbraerの「Phenom」シリーズ、米Cessna Aircraft Companyの「Mustang」や「M2」などを上回る数量だ。

                     納入価格は1機あたり平均485万ドル(1ドル=110円換算で5億3350万円)である。年間9000億円、700機の小型ビジネスジェット市場で、ホンダは3割の世界シェアを目指す。ホンダの広報担当者は「順調に生産や販売数が推移している」と自信を見せた。 
                    続きを読む >>
                    【2017.08.24 Thursday 18:00】 author : 土岐正造
                    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    愛知県警の闇
                    0
                       通信傍受法を盗聴法と、ことさらに悪意に吹聴した人もいましたが。実際には身内とも言うべき警察官の、獅子身中の虫をあぶり出すのにきちんと活用されています。しかしそれ以上に、福岡の事件で愛知県警の複数の警察官が情報を流していたとは……。言うまでもなく、愛知県といえば現在の六代目山口組の司忍組長の出身母体である、弘道会の本拠地。弘道会は警察官一人ひとりの個人情報を収集する部隊が存在すると言われていますが、実際に切り崩されている悪徳警官が確認されたと。

                      【博多金塊 捜査情報漏えいか 愛知県警 複数の警官 逮捕前、容疑者に 福岡県警、通話を傍受】西日本新聞

                       福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれ、福岡、愛知両県警が窃盗容疑などで10人を逮捕した事件で、愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らしていた疑いがあることが1日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は今回の捜査で容疑者らの携帯電話を通信傍受しており、その中で警察官との通話を確認した。福岡県警はこのことを愛知県警側に伝えた。

                       捜査関係者によると、通信傍受で少なくとも2人の警察官が容疑者の一部と連絡を取っていたことが分かったという。容疑者が通話の中で警察官から入手した情報は、福岡県警が家宅捜索に入る時期だったことも判明。情報を漏らした疑いのある警察官の具体名も挙がっているという。

                       事件の主犯格とみられる野口直樹容疑者(43)は逮捕前の今年3月ごろ、被害に遭った貴金属店の実質的経営者側に被害届を取り下げるよう示談交渉を持ち掛けており、警察官からもたらされた情報を基に、逮捕を免れようと画策した可能性がある。 
                      続きを読む >>
                      【2017.06.02 Friday 20:12】 author : 土岐正造
                      | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム