Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

思想評論の・ような物

『表現の不自由展』は表現の無責任展

 愛知県知事は津田大介芸術監督のせいだとなすりつけ、お友達の東浩紀は津田くんには言ったのに〜と身体をクネクネさせながら罪を芸術監督になすりつけてスタコラサッサと逃亡、そして当人は実行委員会に罪をなすりつけようとしています。でも、北海道新聞で、学芸員が挙げてきた候補を、拒絶して決定権を握った云々の過去記事と、内容が一致しないんですが。要するに、誰も覚悟ができていなかったし、責任の取り方も想定せず、責任を取るつもりもなかった、と。全員無責任が結論と。
【不自由展中止 津田氏の懸念を実行委が拒絶 リスク承知で展示か】産経新聞   愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、元慰安婦を象徴する少女像について、芸術祭の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏が事前に懸念を示して展示を見合わせようとしたものの、企画展の実行委員会から拒絶されていたことが16日、分かった。  津田氏がツイッターで一連の経緯を明らかにした。問題があると認識しながら展示に踏み切った形で、さらに議論を呼びそうだ。  15日夜に更新したツイッターによると、津田氏は昨年12月、過去に同趣旨の「表現の不自由展」を開催した実行委員会に、芸術祭への出品を依頼。ただ、少女像については今年2〜3月の打ち合わせで、「様々な懸念が予想されるため、実現が難しくなるだろう」と伝えた。しかし実行委から「少女像を展示できないのならば、その状況こそが検閲」と断固拒否されたという。  また、昭和天皇の肖像を燃やすような映像についても、作者に「新作の出展はコンセプトになじまない」と伝えたが、受け入れられなかった。 
続きを読む >>
  • 2019.08.17 Saturday
  • 20:00

思想評論の・ような物

表現の不自由展:脅迫犯逮捕と津田芸術監督への疑義

 先ずは、京都アニメーションの痛ましい放火殺人事件を持ち出して、言論の自由や表現の自由を圧殺しようとしたこの卑劣な犯人逮捕を、高く評価したいと思います。愛知県警は被害届受理から逮捕まで、迅速に動いたと思います。しかしこの犯人逮捕によってますます、津田大介芸術監督の言動と、愛知県知事の動きに呪文が湧き上がってきました。脅迫を受けたと発表したのが8月2日なのに、なぜ津田芸術監督は愛知県警から犯人特定は難しいと言われた云々という、事実と異なる発言をしたのか?
【表現の不自由展に脅迫ファクス送った疑い、会社員を逮捕】朝日新聞   国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示に対し、ファクスで脅迫文が届いた事件で、愛知県警は7日、同県稲沢市稲沢町の会社員堀田修司容疑者(59)を威力業務妨害容疑で逮捕し、8日未明に発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。  県警によると、堀田容疑者は2日、会場がある愛知芸術文化センター内のファクスに、企画展に展示されていた慰安婦を表現した少女像について「大至急撤去しろや、さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」などと記した文書を送り、トリエンナーレの展示の一部を中止させるなどして業務を妨害した疑いがある。  県警東署が県からの相談を受け、6日に被害届を受理していた。 
  • 2019.08.08 Thursday
  • 21:00

思想評論の・ような物

津田大介芸術監督の二枚舌

 あれれ? 津田大介芸術監督が会見で配布したステートメントでは、「芸術監督である自分が企画内で展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません」と明言されていますが? 学芸員の上げてきたリストを見て、決定権を握ってあの内容にしたのは、紛れもなく津田大介芸術監督であったことが、7月8日の北海道新聞で明言されておられるのですが……。他にも、内容は把握していないという逃げ口上を、最初は言っていたような記憶があるのですが、記憶違いだったかな?
【<金曜カフェ>ジャーナリスト・津田大介さん あいち芸術祭 監督として】北海道新聞   今年で4回目となる国内最大規模の国際芸術祭、あいちトリエンナーレが8月1日(木)〜10月14日(月)(祝)の日程で名古屋、豊田両市を会場に開かれる。テーマは「情の時代」で、人々が怒りっぽくなっている世界の現実に、アートの力で迫る。芸術監督でジャーナリストの津田大介さんに聞いた。 (中略)  約80組の作家選びは当初、学芸員に任せるつもりだった。ところが、上がってきたリストを見て「ピンとこない。これはまずい」と方針転換。自ら決定権を握った。「僕はそういう(人の権利を奪う)タイプの人間ではありません。でも、そうしないと『情の時代』というテーマにこだわった内容にならないと思った。仕事は5倍くらい大変になったが、その方針のおかげで(参加作家の男女比を半々とする)ジェンダー平等も達成できました」 
  • 2019.08.07 Wednesday
  • 19:00

思想評論の・ような物

あいちトリエンナーレの慰安婦像について

 主催者側はいろいろ言い訳をしているようですが、個人的にはこれも表現の自由のうちだと思っています。もちろん表現の自由には責任も伴う、ただそれだけです。この展示に税金が使われていることを問題視している人もいますが、それこそ表現の自由のはき違え。税金の有無で表現が制限されるのならば、それこそ表現の自由への冒涜。展示の中止を求めたり、右翼団体が押し寄せて街宣車で嫌がらせをしたり、恫喝を加えるよりも、例えば慰安婦像の横にライダイハン像を置くように、展示物の追加を提案してはいかがでしょうか?
【「平和の少女像」展示中止を要請へ。あいちトリエンナーレを河村たかし・名古屋市長が視察】ハフィントンポスト  名古屋市の河村たかし市長は8月2日、愛知・名古屋市などで開催中の「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」を視察した。同企画で展示されている「平和の少女像」について、即刻展示を中止するよう大村秀章・愛知県知事に申し出ると発表した。 従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」は、彫刻家キム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻が制作した。2017年に韓国・釜山の日本総領事館前で設置された際には、日本政府が2015年末の日韓合意に違反するとして、駐韓大使の一時帰国や日韓通貨スワップ協議の中断などに踏み切った。 
  • 2019.08.02 Friday
  • 20:00

思想評論の・ような物

京都アニメーション放火殺人事件に対する名論と暴論

 純丘曜彰大阪芸術大学教授の珍妙な京都アニメーション批判の言説に比較して、中国のアニメ誌の編集長でもある葛仰騫氏による、読み応えのある論考です。薄っぺらな知識に浅い理解、主観的で狭い視野にレベルの低い純丘曜彰大阪芸術大学教授の駄文に比較して、葛仰騫氏の文章は重厚な知識に深い理解、客観的で広い視野からのアニメ文化史における京都アニメーションの位置づけと意義を問いかけ、とてもレベルが高く思えます。それだけに、失われたモノの大きさに思いを致します。
【『アニメで知る中国』京アニ爆発火災―焼かれたのは“日本アニメの過去と未来”〜葛仰騫著】JMAG NEWS  邪悪は道理もなく舞い降りた。7月18日、一人の暴徒が日本京都府にある「京都アニメーション」の第一スタジオを爆破放火した。 建物に居た73名のスタッフのうち6名だけが火災を逃れ、その他の方はみな被害に遭った。現在34名が死亡(7月20日まで)、30余名が重軽傷を負ったという(犯人も含む)。 「アニメ会社放火事件」は80年代以来死亡者が最も多いテロ事件となり、全世界でニュースとなって駆け巡り、一般人でさえこの少し奇妙な名前のアニメ制作会社を知ることとなった。アニメ業界を知る者にとって、京アニを知る人にとって、この災難が想像を絶する物であり、未来に対して悪影響しか与えないという考えに至るだろう。 
  • 2019.07.29 Monday
  • 21:45

思想評論の・ような物

日本製品不買運動の滑稽

 不買運動は今までの尻すぼみパターンではなく、かなり大きく広がっていますが……そもそも日本のダメージは韓国より遥かに小さく、かえって日本人の不快感を呼び込むだけ。これで不買運動をしても、実際は韓国のカメラマンや報道機関は、Nikon・Canon・SONY以外のデジタル一眼レフカメラを使用している人間が超少数派。医療器具のファイバースコープや各種診断機も多くが日本製。それをどうやって拒否するのか? けっきょく、拒否しやすい部分だけ拒否しても、それは大きなダメージには成りません。
【【ソウルからヨボセヨ】日本製品不買への苦笑】産経新聞   日韓関係悪化で日本製品不買運動が話題になっている。韓国でよくある“反日・愛国シンドローム(症候群)”の一種だが、在韓日本人たちは、「ユニクロやアサヒビールを標的にするよりも、日本製の素材や部品をたくさん使っているサムスンなど、国産スマホの不買運動をやるべきじゃないの?」と苦笑している。  面白かったのは株式市場での「モナミ」の値上がりだ。韓国人なら誰でも知っている文房具メーカーで、日本製文房具の売れ行きが落ちて国産品の需要が増えるのではないか、との思惑からとか。周りに聞くと、日本製文房具は品質やデザインがよく、衛生的で安全、安心だから子供やママたちの間で人気という。  ただ不買運動も近年、実際の行動よりネットでの反日パフォーマンスで発散する傾向がある。人知れず静かに決意してやるのではなく、周りを見ながら「やってるぞ!」と宣伝したがる。 
  • 2019.07.22 Monday
  • 00:00

思想評論の・ような物

再生可能エネルギーの限界と農業の可能性

 この手の再生可能エネルギーについての提灯記事で顕著なのは、比較可能な数字を明確に出さないという点です。いちおう、ピーク時に1.177GWという数字は出していますが、平均発電量や正味年間発電量と言った数字を出してきません。ちなみに、泊原発の平均発電量は8554GWhで、正味年間発電量13万8706GWhになります。アスワン・ハイ・ダムの総貯水容量は132立法kmで、正味年間発電量は1万0042GWhとのこと。琵琶湖の総貯水量が27.5立法kmですから、約4.8倍の貯水量です。水力発電ですら、このレベル。
【UAEで世界最大の太陽光発電プラントが稼働。ピーク発電量1.177GWのギガソーラー】Engadget Japanese  アラブ首長国連邦(UAE)は、まだまだ石油マネーに依存している国ではあるものの、これからは再生可能エネルギー方面でもトッププレイヤーに躍り出るかもしれません。エミレーツ水電力公社(EWEC)は、単独の太陽光発電設備としては世界一となる、1.177GWのピーク発電量を持つNoor Abudhabiの運用を開始しました。 米国最大の太陽光発電施設でも568MWのピーク発電量であることを考えると、Noor Abudhabiの1.177GW(1177MW)の巨大さがある程度わかるでしょう。Noor Abudhabiを超える規模の太陽光発電はすべて複数の施設を組み合わせたソーラーパークタイプの施設しかありません。 
  • 2019.07.04 Thursday
  • 20:00

思想評論の・ような物

環境テロリストが攻撃示唆

 環境テロリストのシーシェパードが、日本の商業捕鯨再開の邪魔を宣言したようですが。小規模な船団で行われるであろう日本の商業捕鯨を、どこまで邪魔できるか。南氷洋の調査捕鯨船のような大型の船に嫌がらせするぶんには、立ち向かっている絵作りはできるでしょうけれど。小規模な舟相手では、かえってイジメに見える危険性も。商業捕鯨再開と言っても、捕獲頭数は調査捕鯨の時よりも減るだろうという予測が一般的。地域の鯨肉食文化を維持するのが目的ですから、当然ですよね。
【日本の捕鯨再開へ「対応検討」=世界の海からなくす―シー・シェパード】BIGLOBEニュース   【シドニー時事】反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」オーストラリア支部の代表を務めるジェフ・ハンセン氏は、24日までに取材に応じ、日本が7月から31年ぶりに商業捕鯨を再開することについて「われわれの目標は世界の海から捕鯨をなくすことだ」と反対を表明した。同時に何らかの対応が可能か検討していることも明らかにした。  SSは日本が南極海で行った調査捕鯨に反発し、小型船を使って捕鯨船に体当たりする過激な妨害活動を展開した。ハンセン氏は、日本以外にもアイスランドやノルウェーなどを捕鯨国として挙げ「全ての捕鯨に反対する」と強調した。その理由として「クジラが海や海洋生態系の健全性に重要な役割を果たしている」と指摘。「生息数もまだ回復していない」と語った。  
  • 2019.06.25 Tuesday
  • 20:10

思想評論の・ような物

沖縄の礼節

 広島での原爆慰霊の際にも、県外からやってきた左派活動家が大騒ぎして、せっかくの慰霊の場を台無しにしました。秋葉原での安倍総理大臣の演説を罵声で妨害して、それをまたテレビ朝日などの左派マスコミが好意的に報じたために、バカの一つ覚えのように同じ戦法を繰り返しているのでしょう。残念ながら広島での妨害行為は、多くのニュートラルな立場の人達はもちろん、中道左派系の人たちからも批判される始末。反安倍陣営の動きがだんだんセクト化し、先鋭化している証拠でしょう。
【「うそつき」「帰れ」 安倍首相のあいさつ中に抗議の声 沖縄追悼式】沖縄タイムス   「沖縄のために全力を尽くす」という発言に「うそをつけ」と声を張り上げた那覇市の男性(81)は「基地負担軽減を言いながら、民意を無視し新基地建設を進めるのは矛盾だ」と怒りを込めた。  「帰れ」と叫んだ女性(51)は「去年と同じでしらじらしく、思いが入っていない。二度と来ないでほしい。議長の話はしっかり響いた。首相は気持ちがまったく伝わらない」と批判した。  一方、北中城村の女性(89)は「忙しい中、首相は時間をつくって沖縄のために来てくれているのにやじを飛ばす必要はない。県民は感謝しないといけない」と話した。 
  • 2019.06.25 Tuesday
  • 18:01

思想評論の・ような物

室井佑月氏の差別発言

 最近Twitterを始めた作家の室井佑月先生ですが、タレントとして一方的に発信できるテレビと同じ乗りで、珍妙な呟きを繰り返していて、笑いものになっているのですが……。反原発の放射脳が行き過ぎて、デマまで発信したようです。批判されて慌てて削除したようですが、謝罪するわけでなく、しらばっくれているので、呆れました。作家が、覚悟を持って書くのは表現の自由ですし、それが批判を受けることもあるでしょう。ただ、こういう根拠不明のデマは、思想信条の自由とは別の話です。言論の責任が問われるレベル。
続きを読む >>
  • 2019.06.24 Monday
  • 21:12