★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
値下げ幻想からの脱却
0
     日本は未だに、江戸時代の儒教の影響が強く、値上がりは悪・値下がりは善という意識が今もあります。寛政の改革で知られる松平定信は、商業は詐欺(商は詐なり)だと喝破していますが、この感覚は今も根強いでしょう。儒教には根強い商業蔑視の感覚があり、新井白石とかにもそこの感覚が濃厚です。でも、平成不況とデフレで、適度に物価が上がっていくのが正常な状態だと、ようやく日本人も気づいたわけで。そういう意味では、家電量販店的手法から街の電気屋さんが脱却するのは、その第一歩かもしれません。

    【「値下げすれば売れる」幻想がまだ消えない 思い込みを捨てたら本当の笑顔で接客できるようになった】日経ビジネスオンライン

    東京都町田市の電器店「でんかのヤマグチ」。2017年4月から同じパナソニック系列の販売店と共同仕入れ会社のライフテクトを立ち上げた。併せて経営ノウハウの共有なども始めたが、山口社長が他店の経営者と接して驚いたことがあった。それは値下げすれば売れるという幻想がまだ強いこと。今回はその怖さを語る。
    (中略)
    安さ重視の顧客は町の電器屋さんにもう来ない

     そもそも、インターネット通信販売や家電量販店がこれだけ普及している中、町の電器屋さんにわざわざ足を運んでくれているお客さんは、価格を重視していません。安さにこだわるなら、とっくに来なくなっているはずですから。そうしたお客さんは価格以外の価値を求めているのです。例えば、自宅からの近さだったり、ちょっとしたサービスが助かっていたりといった具合です。

     安さを求めていないわけですから、値引きはやめて、どのようなニーズを求めているかを探ることに集中する。こうするだけで、大きく変わると考えたのです。 
    続きを読む >>
    【2017.09.15 Friday 18:00】 author : 土岐正造
    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
    妥当判決
    0
       かつては4万人もいた朝鮮学校の生徒が、現在は6000人に激減しているそうです。拉致問題を金正日二代目世襲将軍様が認めて以降、韓国籍に乗り換える人間が続出し、さすが事大主義の超大国と思ったものですが。ルーツや歴史を学ぶことは、別に否定していません。いくらでもやってください、自分のお金で。「祖先は日本の植民地支配で日本に渡らざるを得なかった」とか、そういう嘘は辞めましょう。関東大震災の翌年ですら、3万7737人(前年比47%増)もの朝鮮人が日本に渡航してきています。強制連行神話はとっくに崩壊しています。

      【原告「ルーツ学ぶこと否定」 朝鮮学校の無償化除外判決】朝日新聞

       原告団は判決後に東京・霞が関で会見し、判決を厳しく批判した。

       原告の男性(21)は朝鮮学校を高校無償化の対象としない方針が示された12年、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の高級部2年生だった。「祖先は日本の植民地支配で日本に渡らざるを得なかった。そうしたルーツや歴史を学ぶことを否定された」と感じた。
      (中略)
       判決について「民族教育を否定し、日本で堂々と生きるという権利も奪った判決に憤りを隠せない」と語り、「僕たち在日朝鮮人は自分たちの権利を勝ち取るまでずっと戦い抜く」と述べた。

       原告代理人の喜田村洋一弁護士は「(原告勝訴とした)大阪判決と違い、朝鮮学校というだけで判断された。民族差別そのものだ」と訴えた。(後藤遼太、吉野太一郎) 
      続きを読む >>
      【2017.09.14 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
      | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
      当事者意識
      0
         春名風花さんご本人が書いているのか、背後にいる人が書いているのか、それはわかりませんが。日本の左派にありがちな思考の典型例が出ていますので、興味深いですね。まず、戦争を終わらせるには、偉い人が敵国に降伏を宣言し、国内の武装解除をし、降伏文章に調印しないといけない。それをやるのが偉い人。そして、偉い人は敗戦後、戦犯として死刑を含む責任が問われることも有るわけです。偉い人が前線で死んだら、誰が戦争を集結させるのか? その視点がポックリ抜け落ちているのに、本人は自覚がないようですね。

        【死にたくないし寿命を超えても永遠に生きていたい】春名風花公式ブログ

        ここからぼくの提案。

        もしも戦争がはじまって
        国の偉い人たちが

        「自衛隊さんお願いします」
        「このままでは日本が全滅です」
        「あなたたちの大切な家族や愛する人もみんな死んでしまうんですよ」
        「頼むからたたかってくれ」
        「外交に失敗したので助けてください」

        って、お願いしてきたら
        みんなでこう言ってみるのはどうかなぁ。

        「じゃあ、皆さんが前線に立ってください( ㆆ ㆆ)و✧」

        *⑅︎୨୧┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎୨୧⑅︎*

        ぼくは、

        わたしたちが国を守るためにたたかうのではなく、国がわたしたちを「たたかわせないために」さいごまで守り抜いてもらいたいです。


        それにね、
        あのね、
        思ったんだけどね、

        偉い人たちって自分がたたかうこととかまったく想定してなさそうだから

        もしかしたらまだ
        本気出してないかもしれないよね。
        もしも偉い人たち全員が
        真っ先に先頭に立たされることになったら、
        そうなる前に死にものぐるいで
        何とかしてくれたりしないかなぁ?

        ・・・しないかなぁ?( ・ㅂ・)و ̑̑
         
        続きを読む >>
        【2017.08.28 Monday 18:00】 author : 土岐正造
        | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
        何度目の新発見?
        0
           相変わらず、勿体つけて新発見のように書いていますが、こんなの普通にダウンロードして入手できます。『時局利用婦女誘拐被疑事件に関する件』自体は、中央大学の吉見義明教授がえらい昔から持ち出してる資料ですね。『従軍慰安婦資料集』が1992年には大月書店から出版されていますので、四半世紀前から知られた資料を公開? 今までいかに雑な慰安婦問題研究をしていたかって話ですね。で、内容を読めば、悪徳業者を摘発したって話。コレで出てきた通達が『支那渡航婦女ノ取扱ニ関スル件』なんですけどね。

          【「慰安婦募集は誘拐事件」強制性立証、日本の警察文書あった】中央日報日本語版

          「世界日本軍慰安婦記念日」の8月14日を翌日に控えた13日、日帝時代の日本の慰安婦募集過程を目撃した日本の警察が当時の状況を「誘拐」と認知して調査したという内容の日本の警察文書が公開された。文書には「酌婦(慰安婦)募集の為、本邦内地(日本)とともに朝鮮方面に旅行中のものあり」という内容が入っている。これは日本の軍部の命令で進められた慰安婦募集過程に強制性があったという事実を示す文書とみられる。

          韓日文化研究所のキム・ムンギル所長(72、釜山外大名誉教授)は、昭和13年(1938年)2月7日に和歌山県警察部長が内務省警保局長に送った「時局利用婦女誘拐被疑事件に関する件」という題名の文書を13日に公開した。

          文書は「昭和13年1月6日4時ごろ、和歌山県の文里飲食店街に3人の挙動不審な男がいるのを見て尋問した」という内容で始まる。尋問の結果、男(挙動不審者)の話は「疑わしい者ではない。軍部からの命令により上海皇軍慰安所に送る酌婦を募集しにきた。3000人を連れてこいというがこれまで70人だけ昭和13年1月3日に長崎港から陸軍の御用船に乗せ憲兵の保護の下で上海に送った」とされている。  
          続きを読む >>
          【2017.08.14 Monday 20:00】 author : 土岐正造
          | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
          価値観を共有しない国
          0
             日本なら毎日新聞や日経新聞に当たる全国紙が、平気でこういう見出しをつけるのですから、韓国人が「韓国には反日本はない」なんてのが大嘘だというのがわかります。教科書でウソを教え込まれ反日が日常の風景なので、彼らの主観ではそれが日本に対する侮辱や虚偽だという自覚がないだけ。安重根が安倍首相を暗殺するという小説が、ベストセラーになる国ですから。日本の毎日新聞や日経新聞が、日本の学生が韓国のテコンドー大会で優勝して「韓国の鼻をへし折った」なんて見出しを打ったら、常識を疑われます。

            【アニメの本場、日本の鼻をへし折った韓国の高校生5人組】中央日報日本語版

            韓国人にもなじみの深いアニメーション『それいけ!アンパンマン』の作家やなせたかし(1919〜2013)の故郷、高知県高知市では毎年漫画大会が開かれる。漫画家・アニメーターを夢見る日本全域の高校生が参加する大会の高校漫画選手権大会だ。

            日本最大の高校野球大会「甲子園」から名前を取って「まんが甲子園」とも呼ばれる。今年で26回を迎えたこの大会で韓国の高校生が優勝した。全羅南道務安(チョルラナムド・ムアン)の全南芸術高等学校の生徒たちが主人公だ。
            (中略)
            牧野圭一審査委員長は授賞式で「韓国の作品は象徴的だった」とし、「26回目のまんが甲子園にも新しい風が吹いた。わかりやすいながらもインパクトがある、これこそがまんがの力」と称えた。

            全南芸術高チームは賞状と優勝賞金30万円を受け取った。ナムさんは「まんが強国である日本の生徒よりうまく出来るという自信を得た」とし、「友人や後輩がみんな漫画家・アニメイターの夢にもう一歩近寄る機会になった」と話した。 
            続きを読む >>
            【2017.08.12 Saturday 18:09】 author : 土岐正造
            | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
            非武装中立論の亡霊
            0
               長崎原爆投下の日、まずは亡くなった方々のご冥福を祈ります。朝日新聞も、物議をかもしそうな記事は登録しないと読めないようにしている感じがしますね。この国境なき医師団の看護師の白川優子さん、その行動は尊いと思いますが、思想は矛盾している自覚がないですね。日本は戦争を放棄するだけじゃなく、絶対に加担してはいけない国。間接的にでも加担する国になろうとすれば、私は堂々と反対の声をあげられる国民になりたい……って、昔懐かしの非武装中立論。他国の戦争に加担しないなら、スイスのように徴兵制を敷いて武装しないと中立は無理。

              【(戦争を語る:1)激戦地に立って 国境なき医師団の看護師・白川優子さん】

               世界の激戦地にばかり派遣され、人道支援に奔走する日本人がいる。戦争や天災など医療が必要な地域にスタッフを派遣する国際NGO「国境なき医師団(MSF)」の看護師、白川優子さん(43)。今はシリア北部ラッカ近郊で活動中だ。現代の戦争の悲劇を間近で見続け、平和を保ち続けることの大切さを日本社会にも訴える… 
              続きを読む >>
              【2017.08.09 Wednesday 21:00】 author : 土岐正造
              | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
              増殖する
              0
                 ウィーン条約違反の日本大使館や日本領事館前の慰安婦像を撤去すれば、いくらでも自由に作ってください。いっそのこと、韓国の私鉄や地下鉄の駅や、バス停留場まで全部に建立すれば良いんですよ。二宮金次郎像のように、全部の小学校や中学校、高校、大学と目だつ場所に設置してはいかがでしょうか。いっそのこと一家に一体慰安婦像とか。内需も喚起できて、文在寅大統領のめちゃくちゃな経済政策も大成功でしょう。世界屈指の遠征売春婦輸出国という自国の歴史をあまねく国民に知らしめれば良いでしょう。

                【韓国・益山の駅前に少女像設置へ 鉄道公社が許可】聯合ニュース

                【益山聯合ニュース】韓国西部・全羅北道・益山駅前の広場に、旧日本軍慰安婦の被害者を象徴する「平和の少女像」が設置される。益山の複数の市民団体からなる「建立市民推進委員会」が28日発表した。

                 推進委は「コレール(韓国鉄道公社)側が市民の意見を尊重し、広場内の設置を認めた」と説明した。今後は益山市とコレール、推進委が少女像設置のために協議していくという。 
                続きを読む >>
                【2017.07.29 Saturday 20:12】 author : 土岐正造
                | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                本当の地獄島
                0
                   「息を吐くように嘘を吐く」という言葉は、政敵が金大中元大統領を評した言葉でしたが。このク・ヨンチョルさんもそういうタイプのようで。しつこく書きますが、国民徴用令の適用を免除されていた半島に徴用が実施されたのは1944年9月から敗戦までの11ヶ月間。しかも3月には下関−釜山間の連絡線の運航が止まり、実質7ヶ月間しか本土への徴用は行われていません。9歳から15歳まで父親が徴用されたというのなら、それは嘘か記憶の組換えか誰かからの教唆か。ちょっと歴史好きの中学生にも突っ込みができる程度の記事を垂れ流す全国紙にも呆れます。

                  【「軍艦島」の生存韓国人、「そこは幽霊島、監獄島だった」】中央日報日本語版

                  25日、ソウル城東区(ソンドング)に位置した映画館CGVで「日帝強制徴用労働者像建設推進委員会」の主催で映画『軍艦島』特別試写会が開かれた。この日の試写会に日帝強制徴用被害者家族が参加して歴史を忘れないでほしいと呼びかけた。

                  徴用された父と共に9〜15歳まで軍艦島で過ごしたというク・ヨンチョルさん(87)は「その島は『端島』という名があったが、私たちは『幽霊島、監獄島』と呼んでいた」と証言した。また「『軍艦島』という名前自体は依然として拒否感をもよおす表現」と明らかにした。

                  もう一人の徴用被害者遺族である太平洋戦争被害者補償推進協議会のイ・ヒジャ代表も「言葉では表せない歴史の痛みが映画として作られたのはこの時代の大きな財産」と感想を伝えた。イ代表は「多くの若者が映画を通じて日本が何を間違い、何を反省しなければならないのかを学び、もう一度歴史の痛い日を振り返る教訓を得てほしい」と話した。 
                  続きを読む >>
                  【2017.07.27 Thursday 20:00】 author : 土岐正造
                  | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  MacBook Pro交換プログラム
                  0
                     羨ましい。実は自分のMacBook ProもMid2012年なので、狙い目なんですよね。でも、InDesign専用機として使っているので、交換プログラムには応じられないんですが。でも、こういうのってお得ですし、Macユーザーであることを感謝します。

                    【Apple、4〜5年前のMacBook Proの一部を新型モデルに交換中】

                    Appleが、4〜5年前に製造されたMacBook Proを、最新型のMacBook Proに交換するプログラムを実施しています。交換用バッテリーの供給不足に対応するための措置で、AppleCare+の保証対象であれば無料、保証対象外の場合19,800円で、新しいMacBook Proが手に入る可能性があります。

                    交換用バッテリーが供給不足!9月まで待つか、MacBook Proを交換するか

                    「15インチRetina ディスプレイのMacBook Pro(Mid 2012とEarly 2013)用のトップケース一体型バッテリーの供給量が非常に限られており修理に応じられない」、という内容のApple内部の指示を入手したと米メディアMacRumorsが報じています。 
                    【2017.07.26 Wednesday 23:16】 author : 土岐正造
                    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    自己評価
                    0
                       文在寅大統領もようやく、トランプ大統領やG20で大国のリーダーたちと対面し、現実の世界が見えてきたようで。でも、現実対処するにはモンスター化した自国民の自意識は、あまりにも凶悪。朴正煕大統領以来の悲願である核兵器を手にしても、それだけではただの一点豪華主義に過ぎず、大国にはなれないと自覚できたかどうか。実際問題として、世界で大国と呼べるのはG7ぐらいであって、それにロシア・インド・ブラジルが加わる感じでしょうか。それ以外の国は、GDP11位も20位も大差ない、団栗の背比べ。

                      【「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…】産経新聞

                       5月の就任後、初めて海外を公式訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、彼らしくない弱気ともとれる言葉が飛び出した。「われわれ(韓国)には力がないことを認めねばならない」。北朝鮮の問題について述べたもので、文氏は「痛切に感じなければならない」と前置きまでした。大統領就任までは、北朝鮮とのバラ色の対話構想を掲げる一方、日本や米国への強硬発言を連発していた文氏。世界の現実を肌で感じ、ようやく目覚めた。
                      (ソウル 名村隆寛)

                      威勢のよさはどこに

                       「韓国の非力さ」を認めた文氏の発言は、ワシントンでの米韓首脳会談と、ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議を終えてから初めて開かれた11日の閣議でのものだ。

                       象徴的な発言を列挙する。

                       「北朝鮮の核問題解決への道が開かれておらず、弾道ミサイルでの挑発に対する制裁方法への国際社会の協議が簡単ではないという“事実”を重く受け止めねばならない」

                       「痛切に感じなければならないのは、われわれに最も切迫している朝鮮半島問題にもかかわらず、われわれには解決する力も合意を導く力もないことだ」 
                      続きを読む >>
                      【2017.07.25 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
                      | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム