★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
嘘で嘘を隠すと……
0
     幾つもの嘘をつかないといけなくなるんですね、一般論として。というか、いつものことですが、韓国の全国紙の歴史的事実の検証能力って、何故こんなに低いのでしょう? こんな証言、ちょと聡明な中学生なら、幾つも矛盾を見つけることが出来るでしょうに。たぶん、漢字を廃止したために、日本人の自分が『訓民正音』の世宗の書いた序文を読めるのに、多くの朝鮮人が読めないという状況ですから。さらに張本勲氏の証言とかもそうですが、とっくに破綻した日帝七奪神話を前提にしてるので。全国紙でもこのレベル。
    【16歳で日本に徴用された父の人生】朝鮮日報日本語版  黄海道谷山で生まれた李興燮さん(1928−2014)は、父を助けて畑仕事をしていたが1944年5月に徴用されて日本に連れてこられ、光復(日本の植民地支配からの解放)後も遂に韓国へ戻ることができなかった。当時数え年で16歳だった李さんは徴用対象ではなかったが、太平洋戦争で窮地に陥った日本は、戸籍の年齢を操作して植民地の青年を連行した。父は、白い木綿の洋服を別れの贈り物として与えた。本書は、佐賀県の炭鉱に連れていかれた李さんが翌年1月1日に脱出・逃亡して解放を迎えるまでの、およそ1年3カ月間の記録を収めている  少年は2週間の軍事訓練を受け、ふんどし姿で切り羽に送り込まれた。豆かすが半分以上という飯にたくあん2切れだけの食事はあまりに粗末で、ひどく腹が減った。故郷を離れるときに父がくれた荷物の検査で指輪が出てくると、状況は一層悪くなった。「戦争中にこんな物を隠して供出しなかった」という理由で「非国民」のレッテルを貼られ、外出禁止などの罰が加えられた。李さんは脱出を夢見るようになり始めた。逃げ出したものの捕まった朝鮮人が生ゴムの棒で殴られ、半殺しの目に遭うのを見たが、これ以上そこにいられなかった。 
    続きを読む >>
    【2018.12.17 Monday 20:00】 author : 土岐正造
    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
    QUEENにも喧嘩を売る韓国人
    0
       韓国でもフレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットしているようで、久しぶりに楽器を演奏したくなった中高年が楽器店に行ってるそうです。日本の文化は制限されていた時代でも、QUEENは普通に聞けたんですねェ……。であるならば、旭日旗を問題視するなら、ボヘミアン・ラプソディが収録されたQUEENのアルバム『オペラ座の夜(A Night at the Opera)』は問題にならなかったのでしょうか? ジャケットに旭日旗がモチーフになってますが……。
      【「ボヘミアン・ラプソディ」にまた旭日旗騒動勃発!】 2018年12月5日、世界中で大ヒットを記録している映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンのギタリストのブライアン・メイ役を演じたグウィリム・リーが自身のSNSに掲載した写真が、韓国のネット上で物議を醸している。 SBSfunEなど複数の韓国メディアによると、グウィリム・リーは最近、自身のSNSに東京で撮った数枚の写真を掲載した。問題となったのは共に来日できなかったベン・ハーディ(ドラマーのロジャー・テイラー役)の等身大パネルの写真で、パネルの後ろには旭日旗を連想させる柄のポスターが写っていた。これを見た韓国のファンからは批判のコメントも書き込まれたという。 同映画は今年5月にも、韓国のネットユーザーから「ティーザー予告映像でメンバーの1人が旭日旗柄のTシャツを着ている」として批判を受けていた。抗議が相次いだため、映画会社は公式ホームページから同映像を削除。その後、問題のTシャツを赤色で塗りつぶす加工を施し、フルバージョンの予告映像として再公開していた。  
      続きを読む >>
      【2018.12.07 Friday 20:00】 author : 土岐正造
      | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ローラ・インガルス・ワイルダーは人種差別主義者
      0
         現代の価値観で過去の名作を断罪する、バカバカしい話です。ローラ・インガルス・ワイルダーは、孝明天皇が崩御して明治天皇が即位する直前の、1867年2月7日に生まれ、戦後まで存命で1957年2月10日まで生きたので、90歳の長寿を保ったわけですが。生まれたのが150年以上前で、亡くなってもう60年以上。公民権運動もなかった時代の1932年に、自伝的小説の最初の本が出ていますから、65歳のときの人生の回顧録。彼女の少女時代は1865年に終わった南北戦争から10年も経っていない時代です。偏見は避けられない時代です。
        【「大草原の小さな家」作者の名前、米文学賞から外され 人種差別で】BBCニュース 米国図書館協会の児童サービス部会(ALSC)は25日、児童書でテレビドラマ化もされた「大草原の小さな家」シリーズの作者、ローラ・インガルス・ワイルダーの名前を児童文学賞の名称から外すと発表した。ALSCは「作品の中に反先住民、反黒人の感情が含まれている」ことを理由に挙げた。 ALSCは23日に開かれた理事会で、「ローラ・インガルス・ワイルダー賞」を「児童文学遺産賞」に変更することを全会一致で決定した。 ALSCは、ワイルダーの小説や「ステレオタイプ的な態度を示す表現」が「ALSCの中核をなす価値観にそぐわない」と述べた。 
        続きを読む >>
        【2018.12.04 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
        | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
        軽減税率と有害図書
        0
            これでも出版界の片隅に身を置く人間ですから、軽減税率適応はありがたいですが、出版社がこれは有害・これは無害なんて勝手な仕分けをするのは言論弾圧。いや、言論弾圧ですらない、言論の自殺行為です。軽減税率を適用するならエロ本だろうが辞書だろうが、全部の出版物に一律で適用。そうでないなら全部が適用外。ここら辺は、山田元議員とかががんばっておられますが、安易な妥協や近視眼的な選別は自殺行為です。マルキド・サドの著書も『チャタレイ夫人の恋人』も北斎の春画も今では藝術です。
          【出版社団体、「有害図書を除く書籍」に軽減税率要望 財務省は不快感】ITmedia  消費税率引き上げが来年10月に迫る中、有害図書を除く書籍や雑誌に対し税率を低く抑える「軽減税率」の適用を求める出版社団体と、適用に慎重な政府が対立していることが17日、分かった。団体は軽減税率が適用される新聞同様、書籍や雑誌も「知識を得るため負担を減らすべき対象だ」と訴える。一方、政府は「納得できる有害図書排除の仕組みができていない」と主張。両者の溝が埋まる気配はない。 (中略)  団体は年末の19年度税制改正を視野に、既に与党税制調査会の幹部に方針案を説明にまわるロビー活動を強化。団体の担当者は「おおむね反応は好意的だ」と手応えを強調する。  だが、この動きに財務省は不快感を隠さない。税制を立案する主税局の幹部は「憲法の租税法律主義で税率は法律で定めている。民間団体が書籍ごとに税率区分を決めるのは事実上の違法行為だ」と忠告する。 
          続きを読む >>
          【2018.12.01 Saturday 21:00】 author : 土岐正造
          | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
          曲学阿世の徒
          0
             安倍政権による河野談話の検証は2014年6月頃の話で、日韓合意は2015年末の話。時系列が無茶苦茶ですね。だいたい、談話自体は国の見解の発表であって、国と国との約束である合意と、比べるべくもありません。雁屋哲先生も、天皇陛下や歴代総理や外務大臣が韓国に謝罪しても、いち国会議員が私見を述べたら謝罪は無効でリセットされるという謎理論を展開されますが。この保坂教授、文在寅政権での閣僚入りを狙っていたようですが、こういう人物を登用すべきでしたね。リベラル幻想を打ち破るためにも。
            【保坂祐二教授「慰安婦合意以前に日本が河野談話を事実上破棄した」】中央日報日本語版 世宗(セジョン)大学の保坂祐二教授が和解・癒やし財団の解散に関して、日本は河野談話を事実上破棄したと話した。 22日、韓国テレビ局MBC(文化放送)『シム・インボの視線集中』とのインタビューで保坂祐二教授は「2015年その合意(韓日慰安婦合意)以前に日本は93年にあった河野談話を事実上破棄した」とし、「一部だといっても慰安婦の強制動員を認めた河野談話さえも日本は検証作業を通じて事実上破棄した」と明らかにした。 また「日本は韓国だけが悪いという風に外交的広報を強化しているが、国際世論は日本にそれほど良くない」として「事実上、国際法や国際的な世論を見ると、韓国側に非常に有利だ」と話した。 また「旭日旗問題、強制徴用者判決問題、そして和解・癒やし財団の解散など韓日関係は非常に悪い状況だといえるが、菅官房長官が北朝鮮問題のために韓日間協議を続けていくつもりだと述べた」とし、「表面的に韓日関係は悪い方向に向かっているようだが、北朝鮮問題というより大きな問題があるため、日本側でも強い対決に追い込むつもりは全くないと見ることができる」と話した。 
            続きを読む >>
            【2018.11.24 Saturday 18:06】 author : 土岐正造
            | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
            韓国らしい事件
            0
               大清皇帝功徳碑──正式には大清国之聖汗之功徳之碑は、建立地の名から三田渡碑とも呼ばれます。韓国が蛮族と馬鹿にしていた女真族の後金の、ホンタイジが後に皇帝を称し明朝を倒して清朝になるのですが、当時から外交音痴であった李氏朝鮮は、対立してコテンパンにされ、屈辱的な碑を建てられたわけですが。屈辱的な碑文であると、これまで何度も破壊や隠蔽の危機に晒されています。今回のマッカーサー像への火刑のパフォーマンスも、この心情に通底します。都合の悪い過去は消せばなくなる、と。
              【「新植民地はうんざり」 マッカーサー銅像に火を付けた反米団体牧師=韓国】中央日報日本語版 マッカーサー将軍銅像の火刑式を行った反米団体所属の牧師が警察に拘束された。仁川(インチョン)中部警察署は20日、一般物防火、集会およびデモに関する法律違反、特殊財物損壊の容疑で反米団体である平和協定運動本部常任代表A牧師を拘束した。 仁川地裁はこの日午後、A氏の拘束前被疑者尋問を終えて「逃走の恐れがある」として拘束令状を発行した A氏は先月23日午前3時ごろ、仁川市中区(チュング)の自由(チャユ)公園内マッカーサー銅像の下にある石塔の一部に火を付けて不法集会を行った疑いが持たれている。彼は「マッカーサーからトランプまで新植民地体制にうんざりする」という文面が書かれた横断幕をマッカーサー銅像の前にかけ、そのそばに布切れを積んで引火性物質をばらまいた後、火を付けた。当時、A牧師が付けた火が移って銅像近くの木の枝一部が燃えたりもした。 A氏は「マッカーサー将軍銅像の火刑式という一種のパフォーマンスだった。防火の意図はなかった」と述べた。しかし、警察はこのような行為がパフォーマンスの水準を超えたと判断した。 
              続きを読む >>
              【2018.11.23 Friday 19:00】 author : 土岐正造
              | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
              朝鮮半島出身労働者裁判の世論調査
              0
                 NHKは右からも左からも偏向を批判されていますが、ドキュメンタリーやNHKスペシャルの歴史番組のプロデューサーに、偏向した思想や歴史認識がある人間が混じってるのは事実にしても、概ね民間のテレビ局よりは世論調査のバラつきは少ないように思えます。そのNHKの調査で、徴用工ではなく半島出身労働者の裁判の判決に対して、納得できるという回答がわずか2%という、驚異の数字に。納得できないが69%ににも達して、これはもう草の根嫌韓時代が到来したのだなと、呆然としています。
                【「徴用工」判決「納得せず」69% NHK世論調査】NHKニュース 韓国の最高裁判所が、太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことについて、NHKの世論調査で聞いたところ、「納得できない」と答えた人が69%にのぼりました。 NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2133人で、57%にあたる1215人から回答を得ました。 それによりますと、韓国の最高裁判所が、太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で、日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことについて、 ▽「納得できる」が2%、 ▽「納得できない」が69%、 ▽「どちらともいえない」が19%でした。 また、この判決をめぐって日本政府が、韓国政府による適切な措置がとられなければ国際司法裁判所への提訴も検討していることについて、 ▽「提訴すべき」が56%、 ▽「提訴する必要はない」が5%、 ▽「どちらともいえない」が25%でした。 
                続きを読む >>
                【2018.11.14 Wednesday 21:05】 author : 土岐正造
                | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                ネットで極論が目立つ理由
                0
                   データ的にも、興味深い数字が並びます。極端な意見から中庸な意見までを選ばせると、山形というか凸型の分布を見せるのに、ネットで書き込んだ意見の量を問うと凹型の分布を見せるという。極端な意見を持つ人は、自分の意見に絶対の自信を持っていますし、正義を確信してるので、飽きず倦まずへこたれず、繰り返し自分の意見を主張するので、結果的に極端な意見が大量生産され、流通するという逆説。でも、それはやっぱり議論の場にはなりえず、対立の殺伐とした空気を生むだけなんでしょうね。
                  【大規模調査でわかった、ネットに「極論」ばかり出回る本当の理由  極端な人ほど、何度も何度も…】現代ビジネス 「ネットを使うほど、人は極端になる」は本当か 「現代社会で進む分断の大きな原因は、インターネットやSNSである」というクリシェがある。しかし、そうした直感に真っ向から反する「ネットは社会を分断しない」という研究結果が話題だ1。 慶應義塾大学の田中辰雄氏らの実証研究によると、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア利用は、ユーザの「意見の極端化」に影響を与えていないという。一方で田中氏らは、「テレビニュースの視聴者は極端な意見を持つようになる」とも指摘しており、興味深い。 この研究では、それだけでなく、ネットユーザが自分と意見の異なるユーザも少なからずフォローする傾向にあることが分かった。具体的には、フォローしている人の3割以上は、自分と反対の主張をしている人で占められているとのことである。実は、このような研究結果は、海外の実証研究でも示されている2。 つまり、従来から言われているような、「情報の氾濫するネットでは、情報を選択する過程で『自分の見たい情報』ばかりに触れるようになっている。その結果、集団極性化3が起こり、意見が先鋭化する」という現象は、少なくともこの実証分析では裏付けられなかったことになる。 
                  続きを読む >>
                  【2018.11.13 Tuesday 18:00】 author : 土岐正造
                  | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ユダヤ人権団体が防弾少年団を非難
                  0
                     韓国の人気ポップスグループである防弾少年団(BTS)ナチス衣装に対して、ユダヤ人権団体として世界的に著名なサイモン・ヴィーゼンタール・センターが、原爆バンザイTシャツと併せて批判声明を発表しました。個人的には、ホロコーストを聖域化し言論の自由や表現の自由に介入する同センターに対して、自分は批判的です。ですが、同センターを錦の御旗にして攻撃をしてきた左派にとって、これは痛恨の一撃ではないでしょうか? 事実、欅坂46を攻撃してきた面々の多くが、一様に沈黙しています。
                    【米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難】毎日新聞  米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は11日、原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツを過去に着用したことで日本のテレビ出演が中止になった韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が、過去にナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げたりしていたとして非難した。  同センターのエーブラハム・クーパー副所長は「原爆被害者をあざけるTシャツの着用は、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない」と指摘。「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」と強調した。(共同) 
                    続きを読む >>
                    【2018.11.12 Monday 19:00】 author : 土岐正造
                    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    防弾少年団とナチスとダブスタ
                    0
                       ナチスの服装は、プロパガンダ目的があるので、もともとカッコよく見えるようにデザインされているんですよね。デザインを優先しすぎたため、機能性を損なってる部分もあるほど。ドイツの戦車とか拳銃(ワルサー)に根強い人気があるのも、デザインの秀逸さが大きいわけで。デザインはデザインであって、そこにナチスの狂気も含めて怪しい魅力があるのは事実。なので、防弾少年団がナチスのデザインを取り入れた服装をしようが、非難する気はないです。問題は、擁護や非難でダブルスタンダードな人々。
                      【BTS、ナチス連想の帽子姿も拡散 当時の韓国紙でも議論呼ぶ】ニフティ 韓国のボーイズグループ「防弾少年団(BTS)」が原爆の写真が入ったTシャツ着用の問題でテレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演が中止されたが、今度は、別の問題がネット上で持ち上がっている。 Tシャツ着用とは別のメンバーが、韓国のファッション誌で4年前、ナチスを連想させるような帽子を被っていたというのだ。 4年前の写真、Tシャツ問題きっかけに拡散 黒い革ジャンを着たメンバーの1人が、片目を閉じたお茶目なポーズで座っている。手を当てたミリタリー風の緑色の帽子をよく見ると、目に飛び込んできたのは、あのハーケンクロイツだ。ナチス時代に使われていた、鷲と頭蓋骨のマークも描かれている。 このグラビア写真は、2014年9月に発売されたファッション誌「CeCi(セッシ)」のフォトブックに掲載された。 
                      続きを読む >>
                      【2018.11.11 Sunday 18:09】 author : 土岐正造
                      | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム