★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
なにやら
0
    昼間もグッと気温が下がりましたね。
    東京五輪も10月開催なら快適なのに。
    【2018.08.18 Saturday 23:13】 author : 土岐正造
    | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
    新しいiOS 12 進化は小粒でも最高評価を送りたい
    0
       Appleが本当にスゴいのは、大進化より小進化の時なんですよね。これはMacOS時代から同じで、機能がガッと増える大進化の方が派手ですが、内部構造を見直したり、OSの堅牢性を高める小進化の方が、完成度が高くなりますしね。そういう意味では、iOS12の評価が各方面で高いのは、当然といえば当然の側面も。今回評価が高いのは、旧機種でも性能が部分的に上がるという点ですかね。買い換え需要を考えれば、それはAppleにとっては不利です。でも、それがユーザーの忠誠心も育てる訳で。

      【新しいiOS 12 進化は小粒でも最高評価を送りたい】日経トレンディ


       この秋、iPhone、iPad向けの新しいOS「iOS 12」が登場する(関連記事:古いiPhoneは速くなる? iOS 12のベータ版で試した)。プレビュー版が公開されたので、早速インストールして利用してみた。なお、テストしているのはbeta 4で、機能やデザインはこれからまだ変更されていくだろう。僕の印象では今回のアップデートはとても小粒だ。それでもいくつかの機能が高速化されたり、目玉としてAR(拡張現実)関係の機能が強化されたりしているので、それらに関心がある人にとっては進化だと思う。

      古いデバイスでも快適性が増すのが素晴らしい

       僕自身は小粒と言いながらも最大の評価を送りたいと思う。何より素晴らしいのが、iPhone 5s以降のモデルに対応していること。iPad Airにもインストールできる。Androidはちょっと古い機種になると、OSのアップデートが止まるが、iOSはずいぶん懐が深いじゃないか。

       しかも、「使っているデバイスでのあらゆる体験が一段と速く一段と反応が良いものになる」とうたっている。新しいiPhoneやiPadを買わなくても快適に使えると、OSとデバイスを販売しているメーカーが大々的に宣言しているのは素晴らしい。

       高速化するのはカメラへのスワイプ、キーボードの表示、アプリケーションの起動など。これらは、古いデバイスほど効果が実感できるはずだ。 
      続きを読む >>
      【2018.08.18 Saturday 22:01】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      牟田口廉也中将の背後にいた人物
      0
         初代の江戸屋猫八師匠が亡くなるとき、息子の二代目猫八師匠にオマエは芸人にはならずに軍人になれと語ったほどに、昔は軍人は良い商売と思われていたわけで。海軍兵学校や陸軍士官学校は東大より難しいと言われたのも、勉学に加えて肉体も平均以上が求められたからで。いわんや、陸軍大学に進んだ牟田口廉也中将は、エリート中のエリート。つまり、今の官僚と同じ。実際、戦前の軍人官僚と現在の官僚は、面従腹背と無責任体質と言うことでは、驚くほど似ています。

        【インパール作戦を立案・指示した「陸軍最悪のコンビ」の深層心理】現代ビジネス


        不祥事の「責任」は誰にあるのか?

        昨年から今年にかけて、日本では組織内で何らかの不祥事が起きたとき、誰がどのように責任を取るのかという問題が注目を集めた。

        そのひとつが、いわゆる森友学園問題である。これは、学校法人森友学園が小学校新設に際し、不当に安い価格で国有地を手に入れたことに端を発する。政界を巻き込む大スキャンダルとなり、最終的に問題に関わっていた財務省側の局長クラスの幹部らが懲戒処分を受けた。

        もうひとつ、私たちの記憶に新しいのが、日本大学アメフト部悪質タックル問題である。今年5月6日に開かれたアメフトの試合で、日大選手が故意に相手選手にタックルし負傷させた。その後、日大選手にタックルするよう命じた監督とコーチからが責任を取って辞任した。

        しかし、どちらの問題も責任者の処罰だけで終わらせてよいのかという声が今でも根強い。 
        続きを読む >>
        【2018.08.18 Saturday 20:35】 author : 土岐正造
        | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        強襲揚陸艦&F-35B
        0
           日本がF-35Aの導入を決定したら韓国も欲しがり、日本がいずも級護衛艦を改造してF-35Bの運用が可能と報告したら、同じくF-35Bを欲しがる。もっとも、韓国の軍隊は汚職まみれで、そうやって日本を出汁に得た予算に、いろんな人間がタカって甘い汁を吸おうとします。これは日本の自衛隊にもあるのですが、韓国の場合は軍事独裁政権が長かったため、不正と汚職と中抜きの温床になっている側面も。独島級強襲揚陸艦は欠陥だらけで搭載するヘリコプターもまだ調達できていないのに、F-35B……ですか。

          【韓国海軍新型揚陸艦、米ステルス「F35B」配備を検討】朝鮮日報日本語版


           韓国軍当局が、排水量3−4万トン級の大型揚陸艦(LPH)の建造を進め、この艦に搭載可能な米国の垂直離着陸ステルス戦闘機F35B(写真)の配備も検討していることが17日までに分かった。4万トン級の揚陸艦となると「中型空母」級だ。韓国海軍は今月10日、防衛事業庁の国防電子調達システムを通して「大型揚陸艦の未来航空機搭載運用のための改造・改装研究」というタイトルの研究委託の入札公告を出した。韓国海軍は「周辺国の動向および技術発展の趨勢を考慮して、今後、大型揚陸艦へのF35B搭載および運用の可能性について判断が必要」と説明した。

           韓国海軍が現在保有している1万9000トン級の大型揚陸艦「独島」と「馬羅島」では、F35Bの離着艦はできない。エンジンで発生する熱のせいで飛行甲板が溶けてしまい、機体の重量にも耐えられないからだ。F35Bを運用しようと思ったら飛行甲板や航空機用エレベーターなどを補強しなければならないが、このための改造費用は建造費用なみにかかるという。

           このため今回の研究委託は事実上、F35Bの離着艦が可能な新しいLPHの導入に向けた世論作りのための、事前の地ならしだという声が上がっている。既に、韓国軍当局は今年末の中長期武器導入計画へ新LPH導入を織り込むだろうといわれている。北朝鮮だけでなく北東アジアの潜在的脅威に備えるため、韓国海軍の作戦半径を広げ、揚陸作戦など立体的な作戦を遂行する能力が必要−という判断からのことだ。 
          続きを読む >>
          【2018.08.18 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
          | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          iPadの便利機能&アプリ
          0
             あんがい、こういう基本的なことを書いてある記事って、少ないですね。アクセスを稼ごうとすると、プロシューマー以上を狙った記事の方が、受けが良いですし。でも、iPadって近所の家電量販店の展示コーナーで、幼稚園生らしき孫と祖父母が一緒に楽しめるほどに、使用のハードルが低い存在ですから。老若男女に優しいマシンで、以前ある超ベテラン作家さんのご自宅に伺ったら、80歳近い奥様がiPadで写真を撮って孫にメールを送ってと、サクサクこなされていましたし。

            【iPadの便利機能とアプリで仕事も子供の宿題もはかどる】日経トレンディ


             今春に発売された9.7インチのiPadはアップルの最新世代のプロセッサ「A10 Fusion」を搭載して、AR(拡張現実)の世界が楽しめるアプリが快適に動かせる。加えて、これまで上位モデルのiPad Proシリーズだけが対応していたアップル独自のスタイラスペン「Apple Pencil」が使えるようになっている。これによって手書きメモにも対応し、仕事などでも使いやすくなった。それでいて、価格は手ごろで、Wi-Fiモデル(32GB)が3万7800円。iPad Proで最安値となる10.5インチWi-Fiモデル(64GB)の6万9800円と比べると断然安い。

             これを機にiPadを買ったという人も多いのではないか。そこで、仕事にも役立つiPadの便利ワザを紹介。また、夏休みシーズンということで、自由研究に悪戦苦闘する我が子にいい顔ができるアプリも取り上げる。 
            続きを読む >>
            【2018.08.18 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
            | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
            Google DriveからGoogle One
            0
               前々から言われていたのですが、正直よくわからないです。自分自身はGoogleDriveは便利に使っていますし、特にGmailを使っている人相手なら、宅ファイル便やギガファイル便で送っていた大きめのデータも、アッサリ送れますし。GoogleにはGoogleの事情や考えがあって、分けたのでしょう。そろそろ、無料プランから有料プランへと、Googleも何でも無料のサービスから変えていくのかも知れません。なんか、Microsoftっぽいネーミングも、イマイチと言えばイマイチですが。

              【グーグル、新ストレージサービス「Google One」を米国で一般提供開始】CNET


               Googleのクラウドストレージ「Google One」が米国で一般提供を開始した。これまでのGoogleドライブのストレージプランに代わり、ユーザーは今後、GoogleのオンラインストレージとしてGoogle Oneを利用することになる。

               Googleが新たなストレージサービスGoogle Oneを発表したのは5月のことだったが、これまではGoogleドライブの有料ストレージプランを利用するユーザー限定のサービスだった。しかし、同社は米国時間8月15日、Googleドライブのアカウントを持っていない人もGoogle Oneのプランに登録可能になったと明らかにした。 
              【2018.08.17 Friday 23:40】 author : 土岐正造
              | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
              ARM「次世代プロセッサーでIntelを追い抜く」
              0
                 ARMも絶好調で怪気炎を上げていますね。ただ、多くのユーザーはもう、パソコンの処理能力にはそこまで期待していなくて、低消費電力でのバッテリーの持続時間アップや、低発熱ですから。その点で、2006年6月にPowerPCからIntelのx86系に乗り換えたAppleですが、2008年にはP.A. Semi社を買収し、2010年にはApple A4を初代iPadに搭載と、Intel移行の時点でもうARM系プロセッサを独自デザインするという構想を、既に持っていた可能性さえ伺えます。これを先見の明と言わずして何と呼ぶ。

                【ARMいわく「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」。2020年にはノートPCクラスの処理速度を獲得へ】Engadget Japanese


                ここしばらく、ARMベースのプロセッサーは性能向上が顕著になりつつあります。そして早ければ来年、もしくは2020年あたりにはインテルのモバイル向けプロセッサーをその性能で追い越す瞬間が訪れるかもしれません。

                ARMは、最近公開したCortex-A76プロセッサーがすでにインテルのCore i5-7300U(2.6GHz)と十分に張り合う性能を有すると考えていますが、さらに2019年に登場予定のコード名"Deimos"と"Hercules"では間違いなくインテルを凌駕する性能を備えることになると予想しています。

                ARMの予測では、モバイル向けのチップがより効率を向上させ、最終的にノートPCクラスの処理性能を身につけることになるとしています。 
                と、
                続きを読む >>
                【2018.08.17 Friday 22:00】 author : 土岐正造
                | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
                朝日新聞出版の狂気
                0
                   この夏の猛暑を乗り切り、熱中症で亡くなる人を人を少しでも減らそうと、政府は広報に努め、大手マスコミも民間でも、さらにSNSで多くの人が注意を呼びかけたわけですが。それでも、外国なら児童虐待で訴えられる甲子園大会を、強行するダブルスタンダードの朝日新聞です。親会社が親会社なら、子会社も子会社です。脱原発の妄想に取り憑かれた元論説委員の、一国平和主義ならぬ一人よがり節電生活を、こうやって掲載する。しかもAERAは最近も、杉田水脈衆院議員の容姿について、誹謗中傷して謝罪したばかりなのに。

                  【稲垣えみ子「エアコンも扇風機も手放した今年の猛暑の、私流の楽しみ方」】AERA


                   元朝日新聞記者でアフロヘア−がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

                   実は私、エアコンだけじゃなくて扇風機も持っていないんだが、っていうと驚かれることが多いんですが、いやなんかね、あの風ってありがたいようなありがたくないような。確実に来るとわかってる風って、来ても微妙に嬉しくないし来ないとイラつく(勝手ですみません)。

                   そういう不満を抱えているのは私だけじゃないようで、最近の扇風機はえらく進化して、センサーを搭載したり首振り角度がすごいことになったり、バリエーションに富んだ風を届けようと各社しのぎを削っていると聞きます。自然の風を生み出すってそれほど大変だということでもある。

                   その「大変な風」を毎日愛でている私であります。 
                  続きを読む >>
                  【2018.08.17 Friday 20:00】 author : 土岐正造
                  | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  文在寅大統領、北朝鮮支援に必死
                  0
                     北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の石炭を、ロシア経由の偽装輸入で国内に持ち込んでいたのがバレた韓国ですが。北朝鮮のことしか考えていないと、武藤正敏前駐韓日本大使から評された文在寅大統領ですから、親族がいる北朝鮮のことが韓国より大事なのでしょう。他国を巻き込んで、経済制裁に綻びを作りたいのが見え見え。アメリカがユーラシア横断鉄道に何の関係があるのか。アラスカからベーリング海峡を海底トンネルで繋いでも、接続するのはシベリア鉄道でしょうに。

                    【光復節:文大統領、ユーラシア横断鉄道構想への協力を呼び掛け】朝鮮日報日本語版


                     文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、ソウル・竜山で行われた光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の演説で、米国と北東アジア6か国でつくる「東アジア鉄道共同体」の構築を提案した。竜山はかつて南北を結んでいた京義線と京元線の起点となっていた場所だ。

                     文大統領の言及した北東アジア6か国には、韓国・北朝鮮・日本・中国・ロシア・モンゴルが含まれる。文大統領は「共同体は韓国経済の地平を北方の大陸まで広め、北東アジアの共生・繁栄の大動脈となり、東アジアのエネルギー共同体と経済共同体へとつながるとともに、北東アジアの多国間平和安全保障体制に向かう出発点になるだろう」と述べた。東アジアの鉄道共同体を、東アジアの経済全般および安保協力を話し合う機構に発展させるのが狙いだ。

                     文大統領のこの構想は、南北が板門店宣言に基づいて進めている南北鉄道連結事業と密接に関わっている。南北は現在、分断された京義線と東海線を再び連結するための協力事業を急ピッチで進めている。先月は京義線・東海線の北朝鮮側の連結区間の共同点検を実施し、今月末には北朝鮮側区間の共同調査を実施する予定だ。文大統領はこの日「板門店宣言で合意した鉄道・道路の連結は、年内に着工式を行うのが目標」と述べた。 
                    続きを読む >>
                    【2018.08.17 Friday 18:04】 author : 土岐正造
                    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    初代iMacはひどいコンピューターだった?
                    0
                       スティーブ・ジョブズがボンダイブルーの初代iMacの構想を語ったとき、技術者達は反対する理由を30個以上も並べたと、後にジョブズは語っています。それを強引にねじ伏せて作らせたのが、倒産寸前のAppleを救った最初の製品になったわけです。逆に言えば、技術者から見たらもともっとダメな部分があるマシンであったのは、疑いないわけで。そして、酷い部分は腐るほどあっても、それとは別の魅力があった、と言うことでしょう。そこを見抜いたジョブズのカリスマ性を高めた製品でした。

                      【ノスタルジーにひたるな! 発売20周年を迎える「初代iMac」はひどいコンピューターだった】ギズモード・ジャパン


                      特にグラフィッカーには、遅くてイライラさせられる1台でした。

                      今から20年前の1998年8月15日、Apple(アップル)からカラフルでスケルトンな初代iMacこと「iMac G3」が発売されました。これは1997年にスティーブ・ジョブズがAppleに戻ったあと、ジョニー・アイブがデザインした最初のコンピューターでした。

                      センセーショナルで革命的なデビュー

                      でもAppleの可愛いコンピューターに目を細める前に、ちょっと思い出してください。最終的にiMac G3が素晴らしかったのは、プラスチックに焼き付けられた半透明の際立ったボンダイブルーのデザインでした。 
                      続きを読む >>
                      【2018.08.17 Friday 12:00】 author : 土岐正造
                      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム