★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
ポンペオ国務長官が韓国の単独行動を牽制
0
     北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と己の支持基盤しか見ていない文在寅政権ですが、ついにアメリカから先走った勝手な行動はするなと、釘を差されたようです。中央日報も、見出しでアメリカの本音を表現。でも、たぶん聞きはしないでしょう。なにしろ元朝鮮半島出身労働者裁判での判決に、見解を発表できないくせに、このタイミングで慰安婦財団の解散を発表してくるような政治的センスがな大統領ですから。年内の朝鮮戦争集結宣言や南北鉄道開通など、アメリカの意向を無視して突っ走るでしょう。
    【「韓国、もう単独行動はするな」 米国務長官、面と向かって不満表出】中央日報日本語版 米国のマイク・ポンペオ国務長官が20日に発足した韓米ワーキンググループが「相手と相談のない単独行動をしないようにする」と明らかにした。あわせて「米国は韓国に対し、北朝鮮の非核化が南北関係増進から遅れないことを保証するよう強く願っているとはっきりと伝えた」とも述べた。南北関係が一方的にペースを上げて非核化より前に進まないように制止したのだ。 ポンペオ長官が非核化と南北関係の速度に関する異見に対し、公開的かつ直接的に不満を表出したのは初めてだ。ポンペオ長官は20日午後(現地時間)、韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長ら韓国代表団がスティーブン・ビーガン北朝鮮特別代表とワーキンググループ第1回会議のために国務省庁舎に到着した直後の記者会見でこのように明らかにした。南北関係と非核化努力の調整に向けて、韓国政府にどのようなメッセージを伝えたいかとの質問に「私はこれがどのように進行されるべきか、韓米の間の完全な合意があると考える」とし「ようやくその(調整)プロセスを公式化するワーキンググループを組織することになった」と述べた。 続いて「(ワーキンググループの発足で)我々は互いに異なることを言わないことや、相手が知らない、あるいは意見・考えを提供する機会を持てない状態では米国や韓国は単独行動しないことを確信できるようになった」と述べた。ワーキンググループ発足前まで、非核化と南北関係の調整過程で韓米が互いに違うことを発表し、相手が知らない状態で意見調整のないまま一方的な行動があったことを認める言葉だ。あわせて「これが米国代表団をビーガン氏が率いるワーキンググループの目的」と繰り返し強調した。ワーキンググループの存在理由が、韓国が米国に対して事前説明もなく意見も聞かない状態で、南北関係の合意や進展など単独行動を取ることを予防するためのものだということだ。  
    続きを読む >>
    【2018.11.22 Thursday 18:01】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    新型MacBook AirのY
    0
       新しいMacBook Air、賛否は分かれますが概ね好評。情報の客観性と正確性で個人的に信頼している本田雅一氏の、レビューが登場。さすがに本田氏らしい、他のレビューにない視点で、興味深く読めました。Core i5という点に引っかかりがあったのですが、そもそも最新のCore i5は数年前のCore i7よりも確実にレベルアップしているので。我が家のMacBook Pro Mid2012のCore i7よりは確実に上。加えて、今回のMacBook Airは非常に明確な意図を持ってこの構成になったであろうことが、指摘されています。
      【YなMacBook Airが遅くない件 モバイルノートを変える一手になるかも(本田雅一)】Engadget Japanese (前略) MacBook Airのレビューを担当したとはいえ、ベースモデルの128GB SSD版しか試用していないので、たぶん256GBや512GB版はSSDが爆速かも? (MacBook Proと同じならですが)とか、MacBook Airでもメモリ増やしておけば当面困らないんじゃない? そもそもTouchBar、おまえ使ってないだろ? とか、色々な考えが頭の中を駆け巡りましたし、iPad Pro+Mac miniの組み合わせてみるのも面白そうだなとかも考えました。 しかし、結局は120gぐらいの差なら、MacBook Proを修理しながらでも長いこと使おうってことで、Apple Care込みで購入することにしたわけです。 ......と、ワタクシごとではそういう結論になったわけですが、個人的にはMacBook Airという製品をどう仕上げるのか、その"組み立て方"のようなものを見て、面白いなぁと言いますか、もしかしてこれってノートPCのトレンドを変えるかも? と思うところもあったので、今回はそんな話をツラツラと。 先に結論を書いておきますが、今回のMacBook Air。初代モデルが"薄型ノートパソコン"というトレンドを生み出したのと同じように、新しいトレンドを生み出す出発点になりそうな予感です。 
      続きを読む >>
      【2018.11.22 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
      | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
      来年はどうなる……
      0
         浅村は東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍、炭谷銀仁朗は読売移籍が濃厚か……なんか、和田と川崎がメジャーへ、杉内とホールトンが読売に移籍したオフを思い出すなぁ。  生え抜きに拘る時代ではないけれど、移籍が盛んなアメリカでも、カル・リプケンのようなフランチャイズ・プレーヤーは尊敬されるわけで。球団も、そういう選手が増えるように努力せんとね。
        【2018.11.22 Thursday 00:00】 author : 土岐正造
        | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
        Appleは厚さを犠牲にしてでもバッテリー増量を
        0
           ……と、ガイ・カワサキが怒っています。iPhoneXS Maxではバッテリーがずいぶん持つようになりましたが、そこは相対的な比較。一回充電すれば一週間ぐらい使えるスマートフォンとか、理想。他社は、どうなんですかね? iPhoneの大型化に対抗するような、3.3型スマートフォンのPalm Phoneとか、カードサイズでコンパクトなスマートフォンとか出ましたが。厚さ2倍で重さも2倍だけどバッテリーは2倍持つスマートフォンとか、試しに発売とかせんのですかね?
          【元Appleのガイ・カワサキ氏「デバイスが分厚くてもバッテリー寿命が長ければ買う」】iPhone Mania Appleで80年代にMacコンピュータのエバンジェリスト(技術的話題を社内外に解りやすく説明・布教する使命を持つ職業)を務めたガイ・カワサキ氏が、iPhoneのバッテリー駆動時間についての不満を語り、iPadは若い人は使わないと述べました。 iPhoneはバッテリー駆動時間が2倍必要 ガイ・カワサキ氏は、現在ではビジネスアドバイザーや著述家として知られていますが、80年代にAppleで働いていた過去があります。 カワサキ氏は、iPhoneがデバイスのスリム化を重視するあまり、バッテリー容量が少なく、駆動時間が短くなっていると指摘し、「もしAppleがバッテリー駆動時間が2倍で分厚いiPhoneを出したとしたら、すぐに買う」と、述べました。「1日に2度も充電しないといけないのは耐えられない」 
          続きを読む >>
          【2018.11.21 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
          | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
          Adobe製iPadペイントアプリ『Project Gemini』の可能性
          0
             Adobeがついに、ビットマップデータとベジェ曲線のベクター形式データが混在できるイラストアプリを来年、2019年にリリースするようです。要するに、Adobe版のCLIP STUDIO PAINTということですかね。モノクロでの表現力がまだ解らないので、漫画用途で何処まで使えるか解りませんが、老舗のAdobeですから。CLIP STUDIO PAINTは欧米でも販売されていますから、当然ライバルとして実力は解っているでしょう。というか、Photoshopとillustratorを持つAdobeが作ると、inDesign的な製品になりそうです。
            【AdobeのiPadペイントアプリ「Project Gemini」実演、水彩画に消しゴムが効く衝撃】Engadget Japanese Adobeはクリエイター向けイベント「Adobe Max Japan」にて、「Project Gemini」のデモンストレーションを披露しました。 Project GeminiはAdobeが開発を進める次世代のペイントツール。iPad Pro版とWindows 10版が2019年にリリース予定です。 iPad Pro単体でイラストレーションを作成できるツールとなっており、Photoshop CCが扱うビットマップデータと、Illustrator CCが扱うベクターデータの両方を扱えるのが特徴です。 特筆すべきは水彩画や油絵に近い表現ができるブラシ機能。水彩画の「にじみ」や油絵の「重ね塗り」といった技法をデジタルイラストでも活用できます。 
            続きを読む >>
            【2018.11.21 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
            | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
            迷走する韓国政府の無策
            0
               韓国は完全に迷走モード。国内の支持者や、国内だけで通用する正義を振り回しても、日本が折れてくれるはずも無し。それでも日本の教育を受けた世代がトップであった昔だったら、日本側が韓国を子供扱いして、わがままを許してくれたかもしれませんが。中曽根康弘大勲位と朴正熙大統領は、軍では一期しか違いませんから。でも、韓国が戦後世代しか政権の座にいなくなったように、日本も戦後世代。親や祖父の代が悪いことを下から韓国のやることを全肯定しろと言われても、拒否する世代が主です。
              【「徴用工」問題、解決策を見つけられない文政権】Wedge 韓国大法院(最高裁)は10月30日、日本統治時代に動員された韓国人の元「徴用工」4人が新日鉄住金に対し損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審において、新日鉄住金側の上告を棄却、1人あたり1億ウォン(約1000万円)の賠償を命じた2013年の高裁判決が確定した。  本件裁判における核心的論点は、「日韓請求権並びに経済協力協定」(1965年の日韓基本条約の付随協定)によって個人の損害賠償請求権が消滅したか否かである。請求権協定の第2条は、「両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、(中略)、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」と規定している。しかし、韓国大法院の判決は、以下のような論理で、原告への損害賠償を認めるべきであるとした。 ・原告の損害賠償請求権は、日本の不法な植民地支配を前提とする「強制動員の慰謝料請求権」である。 ・請求権協定は、日本の不法な植民地支配に対する賠償を請求するための交渉ではなかった。 ・日本政府が植民地支配の不法性を認めず、強制動員に対する法的賠償を根本的に否定した中で行われた請求権協定の交渉過程を考えれば、「強制動員の慰謝料請求権」が請求権協定の適用対象に含まれるとはみなし難い。 
              続きを読む >>
              【2018.11.21 Wednesday 20:00】 author : 土岐正造
              | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              極東の潜水艦事情
              0
                  第二次世界大戦で日本は、アメリカの潜水艦に大いに悩まされ、大和型戦艦の三番艦で空母に改造された信濃は、移動中に潜水艦に撃沈されています。島国の日本は、世界でも有数の海岸線の長さと排他的経済水域を有します。専守防衛の国是を守るのなら、潜水艦の質と量の両面での充実は大事。その点で、対北朝鮮用の陸軍が主体で、海岸線も短く排他的経済水域も狭い韓国は、建国以来ずっと海軍軽視できていますし、潜水艦の能力に差が大きいのは、仕方がないでしょう。空軍と海軍はアメリカ頼りですし。
                【日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかった=中国メディア】サーチナ  中国メディア・東方頭条は18日、「日本と韓国の潜水艦のパワーを比較したら、日本が全面的にリードしていた」とする記事を掲載した。  記事は、「日本と韓国は同じ米国の盟友だが、両国間の関係は微妙だ。島の領有権をめぐる問題もあり、軍事力の発展という点で両国は一定の競争をしている。近ごろ、韓国は『国産』の通常動力型潜水艦を進水させたが、将来の装備や技術レベルいずれにおいても、日本の潜水艦と比較すれば基本的に勝ち目はない」とした。  そして、戦前にアジアで右に出る者はいないほどの海軍の強さを誇った日本は、第2次世界大戦の敗戦によって一定期間「休み」を強いられたが、国際情勢の変化を利用して先進的な潜水艦の研究開発を積み重ね、今や世界で有数の大規模な潜水艦開発経験を持つ国になったと説明している。  一方で韓国については「日本に比べて、潜水艦の研究開発において明らかに基盤がない」と指摘。商船の建造では確かに数の面でも質の面でも大きな成果を収めてきたが、潜水艦の建造は商船よりも複雑であるうえ、ドイツなどの国から潜水艦に関する重要な先進技術を得ることは難しいとし、「このような状況では、日本の潜水艦に比べて技術レベルでの強みがないのは自然なことだ」と評した。 
                続きを読む >>
                【2018.11.21 Wednesday 18:00】 author : 土岐正造
                | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                AppleがT2チップで先手を打った脅威
                0
                   Appleの新型MacBook Airにも搭載されたT2チップですが、割と多くの機種に搭載されてるんですよね。最初はiMacに搭載されたT1からですが。自社設計のApple Aチップの研究の結果、生まれたのがMシリーズやTシリーズなのですが、デュアルCPUとはまた違う、独立した機能や目的を任せることで、Apple製品にしかできないアドバンテージを増やすと。MacBook Airでは盗聴防止機能が喧伝されていますが、もうひとつの目的はマルウェア対策だったようです。
                  【アップルはセキュリティチップ「T2」の採用拡大で、まだ見ぬ脅威に先手を打った】WIRED アップルの新製品である「MacBook Air」などに搭載されたセキュリティーチップ「T2」は、本体を閉じるとマイクを物理的に無効にして盗聴を防ぐ機能を備えている。一部の専門家は過剰防衛ではないかと首をかしげるが、アップルが“厳重すぎる”対策を施した意図は。 Macを狙ったマルウェアの脅威は、アップルが想定しているよりも身近なものである。しかし、アップルは今回、新たなセキュリティ対策を明らかにした。自社開発したセキュリティチップ「T2」を新しいMacBookシリーズにも搭載するというものだ。これはより巧妙な攻撃が行われる可能性を示唆しており、それらを防ごうとしたものといえる。 アップルは「iPad Pro」と「MacBook Air」を中心としたハードウェアの発表会を10月30日に開催したあと、T2チップに関するホワイトペーパー「Apple T2 Security Chip Security Overview」を公開し、詳細を説明した。 T2チップは2017年に発売された「iMac Pro」に初めて導入された。いまではノートパソコンを閉じているとき、常にハードウェアレヴェルでマイクを無効にする機能を担う。つまり、PCの蓋を閉じたあとは、いかなるソフトウェアを使ってもマイクを有効にできない。デヴァイスがどんなマルウェアに感染していても、マルウェアがどれだけデヴァイスにアクセスし、コントロールしていたとしても、不可能なのだ。 
                  続きを読む >>
                  【2018.11.21 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iPhoneやiPadのデータ保存
                  0
                     新型iPad ProでついにUSB‐Cが採用され、Lightningコネクタがいつまで存続するかは解りませんが。それでもまだ数年はLightningコネクタはiPhoneでは主流。自分も、USBメモリとハイブリッド型の記憶装置を持っていますが、たしかに便利。でも、Amazonプライムビデオなどの動画をダウンロードというのは、盲点でした。こういう外部のデータ装置との連帯は、今後は必然になるでしょう。Appleが、それを積極的に許容するか、それも解りませんが。
                    【iPhoneやiPadのデータ保存、どうやらこれで解決しそうです】ギズモード・ジャパン 64GBのiPhone Xを使っているのですが、最近「容量足りないな」と思うことが増えています。だって購入する前は、Amazon PrimeやNetflixのドラマや映画を、ここまでダウンロードするなんて思ってもいなかったからです。 また、機種変更の際にも、データをどうするか迷います。大切な写真も消したくないし…。 パソコンとは異なり容量の拡張や簡単にデータ移行なんてできるわけがないので諦めていたのですが、どうやらiPhoneとiPad向けのUSBメモリーがあるそう。 
                    続きを読む >>
                    【2018.11.20 Tuesday 23:07】 author : 土岐正造
                    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                    AppleとAmazonの蜜月の影で
                    0
                       以前にもエントリーにしましたが、AmazonがiPhoneの取り扱いを正式に始めたことは、自分が思っていた以上に、大きな意味があったようです。中古品を扱う中小業者がAmazonから大量に排除されるのは、Appleにとってインドなどでの中古品の販売などともリンクした、事実上の廉価版iPhoneとしての中古品販売と、密接な関係があったのですね。これはある意味、Macの修理でサードパーティを締め出したのに、似ています。これも一種のAppleによる垂直統合か……。
                      【AmazonのApple製品の直販契約は小規模業者にとってはダメージに?】iPhone Mania 先日AmazonがAppleと締結したApple製品を直販する契約ですが、Appleの正規販売店でない中古のApple製品を販売している業者は2019年1月4日以降はAmazonでの販売ができなくなるという内容も含まれており、小規模業者の中には大きなダメージを受けている人もいるようです。 突然発表されたApple製品の直販契約 中古のApple製品や再生品のAmazonでの販売をサイド・ビジネスとして行ってきたページ・ヴェイル氏(35歳)は、毎年300,000ドル(約3,377万円)を売り上げており、40,000ドル(約450万円)の税引後利益を得ていました。 「家族にとって非常に大きなものだった」と、米コロラド州でコンサルティングエンジニアを務めるヴェイル氏は語ります。同氏はサイド・ビジネスで得た収入を医療費や学生ローンの返済に充てていました。 
                      続きを読む >>
                      【2018.11.20 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム