★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
手のひらサイズスマホ発売
0
     こういうスマートフォン、売れて欲しいですね。自分は大型スマートフォンがほしい人間ですが、もしSoftbankMobileがテザリングを復活させるなら、スマートフォン本体は小型軽量の手のひらサイズで充分で、むしろiPad miniかHUAWEIのMediaPad M5を持ち歩くでしょう。現在のiPhoneの画面の大きさは、残念ながらガッツリとした作業をやるには微妙に小さくて、不向きですから。
    【手のひらサイズの小型軽量スマホ「Palm Phone」4月24日に発売】iPhone Mania  +Style(プラススタイル)は、Palm製の小型Androidスマートフォン「Palm Phone」を、4月24日に発売すると発表しました。手のひらに収まるサイズと62.5gという軽さが特徴です。 コンパクトで軽量な「Palm Phone」 「Palm Phone」は、手のひらに収まるクレジットカードサイズ(50.6mm x 96.6mm x 7.4mm)のコンパクトボディと、62.5gという軽量ボディが特徴です。 
    続きを読む >>
    【2019.04.21 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    韓国国会議長が特使派遣を検討
    0
       息をするようにウソをついた文喜相国会議長が、日本に特使を派遣予定って……。日本の国会議員は絶対に窓口になってはダメですし、そこで窓口になるような議員は次の選挙で落選させるぐらいの、国民の意思表示が必要でしょう。日韓友好、大いに結構ですが、そのためにはウソをついたことに対する謝罪と撤回を、キッチリ出させることでしょう。いちおう保守派であった朴槿恵政権では、対話の窓口は開かれていると、外交プロコトルに沿った発言をしていた政府も、文在寅政権には普通の国の対応をすべき。
      【あの“妄言”韓国議長が日本に降伏!? 今さら「特使派遣」を検討、G20前に日韓関係「破綻危機」に焦りか】ZAKZAK   「天皇陛下への謝罪要求」という常軌を逸した発言をした韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、日本に特使を派遣する意向を示している。安倍晋三首相が、大阪で6月に開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議の際、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談を見送る検討をするなど、「日韓関係は破綻危機」にあり、韓国側も焦っているようだ。ただ、暴言を吐いた張本人は来日せず、真摯(しんし)な謝罪かどうかもハッキリしない。韓国政府は、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射など、数々の問題を放置している。日本は粛々と、韓国に謝罪と適切な対応を要求すべきだ。 (中略)  韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「G20で日韓首脳会談が開かれないことをめぐって、自分の発言も理由の一端であることが分かって焦ったのではないか。ただ、日韓関係のためではなく、文大統領との関係を考えてのことだろう。そもそも、特使候補として適当な人材も見当たらない。『日韓関係修復のため、努力したんだ』ということを見せたい、小狡さから出てきたのだろう」と解説する。  麗澤大学の西岡力客員教授も「文議長が弁明をしようとしているとしか思えず、日本の国会議員は仲介するようなことをしてはならない。文議長が発言を取り消して謝罪をするまで、日本は『立法府として交流はできない』という姿勢を貫くべきだ」と話した。 
      続きを読む >>
      【2019.04.21 Sunday 20:49】 author : 土岐正造
      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
      iPad Pro 2018用USB-Cハブ
      0
         iPad Proが昨年、USB-Cを採用して時代はいよいよUSB-Cに。今年のiPhoneでUSB-Cを採用すれば、Android陣営も一気にmicroUSBから乗り換えるでしょう。そうなれば、こういうUSB-C用のハブは、今後は需要がますます増えていくでしょう。でも、そもそもUSB-Cがもっと普及すれば、こういうハブ自体が不要になってしまう部分もあるんですけれどね。こういうハブはハブで、iPad ProでもMacでも使えるとなると、汎用性がもっと高まるとは思います。そして、USB-Cによる天下統一まで一気に驀進と。
        【iPad Pro 2018に完全フィット。USB-Cハブ「HyperDrive」がキャンペーン開始】ギズモード・ジャパン  ライフハッカー[日本版]より転載: iPad Pro 2018モデルのサイズにピッタリ合わせた独自のジョイントを開発、USB-Cポートひとつでは不安定だった固定感をアップしています。(ジョイント分のカラーはイメージです。最終量産品ではジョイント部はブラックになります)iPad Proを買ったけど、USB-Cポートが1つしかなくてどうも不便だ…。今回はあなたに紹介したいプロダクトがあります。 海外のクラウドファンディングサービスkickstarter、Indiegogoにて約2億5千万円を集め、数々のグローバルメディアにも紹介された、iPad Pro 2018モデル専用 6in1 USB-C ハブ「HyperDrive(ハイパードライブ)」です。 
        続きを読む >>
        【2019.04.21 Sunday 18:32】 author : 土岐正造
        | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
        FacebookがSiriやAlexa対抗音声アシスタントを開発中
        0
           自分はFacebookが嫌いですから、そういうのは良いから、もっと直感的で分かり易いインターフェイスの研究に、カネを掛けてくださいとしか……。そもそも、GAMFAなんてGoogleやMicrosoft、Amazonなどと一括りにされますが、Facebookは過大評価だと思っています。勝ち組が寄り勝つためのツールで、独自の商用OSを開発するわけでなし、ハードウェアを開発するわけでなし。SNSとしてはTwitterの方が使いやすいですし、機能的にはpixivやnoteの方が、よりクリエイティブな部分をフォローしていて、可能性を感じます。
          【FB、AppleのSiriなどに対抗する音声アシスタントを開発中】iPhoneMania  Facebookが、AppleのSiriやAmazonのAlexa、Google Assistantと同様の音声アシスタントを開発中であることが、関係者の証言により明らかになりました。 FBも音声アシスタント機能を導入していた 音声アシスタントといえば、AppleのSiriやAmazonのAlexa、GoogleのGoogle Assistant、MicrosoftのCortana、SamsungのBixbyなどがありますが、実はFacebookもかなり以前から、同技術の開発に関心を持っていました。 
          続きを読む >>
          【2019.04.20 Saturday 23:30】 author : 土岐正造
          | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
          Appleは自律運転車プロジェクトTitanを諦めず?
          0
             なんか、具体的な情報が出てきましたね。Appleがテスラモーターズのような電気自動車進出を目論んでいるという噂から、自動運転用の人工知能研究にシフトした、研究者を大量に解雇したと、噂だけはアレコレ飛び交っているんですが。可能性のある選択肢がしぼられただけで、完全撤退というわけでもないようです。ただ、AI研究ではGoogleの方が一歩先行していますし、他社もかなり力を入れています。できれば、Appleがデザインした電気自動車を見てみたいんですけどね。
            【Appleは自律運転車プロジェクト「Titan」を諦めてなかった? 革命的なLiDARセンサーを求めて活動中】ギズモード・ジャパン  都合よく高性能で安いものを探しています。 かつてApple(アップル)が立ち上げた「Project Titan」。これは自動車にセンサーやソフトウェアを搭載させて、自動運転車を作るプロジェクトでしたが、しばらくは目立った話を聞きませんでした。それが最近になって、また動き出したとMacRumorsが伝えています。 Appleの報告書には、彼らは今持っているシステムよりもさらに小さく安価で、大量生産が楽チンなLiDARを探していると書かれているそうです。 
            【2019.04.20 Saturday 22:34】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            北朝鮮がポンペオ氏の排除要求
            0
               ポンペオ氏は、対北朝鮮強硬派として知られており、完全かつ不可逆的な非核化を要求していますから、目障りなんでしょう。だからって、分かり易すぎる要求ですね。そもそもポンペオ氏が退けば、交渉が上手くいくはずもないですし。というか、中華の交渉術は、無能な外交官が来たら歓待し、有能な外交官が来たら冷遇して、本国での評価を下げさせ、長期的に国力を下げるという、マキャベリ以上のマキャベリズムが真骨頂。こんな簡単に弱音を吐いて、どうするんだと思ってしまいます。
              【北朝鮮、米との非核化交渉からポンペオ氏排除を要求】AFPBB  【4月18日 AFP】 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は18日、マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官が米朝非核化交渉の妨げになっていると非難し、交渉から外すよう要求した。  KCNAは、北朝鮮外務省の対米担当幹部が「ポンぺオ氏が再び協議に関われば交渉はまたしてもうまくいかず、議論はもつれるだろう」と懸念を口にしたと報じた。  また、同幹部は「米国との対話が再開される可能性があったとしても、交渉相手はポンぺオ氏ではなく、意思伝達をより注意深く慎重にできる人物になることを望んでいる」と述べたという。(c)AFP 
              続きを読む >>
              【2019.04.20 Saturday 21:00】 author : 土岐正造
              | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
              次のファシズムは反ファシズムを名乗って現れる
              0
                 杉田水脈議員の応援演説に対して、集団で罵声を浴びせて、演説を妨害とのこと。しかも、自発的に集まったとは言えないようです。これは公職選挙法違反の可能性が高いですね。動画でデータが残ってるので、選挙終了後に妨害行為や、一種の無届けデモということで、逮捕になるかもしれないでしょう。安倍総理の演説でも似たような徒党を組んだ連中による妨害がありましたが、自分の気に入らない候補者や、その応援演説を潰すって、やってることはもろにナチスの親衛隊や突撃隊ですね。
                【杉田水脈議員の応援演説に集団80人が「帰れ!!」恫喝 「男性に顔面10センチまで近づかれ罵声、怖かった」】ZAKZAK   統一地方選後半戦で、“選挙妨害”騒動が発生した。東京・杉並区議選で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が応援演説に入った際、大声で罵声を浴びせ、恫喝(どうかつ)するような集団に詰め寄られたのだ。杉田氏や候補者の声はかき消された。一連の行為は、ビデオにも撮影されており、捜査当局は重大関心を寄せている。  16日夜、JR高円寺駅前が騒然となった。関係者によると、杉田氏が到着すると、「生産性で人を測るな」といったボードを掲げた70〜80人の集団が「辞めろ!」「帰れ!」などと大声で騒ぎ、一部が杉田氏に向かって突進したという。  警戒していた背広姿の警察官(数十人)が一斉に「警視庁」の腕章を付け、規制線を張った。中にはビンを投げつけようとした者まで現れ、警察官に連行されたという。 
                続きを読む >>
                【2019.04.20 Saturday 19:02】 author : 土岐正造
                | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
                4.7インチiPhoneが2020年に登場?
                0
                   iPhone に関しては、Apple は一貫して大型化を志向しています。初代 iPhone から iPhone 3 GS までは3.5インチしかありませんでしたし、今から思えば実にコンパクトで、便利な存在でした。それでも当時は、ガラケーに慣れた人達には大きすぎると笑われたものです。大は小を兼ねると言いますから、自分などは大型の iPhone は大歓迎ですが、コンパクト志向の日本人には、3.5インチの iPhone とかは今ならかえって人気が出るでしょうね。なにしろ4.7インチでもコンパクトに思えるのですから。
                  【4.7インチのiPhone 8後継機が2020年3月に発売?価格は約7万3000円か】Engadget Japanese  アップルが、iPhone 8のデザインをベースとした新型4.7インチiPhoneを、2020年3月発売に向けて準備中との噂が報じられています。 これを伝えたのは、台湾の新聞メディア経済日報。同誌によると、本モデルのSoCは(2019年秋の新iPhoneに採用が予想されるプロセッサと同じ)A13チップ。ディスプレイは液晶パネルで背面シングルカメラを搭載し、価格は約650ドル(約7万3000円)になるとされています。 2018年秋発売のiPhone最新モデルは、最小の画面サイズがiPhone XSの5.8インチ。それより小さく持ちやすい4インチの過去モデルiPhone SEも人気が根強く、昨年9月の販売終了後もアップル公式サイトで販売再開されるとたちまち売り切れ。後継機iPhone SE2(仮)もたびたび噂に上りましたが、現在にいたるまで実現を見ていません。 
                  【2019.04.20 Saturday 12:56】 author : 土岐正造
                  | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                  地図の日
                  0
                     そうか、昨日は地図の日か。  伊能忠敬は隠居した50歳から幕府天文方の高橋至時に弟子入りし、前々から興味があった暦学天文学について学び、56歳から大日本輿地沿岸図の測量に出発。  まさに人生を二度生きた人物。  自分も、ここで枯れることなく、小さいながらも目標を達成したいもんです。  かの長曽祢虎徹も、50歳ぐらいから甲冑師から刀匠に転向して、名刀の代名詞になったのですし。
                    【2019.04.20 Saturday 00:15】 author : 土岐正造
                    | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    Apple WatchとMacの連帯強化へ
                    0
                      Apple WatchはiPhoneの役割分担というか、機能の一部を委譲する感じでしょうか。もとも、iPhone自体がMacの機能を分担する側面がありますが。Apple Watch自体は、画面が小さいのでiPhoneの代替にはなり得ないのですが、それはiPhoneがMacの代替になり得ないのと、同じなんでしょうが。全部入りがデスクトップ型だとすれば、可搬性を得てディスプレイの大きさや処理能力を犠牲にするのが、MacBookであるように。でも、代替しつつ役割分担ができれば、強固なエコシステムも構築できますし。Appleの狙いは明確でしょう。 
                      【Apple WatchとMacの連携が今後さらに進化するかも!】ギズモード・ジャパン  やるじゃないか、macOS! 現在もApple WatchではMacのロック解除ができますが、次期OSことmacOS 10.15ではロック解除以上のことができるようになるかもしれませんよ! 9to5Macによると、macOS 10.15とApple Watchとの組み合わせでは、認証機能が強化されます。現時点では正確な情報はないようですが、たとえば「Touch ID」でできる認証がすべてApple Watchで代用できる可能性があるそうです。 たとえばTouch IDではロック解除やApple Payの支払いだけでなく、ユーザー名やパスワードのオートフィル、少々マニアックですがターミナルにてSudoコマンド(別権限コマンド)の入力にも利用できます。Apple Watchからのオートフィルが実現すれば、実に便利になるはずです。 
                      続きを読む >>
                      【2019.04.19 Friday 23:00】 author : 土岐正造
                      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム