Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

雑記帳

R02.07.03の備忘録

 本日は金曜日、講座のためにアレコレ準備。
 在宅でオンライン講座、このためにUQ MOBILEを借りて、突然の断線に備えました。
 自宅からで気楽な部分もありますが、そのぶん大変な部分も。雑音とか、怖いですからね。
 講座自体は終了後も延長で質問を受け付け、濃い内容に。12時過ぎまで二時間以上、サービスタイム。第一期はお得だと思いますよ、ええ。間違いなく。
  • 2020.07.04 Saturday
  • 00:00

雑記帳

R02.07.02の備忘録

 本日も、特に何も無し。
 ああ、そう言えば愛知県の大村知事へのリコール、不採択になったようですね。当たり前です(キッパリ)。
 大村知事への疑問は山ほどありますが、でもリコールは筋が違うでしょう。左派が公金にたかる体質や、あいちトリエンナーレについての抗議に関しても、アホがフレンドリー・ファイヤーやりやがってという部分で、自分は右派にも言いたいことはイロイロあります。
 それは慰安婦問題についても同じ。高須医院長のこういう動きには賛同できません。
  • 2020.07.03 Friday
  • 00:00

Mac & iPad

8.5〜10.8インチiPadくる

 前にもエントリーにした記憶がありますが、ミンチー・クオ氏が太鼓判を押したとなると、かなりの可能性アップですね。それぐらい、クオ氏の情報は信憑性が高いのですが。しかし、困りましたね。10.8インチはともかく、8.5インチのiPad miniは、正直いらんです。だって、現状のiPad mini5はホームボタンもあって、Touch IDもあて、傑作機ですから。なぜレベルダウンしないといけないのか? コレを超えようと思ったら、ホームボタンをiPhone7 Plusのような感圧タッチ方式に進化させることだけでしょう。

【Appleアナリスト・クオ氏いわく「10.8インチiPadからの8.5インチiPadくる」】ギズモード・ジャパン
 

みんな大好きミンチー・クオ氏!

Apple(アップル)製品の有名アナリスト、ミンチー・クオ氏の発言は、常にAppleファンの気にするところですが、今回は、iPadが2モデル連チャンでくるという話。 

  • 2020.07.02 Thursday
  • 22:00

政治批評

アメリカが韓国ではなく日本支持を鮮明に

 WTOでの勝利体験が忘れられないのか、韓国はWTO提訴を切り札と考えているようで。韓国の不当な日本水産物の輸入規制は、日本の外務官僚が無能なせいで負けたわけですが。ここにきてアメリカから強力な援軍が。これは、事大主義の韓国としては、けっこう痛いと思うんですが。でも、反米反日従北の文在寅政権としては、むしろアメリカが日本のロビー活動で操られているとか、責任転嫁して騒ぐ契機になりそうではあります。現実的には、韓国としてはここで提訴しても意味がないし、アメリカとしては不快でしょう。

【米、日本支持を鮮明に 日韓紛争「WTOにそぐわず」】時事通信社
 

 【ロンドン時事】日本政府による半導体材料の輸出管理強化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)に提訴した貿易紛争で、米国は29日のWTO会合で日本への支持を鮮明にした。米国は「日本の措置が安全保障を考慮している限り、この問題のWTOによる裁定は不適切だ」と、日本側の主張に沿った意見を表明した。

 韓国は会合で日本の措置を「政治的動機に基づく貿易制限だ」として、一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置を求めた。これに対し日本は「軍事転用されないように適切に管理するのが目的」と述べ、設置に反対した。 

  • 2020.07.02 Thursday
  • 18:00

雑記帳

R02.07.01の備忘録

 本日は映画の日。ということで、『ランボー ラストブラッド』と『ソニック・ザ・ムービー』と『ドクター・ドリトル』と『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の4本を鑑賞。  いやぁ、久しぶりにまとめての鑑賞、腰が痛くなりました。どれも楽しかったですが、ランボーがファーストブラッドで始まってラストブラッドというのがね。国家と戦ってきたランボーも、最後は悪人と。感慨深かったです。
  • 2020.07.02 Thursday
  • 00:00

Mac & iPad

Apple Silicon搭載Mac miniのベンチマークスコア

 きましたね。とはいえ、本体がMac miniですから、それなりの性能だろうなと思っていたのですが。2020年版のMacBook Airぐらいの性能というのは、Mac Pro並みの性能を期待する向きにはガッカリでしょうけれど、開発者向けならばコレぐらいだろうな、と。少なくとも、我が家の古いMacBook ProやMacBook Air、Mac miniより高性能なのは間違いないでしょうし。現状ではまだ、ロゼッタも完璧ではないでしょうし、細かいチューニングもできていないなら、今後に期待の伸び代多し、ということで。

【ARMチップ搭載Apple開発者向け移行キットのベンチマークスコアが登場】iPhone Mania
 

Appleシリコン搭載Mac向けアプリの開発を行えるよう、Appleが開発者向けに配布している開発者移行キット(Developer Transition Kit)のベンチマークスコアが、Geekbench上に登場しました。

早くもGeekbenchに登場

Appleは、Macが搭載するCPUをIntel製から自社開発のAppleシリコンへと切り替えるのに伴い、対応アプリ開発を支援する開発者支援プログラムを立ち上げ、その一環として、AppleのA12Z Bionic SoCをベースとしたMac開発システムの貸し出しを行っています。 

  • 2020.07.01 Wednesday
  • 22:00

マスコミ批評

コロナ専門家会議をの責任を云々する科学音痴の週刊朝日

 上昌広理事長……って時点で、この記事は読む価値はないと、言ってるも同然なんですが。こうやって犯人探しをして冤罪をでっち上げるなら、次にこのような事態になったら、もうまともな研究者は協力してくれないでしょう。そして、西村大臣が新たに集めた有識者のメンバーが、すこぶる評判が悪い。少なくとも、自分がTwitterでフォローしている医療関係者は、知名度は高いが感染症の専門家ではない人ばかりという指摘。経済のために多少の死者は仕方がない……という方向に舵を切ったのでしょう。

【コロナ専門家会議を廃止 「日本モデル」敗北の責任者】AERA.dot
 

 西村康稔経済再生担当相は6月24日、新型コロナウイルスに関する専門家会議を廃止し、より幅広い専門家を加えた新たな分科会を設置すると発表した。

 医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が指摘する。

「日本の感染症対策を仕切るのは、厚生労働省結核感染症課と感染研(国立感染症研究所)、保健所などの行政機関です。専門家会議を実質的に主導したのは感染研でした。廃止は厚労省の責任が問われた形です」

  • 2020.07.01 Wednesday
  • 18:00

雑記帳

R02.06.30の備忘録

 今日で6月も終わり。
 折り返しなのに、何の感慨もない。新型コロナウィルスのせいで。
 明日は映画の日、久しぶりにハシゴするか。
  • 2020.07.01 Wednesday
  • 00:00

Apple

AppleがGoogleの失敗から得た教訓

 失敗の教訓って、苦いけど絶対に必要なんですよね。そういえば元横綱曙関が以前、なぜ外国人力士は短期間で日本語が上手くなるかという問いに、恥をかいたり失敗することで、上達が早まるということを語っていましたっけ。Appleだって、Macでの失敗やニュートンでの失敗を糧に、リベンジに成功しています。Googleグラスが失敗かと言われれば、自分には解りませんが。ただ、実際に使うことで得られる不満点と、改良点が解ることが大事です。AppleがGoogleを反面教師にするのも、興味深いですが。

【アップルのARメガネは「カメラ非搭載で499ドル」という情報から見えた、グーグルの“失敗“から得た教訓の価値】Wired
 

アップルが開発中とされる拡張現実(AR)メガネについて、詳しいリーク情報が報じられて話題になっている。「Apple Glass」という名称になるという製品はカメラを搭載せず、普通の眼鏡のような外観で価格は499ドル程度になるのだという。こうした一連のリーク情報からは、アップルが「Google Glass」の失敗を繰り返さないよう開発を進めている可能性が浮き彫りになっている。 

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 22:00

政治批評

文在寅大統領で地獄が進行

 韓国に限らず、東アジアは中華文明圏で、メンツの文化です。体面とか世間体とかいろんな言い方はありますが、要は恥の文化といっても良いでしょう。これが最も濃厚に残っているのが、ヤクザの世界。舐められることやメンツを失うことを恐れ、そのためには命のやり取りも辞さない。これは、東アジア型専制君主国家、要するに始皇帝が始めた皇帝制度の影響を強く受けています。なので、脱日本を文在寅大統領が標榜すれば、下々はそれに合わせるしかない。毛沢東も金日成もポル・ポトも、ついでに李承晩も陥ったパターン。

【韓国・文在寅が夢を描いた「日本依存脱却」からはや1年…コリアで地獄が進行した】プレジデント・オンライン
 

脱日本化はその後どうなったのか

韓国の半導体産業の「脱日本化」の行方は今、どうなっているのでしょうか。「日本の誇るべき技術」をそう簡単に代替できるのでしょうか。昨年7月1日に、経済産業省が「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示すとともに、特定品目である、フッ化ポリイミド、フォトレジスト、フッ化水素を包括輸出許可から個別許可に切り替えると発表しました。これを受けて、韓国の文在寅大統領が日本への依存度が高い素材・部品部門の国産化を進め「脱日本」を強調し、輸入品の日本依存からの脱却を図り、「国産化」を模索することとしていました。あれから1年を迎えようとしています。「脱日本化」は成功したのでしょうか。 

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 18:00