Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

雑記帳

R01.10.18の備忘録

 本日は特に出かけることもなく、原稿を書いたり資料を整理したり、資料を読み込んだり。でも気がつくと、明日から日本シリーズ開幕ですね。別所引き抜き事件の昔から、ライバルであったホークスとジャイアンツ。王監督にとっても2000年のオーエヌ対決以来の顔合わせ、心に期すものはあるでしょう。明日は歯医者の治療があって、最初から最後まで見られない可能性が高いですが、応援します。
  • 2019.10.19 Saturday
  • 00:00

Apple

ノイズキャンセリング機能付きAirPods Proは10月末登場?

 AirPods、かなり評判がいいです。少なくとも自分の周囲で購入した人間は、かなり高評価です。自分も Apple 純正のイヤホンの形状は非常に気に入っているので、一時期に真剣に購入を検討したのですが。粗忽者の自分はどうしても落っことして無くしそうな気がして、断念しました。Bluetooth ヘッドホンは、やはりスポーツタイプのコードで左右が連結されたタイプが安心ですから。ただ、自分の事情はともかくとして、AirPods は Apple の今後の事業の柱にもなりうる、重要な存在だと思います。

【ノイキャンつきの「AirPods Pro」、約2万8000円とお高めで10月末に登場?】ギズモード・ジャパン 

ノイキャンの効き次第で…

いよいよ発表も近そうな、ノイズキャンセリング機能を搭載した次期AirPodsこと「AirPods Pro」。これについて、260ドル(約2万8000円)で10月末に発表されるとの情報が伝えられています。

中国紙の経済日報によると、第3世代となるAirPodsでは新デザインを採用。具体的には本体に金属素材を採用し、排熱性を改善するそうです。さらにノイズキャンセリング機能が追加されるだけでなく、音質も改善されるとしています。 

  • 2019.10.18 Friday
  • 23:00

Apple

Apple A13 Bionicはデスクトップ用CPUに比肩

 もともと、Apple A12 Bionicの時点で、Dell社のPrecision 3430に匹敵する処理能力(シングルコア1112)をGeekbench5で叩き出していましたから、驚きはないんですけれど。それでも、A13のシングルコアのGeekbench5のスコアは1327と、さらに19%もの性能アップを達成しています。正直ここまで数値が高いと、完全なオーバースペックなんですが。個人的には今年発売されるであろう新型 iPad Proへの搭載が、楽しみです。

【iPhone 11のA13 Bionic、「モバイル分野で敵なし」──デスクトップCPUに肩を並べると評価】Engadget Japanese 

iPhone 11シリーズの3モデルに共通して搭載された、アップル独自開発の最新SoCであるA13 Bionicプロセッサー。そのパフォーマンスが非常に優秀で、モバイル分野で競合するものはないとの評価が発表されています。

技術レビューサイトのAnandTechは、iPhone 11およびiPhone 11 Proの完全なレビューを発表。その中でA13プロセッサーがiPhone XSおよびiPhone XRに搭載されたA12プロセッサーよりも20%高速であると確認し、アップルの発表が正確であると裏付けています。 

  • 2019.10.18 Friday
  • 22:00

政治批評

文在寅政権の国際法無知

 橋爪大三郎氏による、韓国の文在寅政権の異常性についての解説記事ですが、自分が日頃このブログで書いている内容とほとんど変わりませんね。国家の正当性というのは、他国との相互承認によって成り立つものですから、極端な話前政権を武力で打倒した革命政権であろうが、前政権の結んだ国際条約を継承しなければ最悪、戦争に至ります。故に明治新政府は江戸幕府が結んだ不平等条約を継承し、中華民国政府は異民族である清王朝が結んだ南京条約を継承し、その中華民国政府を倒した共産主義政権である中華人民共和国も、継承しました。

【韓国・文在寅、世界中があきれる「無知」と「異常」のヤバすぎる正体 国際法のルールを知らないの?】現代ビジネス 

文在寅政権はとにかく「異常」だ
日韓関係が悪化している。

いや、「関係悪化」などという、なまやさしいものではない。「関係悪化」では、どっちもどっちの響きがある。本当のところは、文在寅政権がとにかく異常で、国際法の原則を踏み外しており、一方的にさまざまな問題をひき起こしているのが実態だ。 
  • 2019.10.18 Friday
  • 21:00

マスコミ批評

周回遅れの韓国擁護論

 「韓国はこれまでも反日の姿勢を取ってきた。今になって変わったわけではない。一方の日本はこれまでそんな韓国に対しても融和的だった。それなのに、なぜ今、強硬な姿勢を取るのか」って、そうやって韓国を子供扱いし、わがままや誇張や嘘を容認してきた結果、アメリカさえ裏切るような行動に出たわけです。保守派と目されていた朴槿恵大統領が中国に接近して戦勝記念パレードに参加する、アメリカの警告を無視してアジアインフラ投資銀行に接近する、THAADは渋る、世界中で慰安婦問題を告げ口外交。甘やかした子供に、普通に接してるだけです。

【日本に厳しい視線、「弱い立場の韓国になぜそこまで」】日経ビジネス 

日本政府が、韓国向け輸出に対する管理を厳格化すると発表してから3カ月。この措置に関する海外の反応はどうなっているのか。米中関係に詳しい、キヤノングローバル戦略研究所の瀬口清之氏が訪れた米国有識者の多くは「日本にはもう少し大局を見て判断してほしかった」と語った。その理由とは?! (構成 森 永輔) 
  • 2019.10.18 Friday
  • 19:00

雑記帳

R01.10.17の備忘録

 ドラフト会議、育成指名などの情報もポチポチ入ってきて、ホークスの野手偏重が明確になりましたね。4位指名の小林珠維選手、投手と野手の二刀流で、投げては150キロ右腕、遠投120メートルの強肩で、183センチと体格もまずまず。打者専念すれば、柳田のようなスケールの大きな選手になりそうです。あるいは、大型の今宮選手とか?
 本日は打ち合わせ。数話分まとめての打ち合わせで、とりあえず3話分ぐらいの方向性は固まった感じですかね。それとは別件で、個人的に原作を立ち上げる予定。金にはならんでしょうけれど、このタイミングで書けそうな人との出会い、大切にしたいです。
 時間があったので、映画『空の青さを知る人よ』を鑑賞。31歳なんて、青春真っ盛りだわい。でも、オッサンの心に刺さる作品でした。ヒットしてほしいな。
  • 2019.10.18 Friday
  • 00:00

パソコン&ネット

Googleの新製品群とAppleの影

  GoogleはかつてのMicrosoft社がそうであったように、アップルを徹底的に模倣することで、急速にキャッチアップした会社です。それは、HUAWEIなども同じなのですが、商用OSの開発もしているという点が、AmazonやFacebookとも決定的に違う点でしょう。守備範囲が広すぎるせいもありますが、やはりAppleに最も近いのはGoogleです。で、サービスにシフトしつつあるAppleに比較して、Googleはハードウェアに力が入っていますが、ソフトウェア的な部分で、やはりアップルを手本にしている節が。

【Google秋の新製品発表で浮かび上がる、Appleとの共通点と相違点(松村太郎)】Engadget 

米国時間の10月15日、Googleはハードウェア発表イベント「Made by Google」を開催しました。

今回の発表をざっくりまとめると、以下のとおり。
(中略)
プレゼンテーション中、GoogleはAppleを追随するかのような場面をいくつもみせました。その1つは「プライバシーが中核にある」というメッセージに触れた点。 
  • 2019.10.17 Thursday
  • 23:31

政治批評

謝らない森ゆうこ参議院議員(国民民主党)

 西に言い訳をする京都大学名誉教授あれば、東に言い訳をする国会議員あり。なんだかもう、みっともなくて。台風が迫ってるのに、官僚に足止めの術を喰らわせた森参議院議員ですが、素直に謝罪すれば良いのに情報漏洩のなんのと、論点そらしの恥の上塗り。で、SNSの集合知で、内部告発を奨励した過去の言動を掘り返されて、恥の重ね塗り。だいたい、情報漏洩もナニも、Twitter上に質問内容を流して、機密でもなんでもないじゃねぇかと、ツッコミを入れられて炎上中。野党に人材無しを、絶賛証明中。

【森ゆうこ参院議員、国会での質問内容が「事前漏えい」】TBSニュース 

 国民民主党の森ゆうこ参議院議員が、事前に通告していた国会での質問内容が外部に漏洩したと主張し、野党側として追及する姿勢を見せています。

 「国会議員の発言の自由、それを守る憲法そのものに対する挑戦である。重大な民主主義への挑戦である」(国民民主党 森ゆうこ参院議員)

 森氏は、15日の参院予算委員会で質問に立ちましたが、その前日のインターネット番組で自分が事前に質問すると通告していた内容が取り上げられていたと指摘。質問内容が「政府から漏洩した」と反発しました。 
  • 2019.10.17 Thursday
  • 22:00

マスコミ批評

朝日新聞、八ッ場ダムを過小評価しようとする

  治水の専門家の今本博健・京都大名誉教授……なんて、権威主義者の朝日新聞らしい書き方ですが、Twitter上では「今本博健 田中康夫」で検索すれば、正体が分かるって情報があったので、検索してみたら、二人で脱ダム運動をした仲間でした。何が話を聞いた、ですか。ただの言い訳じゃないですか。田中康夫氏は、脱ダム宣言で長野県の治山治水をメチャクチャにしたことから逃げ、そのイデオローグであったであろう、大学教授は言い訳。民主党政権や左派がろくなもんじゃないと、再認識しました。

【八ツ場ダムの効果称賛、専門家は疑問視「冷静に検証を」】朝日新聞 

記録的な大雨をもたらした台風19号で、試験貯水中に満水となった八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の治水効果をめぐり、称賛と批判が渦巻いている。こうした状況について、治水の専門家の今本博健・京都大名誉教授(河川工学)に話を聞いた。

台風19号に関する八ツ場ダムの治水効果は今後、データをそろえ冷静に検証する必要がある。私たちは洪水と共存しながら人命を守っていかなければならない。私はダム推進派でも反対派でもないが、効果を過大評価せずに見つめていかなくてはならないと思う。

 今回は試験貯水中で、たまたまダムの容量に通常以上の余裕があった。 
  • 2019.10.17 Thursday
  • 21:00

スポーツ・野球

2019年NPBドラフト会議

 ちょっと打ち合わせで出掛けていて、ドラフト会議はリアルタイムで視聴できませんでしたが。石川選手をクジで外して、ドラフト1位はJR西の外野手、佐藤直樹選手でしたか……。ホークスでは久しぶりの、即戦力社会人野手。これは、城所龍磨選手の引退で手薄になってしまったところに、野手陣のケガが相次いだ今年の反省でしょうね。加えて、外野のスーパーサブ的な選手である福田選手が、今年はFAで流出の可能性があるので。というか、今年は投手が1人だけの、野手偏重ドラフトでしたね。

【王会長悔し石川逃す「みんなをだましていこうと…」】日刊スポーツ 

ソフトバンクは南海時代の78年高柳秀樹以来、41年ぶりに外野手を1位指名した。投手以外の1位も10年山下斐紹以来9年ぶりだ。指名した5人中、投手は1人で、4人が野手の「野手ドラフト」になった。

王貞治会長は最初に1位入札した東邦・石川を逃したことについて「みんなをだましてまで、いこうと思ったんだけどな」と苦笑い。前日までは大船渡・佐々木の1位指名をにおわせていたが「野手が欲しい現場の声もある。これまでピッチャー、ピッチャーだったからね」と舞台裏を明かした。 
続きを読む >>
  • 2019.10.17 Thursday
  • 20:00