★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
WWDC2018は6.4開催?
0
     MacWorldからAppleが撤退し、開発者のカンファレンスでしかないはずのWWDCが、Appleの新製品が確実に発表される、数少ない機会になってしまって早数年。今年は6月4日から8日までが有力のようですが。たぶん、iOS12が発表され、新型iPhoneが発表され、MacOS10.14も発表されるのは鉄板として。今年はMac miniとMac Proの新型が発表されるかもしれませんし、場合によっては新型Apple TVもでるかもです。新型のMacBook Airが登場するかどうかは、わかりませんが。

    【WWDC 18は6月4日から開催!?iOS12や新型Mac発表か】iPhone Mania

    2018年の世界開発者会議(WWDC 18)は、6月4日から8日に、昨年と同じ会場で開催されるようだ、と報じられています。例年どおり、WWDCでiOS12やmacOS 10.14などのソフトウェアの発表が見込まれるほか、Macの新製品も発表される可能性があります。

    WWDC 18、昨年と同じ会場で開催か

    WWDC 18の会場が、2017年と同じ、米カリフォルニア州サンノゼのサンノゼマッケナリーコンベンションセンターになると、信頼できる情報源からの情報として米メディアMacRumorsが報じています。

    また同会場の予約状況を見ると、6月4日から8日の週は何も予約がない状態になっていることから、Appleがこの期間を押さえている可能性があります。 
    続きを読む >>
    【2018.02.18 Sunday 12:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    次期iPhoneXのノッチ小型化へ
    0
       そうでしょうね。あのノッチ自体は、旧来のiPhoneとiPhoneXを区別する、良いアイコンにはなっていますが、画像を非対称にしてしまうデザイン的には、ちょっと疑問。動画などリサイズしてしまえば良い映像に関してはともかく、一般的なアプリではあのノッチに対応した仕様は、開発者には負担でしょう。アイコンにはなっていますが、機能美としては疑問。今年発売の後継機からノッチが小さくなるとして、既に対応済みのアプリは、再度仕様を変えるのですかね? イロイロと疑問があります。

      【次期iPhone Xのノッチはやはり小型化か、リアTrueDepthカメラは2019年版で採用とのウワサ】Engadget Japanese

      英投資銀行バークレイズのアナリストが、今年後半に登場が予想される新型iPhoneの予測を公開しました。外観的な特徴として、搭載されるフロントTrueDepthカメラがわずかに小型化され、それに伴いiPhone Xの特徴であるノッチ(上部の凹部)が小さくなると予測しています。

      2018年の新型モデルが第二世代iPhone Xとより大型のiPhone X Plus、比較的安価な6.1インチ液晶モデルという構成になる、との予想は以前からの噂どおり。やはり噂されている背面へのTrueDepthカメラ搭載についても、2018年型では見送られて2019年になるという従来の観測を裏付けるコメントになっています。
      バークレイズのアナリストは、2018年型のiPhone3機種すべてにTrueDepthカメラ、すなわちFace IDシステムが導入されると前置き。その上で全体の設計に「大きな変更」はない一方で、「センサー(TrueDepthカメラ)のサイズ縮小」を予測しています。 
      続きを読む >>
      【2018.02.17 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
      F-35Bで攻撃力も得る日本
      0
          F-35Bは、空軍用であるF-35Aと比較して、ミサイルなどの武器の搭載量が少なく、また航続距離も3分の2程度と言われます。でも、短距離離陸と垂直着陸が可能なので、その点を活かした戦略が採れるはず。滑走路が150メートルもあれば離陸できるのは、離島の直線道路を専用に整備するだけで離着陸ができてしまうということ。1000メートルや2000メートルもある本格的な滑走路は不要というのは、専守防衛の日本の状況にも合っていますし。もっとも、F-35Aだと航続距離もかなり長いんですけどね。

        【F35B導入 日本は防衛だけでなく攻撃も準備か?】スプートニク日本

        2017年12月末時点では日本政府の方針は異なったもので、小野寺五典防衛相は「防衛力のあり方に関して、不断にさまざまな検討をしているが、F35Bの導入やいずも型護衛艦の改修に向けた具体的な検討は、現在行っていない」と述べていた。2ヶ月もしないうちに、今では護衛艦用の航空機の導入について話されている。
        (中略)
        F35Bを何機導入する方針かは明らかではない。だがアメリカ級強襲揚陸艦は常時6機のF35Bを搭載している。構造とサイズが同様の日本のヘリ搭載護衛艦も6機を常時搭載可能。つまり、6機のF35Bは、本格的な戦闘飛行隊の(空母改修済み)ヘリ搭載護衛艦1隻を武装するための最低限のセットだということだ。

        F35Bの導入と「いずも」での運用は航空自衛隊の即応性を格段に高めるだろう。一時的な着陸、戦闘状態での燃料・弾薬の補給のための簡易飛行場としてヘリ搭載護衛艦護衛艦を用いることで、F35Bは陸上の発信基地から2500キロを航行可能となる。さらに、F35Bは日本に無数にある小島からも離陸可能だ。そのためには、小島に長さ150〜180メートルの滑走路、格納庫、倉庫を建築するだけでいい。こうして、同時にヘリ搭載護衛艦や陸上の簡易飛行場を用いた黄海での非常に柔軟な航空隊の運用という展望が開ける。 
        続きを読む >>
        【2018.02.17 Saturday 20:00】 author : 土岐正造
        | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        アベノミクスの成果
        0
           アベノミクスに関しては、日本のマスコミよりも韓国のマスコミが、冷静に分析できている……コレは繰り返し書いていることですが。というか、自分が高給取りなので、庶民の生活の苦しさを理解できない大手マスコミ関係者や、勝ち組の文化人の言う「もう成長は要らない」なんて傲慢な物言いに、大衆はNOを突きつけてるわけで。なんとかイチャモンをつけようと、変な数字を持ち出しても、韓国マスコミは雇用という部分で、わかりやすい数字を持ってきています。雇用が改善されて当然でしょう。

          【【社説】本国Uターン企業、韓国2社・日本724社という現実】朝鮮日報日本語版

           昨年、日本の製造業による雇用が7年ぶりに1000万人を突破した。海外に移転した工場が続々と日本国内にUターンしたことが主な理由だという。日本政府の調査によると、1年間で海外に生産設備を持つ日本企業の11.8%が生産を何らかの形で日本に移転した。トヨタや日産は年産10万台規模の北米の生産ラインを日本に移転した。資生堂も35年ぶりに日本国内に工場を建設することを決めた。大企業から中小企業まで、規模や業種を問わずに企業の「本国復帰」がブームとなっている。

           日本企業のUターンは日本がそれだけ企業が経営しやすい環境に変わったことを示している。企業の海外脱出に苦しんだ日本は2000年代以降、首都圏の規制をはじめ、さまざまな規制を減らし、雇用市場の柔軟化を図るなど企業誘致に総力を挙げた。安倍政権は法人税率を引き下げ、露骨な円安誘導も行い、企業のコスト負担を軽減した。その結果、高コスト・規制だらけの日本が魅力的な生産拠点に生まれ変わった。海外法人を撤収し、日本に回帰した企業は2015年だけで724社に達した。これが青年が職場を選ぶ「売り手市場」の原動力となった。
          (中略)
           韓国企業が海外で雇用する勤労者は286万人に達する。その10%を国内に回帰させるだけでも、政府による今年の雇用増加目標(30万人分)を軽くクリアできるはずだ。しかし、韓国企業のUターン実績は毎年1桁台で、昨年1−8月は2社にすぎなかった。韓国は規制王国、労組王国だからだ。企業が馬鹿ではない以上、韓国に戻ってくる理由はない。追い打ちをかけるように、新政権は企業の負担を増やす反企業政策を相次いで打ち出している。 
          続きを読む >>
          【2018.02.17 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
          | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          Apple第四の柱は「その他」
          0
             iPhone・Mac・iPadに続く第四の事業の柱は、その他。大雑把にくくられた分野が、iPadを抜く勢いってのは、驚きですね。iPhoneが圧倒的すぎるにしても。ただ、Apple Watch自体はもう、独立した第四の柱になりそうなのですが。また、iTunes StoreはiTunes Music Storeと名乗っていたずいぶん前から、事業の柱になっていますし、App Storeにしてもそれは同じ。ただ、ハードウェアとしては、Apple TVもApple WatchもHomePadも、まだまだ独立した製品として、看板になり得ていないというAppleの判断なのでしょう。

            【Appleの「その他」製品群による収入は2兆円規模に、iPad超えの可能性】iPhone Mania

            Appleが「その他」として詳細な売上を公表していない製品群による収入が急増し、今年iPadを超える事業規模になるだろう、とアナリストが予測しています。HomePodは年間300万台が売れ、低価格モデルの投入でさらに売れると考えられています。

            Appleの「その他」製品による収入、3年で倍増か

            Appleは、四半期決算などの業績発表ではiPhone、iPad、Mac以外の、HomePod、AirPods、Apple Watchなどの製品は「その他」に分類しています。「その他」に分類される製品ごとの出荷台数や売上は公表されていません。

            投資会社Guggenheimのアナリストであるロバート・シーラ氏は、投資家向けに発表したレポートで、2016年には110億ドル(約1.2兆円)だった「その他」部門の収入が、2019年には220億ドル(約2.3兆円)と3年で約2倍に成長する、と予測しています。 
            続きを読む >>
            【2018.02.17 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
            | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
            iPhoneの売上シェアは51%
            0
               売上シェアという考え方と統計、Macが冬の時代に導入して欲しかったですねぇ……。いやだって、30万円のMacと8万円のWindows機を、同じ1台でカウントされてもなぁと。iPhoneの場合、Android陣営に出荷台数では大きく押されています。第3四半期のシェアは12.4%と、メーカー別では2位をキープしていますが、逆に言えば残り87.6%のほとんどはAndroid系と考えて良いでしょう。しかし、一台あたりの価格が4倍ちょっとも違うので、こういう売上シェアでは過半数を制するという事態に。

              【2017年第4四半期世界スマホ売上、Appleが半分以上を獲得】iPhone Mania

              iPhone Xが発売となった2017年第4四半期(2017年10‐12月)の世界スマートフォン売上で、Appleの売上が51%を占めていたことがわかりました。

              Appleの売上シェアは51%

              Appleが発表した、同社2018年第1四半期(2017年10‐12月)におけるAppleのiPhone売上は、615億ドル(約6.5兆円)でした(筆者注:Strategy Analyticsの表では614億ドルとなっています)。

              調査会社Strategy Analyticsの推測では、AppleのiPhone売上は2位のSamsungのスマートフォン売上の3倍強、3位のHuaweiの7倍強です。
               
              続きを読む >>
              【2018.02.16 Friday 23:00】 author : 土岐正造
              | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
              朝日新聞の針小棒大報道
              0
                 自分も、貸与型の第二種育英奨学金をもらっていた身ですが、この報道には違和感を感じました。たぶん、この記事を書いた朝日新聞の記者も、それをチェックした上司も、給付型奨学金をもらってた優秀な学生であったか、裕福な家の子弟なのでしょう。そう言えば、生活保護を受給している貧困家庭を取り上げた毎日新聞が、ちょっと常識を働かせればわかる変な支出にも気付かず嘲笑されたことがありました。そういう点で、記者が裕福な家庭であろうことが推測できました。今回も同じでしょうかね?

                【奨学金800万円重荷「父さんごめん」 親子で自己破産】朝日新聞

                奨学金破産

                 2016年暮れの夜。携帯電話が鳴ったとき、男性(52)はハンドルを握っていた。家具販売の営業用の車を止め、東京で一人暮らしをする息子(27)の話に耳を傾けた。

                 「父さん、迷惑かけることになってごめん」

                 大阪の実家から私立大の国際関係学部に通い、卒業して3年半。奨学金を返せず、自己破産するという。入学金30万円や毎年100万円の授業料、通学費などのため、計800万円余を借りた。機構の調査によると、大学でかかる1年間の費用は「私大・自宅生」で平均約177万円。

                 息子がいま働いているマーケティング会社の手取りは月20万円ほど。家賃などを除くと、奨学金を返す4万円が重い。機構に返還猶予を求めたが、年収300万円以下の条件をわずかに超えた。延滞が3カ月に迫り、「個人信用情報機関に名前が載りますよ」と告げられた。20年返し続ける自信がなくなった、という。 
                続きを読む >>
                【2018.02.16 Friday 20:58】 author : 土岐正造
                | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                自業自得
                0
                   アイスホッケー選手のヘルメットに描かれた自由の女神はよくて、李舜臣のの絵はなぜダメなのかと、韓国マスコミがIOCに対して吹き上がっていますが。逆に、自由の女神になんの政治性があるのか、それによって政治的に非難される対象が、何処にあるのでしょうか? 韓国側のこういうムリクリなイチャモンには、本当に辟易します。そもそも、李舜臣を日本への政治的なメッセージに祭り上げたのは、韓国自身ですから。それは、安重根にしても統一旗の竹島にしても同じ。自業自得です。

                  【平昌五輪:「李舜臣はNG、自由の女神はOK」 IOCのダブルスタンダードに批判の声】朝鮮日報日本語版

                   国際オリンピック委員会(IOC)が13日、「アイスホッケー女子米国代表チームのゴーリー(ゴールキーパー)が『自由の女神像』が描かれたヘルメットをかぶって平昌冬季五輪の試合に出場することを許可する」と明らかにした。

                   IOCの規定によると、選手の競技装備に国のアイデンティティーに関する政治的なメッセージやスローガン、国歌の歌詞などを入れることは禁止されている。ところが、IOCは自由の女神像は政治的メッセージと関連性がないと判断したものだ。米国アイスホッケー協会のデイブ・フィッシャー報道担当は「自由の女神像が描かれたヘルメットは何の修正もせずにそのまま使用できることになった」と述べた。
                  (中略)
                   IOCは今月3日、アイスホッケー男子韓国代表ゴーリー、マット・ダルトン(31)の「李舜臣(イ・スンシン)将軍」が描かれたヘルメットの使用を禁止した。李舜臣将軍の絵は韓日関係に対して敏感な政治的メッセージを与える可能性があると解釈したためだ。このためダルトンはスロベニアやOARと行った強化試合で李舜臣将軍の絵を消して試合に出た。韓国のネットユーザーたちは「李舜臣将軍の絵はダメで自由の女神像の絵はいいというのは二重規範(ダブルスタンダード)だ」と批判している。 
                  続きを読む >>
                  【2018.02.16 Friday 18:00】 author : 土岐正造
                  | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  Appleが現金を消す
                  0
                     といっても、物騒な話ではなく。Apple Payの普及で、キャッシュレスな社会を目指したいと言うこと。ティム・クックCEOの発言なので、大きく報じられていますが。アメリカは元々、カード社会ですからね。カードで払って返済がちゃんとできてると、それが信用を形成して、グレードが上がっていく社会ですから。少額でもキャッシュカードで払う癖がついちゃうそうです。必然的に、キャッシュレスになっていくのでしょうけれど。では、現金は要らなくなるかと言えば、それもないんですけれど。

                    【AppleのCEOティム・クック「お金というものが消えていくのを見たい」】ギズモード・ジャパン

                    Apple(アップル)の株主総会にて、CEOであるティム・クック氏がこんな発言をして注目を集めています。

                    「お金が消えていくのを見るまで生きていたい」

                    クックの言う「お金」とは、現金のこと。つまり、モバイル決済がどんどん一般化していって欲しいなというお話。「モバイル決済は、私が数年前に考えていたよりも普及が遅い」と言いつつ、自社のApple Payについて、この先には大きな未来があると、現金のない社会を夢見るクック。 
                    続きを読む >>
                    【2018.02.16 Friday 12:00】 author : 土岐正造
                    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                    iPhoneX 対 Galaxy S9+
                    0
                       高級品のイメージがあるiPhoneに対して、SamsungのGalaxy陣営としては、価格とスペックで対抗するしかない部分もあります。Android自体が、安価で大衆的なスマートフォンとして登場しましたし、結果的にブランドイメージはAppleの後塵を拝するのは、仕方がない側面も。最新型のGalaxy S9+は、ベンチマークスコアでは、iPhoneXの1.173倍の数値を叩き出して、かなりの数字です。今年発売されるであろうiPhoneX-2(仮称)の、ベンチマークスコアはコレを超えてくることが要求されるでしょう。

                      【Samsung Galaxy S9+はベンチマークでiPhone Xを上回る?】iPhone Mania

                      今月25日の初公開を控え、Samsung Galaxy S9+のベンチマークスコアがすでに明らかになっているようです。中国のベンチマークツールソフトウェアAnTuTuを使ったGalaxy S9+の実機ベンチマークでは、AppleのiPhone Xを凌駕するスコアに達したと報じられています。

                      iPhone Xを超えるベンチマークスコア

                      今回、実機ベンチマークスコアが判明したのは、今月末にスペイン・バロセロナで開催のMobile World Congress(MWC)で発表される予定のSamsung Galaxy S9+です。 
                      続きを読む >>
                      【2018.02.15 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
                      | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム