★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
10周年モデルはiPhone Xか?
0
     今年は、iPhone7sなのかiPhone8なのか、意見が分かれていて、それとは別に10周年記念モデルが登場すると言われています。で、こちらはナンバリングせず、iPhoneXという名称という説が。いったいどんな機種になるのかわかりませんが、GIGAZINEが報じている通りの機能に加え、10周年にふさわしいスペシャルなデザインとかだと、なんだか去年買い換えた人は悲しいことになりそうな……。いやだって、自分など2年縛りが終わる来年の買い替えの頃には、陳腐化してる危険性がありますし。

    【iPhone10周年モデルは5.8インチ曲面OLEDディスプレイ・顔認識センサー搭載で名称は「iPhone X」か?】GIGAZINE

    2017年でデビュー10周年を迎え、秋には記念モデルが発表されるとも予測されている新型iPhoneについて、投資家筋へ公表された情報が明らかになっています。新型iPhoneでは、前面が完全に覆われた曲面OLEDディスプレイを搭載してボタン類を完全に廃し、レーザーを用いた顔認識センサーやワイヤレス充電機能を搭載すると予測されています。

    New supply chain reports lend weight to 'wraparound' 5.8-inch 'iPhone 8' with embedded sensors
    http://appleinsider.com/articles/17/01/18/new-supply-chain-reports-lend-weight-to-wraparound-58-inch-iphone-8-with-embedded-sensors

    Apple iPhone 8 rumors: Features may include facial recognition, laser sensor - Business Insider
    http://www.businessinsider.com/apple-iphone-8-features-facial-recognition-laser-sensor-2017-1

    金融投資会社Cowen and CompanyのアナリストであるTimothy Arcuri氏は投資家に向けた報告書の中で、iPhoneのサプライチェーンなどからの情報をもとに新型iPhoneの仕様を予測しています。その内容によると、Arcuri氏が「iPhone X」と呼ぶ新型iPhoneでは、画面に5.8インチのOLEDディスプレイが採用され、端末の前面を完全にディスプレイで覆うタイプになるとのこと。さらに、ディスプレイの左右両端はGalaxy Note 7やGalaxy S6 edgeのように湾曲して側面にまで回り込む曲面ディスプレイを採用すると予測されています。さらに、Appleがこのモデルを既存の4.7インチおよび5.5インチモデルの上位機種に位置づける可能性もあるとのこと。 
    続きを読む >>
    【2017.01.20 Friday 13:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    クックCEOがAppleを退屈な会社にした
    0
       こういう批判は、カリスマ型の初代経営者の後、必ず言われることです。が、初代の拡張路線の幻想を追うと、だいたい失敗します。豊臣秀吉というのは、織田信長が確立した三河型経営方法を真似して、短期間に急成長したのですが、国内統一後は戦略がなかったので、大陸に新市場を求めたわけで。徳川家康は、隊兵の後は低成長の時代が来るのに対応した、内需型の経済構造に変えたわけで。家康が指名した二代目は、武勇は他の兄弟に大きく劣るけれど、律義者の秀忠でしたし。

      【「ティム・クックがAppleを退屈な会社にした」とAppleの元従業員が語る】GIGAZINE

      スティーブ・ジョブズは革新的なアイデアをさまざまな製品として世に送り出し、Appleという会社を世界有数の企業へと発展させましたが、ティム・クックCEOに替わってから「Appleは退屈な運営の会社になった」と元従業員が話しています。

      Tim Cook made Apple 'boring operations company' - former engineer
      http://www.cnbc.com/2017/01/17/tim-cook-made-apple-boring-operations-company--former-engineer.html

      スティーブ・ジョブズが存命だったころの2007年からAppleで働いていた経験を持つバロウ氏は、「当時のAppleという組織は西部の開拓時代のようでした。私はマネージャーとして雇用されましたが、最初の2年間はマネージャーとしての管理業務は行っておらず、複数の開発プロジェクトに携わっていました」とCNBCに語っています。当時のAppleの最優先事項は「組織」ではなく「プロジェクト」であり、役割や肩書きなどに関わらず、それぞれが可能な限り解決できるあらゆる問題に取り組んでいたそうです。バロウ氏は「まさに野生状態でしたが、自分のしたことの全てが最大限に製品に反映されるため、とてもやりがいを感じていたのも事実です」と話しています。 
      続きを読む >>
      【2017.01.19 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
      | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
      F-35Bが岩国基地到着
      0
         F-35 Lightning II。アメリカの同盟国にとって、この最新鋭ステルス戦闘機は、主力戦闘機となる切り札。もちろん日本にとっても、老朽化したF-4やF-15の代替機ですし。でも、日本が購入するのは、空軍仕様のF-35Aであって、岩国に来るのは海兵隊仕様のF-35Bですから。もちろん、操作性は似ているでしょうし、日本のパイロットがこっそり訓練させてもらって、垂直離着陸に習熟して……ゲフンゲフン。日本は強襲揚陸艦はまだ持てませんが、いずも型での着陸訓練はありそうですね。

        【最新戦闘機「F-35B ライトニングII」、2機が岩国基地に到着】SORAE.jp

        意外と時間がかかりました。在日米海兵隊は1月19日、戦闘機「F-35B ライトニングII」2機が18日夕方に岩国航空基地に到着したことを伝えています。この2機は、第121海兵戦闘攻撃中隊に所属する機体です。
         
        F-35はロッキード・マーティンが中心となって開発した次世代戦闘機で、ステルス性能や高い情報収集/共有によるネットワーク戦闘能力が特徴。F-16戦闘機やF/A-18戦闘攻撃機、A-10攻撃機、AV-8B ハリアー II攻撃機などの置き換えを狙って開発されました。その中でもF-35Bは短距離離陸/垂直離着陸が可能となっており、米海兵隊ではAV-8B ハリアー IIの後継機として位置づけられています。 
        続きを読む >>
        【2017.01.19 Thursday 21:00】 author : 土岐正造
        | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
        自縄自縛
        0
           先日も、アジア通貨危機で日本が引き金を引いたという、事実とは真逆の話を記事にした中央日報ですが、元々はSamsung財閥系の新聞で、日本では日経新聞と提携しているのですが、経済オンチというか。日本の新聞も、軍事と経済がわかっていないところが多いですが、韓国の新聞は輪をかけています。韓国としてはスワップは必要ないというポーズでしょうが、その結果として自国の経済が崩壊しても、責任は取れるんですかね。韓国のスワップは、中国とさえ危機的状況なのに。

          【韓国企画財政部「韓日通貨スワップ議論の中断に影響なし…先に要請しない」】中央日報日本語版

          韓国企画財政部の宋寅昌(ソン・インチャン)国際経済管理官(次官補)は17日、議論が中断された韓日通貨スワップに関連して「大きな影響はない」としながら「日本が話し合いの場に出てくるならわれわれも対話の窓を開けておくが、このような状況で(われわれが先に)要請はしない」と明らかにした。

          宋次官補はこの日、政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた記者懇談会でこのように明らかにした。宋次官補は「基本的に政経分離が正しいと考え、日本政府が〔釜山(プサン)日本領事館前の少女像設置を理由に〕通貨スワップの交渉中断を発表したことに対して遺憾に思う」とし「(中断発表以降は)接触は全くない」と伝えた。

          一方、韓中通貨スワップは昨年3月に人民銀行総裁と原則的に延長合意をしたが、高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備決定後、中国の経済報復が現実化し、不確実性が提起されている。  
          続きを読む >>
          【2017.01.19 Thursday 18:02】 author : 土岐正造
          | マスコミ批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
          iPad Pro 2と磁石内蔵Apple Pencil 2が同時発売?
          0
             iPad Pro2、良い噂が多くて悩んじゃいますね。我が家の初代iPad Airは、まだまだ現役だし。初代iPadのように、液晶がオシャカになったら買い換えざるをえないんですが、今のところ不満は内蔵ストレージの容量だけだしなぁ……。友人の漫画家は、処理能力の高さと画像アプリの充実もあって、購入を考えているようですが。Apple製品は二代目や三代目が完成度が高いというパターンが多いので、個人的にはiPad Pro2はかなりの完成度……というか、ほぼノート型と同等の性能を獲得しているでしょう。

            【磁石内蔵「Apple Pencil 2」、3月に「iPad Pro 2」と同時発売か】iPhone Mania

            iPad Proに磁石で取り付けられる「Apple Pencil 2」が、今年春に発売されるのではないか、との噂が流れています。「iPad Pro 2」と同時の3月発売という可能性も考えられます。

            磁石でくっつく「Apple Pencil 2」が今春発売?

            中国のSNS、Weiboからの情報として、チェコのメディアLetem svetem Applemが、iPadに磁石で取り付けのできる「Apple Pencil 2」が今春発売される、と報じています。

            このほか、「Apple Pencil 2」には一般的なペンのようにクリップがついていて、衣類のポケットに取り付けられるようになる、とも伝えられています。 
            続きを読む >>
            【2017.01.19 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
            | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
            Appleの野望
            0
               Appleの究極の垂直統合は、自分自身がテレビ局になり、ドラマやニュースや音楽番組などを制作して配信するという形なんでしょうね。コンテンツ的には、ディズニーと太いパイプがあるAppleは、AmazonやGoogleよりも有利といえば有利。もっとも、映画製作スタジオなどをまるごと買収とか、映画監督の専属契約とか、いろんな形で他者は対抗してくるでしょう。映像と音楽という点で、ミュージックビデオとか独占配信とか、そっちも手を付けてくるでしょうし、アニメーションやいろんな番組のコンテンツを、Appleが作る未来。

              【Apple、オリジナルテレビ番組・映画をApple Musicに追加する計画?】ギズモード・ジャパン

              Apple、最後の目標はテレビ?

              Apple(アップル)が長年本格進出を狙っている、TV関連のコンテンツサービス。昨年には初となるオリジナルテレビ番組『アプリの惑星』の計画も発表されました。しかし同社は、さらに多くのオリジナルテレビ番組や、はたまた映画の制作も計画していると海外にて報じられているんです。

              MacRumorsが引用しているThe Wall Street Journalの報道によると、Appleによるテレビ番組や映画はApple Musicむけに登場します。昨年にドキュメンタリー映画『808』がApple Musicにて配信されたときと同じようなイメージでしょうか? Appleの幹部はすでにハリウッド筋と交渉に入っており、その番組はHBO向けドラマ「ウエストワールド」やNetflixの「ストレンジャー・シングス」に匹敵するようなものになるそうですよ? これはちょっと、どんな内容なのか見てみたいですね〜。 
              続きを読む >>
              【2017.01.18 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
              | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
              外務省と官邸
              0
                 外務省はどういう思惑があって、早期帰任を画策しようとしているのか? 戻さねばならない理由を明確にすべきでしょう。野田元首相ですら、韓国がズルズルとゴールポストを動かすと批判しているぐらい、韓国側のやり口に日本国民が起こっています。安倍政権に批判的な層まで、韓国には怒っているのは、各種世論調査で明白。というか、ユネスコ世界遺産登録でも、騙し討を食らったのに、外務省が口を出すマターじゃないでしょう。韓国側が最低でも行動で合意に対して努力している形を示さないと、帰任させる意味が無いです。

                【駐韓大使帰任に慎重 官邸、韓国側の対応見極め 安倍首相「早く帰す必要はない。国民も納得しない」】産経新聞

                 政府は17日に安倍晋三首相が東南アジア諸国とオーストラリア歴訪から帰国するのを受け、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像への対抗措置として一時帰国させている長嶺安政駐韓大使の帰任時期について本格検討に入る。外務省は早期帰任を模索しているが、首相官邸には慰安婦像撤去などの動きがない限り帰任させるべきではないとの意向があり、韓国側の出方を見極めて判断する見通しだ。

                 政府・与党内では、外務省幹部や自民党の二階俊博幹事長らが早期帰任に前向きな姿勢を示している。

                 一方、安倍首相は周辺に「外務省は大使たちを早く韓国に帰したがっているが、早く帰す必要はない。国民も納得しないし、それはさせない」と語っており、慎重な構えを崩していない。 
                続きを読む >>
                【2017.01.18 Wednesday 18:01】 author : 土岐正造
                | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                Apple版Google glassはカール・ツァイス製?
                0
                   Apple版Google glassってのも、変な表現に思えますが、AndroidスマートフォンをGoogleのiPhoneと友人は言ってましたし。Appleが仮想現実に力を入れているのは既定路線ですが、Google glassっぽいアプローチをするのか、それとも別のアプローチをするのか、そこは興味あります。メガネのようなものかもしれませんが、ドラゴンボールのスカウターのような形になるかもしれませんし。メガネを使っている身としては、旧来のメガネとの併用はどうなるのかとか、ソッチの方に興味が有ります。

                  【期待大。AppleがAR/MRメガネでカール・ツァイスと連携との噂】ギズモード・ジャパン

                  もし製品化されたら、絶対買いたい!

                  昨年からますます勢いづくAR(拡張現実)やMR(複合現実)技術。Apple(アップル)CEOのティム・クック氏もARには乗り気です。そんな中、なんとAppleがAR/MRメガネでドイツのカール・ツァイスと連携しているという噂が飛び出したんです!

                  今回の情報は、9to5Macに引用されたUpload VRのRobert Scoble氏によるもの。彼がとあるカール・ツァイスの従業員と接触したところ、「Appleとカール・ツァイスは軽量なAR/MRメガネについて連携している」と確認が取れたそう。しかも、製品は今年(もしくは来年)に登場するとか! Apple×カール・ツァイスのプロダクトなんて、絶対欲しいに決まってます! 
                  続きを読む >>
                  【2017.01.18 Wednesday 12:00】 author : 土岐正造
                  | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
                  iOS版の音楽制作アプリ『KORG Gadget』がMacに移植
                  0
                     iOS版からMac版へ。もう、そういう流れが普通になるのでしょうね。初期の頃はMac版からiOS版への移植が盛んでしたが。しかし実際、音声認識メールはAmiVoiceの音声入力エンジンを用いていて、高い変換応力を持つのですが、iOS版のみでMacへの移植はサッパリ。iOS版が可能なら、Mac版はさほど難しくないと思うのですが、絶対数が少ないので商売になりづらいのでしょうね。音楽制作アプリのような、プロ用途のアプリ(値段が高くてもペイできる)はMac版に逆輸入しやすいのでしょうけれども。

                    【iOSで定番の音楽制作アプリ「KORG Gadget」が、Macにやってくる!】ギズモード・ジャパン

                    連携性も気になるところ。

                    2014年にKORGからリリースされたiOS用の音楽制作アプリ「KORG Gadget」。数々の栄えある賞を受賞し、昨年はバンダイナムコとの共同開発音源「kamata」などが話題となりました。

                    そんな中発表されたのが「KORG Gadget for Mac」、その名の通りMac版の「KORG Gadget」です。iOS版に搭載されている30以上のガジェット(音源)を、ついにデスクトップでもいじり回せるようにッ! 
                    続きを読む >>
                    【2017.01.17 Tuesday 22:16】 author : 土岐正造
                    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
                    日韓スワップの内実
                    0
                       自分のように経済がわからない人間には、日韓スワップの内実や意義について、わかりやすい解説ですね。韓国は輸出に依存していて、内需拡大が叫ばれていたのに、遅々として進まなかった部分があります。けっきょく、為替に介入してウォン安を人工的に作って輸出を維持していたのですが、アメリカから何度もその手法を批判されていたのですが。なるほど、日米の円ドルの後ろ盾がなくなると、ウォンが暴落して倒産する企業が続出し、輸出どころではなくなるのですが。

                      【「百害あって一利なし」の日韓スワップ 真田幸光教授に「慰安婦像への対抗措置」を聞く】日経ビジネスオンライン

                       「そもそも韓国とのスワップは日本に必要なのか」――。真田幸光・愛知淑徳大学教授と話し合った(司会は坂巻正伸)。

                      「冷静さ欠く」と朝日が批判

                      ──慰安婦合意を覆し始めた韓国政府。さすがに日本政府も怒り、1月6日に「4つの対抗措置」を発表しました(「『民衆革命』は軍事クーデターを呼んだ」参照)。

                      真田:ソウルの日本大使館前と釜山の日本総領事館前の慰安婦像を韓国が撤去するまで、日本は「4つの対抗措置」を粛々と進めるべきです。

                       韓国側は「いずれ日本は対抗措置を取り下げる」と考えています。実際、日本側にも「日本のやり方は大人げない」と言う人がいて、政府がどこまでこの措置を貫くかは疑問です。 
                      続きを読む >>
                      【2017.01.17 Tuesday 20:31】 author : 土岐正造
                      | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム